フランスの映像作家クリス・マルケルの特集上映 「北京の日曜日」など7/6〜

早稲田松竹 【フランス 映画 ブログ】

 フランスの映像作家クリス・マルケル (1921−2012) の特集上映 クリス・マルケル監督特集 が7月6日(土)より、東京・高田馬場の名画座、早稲田松竹で開催されます (〜12日まで)。

 歴史や戦争、時代や記憶といった普遍的なテーマを、鋭いまなざしで活写したクリス・マルケル。
続きを読む >>

「ASIANS IN HOLLYWOOD」 をテーマに特集上映 2/23〜3/1 早稲田松竹

「ASIANS IN HOLLYWOOD」 【映画 アジア ブログ】

 名画座の早稲田松竹 (東京・高田馬場) で、2月23日 (土) から3月1日 (金) の一週間、ASIANS IN HOLLYWOOD と銘打った特集上映が行われます。

 上映されるのは、シンガポールを舞台に、アジア系キャストをメインに描いたハリウッド製ラブコメディー クレイジー・リッチ!関連エントリー)、そしてインド系アメリカ人、アニーシュ・チャガンティが監督を、韓国生まれのアメリカ合衆国の俳優ジョン・チョウが主役を務めたサスペンススリラー search サーチ の豪華2本立て!

 いずれも、米ハリウッドがアジア系住民やアジア人にスポットを当てた物語。 ハリウッド映画でアジア人が脚光を浴びることは従来多くなかったことから、近年のアジアの台頭はもちろん、米国におけるアジア人への意識の変化などがうかがえます。
続きを読む >>

アイ・ウェイウェイ監督・衝撃の難民ドキュメンタリー「ヒューマン・フロー 大地漂流」、1/12公開へ

「ヒューマン・フロー 大地漂流」 【ドキュメンタリー 映画 ブログ】

 ――23カ国40カ所もの難民キャンプと国境地帯を巡る、全世界に警鐘を鳴らす衝撃のドキュメンタリー

 現代美術家アイ・ウェイウェイが描く壮大な人間叙事詩――


 ――貧困・戦争・宗教・政治的立場・環境問題など、様々な理由で増え続ける難民たち。

 その数は、2018年には過去最高の6850万人に上り、深刻化する事態とは裏腹に、難民受け入れを拒否する国が広がっている。

 いま、世界で何が起きているのか。
続きを読む >>

「2017華時代全球短片節」 東京上映会が11/18開催へ [入場無料]

ショートフィルムフェスティバル1 【短編映像 ブログ】

 突然のお知らせとなり、恐縮ですが……。

 世界最大の動画プラットフォームで、主に華人映像作品を公開する 「華加視頻 (HUAPLUS TV)」 による 2017華時代全球短片節(HUAインターナショナル・ショートフィルムフェスティバル) が11月18日 (土)、東京・渋谷の渋谷プライムで開催されます。

 中国をはじめ日本、アメリカ、マレーシアなどの短編作品が17本ほど上映されます。

 入場無料、予約不要。 
 どなたでもご覧いただけます。

続きを読む >>

映画「純愛」、日中公開10周年祝賀上映&国際交流会、8/8開催へ

映画「純愛」 【日中 映画 ブログ】

 世界各地で上映され、感動の輪を広げている日中共同製作映画 純愛 (2007年)。

 その日本と中国での公開10周年を記念する祝賀上映会と国際交流会が8月8日(火)午後、東京・永田町の憲政記念館で開催されます (主催・純愛プロジェクト事務局・純愛国際平和基金)。
 関係者より、お知らせをいただきました。

 映画 「純愛」 は、1945年の終戦の後もやむなく中国にとどまって生きてきた日本人開拓団の若者を主人公に、国境を超えた愛と友情、かけがえのない生命 (いのち) の尊さを描いた感動のラブストーリー。
 製作総指揮・脚本・主演と1人で何役もこなした小林桂子さんが、中国で直接取材した残留日本人女性の実話をもとにしています。

続きを読む >>

チベット映画傑作選! ソンタルジャ監督の 「陽に灼けた道」 上映へ 7/14夜

「ラサへの歩き方〜祈りの2400km」 【チベット 映画 ブログ】

 チベット巡礼ロード・ムービー ラサへの歩き方〜祈りの2400km (配給・ムヴィオラ) が7月23日 (土) から日本で公開されるのを記念して、チベット映画の秀作が上映されます。

 主催: ムヴィオラ、東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所。
 協力: 福岡市総合図書館。

 現代チベット映画を代表する1人、ソンタルジャ監督の長編第一作。

 「ラサへの歩き方」 につながる 「巡礼」 が重要なモチーフとなった映画 陽に灼けた道 です。
続きを読む >>

辺境映画3作の<マージナルトリップ・シネマズキャンペーン>、シアター・イメージフォーラムで

「ラサへの歩き方 祈りの2400辧 【東京 映画 ブログ】

 世界初のチベット巡礼ロード・ムービー ラサへの歩き方 祈りの2400km (配給・ムヴィオラ) が7月23日(土) から公開されるのに合わせて、東京・渋谷の シアター・イメージフォーラム で、近日公開の辺境映画3作を対象にしたキャンペーンが行われています。

 題して、<マージナルトリップ・シネマズキャンペーン> 。

 “映画を観て未知なる世界へ旅しよう!” をテーマにして、 ̄撚茲お得プライスで見られて ∪菽紊芭綱椶もらえて さらに抽選でプレゼントももらえるという、銀幕を通じて世界を旅したい映画ファンにはうれしいキャンペーンです。
 お得な3作セット券は、7月31日(日)まで発売。
 詳しくは、ムヴィオラさんからの下記案内をご確認ください!


           ―シアター・イメージフォーラムで、辺境映画3作の
           <マージナルトリップ・シネマズキャンペーン>開始!―


続きを読む >>

日中合作映画 「スイートハート・チョコレート」、ついに日本公開へ 3/26〜

「スイートハート・チョコレート」 【日中 映画 ブログ】

 2012年に日中合作で製作され、同年の東京国際映画祭、2013年のゆうばり国際ファンタスティック映画祭でそれぞれ上映、中国では2013年に劇場公開されたほか、韓国の光州国際映画祭で最高賞にあたる審査員大賞を受賞し、アジアで高い評価を受けた スイートハート・チョコレート がついに日本で劇場公開されることが明らかになりました。

 本作は、日中関係悪化の影響もあり公開が延期されていましたが、2014年に 「お蔵出し映画祭」 でグランプリに輝き、いよいよ3月26日 (土) より 「シネ・リーブル池袋」 ほかで全国順次公開されることが決定しました。
続きを読む >>

「中国インディペンデント映画祭2015」 東京で開催へ 12/12〜27

 「中国インディペンデント映画祭2015」 【東京 映画 ブログ】

 中国のインディペンデント映画の最新作、秀作を日本に紹介する 中国インディペンデント映画祭2015 が今年も東京で開催されます。

 草の根活動の有志たちによる、同映画祭実行委員会の主催。

 2008年8月にスタートし第5回となる今年は、これまで以上のスケールと充実のプログラムの計14本が上映されます。 中国から招いた監督やプロデューサーら、多彩なゲスト陣を囲んでのイベントもお楽しみの1つ。

 海外の映画祭でも高く評価されている王超 (ワン・チャオ) 監督作品の特集上映や、王超監督と最新作の 「FOUJITA」 が大ヒット上映中の小栗康平監督の両巨匠によるスペシャル・トークイベントも予定されています。

続きを読む >>

第28回東京国際映画祭10/22〜31開催へ、注目の中華圏映画をピックアップ!

第28回東京国際映画祭 【東京 映画 ブログ】

 世界の最新話題作・注目作を一挙上映するアジア最大級の国際映画祭、第28回東京国際映画祭10月22日(木) 〜31日(土) の10日間、メイン会場の東京・六本木ヒルズほか、新宿バルト9、新宿ピカデリー、TOHOシネマズ新宿で開催されます。

 今年は、世界の優れた長編映画16本から最優秀賞の 「東京グランプリ」 を決定する 「コンペティション」、アジアの新鋭監督が競い合うコンペティション部門の 「アジアの未来」、さらに海外の有名映画祭での受賞作など日本公開が未定 (8月31日時点) の秀作・異色作・傑作を集めた 「ワールド・フォーカス」 といった各部門において、昨年 (200本) を上回る全205本の作品が上映される予定。

 名優・高倉健の没後1年を前に “健さん” の魅力を振り返る 「追悼特集 『高倉健と生きた時代』」、詩人・演出家・映画監督としてマルチな才能を発揮した寺山修司の生誕80年を祝う 「寺山修司生誕80年 TERAYAMA FILMS」、現在の日本映画を国内外に発信する 「Japan Now ジャパンナウ」、ロボットアニメの金字塔 「機動戦士ガンダム」 を一堂に集めた 「ガンダムとその世界」 など特集上映もバラエティーに富んでいて、見どころたっぷり!

 今年も超豪華ラインナップですが、なかでも注目の中華圏映画を以下にピックアップしました。

続きを読む >>
calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
  • 映画監督の降旗康男さん死去、「20世紀に大反響」 と中国メディアも功績讃える
    しゃおりん (06/10)
  • 映画監督の降旗康男さん死去、「20世紀に大反響」 と中国メディアも功績讃える
    ゴジラ@北京 (06/10)
  • 長編ドキュメンタリー映画「戦後中国残留婦人考」 第2回試写上映&交流会 6/15開催へ
    しゃおりん (06/08)
  • 長編ドキュメンタリー映画「戦後中国残留婦人考」 第2回試写上映&交流会 6/15開催へ
    小林千恵 (06/07)
  • 映画監督の降旗康男さん死去、「20世紀に大反響」 と中国メディアも功績讃える
    しゃおりん (06/07)
  • 映画監督の降旗康男さん死去、「20世紀に大反響」 と中国メディアも功績讃える
    ゴジラ@北京 (06/06)
  • 長編ドキュメンタリー映画「戦後中国残留婦人考」 第2回試写上映&交流会 6/15開催へ
    しゃおりん (06/06)
  • 長編ドキュメンタリー映画「戦後中国残留婦人考」 第2回試写上映&交流会 6/15開催へ
    にこにこのujicyan (06/06)
  • 人生100年時代のリアルな寓話! 土屋貴子さん出演の映画「兄消える」、5/25〜公開へ
    小林さゆり(しゃおりん) (05/25)
  • 人生100年時代のリアルな寓話! 土屋貴子さん出演の映画「兄消える」、5/25〜公開へ
    王志&#24378; (05/25)
recent trackback
recommend
在日中国人33人のそれでも私たちが日本を好きな理由
在日中国人33人のそれでも私たちが日本を好きな理由 (JUGEMレビュー »)
趙 海成
小林さゆり/訳

【中国人著者が聞き出す本音の日本論】
『それでも私たちが中国に住む理由』、待望の姉妹本!
recommend
今こそ伝える日中100人
今こそ伝える日中100人 (JUGEMレビュー »)
北京大学日本校友会

日本と中国をつなぐ100人へのインタビュー集! 私も紹介していただきました。 お陰様でたちまち2刷に!!
recommend
在中日本人108人のそれでも私たちが中国に住む理由
在中日本人108人のそれでも私たちが中国に住む理由 (JUGEMレビュー »)

中国18都市に住む、日本人108人のリアルな証言! 取材・編集に携わりました。 5刷 好評発売中!
recommend
中国年鑑 (2012年版)
中国年鑑 (2012年版) (JUGEMレビュー »)

最新中国情報を網羅!
「暮らし」を執筆しています。
recommend
中国年鑑 (2011年版)
中国年鑑 (2011年版) (JUGEMレビュー »)

最新中国情報を網羅!
「暮らし」を執筆しています。
recommend
中国年鑑 (2010年版)
中国年鑑 (2010年版) (JUGEMレビュー »)

最新中国情報を網羅!
「暮らし」を執筆しています。
recommend
これが日本人だ!
これが日本人だ! (JUGEMレビュー »)
王 志強
小林さゆり/訳

【読んで首肯するか、立腹するか! ―― 中国人の対日認識を知るための必読書】
2刷 好評発売中!
recommend
北京探訪―知られざる歴史と今
北京探訪―知られざる歴史と今 (JUGEMレビュー »)

「大ブームに沸く 笑いの文化」を執筆しています。
recommend
出張に役立つ中国語―もう困らない、恥をかかない
出張に役立つ中国語―もう困らない、恥をかかない (JUGEMレビュー »)
ニューメディア研究所thinking

2005年アルク刊
コラムを執筆しています。
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM