アジアの新作・話題作を一挙上映 第20回東京フィルメックス 11/23〜12/1開催へ

第20回東京フィルメックス 【アジア 映画 ブログ】

 アジアの新作・話題作を中心に上映する国際映画祭、第20回東京フィルメックスが11月23日 (土) 〜12月1日 (日) の9日間、東京・有楽町の有楽町朝日ホール、日比谷のTOHOシネマズ日比谷で開催されます。

 主催: 認定NPO法人東京フィルメックス
 共催: 朝日新聞社

 上映作品数は、アジアの新進作家の新作の中から最優秀賞などを選ぶコンペティション (10作品)、クラシック映画を含む特別招待作品 (11作品)、歴代受賞作人気投票上映などの特集上映を合わせて、全28作品 (10月10日時点)。
続きを読む >>

“宇宙最強の男” ドニー・イェンが最高の教師になって大暴れ!「スーパーティーチャー 熱血格闘」 11/15〜日本公開へ

「スーパーティーチャー 熱血格闘」 【中国=香港 映画 ブログ】

最高に生徒思いで
とてつもなく強い、
至高の教師が誕生!


「全員、俺についてこい!!」

 ――「イップ・マン」 シリーズや、「ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー」 「トリプルX:再起動」 といったハリウッド作品にも出演するなど、中華圏が誇る世界的アクションスターとして活躍するドニー・イェン

 そんな彼が次に選んだ役はなんと、キャリア初の教師!

 香港で成績最下位の学校を舞台に、元アメリカ海兵隊出身の男が教師となって問題児たちの心を掴んでいく、アクション満載&感動のヒューマンドラマが、いよいよ日本で公開されます。
続きを読む >>

第32回東京国際映画祭10/28〜11/5開催へ、注目の中華圏映画をピックアップ

第32回東京国際映画祭ガイド 【中華圏 映画 ブログ】

 今年もいよいよやってきました!

 アジア最大級の国際映画祭、第32回東京国際映画祭 (TIFF)10月28日(月)〜11月5日(木)の9日間、東京・六本木ヒルズをメイン会場として開催されます。

 主催・公益財団法人ユニジャパン (第32回東京国際映画祭実行委員会)
 共催・経済産業省(TIFFプラス)、国際交流基金アジアセンター(アジア映画交流事業)、東京都(コンペティション部門、ユース部門)

 世界の優れた新作長編映画14本から最優秀賞の 「東京グランプリ」 を決定する 「コンペティション」、アジアの新鋭監督が賞を競い合う 「アジアの未来」、世界各地の映画祭受賞作など日本公開が未定の作品を上映する 「ワールド・フォーカス」 といった主要部門もますます充実!

 今回は、コンペティション部門の審査委員長を中国の女優チャン・ツィイーが務めることも話題となっています。

 日本の最新インディペンデント映画を紹介する 「日本映画スプラッシュ」、日本アニメの発展史を総括する試み 「ジャパニーズ・アニメ―ション」 といった特集上映も多彩ですが、ここではとくに注目の中華圏映画と中国関係映画に限ってピックアップしました。 ^^)/

続きを読む >>

「山形国際ドキュメンタリー映画祭2019」 10/10開幕へ 注目の中華圏映画は?

王兵監督 【中国 映画 ブログ】

 山形県山形市で2年に一度、10月に開催されるドキュメンタリー映画の祭典 山形国際ドキュメンタリー映画祭 (YIDFF) が今年10月10日(木)〜17日(木)の8日間にわたり、開催されます。

 1989年にスタートして今年で30年、16回目となるこの映画祭。

 世界の最新ドキュメンタリー映画を上映するインターナショナル・コンペティションをはじめ、アジアのフレッシュな才能を紹介するもう一つのコンペティション部門 「アジア千波万波」、さらに映画製作の歴史と多様性に光を当てる特別プログラムやイベントも盛りだくさんに行われます。

 ここでは、インターナショナル・コンペティションと、アジア千波万波の中から、注目の中華圏映画をご紹介します!

続きを読む >>

台湾の清新なLGBT映画 「バオバオ フツウの家族」 9/28〜劇場公開へ

「バオバオ フツウの家族」 【台湾 映画 ブログ】

 台湾では今年5月、同性婚を合法化する法案が可決されました。 アジアで同性婚が認められるのは初めてのことです。

 以来、婚姻届を提出する同性カップルが後を絶たないようですが、この映画は、そんな何歩も先を行く台湾発のLGBT妊活映画

 自分たちの赤ちゃんを切望する、レズとゲイの2組の同性カップルの悲喜こもごものヒューマンドラマです。

 エミー・レイズ、クー・ファンルー、ツァイ・リーユン、ヤン・ズーイをはじめ、台湾で活動する日本人俳優の蔭山征彦らが出演。 監督はシエ・グアンチェンが務めました。
続きを読む >>

チェン・ユーシュン監督の幻の名作!「熱帯魚」「ラブゴーゴー」 デジタルリストア版が8月公開へ

「熱帯魚」「ラブゴーゴー」 【台湾 映画 ブログ】

 1990年代の日本でも熱狂的支持を集めた台湾のチェン・ユーシュン (陳玉勲) 監督の幻の名作 熱帯魚」 「ラブゴーゴー のデジタルリストア版が8月17日(土) より、新宿K's cinema (ケイズシネマ) ほかで公開されます。

 エドワード・ヤンホウ・シャオシェンと、21世紀の台湾青春映画の系譜をつなぐ、90年代の最重要作品!

 先達から受けた影響を随所に感じさせつつ、独自のポップでみずみずしい作風を確立、台湾の若い世代から広い支持を集めた伝説の2作です。
続きを読む >>

「台湾巨匠傑作選2019 〜恋する台湾〜」、東京・ユジク阿佐ヶ谷で7/13 〜8/16開催へ

「台湾巨匠傑作選2019〜恋する台湾〜」 【台湾 映画 ブログ】

 台湾ニューシネマから現代にいたる作家・作品を紹介する好評企画 台湾巨匠傑作選2019 〜恋する台湾〜 が東京・新宿の K's cinema (4月20日〜5月10日) などに続いて、東京・阿佐ヶ谷の ユジク阿佐ヶ谷 で、7月13日 (土) から8月16日 (金) まで開催されます。

 ホウ・シャオシェンエドワード・ヤンなど台湾映画の巨匠たちの名作・傑作選をはじめ、青春のきらめきを描くエンターテインメント作品まで多彩なラインナップ。

 とくに特別上映作品として、現代台湾を舞台に男女7人の恋愛事情を描く最新公開作 「台湾セブンラブ」 (チェン・ホンイー監督) が上映されるほか、話題の連作で、劇場初公開作品を含む “台湾発メトロシリーズ” 全7本が一挙公開されます。
続きを読む >>

「台湾巨匠傑作選2019 〜恋する台湾〜」、7月〜東京、名古屋、大阪、神戸、京都で開催へ

「台湾巨匠傑作選2019 〜恋する台湾〜」 【台湾 映画 ブログ】

 台湾ニューシネマから現代にいたる作家・作品を紹介する好評企画 台湾巨匠傑作選2019 〜恋する台湾〜 が東京・新宿の K's cinema (4月20日〜5月10日) に続いて、以下の通り、東京、名古屋、大阪、神戸、京都での公開が決定したそうです。
続きを読む >>

「台湾巨匠傑作選二〇一九 〜恋する台湾〜」 4/20〜5/10開催へ

「台湾巨匠傑作選二〇一九」 【台湾 映画 ブログ】

 台湾映画の過去から現代にいたる作家・作品を紹介する好評企画第4弾!

 台湾巨匠傑作選二〇一九 〜恋する台湾〜 が4月20日 (土) から5月10日 (金) まで、東京・新宿のミニシアター、K's cinema (ケイズシネマ) で開催されます。

 昨年、同シアターで開催された 「台湾巨匠傑作選2018」 は、劇場月間新記録を打ち立てるほどの大盛況を博したそうです。

 その待望の第4弾となる今回は、台湾映画におけるポップでキュートな青春・恋愛映画を特集。
 ホウ・シャオシェンエドワード・ヤンなど台湾映画の巨匠たちの名作・傑作選をはじめ、青春のきらめきを描くエンターテインメント作品まで多彩なラインナップ。
続きを読む >>

現代香港社会を鋭く描いた問題作「誰がための日々」、2/2〜日本公開へ

「誰がための日々」 【香港 映画 ブログ】

 ――会社を辞め、1人で母を介護していたトンは、介護うつを発症、介護中の事故で母を死なせてしまう。 裁判では無罪となるが、躁うつ病で措置入院となる。

 1年後、退院したトンは父ホイの狭い部屋で、一緒に暮らし始める。

 毎日母を思い出しては、家を全く顧みなかった父を恨むトン。 久しぶりに会った病気の息子に、どう向き合っていいかわからない父。

 事件と病気を知った周囲の人々の誤解や偏見、差別にさらされながら、互いの存在を認め、周囲の思いを理解し、過去を許し合って生きていく2人……。
続きを読む >>
calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
recommend
在日中国人33人のそれでも私たちが日本を好きな理由
在日中国人33人のそれでも私たちが日本を好きな理由 (JUGEMレビュー »)
趙 海成
小林さゆり/訳

【中国人著者が聞き出す本音の日本論】
『それでも私たちが中国に住む理由』、待望の姉妹本!
recommend
今こそ伝える日中100人
今こそ伝える日中100人 (JUGEMレビュー »)
北京大学日本校友会

日本と中国をつなぐ100人へのインタビュー集! 私も紹介していただきました。 お陰様でたちまち2刷に!!
recommend
在中日本人108人のそれでも私たちが中国に住む理由
在中日本人108人のそれでも私たちが中国に住む理由 (JUGEMレビュー »)

中国18都市に住む、日本人108人のリアルな証言! 取材・編集に携わりました。 5刷 好評発売中!
recommend
中国年鑑 (2012年版)
中国年鑑 (2012年版) (JUGEMレビュー »)

最新中国情報を網羅!
「暮らし」を執筆しています。
recommend
中国年鑑 (2011年版)
中国年鑑 (2011年版) (JUGEMレビュー »)

最新中国情報を網羅!
「暮らし」を執筆しています。
recommend
中国年鑑 (2010年版)
中国年鑑 (2010年版) (JUGEMレビュー »)

最新中国情報を網羅!
「暮らし」を執筆しています。
recommend
これが日本人だ!
これが日本人だ! (JUGEMレビュー »)
王 志強
小林さゆり/訳

【読んで首肯するか、立腹するか! ―― 中国人の対日認識を知るための必読書】
2刷 好評発売中!
recommend
北京探訪―知られざる歴史と今
北京探訪―知られざる歴史と今 (JUGEMレビュー »)

「大ブームに沸く 笑いの文化」を執筆しています。
recommend
出張に役立つ中国語―もう困らない、恥をかかない
出張に役立つ中国語―もう困らない、恥をかかない (JUGEMレビュー »)
ニューメディア研究所thinking

2005年アルク刊
コラムを執筆しています。
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM