北京再訪2019

  北京・亮馬橋界隈

 【北京 イベント ブログ】
 昨晩、訪問先の北京から無事帰国いたしました。
 1年ぶりの再訪です。 今回も5泊6日と短い期間ではありましたが、おかげさまで有意義な日々を過ごすことができました。

 今回の一番の目的であったイベントが、12月12日 (木)、北京の日本大使館で開催された、第15回 「中国人の日本語作文コンクール」表彰式とスピーチ大会で、私はまたまた司会進行を務めさせていただきました。 (^^;)>

 当日は、横井裕 (よこい・ゆたか) 大使をはじめ上位入賞した中国各地の学生の皆さん、指導教師、マスコミ関係者ら約160人が出席。 日本語を懸命に学ぶ学生さんたちの熱気にあふれた盛大な会となりました。
 (表彰式主催・日本僑報社、在中国日本大使館、メディアパートナー・朝日新聞社)
続きを読む >>

北京へ行ってきます!

クリスマスツリー 【東京 日常 ブログ】

 今日12月10日から、中国・北京に出張します。
 そのため、このブログもしばらくお休みさせていただきます。

 数日後には戻りますので、その時にはまた土産話ができればと思っています。
 1年ぶりの北京がどのように変わっているか? 楽しみです。
続きを読む >>

第15回 「中国人の日本語作文コンクール」 表彰式、12/12北京で開催へ

 『東京2020大会に、かなえたい私の夢!』 【北京 イベント ブログ】

 中国や日中関係の書籍を出版している 日本僑報社 (東京・西池袋、段躍中代表) からのお知らせです。

 私も仕事でお世話になっている出版社さんです。

 同社と日中交流研究所 (段躍中所長) 主催の第15回 「中国人の日本語作文コンクール」 の表彰式と日本語スピーチ大会が12月12日午前、北京の日本大使館で、横井裕大使、上位入賞者らの出席のもと開催されます。

 (表彰式共催: 在中国日本国大使館、コンクール協賛: 株式会社パン・パシフィック・インターナショナルホールディングス、公益財団法人東芝国際交流財団、メディアパートナー: 朝日新聞社)

 2005年にスタートし、今年で第15回を迎えたこのコンクールには、中国各地の208校の大学、専門学校、高校などから、前年を上回る計4359本もの作品が寄せられました。
続きを読む >>

【トークイベント】 落語家の二代目立川寸志さん迎え、第18回「編集よもやま話」 2020年1/30開催へ

第18回編集よもやま話 【東京 イベント ブログ】

 生活総合雑誌 「暮しの手帖」 元副編集長で、現在は映画ジャーナリスト、書き文字ライターとして活動する、家人の二井康雄が 「編集よもやま話・暮しの手帖で学んだ40年」 と題したトークイベントを不定期で開催しています。

 毎回、豪華なゲストを迎え、出版や編集をテーマにさまざまな角度でじっくりと語り合うこのイベント。

 第18回のゲストは、元編集者で、落語立川流の立川寸志さん。

 「元編集者、二代目立川寸志、立川流の未来を編集する」 と題して、編集者をやめてまで落語家になった、その奥深い魅力や、立川流の現在、未来について大いに語っていただく予定です。
 詳細は下記の通り。 皆様、ふるってご参加ください! ^^)/

      ―「編集よもやま話・暮しの手帖で学んだ40年」 連続トーク第18回 ―

続きを読む >>

侯孝賢監督監修、台湾ドキュメンタリーの注目作「台湾、街かどの人形劇」、絶賛上映中!

「台湾、街かどの人形劇」 【台湾 映画 ブログ】
 ――映画 戯夢人生 (1993) など侯孝賢 (ホウ・シャオシェン) 映画の名わき役にして、台湾の民間芸能・布袋劇 (ほていげき) の大家である李天禄

 長男・陳錫煌は、母の姓を継いだことで父との間に軋轢が生じ、自身が80歳を超えた今も、そのわだかまりが消えることはない。

 家を継ぐこと、名前をつぐこと、芸をつぐこと――親子でありながらも師弟であるがゆえの、深い葛藤。

 どの時代にも、どの世界にも共通するだろう親子間・師弟間の葛藤と、天命を知る者ならではの闘いの記録が描き出される。
続きを読む >>

<フォト特集> 冬のはじまりに…2019

  冬のはじまりに…2019_1

 【東京 日常 ブログ】
 そうこうするうちに、今年もまもなく師走です。
 いかがお過ごしでしょうか。

 街ではあちらこちらのスポットでイルミネーションが点灯され、せわしない年末をキラキラと彩っています。

 この電飾を見ると、忙しい最中にも和まされたり、あるいはかえって追い立てられるような気がしたり……。 受ける印象は人それぞれなのかもしれません。
続きを読む >>

世界の映画祭が絶賛!珠玉の台湾アニメ 「幸福路のチー」、11/29から日本公開

「幸福路のチー」 【台湾 アニメ ブログ】

 世界各地の映画祭が絶賛!

 台湾映画史上初の快挙を続ける傑作アニメが、いよいよ日本公開!


 世界中の観客が 「これは私たちの物語」 と絶賛した――。

 アヌシー、オタワなど名だたる国際アニメーション映画祭を席巻し、さらに2019年アカデミー賞の長編アニメーション部門にエントリーされるなど快進撃を続けてきた台湾アニメ 幸福路のチー がいよいよ日本で公開されます。

 本作は、オリジナルアニメ制作では出遅れ感のあった台湾で、突如として現れた珠玉のオリジナルアニメ作品です。
続きを読む >>

第20回東京フィルメックス開幕直前! 新作・話題作の中華圏映画をピックアップ

第20回東京フィルメックス パンフ 【アジア 映画 ブログ】

 アジアの新作・話題作を中心に上映する国際映画祭、第20回東京フィルメックスが11月23日 (土) 〜12月1日 (日) の9日間、東京・有楽町の有楽町朝日ホール、日比谷のTOHOシネマズ日比谷で開催されます (関連エントリー)。

 今年も、映画祭の核となるコンペティション部門をはじめ、特別招待作品などで、新作・話題作の中華圏映画が充実!

 ここではとくに、中国、香港、台湾映画のホットな勢いが感じられる “中華圏映画” をピックアップします。
続きを読む >>

役所広司×テレンス・チャン 「オーバー・エベレスト 陰謀の氷壁」 絶賛上映中!

「オーバー・エベレスト 陰謀の氷壁」 【日中 映画 ブログ】

「M:I−2」 「レッドクリフ」シリーズのプロデューサーが放つ
アクション・エンタテインメント超大作!

地球最高峰のデスゾーンで、
タイムリミット48時間のミッションが始まる!


 名優・役所広司と 「M:I−2」 「レッドクリフ」 シリーズの名プロデューサー、テレンス・チャンがタッグを組んだ日中合作のアクション・エンタテインメント超大作 オーバー・エベレスト 陰謀の氷壁 が現在、TOHOシネマズ六本木ヒルズ、TOHOシネマズ梅田ほか全国各地の劇場で大ヒット上映中です (11月15日〜)。
続きを読む >>

「法治の日本、党治の中国、情治の韓国」テーマに 中兼和津次東大名誉教授が講演へ 11/28 日中関係学会

  中央大学駿河台記念館

 【東京 講演 ブログ】
 日中関係を考える民間のオープンフォーラム、日中関係学会 (会長・宮本雄二元駐中国大使) より、研究会のご案内をいただきました。

 中国経済研究がご専門の中兼和津次 (なかがね・かつじ) 東京大学名誉教授が、法治の日本、党治の中国、情治の韓国――私の日中韓比較試論 と題して講演されます。
 
 非会員の方でも、事前にお申し込みいただければ参加可能です。
 ご案内は以下の通り。 お誘いあわせの上、ご参加ください。


        ― 日中関係学会関東支部 研究会 (11月28日 木曜日) ―
続きを読む >>
calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
recommend
在日中国人33人のそれでも私たちが日本を好きな理由
在日中国人33人のそれでも私たちが日本を好きな理由 (JUGEMレビュー »)
趙 海成
小林さゆり/訳

【中国人著者が聞き出す本音の日本論】
『それでも私たちが中国に住む理由』、待望の姉妹本!
recommend
今こそ伝える日中100人
今こそ伝える日中100人 (JUGEMレビュー »)
北京大学日本校友会

日本と中国をつなぐ100人へのインタビュー集! 私も紹介していただきました。 お陰様でたちまち2刷に!!
recommend
在中日本人108人のそれでも私たちが中国に住む理由
在中日本人108人のそれでも私たちが中国に住む理由 (JUGEMレビュー »)

中国18都市に住む、日本人108人のリアルな証言! 取材・編集に携わりました。 5刷 好評発売中!
recommend
中国年鑑 (2012年版)
中国年鑑 (2012年版) (JUGEMレビュー »)

最新中国情報を網羅!
「暮らし」を執筆しています。
recommend
中国年鑑 (2011年版)
中国年鑑 (2011年版) (JUGEMレビュー »)

最新中国情報を網羅!
「暮らし」を執筆しています。
recommend
中国年鑑 (2010年版)
中国年鑑 (2010年版) (JUGEMレビュー »)

最新中国情報を網羅!
「暮らし」を執筆しています。
recommend
これが日本人だ!
これが日本人だ! (JUGEMレビュー »)
王 志強
小林さゆり/訳

【読んで首肯するか、立腹するか! ―― 中国人の対日認識を知るための必読書】
2刷 好評発売中!
recommend
北京探訪―知られざる歴史と今
北京探訪―知られざる歴史と今 (JUGEMレビュー »)

「大ブームに沸く 笑いの文化」を執筆しています。
recommend
出張に役立つ中国語―もう困らない、恥をかかない
出張に役立つ中国語―もう困らない、恥をかかない (JUGEMレビュー »)
ニューメディア研究所thinking

2005年アルク刊
コラムを執筆しています。
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM