ドニー・イェン主演、シリーズ集大成 「イップ・マン 完結」、5/8〜公開予定

「イップ・マン 完結」 【中国 映画 ブログ】

さよなら、イップ・マン

10年にわたる「イップ・マン」シリーズの集大成!

ドニー・イェン演じる達人イップ・マン、最後の闘い!


 ブルース・リーが生涯で唯一、師匠と呼んだ詠春拳 (えいしゅんけん) の達人イップ・マン

 激動の時代に誇りを貫いた彼の半生を描き、驚異的ヒットを飛ばした 「イップ・マン」 シリーズの4作目となる完結編がいよいよ日本で公開されます。
続きを読む >>

中国第8世代のビー・ガン監督、衝撃のデビュー作「凱里ブルース」、5/9〜日本公開!

「凱里ブルース」 【中国 映画 ブログ】

 第68回ロカルノ国際映画祭 新進監督賞&特別賞受賞!

 「ロングデイズ・ジャーニー この夜の涯てへ」 のビー・ガン監督、衝撃のデビュー作が遂に日本公開!

 ポエティックな世界観の中に紡がれる、男の魂の彷徨。

 愛したひとたちの幻影を追って、彼が辿り着いた街とは……。 

続きを読む >>

第69回ベルリン国際映画祭W受賞 「在りし日の歌」、4/3よりロードショー!

「在りし日の歌」 【中国 映画 ブログ】

 第69回ベルリン国際映画祭 最優秀男優賞&最優秀女優賞 ダブル受賞!
 
 中国映画界の名匠ワン・シャオシュアイ (王小帥) が織り成す、珠玉の人間ドラマ

 ――ヤオジュンとリーユン夫婦は、中国の地方都市で幸せに暮らしていた。 大切な一人息子シンシンを失うまでは……。

 乗り越えられない悲しみを抱えたふたりは、住み慣れた故郷を捨て、友と別れ、見知らぬ町へと移り住む。 やがて時は流れ――。
続きを読む >>

「死霊魂」公開記念 「ワン・ビン(王兵)監督特集2020」、3/28まで好評上映中!

ワン・ビン監督特集2020 【中国 映画 ブログ】

 ――8時間を超える集大成 死霊魂 により昨年の山形国際ドキュメンタリー映画祭で三度目の最高賞を受賞した現代中国の映画監督ワン・ビン (王兵)

 今回の特集では、中古のデジタルキャメラがあれば、映画が世界と対峙できることを証明した衝撃的な第一作 「鉄西区」、日本語字幕版初上映となる傑作 「石炭、金」、最新作 「死霊魂」 を見る上で特に重要な3作 「鳳鳴 中国の記憶」、「暴虐工廠」 (オムニバス 「世界の現状」 の一編)、「無言歌」 など全9作品を一挙上映。

 「21世紀の映画作家」 ワン・ビンの創作活動を辿ります―― (資料より)。

続きを読む >>

中国新世代の鬼才ビー・ガン監督、日本初上陸作「ロングデイズ・ジャーニー この夜の涯てへ」、2/28〜ロードショー

「ロングデイズ・ジャーニー この夜の涯てへ」 【中国・フランス 映画 ブログ】

 中国新世代の若き鬼才、ビー・ガン監督の最新作 ロングデイズ・ジャーニー この夜の涯てへ が2020年2月28日(金)より、東京・渋谷のヒューマントラストシネマ渋谷ほかで公開されます。

 世界が今、最も注目する映画作家の1人、ビー・ガン監督の日本初上陸作品です。

 ――父の死を機に、遠ざけていた故郷・凱里 (かいり) に12年ぶりに戻ってきたルオ・ホンウー (ホアン・ジエ)。
 彼は、ずっと脳裏の中に曖昧な記憶として生き続けてきた、ある女のイメージに取り憑かれていた。

 彼女 (タン・ウェイ) は自分の名前を香港の有名女優と同じ、ワン・チーウェンだと言った。

 ルオは、その女の面影を追って、現実と記憶、夢が交差する、ミステリアスな旅に出る……。

続きを読む >>

特集上映「激動の時代を生きる中国の自画像」、2/21まで早稲田松竹で

「帰れない二人」 【中国 映画 ブログ】

 名画座の早稲田松竹 (東京・高田馬場) で、2月21日 (金) まで 激動の時代を生きる中国の自画像 〜三峡ダム建設と北京オリンピック、そして現在〜 と題する中国映画の特集上映が行われています。

 上映されるのは、名匠ジャ・ジャンクー (賈樟柯) 監督の新機軸 「帰れない二人」 (2018年) と、地方都市に生きる2組のカップルを描く、切ない青春物語 「青の稲妻」 (2002年)、そして三峡ダム建設による移住計画に抵抗した女性の姿を追ったフォン・イェン (馮艶) 監督のドキュメンタリー 「長江にいきる 秉愛(ビンアイ)の物語」 (2007年) の3本。
続きを読む >>

タイムリミットは3時間!新感覚のサスペンス・アクション大作「ピーク・レスキュー」、好評上映中!

「ピーク・レスキュー」 【中国 映画 ブログ】

 凄腕特殊セキュリティチームvs爆破テロリスト集団
 ミッションは、サミット壊乱阻止!


 タイムリミットは3時間!
 謎のテロ集団が仕掛けた陰謀に挑むサスペンス・アクション大作!


 海外の映画祭で話題を集めた作品や異色作が集結する、映画ファン待望の映画祭 未体験ゾーンの映画たち2020」。

 現在、東京・渋谷のヒューマントラストシネマ渋谷で好評開催中で、2月下旬より大阪・梅田のシネ・リーブル梅田で開催されます。

 9回目を迎えた今年は、全54作品が上映される予定ですが、中国から上陸したのはピーク・レスキュー」。 大ヒット作 「ウルフ・オブ・ウォー」 (原題:戦狼) に続く、新感覚のサスペンス・アクション大作です。
続きを読む >>

ソンタルジャ監督の最新傑作 「巡礼の約束」、2/8より岩波ホールほか公開へ

「巡礼の約束」 【中国 映画 ブログ】

 ――美しくも峻烈な風景のもと、聖地ラサへ旅する家族を描く

チベット人監督ソンタルジャの傑作――。


 ――突然、聖地ラサへの巡礼に出ると決めた妻。 いったいなぜ?

 夫は旅立った妻の後を追った……。

 日本初のチベット人監督の劇場公開作として注目された 「草原の河」 (2015年) のソンタルジャ最新作は、チベットの圧倒的な風景の中で描かれる約束の物語。

 人間のこころの内側を映像で物語る、ソンタルジャならではの作風にいっそう磨きがかかった傑作。
続きを読む >>

役所広司×テレンス・チャン 「オーバー・エベレスト 陰謀の氷壁」 絶賛上映中!

「オーバー・エベレスト 陰謀の氷壁」 【日中 映画 ブログ】

「M:I−2」 「レッドクリフ」シリーズのプロデューサーが放つ
アクション・エンタテインメント超大作!

地球最高峰のデスゾーンで、
タイムリミット48時間のミッションが始まる!


 名優・役所広司と 「M:I−2」 「レッドクリフ」 シリーズの名プロデューサー、テレンス・チャンがタッグを組んだ日中合作のアクション・エンタテインメント超大作 オーバー・エベレスト 陰謀の氷壁 が現在、TOHOシネマズ六本木ヒルズ、TOHOシネマズ梅田ほか全国各地の劇場で大ヒット上映中です (11月15日〜)。
続きを読む >>

新人監督の驚異のデビュー作にして遺作「象は静かに座っている」 11/2〜公開へ

「象は静かに座っている」 【中国 映画 ブログ】

 ――29歳で命を絶った若き才能、デビュー作にして遺作。

 世界を熱狂させた、魂の234分――


 ベルリン国際映画祭、東京フィルメックス、金馬奨など世界の映画祭が高く評価、名だたる巨匠たちが絶賛した傑作 象は静かに座っている が11月2日(土)から、東京・渋谷のシアター・イメージフォーラムほかで公開されます。

 中国北部の地方都市に暮らす4人の登場人物たちの1日を4時間弱、234分の長尺で描き、世界を驚かせた作品。
続きを読む >>
calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< May 2020 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
recommend
在日中国人33人のそれでも私たちが日本を好きな理由
在日中国人33人のそれでも私たちが日本を好きな理由 (JUGEMレビュー »)
趙 海成
小林さゆり/訳

【中国人著者が聞き出す本音の日本論】
『それでも私たちが中国に住む理由』、待望の姉妹本!
recommend
今こそ伝える日中100人
今こそ伝える日中100人 (JUGEMレビュー »)
北京大学日本校友会

日本と中国をつなぐ100人へのインタビュー集! 私も紹介していただきました。 お陰様でたちまち2刷に!!
recommend
在中日本人108人のそれでも私たちが中国に住む理由
在中日本人108人のそれでも私たちが中国に住む理由 (JUGEMレビュー »)

中国18都市に住む、日本人108人のリアルな証言! 取材・編集に携わりました。 5刷 好評発売中!
recommend
中国年鑑 (2012年版)
中国年鑑 (2012年版) (JUGEMレビュー »)

最新中国情報を網羅!
「暮らし」を執筆しています。
recommend
中国年鑑 (2011年版)
中国年鑑 (2011年版) (JUGEMレビュー »)

最新中国情報を網羅!
「暮らし」を執筆しています。
recommend
中国年鑑 (2010年版)
中国年鑑 (2010年版) (JUGEMレビュー »)

最新中国情報を網羅!
「暮らし」を執筆しています。
recommend
これが日本人だ!
これが日本人だ! (JUGEMレビュー »)
王 志強
小林さゆり/訳

【読んで首肯するか、立腹するか! ―― 中国人の対日認識を知るための必読書】
2刷 好評発売中!
recommend
北京探訪―知られざる歴史と今
北京探訪―知られざる歴史と今 (JUGEMレビュー »)

「大ブームに沸く 笑いの文化」を執筆しています。
recommend
出張に役立つ中国語―もう困らない、恥をかかない
出張に役立つ中国語―もう困らない、恥をかかない (JUGEMレビュー »)
ニューメディア研究所thinking

2005年アルク刊
コラムを執筆しています。
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM