中国のエイズ孤児コレクションが日本初公開!「紅いパン」絵画展12/11〜14開催へ

「紅いパン」絵画展 【中国 アート ブログ】

 中国のエイズ孤児たちの絵画作品を一堂に展示する 「紅いパン」絵画展 が12月11日(火)から14日(金)までの4日間、東京・文京区の日中友好会館美術館で開催されます。

 主催: 香港NGO法人智行基金會、東京世田谷中央ロータリークラブ。

 香港NGO法人智行基金會 (創立者・議長: 杜聡) は、中国のエイズ遺児や孤児、エイズの影響を受けた子どもたちを救う団体として、1998年に香港で設立されました。
 「智行」 とは、智慧を行動に移して実践することを意味しています。 同基金會はこの20年間、エイズ孤児らを救済し続け、受益者数はのべ2万3000人に上るそうです。

 同基金會が取り組むプロジェクトの1つ 「アートカウンセリングワークショップ」 は、エイズの影響を受けている子どもたちに、自らの深層心理と夢を描かせることでその感情表現を豊かにし、未来へ羽ばたく原動力にしてもらおうとスタートしたもの。
 作品はこれまでに1000点余りを数え、世界各地で展示され好評を博してきました。 それは、社会的偏見と差別の中で闘っている子どもたちにとって、大きな自信と喜び、希望を持つきっかけとなっているようです。
続きを読む >>

【トークイベント】「キューバ音楽のいまを編集する」―第12回「編集よもやま話」 10/21開催へ

「編集よもやま話」第12回 【東京 イベント ブログ】

 生活総合雑誌 「暮しの手帖」 元副編集長で、現在は映画ジャーナリスト、書き文字ライターとして活動する家人の二井康雄が、 「編集よもやま話・暮しの手帖で学んだ40年」 と題したトークイベントを不定期で開催しています。

 毎回、豪華なゲストを迎え、出版や編集をテーマにさまざまな角度でじっくりと語り合うこのイベント。

 第12回のゲストは写真家、音楽ライター、映像作家と幅広い分野で活躍される高橋慎一さん。

 中南米キューバの音楽好きが高じて、ドキュメンタリー映画 「Cu−Bop(キューバップ)」 の制作に繋がったという経緯や、その熱い思いなど キューバ音楽のいまを編集する をテーマにざっくばらんに語っていただきます。

 ご関心のある方は、お気軽にご参加ください。


     ―「編集よもやま話・暮しの手帖で学んだ40年」 連続トーク第12回 ―
続きを読む >>

「おもいっきり中国。チャイナフェスティバル 2018」、代々木公園で絶賛開催中!

 「チャイナフェスティバル 2018」_1

「チャイナフェスティバル 2018」_2 【東京 フェス ブログ】

 今年の日中平和友好条約締結40周年を記念する大型イベント チャイナフェスティバル 2018 が現在、東京・渋谷区の代々木公園イベント広場で開催されています。

 9月9日) 夜8時まで (入場無料)。
 主 催: チャイナフェスティバル2018 実行委員会、駐日中国大使館。

 日本にいながらにして中国が丸ごと体感できる、国内最大級の交流の祭典。
 日ごろなかなか体験できない中国芸能や芸術、食、観光、資源、経済、パフォーマンスなど、様々なシーンの中国文化が紹介されていて、会期2日間で数十万人の来場者を見込んでいるとか。
続きを読む >>

海外の和僑が東京に集結!「ワキョウ大交流会 in TOKYO」、9/8開催へ

  「ワキョウ大交流会 in TOKYO」

 【東京 交流 ブログ】
 9月初めの今週は チャイナウィーク ともいうべき中国関係のイベントが東京で目白押しです。
 このブログでもお伝えしましたが、今年の日中平和友好条約締結40周年を記念する大型イベント 「チャイナフェスティバル 2018」 が9月8 (土)、9 (日) の両日、東京・渋谷区の代々木公園イベント広場で開催されます (関連エントリー)。

 また、シンポジウム 「起業とイノベーションで日中の未来を切り開く」 が9月7日(金)午後、東京・世田谷区の駒澤大学深沢キャンパスで開催される予定です (関連エントリー)。

 そしてもう一つ、企画されているビッグイベントが ワキョウ大交流会 in TOKYO
 世界各地に居住して活動する日本人 「和僑」 (※注) の組織である和僑会のメンバーや中国ビジネスを考えている人など、和僑の活動に関心のある人なら誰でも参加可能だそうです。
続きを読む >>

丸ごと中国を体感! 「チャイナフェスティバル 2018」 代々木公園で開催へ

「スーパー夏祭り in 北京2012」 【東京 フェス ブログ】

 今年の日中平和友好条約締結40周年を記念する大型イベント チャイナフェスティバル 2018 が9月8 (土)、9 (日) の両日、東京・渋谷区の代々木公園イベント広場で開催されます (雨天決行、荒天中止)。

 主 催: チャイナフェスティバル2018 実行委員会、駐日中国大使館
 実行委員長: 程永華中国大使

 日本にいながらにして中国が丸ごと体感できる、国内最大級の交流の祭典。
 日ごろなかなか体験できない中国芸能や芸術、食、観光、資源、経済、パフォーマンスなど、様々なシーンの中国文化が紹介されます。
 出店数は約100ブース。 飲食店や物販・企業・団体がそれぞれ約50ブースずつ、ずらりと軒を連ねます。
続きを読む >>

中国劇 「風をおこした男―田漢伝」 10/6〜10/7世田谷パブリックシアターで、関連シンポ9/5早稲田大で開催へ

「田漢と文芸協会の時代」シンポ_1 【中国 演劇 ブログ】

 中国の劇作家にして詩人、中華人民共和国の国歌 「義勇軍進行曲」 の作詞者としても知られる田漢 (1898−1968)。

 この中国現代文化に多大な功績を遺した田漢の半生を、現代的な演出でドラマチックに描き出す話題の中国演劇 狂飆 が、風をおこした男―田漢伝 との邦題で10月6日(土)、7日(日)の2日間、東京・世田谷区の世田谷パブリックシアターで上演されます。

―日中平和友好条約締結40周年記念公演―

 上海戯劇学院・国家話劇院 共同制作、上海戯劇学院・世田谷パブリックシアター 共同主催。
 中国語上演・日本語字幕。

 同シアターの公式サイトに、詳しい紹介や公演スケジュール、チケット情報などがありますので、ご確認いただけましたら幸いです。 トレーラー動画もご覧いただけます。

世田谷パブリックシアター 「風をおこした男―田漢伝」

続きを読む >>

【案内】 出かけてみよう〜都内のアジアンイベントへ

フェスティバル 【アジア イベント ブログ】

 新緑がさわやかな5月
 あちこち出歩くにも、いい季節となりました。

 アジア関係のイベントも、探してみるといろいろあります。

 ご関心のある方は、出かけられてみてはいかがでしょうか? ^^)/
続きを読む >>

日中対訳 『大岡信 愛の詩集』 発刊記念 「朗読・トーク&サイン会」、6/23開催へ

  ―テレビ・ラジオでおなじみの陳淑梅さん、奈良禎子さんが対談―

「朗読・トーク&サイン会」チラシ 【東京 イベント ブログ】

 私がいつも仕事でお世話になっている、中国関係専門の出版社、日本僑報社 (東京・西池袋) さんのお知らせです。

 同社は、戦後日本を代表する詩人・大岡信が愛を詠嘆する珠玉集 大岡信 愛の詩集 の発刊を記念する 朗読・トーク&サイン会 を6月23日(土)午後、東京・豊島区の西池袋第二区民集会室・大会議室で開催します。

 最新刊の 『大岡信 愛の詩集』 は、故・大岡信が愛を称える 『愛の詩集』 を、愛弟子の陳淑梅さんが中国語に翻訳した日中対訳版の詩集。
 テレビやラジオの中国語講師として知られ、現在、東京工科大学教授である陳淑梅さんと、フリーアナウンサーの奈良禎子さんによる朗読CD付で刊行され、注目を集めています。

 「朗読・トーク&サイン会」 では、この陳さんと奈良さんのお二人が 『大岡信 愛の詩集』 を日中2カ国語で朗読するほか、陳さんが翻訳の心得について講演、さらに陳さんと奈良さんがプロ目線による朗読のテクニックなどについて対談を繰り広げます。
続きを読む >>

国際的ヴァイオリニスト、吉田美里さん 6/9ミニライブのご案内

  吉田美里さんミニライブ

 【東京 音楽 ブログ】
 世界最高峰の音楽大学、ウィーン国立音楽大学の大学院を修了後、ウィーンと日本を拠点に国際的に活躍されているヴァイオリニスト、吉田美里さんのミニライブが6月9日(土)夜、東京・神田神保町の 「ブックカフェ二十世紀」 で開催されます。
 
 ウィーンと日本を拠点に、コンサート活動などで世界を飛び回っておられる期待の新鋭、吉田さん。
 そもそも日本でのライブが稀有なことであるのはもちろん、大ホールではなくこじんまりとしたブックカフェでの演奏は、ご本人にとっておそらく初の体験ではないでしょうか。
 観客の私たちにとっても目の前で、国際派による超一流の生演奏が楽しめる、ステキなひとときになることでしょう。

 家人の二井康雄がご案内するということで、題して 「二井康雄presents!」 だそうです。 (^^;
 非常に貴重な機会となります。 お誘い合わせの上、ご参加いただけましたら幸いです。
 ご案内は以下の通り。


   ―二井康雄presents! 「ヴァイオリニスト吉田美里ミニライブ」 のご案内―
続きを読む >>

「ガレも愛した―清朝皇帝のガラス」展、7/1まで好評開催中

清朝皇帝のガラス展 【中国 アート ブログ】

 中国の清朝皇帝が愛してやまなかったガラス工芸

 第4代康煕帝 (在位1661−1722)、第5代雍正帝 (在位1722−35)、第6代乾隆帝 (在位1735−96) の時代、皇帝の至宝として昇華したそれは、フランスのアール・ヌーヴォー期を代表する芸術家エミール・ガレにも影響を与えたとされています。
続きを読む >>
calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
  • この夏最強のエンタメ映画 「カメラを止めるな!」、ホラーコメディーの新境地を切り開く!
    しゃおりん (08/14)
  • この夏最強のエンタメ映画 「カメラを止めるな!」、ホラーコメディーの新境地を切り開く!
    にこにこのujicyan (08/13)
  • 中国の最新アニメ 「魔道祖師」、公開後まもなく4000万PVでテンセント人気トップに
    しゃおりん (07/13)
  • 中国の最新アニメ 「魔道祖師」、公開後まもなく4000万PVでテンセント人気トップに
    阿井 (07/13)
  • 平和友好条約40周年・第1回「忘れられない中国滞在エピソード」、6月より募集スタート
    しゃおりん (06/09)
  • 平和友好条約40周年・第1回「忘れられない中国滞在エピソード」、6月より募集スタート
    田嶋宏昭 (06/09)
  • 四川大地震から10年、5月12日を「感謝の日」に制定
    しゃおりん (05/12)
  • 四川大地震から10年、5月12日を「感謝の日」に制定
    楊玉環 (05/12)
  • 中国旅行口コミランキング発表、外国目的地では東京、北海道がやはり人気
    しゃおりん (05/12)
  • 中国旅行口コミランキング発表、外国目的地では東京、北海道がやはり人気
    omachi (05/11)
recent trackback
recommend
在日中国人33人のそれでも私たちが日本を好きな理由
在日中国人33人のそれでも私たちが日本を好きな理由 (JUGEMレビュー »)
趙 海成
小林さゆり/訳

【中国人著者が聞き出す本音の日本論】
『それでも私たちが中国に住む理由』、待望の姉妹本!
recommend
今こそ伝える日中100人
今こそ伝える日中100人 (JUGEMレビュー »)
北京大学日本校友会

日本と中国をつなぐ100人へのインタビュー集! 私も紹介していただきました。 お陰様でたちまち2刷に!!
recommend
在中日本人108人のそれでも私たちが中国に住む理由
在中日本人108人のそれでも私たちが中国に住む理由 (JUGEMレビュー »)

中国18都市に住む、日本人108人のリアルな証言! 取材・編集に携わりました。 5刷 好評発売中!
recommend
中国年鑑 (2012年版)
中国年鑑 (2012年版) (JUGEMレビュー »)

最新中国情報を網羅!
「暮らし」を執筆しています。
recommend
中国年鑑 (2011年版)
中国年鑑 (2011年版) (JUGEMレビュー »)

最新中国情報を網羅!
「暮らし」を執筆しています。
recommend
中国年鑑 (2010年版)
中国年鑑 (2010年版) (JUGEMレビュー »)

最新中国情報を網羅!
「暮らし」を執筆しています。
recommend
これが日本人だ!
これが日本人だ! (JUGEMレビュー »)
王 志強
小林さゆり/訳

【読んで首肯するか、立腹するか! ―― 中国人の対日認識を知るための必読書】
2刷 好評発売中!
recommend
北京探訪―知られざる歴史と今
北京探訪―知られざる歴史と今 (JUGEMレビュー »)

「大ブームに沸く 笑いの文化」を執筆しています。
recommend
出張に役立つ中国語―もう困らない、恥をかかない
出張に役立つ中国語―もう困らない、恥をかかない (JUGEMレビュー »)
ニューメディア研究所thinking

2005年アルク刊
コラムを執筆しています。
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM