新人監督の驚異のデビュー作にして遺作「象は静かに座っている」 11/2〜公開へ

「象は静かに座っている」 【中国 映画 ブログ】

 ――29歳で命を絶った若き才能、デビュー作にして遺作。

 世界を熱狂させた、魂の234分――


 ベルリン国際映画祭、東京フィルメックス、金馬奨など世界の映画祭が高く評価、名だたる巨匠たちが絶賛した傑作 象は静かに座っている が11月2日(土)から、東京・渋谷のシアター・イメージフォーラムほかで公開されます。

 中国北部の地方都市に暮らす4人の登場人物たちの1日を4時間弱、234分の長尺で描き、世界を驚かせた作品。
続きを読む >>

東京・六本木の多元文化会館 煎茶文化の交流会などイベント多彩に

多元文化会館サイトより 【中国関係 イベント ブログ】

 東京・六本木にある文化交流スペース 多元文化会館 で、煎茶文化の交流会や中国伝統の篆刻芸術のパネル展など、さまざまなイベントが開催されます。

 江戸時代に日本にインゲン豆やレンコンなど多様な文化や学問、食物をもたらしたとされる明の僧侶で、黄檗宗開祖の隠元禅師

 その隠元禅師が持ち込んだものの一つという煎茶文化は、人々の暮らしと密接にかかわりながら日本で発展し、今日まで脈々と受け継がれてきました。

 この黄檗文化と煎茶文化を、より深く理解するための講演会とお茶会のイベント 黄檗文化講演会&煎茶道黄檗売茶流茶会 が10月27日(日)午後、同会館で開催されます。
続きを読む >>

『中国 古鎮をめぐり、老街をあるく』――奥深い街や村の息づかいが聞こえる

『中国 古鎮をめぐり、老街をあるく』 【中国関係 図書 ブログ】

 よく言われることだが、人は旅をすると心が豊かになり、より以上に見聞を広め、見識を深めることができるという。

 つまり、旅というのは、人を一回りも二回りも大きくさせてくれることがあるのだろう。

 実際にそんな経験をした人も少なからずいるだろうし、そういう私も旅の前と後とでは “別人格” になったかのように、ものの見方や考え方がガラリと変わった!という神秘的な体験をしたこともある。

 中国 古鎮をめぐり、老街をあるく (亜紀書房) を読み終え、ふとそんな記憶が脳裏をよぎった。 私が中国の北京に住んでいたころからの老朋友であり、現在もライター、翻訳家として活躍している多田麻美さんの新しい紀行エッセイである。
続きを読む >>

「台風19号」 被災された皆様にお見舞い申し上げます!

  NHKニュース

 【日本 日常 ブログ】
 過去最強クラス といわれた台風19号は、今日10月13日正午に日本の東で温帯低気圧に変わったそうですが、その被害の大きさがしだいに明らかになってきました。

 NHKニュースによれば、13日午後1時現在、18人が死亡し、13人が行方不明。
 また国土交通省によれば、13日正午現在、9つの河川の計10カ所堤防の決壊を確認したほか、同日午後0時半現在、氾濫発生が発表された河川は関東甲信と東北で計14に上っているそうです。

 この度の台風により、被災された皆様に心よりお見舞い申し上げます。
 (-人-) (-人-) (-人-)
続きを読む >>

『日本各界が感動した新中国70年の発展成果――温故創新』 が刊行! ご紹介いただきました

『温故創新』 表紙1 【中国関係 図書 ブログ】

 「人民日報」 駐日本記者の劉軍国 (りゅう・ぐんこく) さんの新著で、今年の中華人民共和国 (新中国) 成立70周年記念出版となる 日本各界が感動した新中国70年の発展成果――温故創新 人民日報駐日本記者現地取材報告集 がこのほど、日本僑報社から刊行されました。

 ――中華人民共和国成立70周年にあたる2019年。

 本書はこれを祝し、中国を代表する新聞 「人民日報」 の駐日本記者が、日本の政界・財界・学術界など各界の人々に取材し、中国の発展成果などについての生の声をまとめたもの。
 日本僑報社刊 『永遠の隣人―人民日報に見る日本人』 シリーズに続く現地取材報告集。 中華人民共和国成立70周年記念出版!――

 孔鉉佑中国駐日本国特命全権大使が 「多くの日本の友人に真実の中国を知ってもらい、ご自分の実際の行動をもって中日関係にプラスエネルギーを注ぎ込んでもらいたいと願っています」 などと序文を寄せておられます。
続きを読む >>

「2019東京・中国映画週間」 10/22〜11/1開催へ 「流転の地球」 「ナタ〜魔童降臨〜」 など最新話題作10本を一挙上映!

「2019東京・中国映画週間」ポスター 【東京 中国映画 ブログ】

 今年で14回目の開催となる 東京・中国映画週間 (主催・NPO法人日中映画祭実行委員会ほか) が10月22日 (火) から11月1日 (金) まで、東京・三田の東京都写真美術館ホールなどを会場に開催されます。

 今年、第32回を迎えるアジア最大級の映画祭 「東京国際映画祭」 (10月28日〜11月5日) の提携企画です。
続きを読む >>

「山形国際ドキュメンタリー映画祭2019」 10/10開幕へ 注目の中華圏映画は?

王兵監督 【中国 映画 ブログ】

 山形県山形市で2年に一度、10月に開催されるドキュメンタリー映画の祭典 山形国際ドキュメンタリー映画祭 (YIDFF) が今年10月10日(木)〜17日(木)の8日間にわたり、開催されます。

 1989年にスタートして今年で30年、16回目となるこの映画祭。

 世界の最新ドキュメンタリー映画を上映するインターナショナル・コンペティションをはじめ、アジアのフレッシュな才能を紹介するもう一つのコンペティション部門 「アジア千波万波」、さらに映画製作の歴史と多様性に光を当てる特別プログラムやイベントも盛りだくさんに行われます。

 ここでは、インターナショナル・コンペティションと、アジア千波万波の中から、注目の中華圏映画をご紹介します!

続きを読む >>

国際交流基金日中交流センター 「留学ドキュメンタリー」 が公開 「第13期生―日本での経験を糧に、26人元気に巣立つ」

  「留学ドキュメンタリー」第13期生卒業

 【日本 学校 ブログ】

 独立行政法人国際交流基金の日中交流センターが推進する 心連心: 中国高校生長期招へい事業。 

 中国語の 「心連心」 (心と心をつなぐ) をモットーにしたこのプログラムは、次世代を担う中国の高校生たちに約1年間、日本に滞在する機会を提供し、勉強や生活を通して日本の社会・文化を知ってもらおう、それにより長期的な日中関係発展の礎となる信頼関係を築こう――とするものです。

 このほど、日本での約1年の留学を終えた第13期生の帰国前報告会と歓送レセプションが東京都内で開かれ、その模様を取材したレポート 「高校生留学ドキュメンタリー」 ―― 「第13期生―日本での経験を糧に、26人元気に巣立つ」 が、日中交流センターの公式サイトで公開されました (日本語・中国語)。
続きを読む >>

「慶祝国慶70周年」 ―― 建国か? 成立か?

新中国成立70周年ロゴ 【中国 ニュース ブログ】

 慶祝国慶70周年!

 今日10月1日は、中華人民共和国の70回目の “誕生日” となる国慶節です。

 北京では、これを祝う大規模な式典や軍事パレードが行われ、国営・中国中央テレビ (CCTV) を通じて、日本の人気動画サイトなどでも生中継されました。

 ところで、日本のメディアなどでは、この日を 「建国記念日」 として、「建国70周年」 「建国70年」 などと表現していることが多いのですが、中国では異なります。
 この日は、「建国」 ではなく、「新中国成立」 「中華人民共和国成立」 の日であり、そう表現しなければならないのです……。
続きを読む >>

「中国映画の隠された構造」テーマに、刈間文俊・東大名誉教授が講演

  日本日中関係学会研究会

刈間文俊東京大学名誉教授 【東京 講演 ブログ】

 日本日中関係学会 (会長・宮本雄二元駐中国大使) の研究会が9月27日(金)、東京・神田の学士会館で開かれ、中国映画史研究の第一人者、刈間文俊 東京大学名誉教授・南京大学客員教授が 中国映画の隠された構造〜微妙な違いから見えてくるもの〜 と題して講演。 貴重な映像の数々を紹介しながら、映画から見えてくる中国について深い考察で論じられました。

 会場には、中国映画に関心を持つ会員や日本の学生、中国人留学生らが大勢集まり、それぞれメモを取るなどして熱心に耳を傾けていました。

 刈間教授によると、中国映画は今や興行収入でアメリカに次ぐ世界第2位、製作本数はインドに次ぐ第2位 (2012−16年) の地位にあり、その規模や技術においてハリウッドに迫る勢いで急成長しているそうです。

 かつてのソ連をはじめアメリカ、日本など世界の映画の影響を受けつつも独自の発展を遂げてきた中国映画ですが、いまだに政治的表現などの制約が多い状況下にあり、隠されたメッセージを含んでいることもあるのだとか……。
続きを読む >>
calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
recommend
在日中国人33人のそれでも私たちが日本を好きな理由
在日中国人33人のそれでも私たちが日本を好きな理由 (JUGEMレビュー »)
趙 海成
小林さゆり/訳

【中国人著者が聞き出す本音の日本論】
『それでも私たちが中国に住む理由』、待望の姉妹本!
recommend
今こそ伝える日中100人
今こそ伝える日中100人 (JUGEMレビュー »)
北京大学日本校友会

日本と中国をつなぐ100人へのインタビュー集! 私も紹介していただきました。 お陰様でたちまち2刷に!!
recommend
在中日本人108人のそれでも私たちが中国に住む理由
在中日本人108人のそれでも私たちが中国に住む理由 (JUGEMレビュー »)

中国18都市に住む、日本人108人のリアルな証言! 取材・編集に携わりました。 5刷 好評発売中!
recommend
中国年鑑 (2012年版)
中国年鑑 (2012年版) (JUGEMレビュー »)

最新中国情報を網羅!
「暮らし」を執筆しています。
recommend
中国年鑑 (2011年版)
中国年鑑 (2011年版) (JUGEMレビュー »)

最新中国情報を網羅!
「暮らし」を執筆しています。
recommend
中国年鑑 (2010年版)
中国年鑑 (2010年版) (JUGEMレビュー »)

最新中国情報を網羅!
「暮らし」を執筆しています。
recommend
これが日本人だ!
これが日本人だ! (JUGEMレビュー »)
王 志強
小林さゆり/訳

【読んで首肯するか、立腹するか! ―― 中国人の対日認識を知るための必読書】
2刷 好評発売中!
recommend
北京探訪―知られざる歴史と今
北京探訪―知られざる歴史と今 (JUGEMレビュー »)

「大ブームに沸く 笑いの文化」を執筆しています。
recommend
出張に役立つ中国語―もう困らない、恥をかかない
出張に役立つ中国語―もう困らない、恥をかかない (JUGEMレビュー »)
ニューメディア研究所thinking

2005年アルク刊
コラムを執筆しています。
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM