梅雨の贈り物――梅漬け・梅酒を作りました!

2019梅漬け-1 【日本 日常 ブログ】

 気象庁によれば、今年は6月7日 (金) に、東海、関東甲信、北陸、東北南部が一斉に 梅雨入りしたとみられる」 そうです。
 ジメジメとした鬱陶しいシーズンの到来ですが、それはまた、一雨ごとに大きくそだつ梅の実が鈴なりになるうれしい季節でもあります。

 今年も長野の実家から、庭先の小梅の恵みにあずかったワタクシ……。
 昨年は 梅ジャム を作りましたが、今年は 「梅漬け」 に初チャレンジしてみました!

 はい、それは 「梅干し」 よりも干す手間のかからない簡単な漬け方です。 どちらかといえば、お料理はあまり得意ではないワタクシにもできそう……。 (´_`;)>
続きを読む >>

あの日から30年…

2013年6月4日 【日本 日記 ブログ】

 北京に滞在していたころ、とくにフリーランスになってから、この日は毎年のように “広場” を訪れていました (2006〜2013年)。

 それは、自分なりの定点観測であり、けじめであり、弔いのようなものでした。

 あの日から30年の節目を迎える今日、日本にいる私が現地のようすを直に見ることはできませんが……。
続きを読む >>

恭賀新春2019

恭賀新春2019

 【東京 日常 ブログ】

 明けましておめでとうございます!

 旧年中は大変お世話になりました。
続きを読む >>

2018年の何でもウオッチ

北京の景山公園から

 【日本 日常 ブログ】
 2018年、平成最後の年の暮れとなりました。
 今年は皆様にとって、どんな1年だったでしょうか?

 私は、プライベート面では、大なり小なりいろんなチャレンジができた年となりました。
 とくに、4、5、6、7、8月……は毎月、各種行事やプライベート・イベントがあり、それなりに忙しく過ごしました (ブログには、個人的なことはあまり書いていませんが……)。 (^^;)>

 6月には、わがふるさと長野県の名刹で開かれた東日本大震災支援・チャリティ寄席に、演者として知り合いの落語家、立川抜志 (たてかわ・ばっし) さんをご案内することができました (関連エントリー)。 

 各方面との連絡準備などには時間を要しましたが、当日は、地元の人でいっぱいとなった会場の本堂が笑いの渦に包まれたことが忘れられません。
 大変だけれど、人様に喜んでもらうことは、自分自身の喜びにもなる、と改めて実感しました。 まさに、「情けは人の為ならず」 ということわざの通りなのでしょう。
続きを読む >>

2018松茸づくし…

 城泉山観音寺から見渡す

 【日中 グルメ ブログ】
 秋の味覚の王様といえば、松茸。 皆さんは今年もう、その珍味を味わわれたでしょうか? 
 東京都内のスーパーやデパートには、9月ごろから出回り始めたでしょうか。 どれどれ、と近寄ってみたのですが、国産は言うに及ばず、カナダ産が1本9000円という高価なタグを見た時には、思わず息を呑みましたね。 そして、あくまでも見なかったことにして、そーっと後ずさりするほかありませんでした、私は。 (^^;)>

 もちろん、あの芳しい香りが 「薄い」 という不名誉なレッテルを貼られている中国産だって、1本数千円はしているようですから、庶民にはやはり高根の花ならぬ “高値のキノコ” なのでしょう。
続きを読む >>

梅雨の季節の贈り物――甘酸っぱい梅ジャムを作りました!

しゃおりん流・梅ジャム 【日本 日常 ブログ】
 今年は例年より季節の移ろいが早いようで……。

 気象庁は6月6日、近畿、東海、関東甲信地方の梅雨入りを発表しました。 いずれも平年より早い梅雨入りなのだそうです。

 梅雨といえば、思い出すのはのこと。 この季節に降る雨が、梅の実を大きく成長させることから 「梅雨」 の語源となったようです。

 ちなみに梅雨の語源には諸説ありますが、一つは中国伝来説。
 梅雨は、中国の長江下流域から朝鮮半島、そして北海道を除く日本列島に見られる雨期のことですが、そういえば中国語では確かに梅雨のことを 梅雨 (メイユィ) と言うのでした。

 日本へは江戸時代に伝わったとされ、日本ではその漢字を、つゆ (「露」 など諸説あり) の当て字にしたといわれています。
 「梅雨」 という言葉一つにも、時空を超えるような “旅” が感じられ、なんだか神秘的ですらあります。
続きを読む >>

<フォト特集> 桜の宴2018

 桜の宴2018-1

 【日本 日常 ブログ】
 今年の東京都心の桜 (ソメイヨシノ) の開花は3月17日 (土)、満開は24日 (土) だったそうですが、皆さんはもう、桜の花見を楽しまれたでしょうか?

 東京都西部、多摩地域にあるこの辺りでは、少し遅れて今日25日 (日) ごろ、満開の桜が見られました。

 近くの公園では、ポカポカとした春の昼下がり、車座になってお弁当を囲む家族連れや若者たち、元気なシニア世代のグループが楽しそうに談笑していました。
続きを読む >>

祝大家春節快楽,万事如意!!

  春節快楽!

 2018年、狗年 (戌年) の春節にあたり、皆様のますますのご健勝とご多幸をお祈り申し上げます。

 改めまして、本年もよろしくお願いいたします! (^人^) (^人^)



<フォト特集> 2017年の冬の始まり・・・

  2017初冬_1

 【日本 日常 ブログ】
 このブログで不定期ながら続けている、気ままな写真ダイアリー <フォト特集>
 いわば私のブログ版インスタグラムです。

 ほとんどがプライベートな内容なので、お恥ずかしい限りですが……。
 私的な記録と “ボケ予防” のため、のんびり・ゆるゆる続けています。

 それでは、2017年初冬版の <フォト特集> をご披露させていただきます。 (^^;)>

※ 写真は上から――

1) 東京のJR吉祥寺駅前を華やかに彩る、電飾のクリスマスツリー。 このイルミネーションは11月3日から2018年2月14日まで、点灯されるのだとか。 寒空によく映えます。
続きを読む >>

中国工商銀行東京支店へ行くも、1分で撃沈された話 orz

  JR池袋駅西口

中国工商銀行東京支店池袋出張所 【東京 日常 ブログ】

 ここ数年、中国で劇的に普及したというスマホ決済

 なんでも現金でのやりとりは、タクシーの運転手にも、店員や八百屋さんにも、はたまた物乞いするホームレスにまで面倒なので嫌がられると聞いています。

 恥ずかしながら、いまだに中国スマホ決済ビギナーの私。
 2年ぶりとなる北京出張を12月に控え、遅ればせながら自分のスマホでも電子決済ができるようにしたい! 

 そう、中国通の知り合いに話したところ、「小林さん、中国の銀行口座を持っているでしょう? その東京支店へ行って聞いてみたらどうですか?」 と教えられました。

 なるほど〜!
 というわけで、アクセスの良い池袋にある 「中国工商銀行東京支店池袋出張所」 へ行ってきました。
続きを読む >>
calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
  • 映画監督の降旗康男さん死去、「20世紀に大反響」 と中国メディアも功績讃える
    しゃおりん (06/10)
  • 映画監督の降旗康男さん死去、「20世紀に大反響」 と中国メディアも功績讃える
    ゴジラ@北京 (06/10)
  • 長編ドキュメンタリー映画「戦後中国残留婦人考」 第2回試写上映&交流会 6/15開催へ
    しゃおりん (06/08)
  • 長編ドキュメンタリー映画「戦後中国残留婦人考」 第2回試写上映&交流会 6/15開催へ
    小林千恵 (06/07)
  • 映画監督の降旗康男さん死去、「20世紀に大反響」 と中国メディアも功績讃える
    しゃおりん (06/07)
  • 映画監督の降旗康男さん死去、「20世紀に大反響」 と中国メディアも功績讃える
    ゴジラ@北京 (06/06)
  • 長編ドキュメンタリー映画「戦後中国残留婦人考」 第2回試写上映&交流会 6/15開催へ
    しゃおりん (06/06)
  • 長編ドキュメンタリー映画「戦後中国残留婦人考」 第2回試写上映&交流会 6/15開催へ
    にこにこのujicyan (06/06)
  • 人生100年時代のリアルな寓話! 土屋貴子さん出演の映画「兄消える」、5/25〜公開へ
    小林さゆり(しゃおりん) (05/25)
  • 人生100年時代のリアルな寓話! 土屋貴子さん出演の映画「兄消える」、5/25〜公開へ
    王志&#24378; (05/25)
recent trackback
recommend
在日中国人33人のそれでも私たちが日本を好きな理由
在日中国人33人のそれでも私たちが日本を好きな理由 (JUGEMレビュー »)
趙 海成
小林さゆり/訳

【中国人著者が聞き出す本音の日本論】
『それでも私たちが中国に住む理由』、待望の姉妹本!
recommend
今こそ伝える日中100人
今こそ伝える日中100人 (JUGEMレビュー »)
北京大学日本校友会

日本と中国をつなぐ100人へのインタビュー集! 私も紹介していただきました。 お陰様でたちまち2刷に!!
recommend
在中日本人108人のそれでも私たちが中国に住む理由
在中日本人108人のそれでも私たちが中国に住む理由 (JUGEMレビュー »)

中国18都市に住む、日本人108人のリアルな証言! 取材・編集に携わりました。 5刷 好評発売中!
recommend
中国年鑑 (2012年版)
中国年鑑 (2012年版) (JUGEMレビュー »)

最新中国情報を網羅!
「暮らし」を執筆しています。
recommend
中国年鑑 (2011年版)
中国年鑑 (2011年版) (JUGEMレビュー »)

最新中国情報を網羅!
「暮らし」を執筆しています。
recommend
中国年鑑 (2010年版)
中国年鑑 (2010年版) (JUGEMレビュー »)

最新中国情報を網羅!
「暮らし」を執筆しています。
recommend
これが日本人だ!
これが日本人だ! (JUGEMレビュー »)
王 志強
小林さゆり/訳

【読んで首肯するか、立腹するか! ―― 中国人の対日認識を知るための必読書】
2刷 好評発売中!
recommend
北京探訪―知られざる歴史と今
北京探訪―知られざる歴史と今 (JUGEMレビュー »)

「大ブームに沸く 笑いの文化」を執筆しています。
recommend
出張に役立つ中国語―もう困らない、恥をかかない
出張に役立つ中国語―もう困らない、恥をかかない (JUGEMレビュー »)
ニューメディア研究所thinking

2005年アルク刊
コラムを執筆しています。
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM