蘭州ラーメン題材にした映画 「ラーメン王子」、青海省でクランクイン!

北京の蘭州ラーメン店

蘭州ラーメン 【中国 映画 ブログ】

 日本でも昨年来、首都圏を中心に専門店が続々とオープンし、人気を呼んでいる蘭州ラーメン

 中国西北部の甘粛省・蘭州が発祥で、イスラム教徒向けの豚肉を使わない麺料理の一つです。

 そんな蘭州ラーメンを題材に、ある男の成功物語を描く映画 拉麺王子ラーメン王子) がこのほど、中国西北部の青海省でクランクインしました (中国新聞網)。
続きを読む >>

ベルリン映画祭「銀熊賞」受賞! 圧倒的映像美の一大叙事詩 「長江 愛の詩」 2/17〜 日本公開へ

映画 「長江 愛の詩」 【中国 映画 ブログ】

 第66回ベルリン国際映画祭で銀熊賞受賞!
 
 製作期間10年――悠久の長江を舞台にした、壮大で幻想的な叙事詩。

 現実と虚構、現在と過去が交錯する深遠なラブ・ストーリー。


 ――父から譲り受けた船で発見された古びた詩集 「長江図」。
 そこには長江流域の街が記され、導かれるように船は長江を上流へと進む。

 男は行く先々で“美しい女”と再会し、過ぎ去りし記憶に想いを馳せる――。
続きを読む >>

2018年、中国の祝祭日のお休みは?

 2018年2月の中国カレンダー

 【中国 ニュース ブログ】
 2018年も、スタートして早半月余りが経ちました。

 今年、日本の 国民の祝日 は、元日や成人の日など計20日あるそうです (日曜の祝日と振替休日を含む)。
 昨年は土曜に重なる祝日が4日あり計17日でしたから、今年は昨年よりも3日多く、ちょっとうれしい気がします。 (^m^)

 土曜を含めた3連休 (以上) のある月は、1月、2月、4月、5月 (4連休)、7月、9月 (2回)、10月、11月、12月と、3・6・8月以外ほぼ毎月。
 もっとも3月には、21日(水)に春分の日があり、8月にはお盆休みを取る方も多いことでしょうから、土日以外の “国民的休日” がまったくない月は6月だけ……。

 というわけで、スケジュール表は早めにチェックしておいたほうがいいかもしれません。

 一方、お隣の国・中国では、今年の祝日はいつになるのでしょうか?
 中国政府が昨年末に発表した2018年の祝祭日休暇を見てみましょう。
続きを読む >>

アマゾン中国 「2017年ベストセラーランキング」 が発表、不動の第1位に輝いたのは!?

 アマゾン中国「2017年ベストセラーランキング」

 【中国 図書 ブログ】
 その年に、中国で一番売れた本はなに? ベストセラー作家はだれ?
 そんな書籍まわりのトレンドを知る手がかりの1つ 2017年ベストセラーランキング がこのほど、中国の大手オンライン通販 「亜馬遜中国」 (アマゾン中国) より発表されました。

続きを読む >>

【トークイベント】 アップリンク代表の浅井隆さん迎え2/2開催へ…第11回「編集よもやま話」

第11回「編集よもやま話」 【東京 イベント ブログ】

 生活総合雑誌 「暮しの手帖」 元副編集長で、現在は映画ジャーナリストとして活動する二井康雄 (家人) が、 「編集よもやま話・暮しの手帖で学んだ40年」 と題したトークイベントを不定期で開催しています。

 毎回、豪華なゲストを迎え、出版や編集をテーマにさまざまな角度でじっくりと語り合うこのイベント。

 第11回のゲストには、映画の製作・配給・宣伝や、劇場・レストラン経営など幅広く展開されるUPLINK (アップリンク) 代表の浅井隆さんをお迎えします。

 今年は、パルコと共同で、5スクリーンのシネコン 「アップリンク吉祥寺」 のオープンを目指しておられるそうで、そちらも楽しみ!

 いまや “映画まわり” のみならず、幅広く 「文化を編集する」 浅井さんに、これからの文化について縦横に語っていただきます。
続きを読む >>

シンガーソングライターのbisqさん、年明けライブ 1/13開催へ

bisqさん(170114) 【東京 ライブ ブログ】

 北海道出身のシンガーソングライター、bisq (ビスク) さんより、2018年の初ライブとなる 年明けライブ のお知らせをいただきました。

 bisqさんは中国・北京での留学経験があり、中国語の歌詞によるステキなオリジナルソングもあります。
 私は北京滞在中に、その繊細かつパワフルなギターとピアノの弾き語りに魅了され、ファンになった1人です。 (*^^*)
続きを読む >>

東大・中文の藤井省三教授の連載コラム第13回 「多重の“自画像”としての記憶」

北京市順義区焦庄戸村 【中国映画 コラム ブログ】

 東京大学の藤井省三教授 (現代中国語圏文学・映画専攻) による 『日本経済新聞』 中国語ネット 「日経中文網」 の連載コラム第13回は 多重の“自画像”としての記憶――山形映画祭で見た中国ドキュメンタリー映画 というテーマで、現在公開されています。

 藤井先生ご本人より、お知らせをいただきました。

 昨年秋、第15回を迎えた山形国際ドキュメンタリー映画祭に参加された藤井先生によれば、「今回特に感銘を覚えた作品は章夢奇監督 『自画像:47KMに生まれて』 (原題: 自画像:生于47公里、2016年製作、102分) だった」 とのこと。
続きを読む >>

「マンハント/ManHunt」 高倉健主演の伝説の映画がついにリメイク! 2/9日本公開へ

1801_憤怒 【中国 映画 ブログ】

 明けて新年より、話題の映画の紹介が続きます……。 (^^;)>

 あの伝説再び!

 時代を撃ち抜く衝撃アクションの数々! ついに日本逆輸入!
 

 1978年、文革直後の中国に輸入され、娯楽に飢えていた人々の間で驚異的ヒットを飛ばした、高倉健主演の伝説の日本映画 君よ憤怒の河を渉れ (76年)。

 そのリメイクが、日本映画を愛してやまないョン・ウー監督の手により、進化を遂げて完成しました!

 その名も マンハント/ManHunt 。

 「レッドクリフ」 「男たちの挽歌」 シリーズの巨匠ジョン・ウーが、「戦場のレクイエム」 のチャン・ハンユーと 「三度目の殺人」 の福山雅治をダブル主演に迎えた豪華サスペンスアクションです。
続きを読む >>

中国・アジアで驚愕の大ヒット!「戦狼/ウルフ・オブ・ウォー」、1/12〜 全国公開へ!

1801_戦狼 【中国 映画 ブログ】

 全世界興収1000億円!

 アジア歴代興収1位を記録した大ヒット ミリタリー・アクション!


 ――アフリカ、マダガスカル海域。 一人の男が、海賊に襲われた貨物船を救出した。
 男の名は、レン。 元特殊部隊 「戦狼」 の精鋭だ。

 とある事件から軍籍を剥奪されたレンは、反政府勢力に殺害された恋人の敵を討つべく、この地に渡っていたのだ。

 しかしその最中、反乱が勃発。 護衛艦に避難したレンだが、戦闘地域に民間人が取り残されているという話を耳にし、レンは単独、戦地に舞い戻る。
続きを読む >>

中国アニメ映画史上癸院崟祥卦 ヒーロー・イズ・バック」、1/13〜 日本公開へ

1801_西遊記 【中国 映画 ブログ】

 中国アニメ映画史上の新記録樹立!! 

 ――伝説のヒーロー 「西遊記」 の孫悟空を題材とした中国産3DCGアニメーション映画

 舞台は妖怪の存在に脅かされている長安の町。

 孤児の少年リュウアーと、長年の封印が解け自由の身となるも、力を失い自信喪失した孫悟空が、子どもを連れ去る妖怪に立ち向かう姿を描く、3DCGアクションアドベンチャー。

 2015年に中国で公開されるや、中国産アニメとして歴代1位の興行収入 (約192億円) をたたき出す大ヒットを記録した。
続きを読む >>
calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< January 2018 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
recommend
在日中国人33人のそれでも私たちが日本を好きな理由
在日中国人33人のそれでも私たちが日本を好きな理由 (JUGEMレビュー »)
趙 海成
小林さゆり/訳

【中国人著者が聞き出す本音の日本論】
『それでも私たちが中国に住む理由』、待望の姉妹本!
recommend
今こそ伝える日中100人
今こそ伝える日中100人 (JUGEMレビュー »)
北京大学日本校友会

日本と中国をつなぐ100人へのインタビュー集! 私も紹介していただきました。 お陰様でたちまち2刷に!!
recommend
在中日本人108人のそれでも私たちが中国に住む理由
在中日本人108人のそれでも私たちが中国に住む理由 (JUGEMレビュー »)

中国18都市に住む、日本人108人のリアルな証言! 取材・編集に携わりました。 5刷 好評発売中!
recommend
中国年鑑 (2012年版)
中国年鑑 (2012年版) (JUGEMレビュー »)

最新中国情報を網羅!
「暮らし」を執筆しています。
recommend
中国年鑑 (2011年版)
中国年鑑 (2011年版) (JUGEMレビュー »)

最新中国情報を網羅!
「暮らし」を執筆しています。
recommend
中国年鑑 (2010年版)
中国年鑑 (2010年版) (JUGEMレビュー »)

最新中国情報を網羅!
「暮らし」を執筆しています。
recommend
これが日本人だ!
これが日本人だ! (JUGEMレビュー »)
王 志強
小林さゆり/訳

【読んで首肯するか、立腹するか! ―― 中国人の対日認識を知るための必読書】
2刷 好評発売中!
recommend
北京探訪―知られざる歴史と今
北京探訪―知られざる歴史と今 (JUGEMレビュー »)

「大ブームに沸く 笑いの文化」を執筆しています。
recommend
出張に役立つ中国語―もう困らない、恥をかかない
出張に役立つ中国語―もう困らない、恥をかかない (JUGEMレビュー »)
ニューメディア研究所thinking

2005年アルク刊
コラムを執筆しています。
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM