今年は中国ハードコアSF元年!? 映画「流浪地球」の大ヒットで

『流浪地球』 【中国 ニュース ブログ】

 2019年は、中国の “硬核科幻 (ハードコアSF、本格SF) 元年”――。
 そんな論調が最近、中国メディアで目につきます。

 というのも中国国産SF映画 流浪地球 (さまよえる地球、郭帆監督) が、国内外で快進撃を続けているからです。

 中国の人気SF作家、劉慈欣の同名小説が原作。 太陽の爆発が迫る中、太陽系から地球ごと脱出しようと奮闘する中国人の宇宙飛行士たちを描いた、壮大なスケールのSFアドベンチャーです。

 ちなみに劉慈欣はベストセラーの 『三体』 シリーズが、2015年にアジア人としては初めて、SF文学賞 「ヒューゴー賞」 を受賞した気鋭の作家です。
続きを読む >>

劇変する中国社会を本格派サスペンスで描く「迫り来る嵐」、1/5〜日本公開へ

映画「迫り来る嵐」 【中国 映画 ブログ】

 ★監督デビュー作で、東京国際映画祭W受賞!(ドン・ユエ監督)

 ★アジア・フィルム・アワード受賞!

 
 第30回東京国際映画祭 (2017年) で、「最優秀芸術貢献賞」 と 「最優秀男優賞」 (ドアン・イーホン) のW受賞を果たし、翌2018年の第12回アジア・フィルム・アワードで新人監督賞を受賞した中国映画の新潮流 迫り来る嵐 が1月5日 (土) より、東京・新宿区の新宿武蔵野館ほかで公開されます。

 ――香港返還が近づく1990年代後半。 改革・開放で経済発展を目指す中国社会は劇変し、古き良き工場文化は廃れていった。 リストラの波が容赦なく襲いかかり、人々は心の拠り所を失っていく……。

 本作は、そんな時代を象徴するかのようなダークで重厚な迫力に満ちた本格派サスペンス!
 殺人事件を追うことで時代に取り残され、事実から目を背けようとする男の哀しいドラマでもある――。
続きを読む >>

「ラストエンペラー」 ベルナルド・ベルトルッチ監督が死去、中国メディアも哀悼の意

「末代皇帝」 中国語版DVD 【中国 ニュース ブログ】

 米アカデミー賞の作品賞、監督賞、作曲賞 (坂本龍一) など9部門を受賞した ラストエンペラーラストタンゴ・イン・パリ などで知られるイタリアの巨匠ベルナルド・ベルトルッチが、がんのため11月26日午前7時 (現地時間) にイタリア・ローマで死去しました。 77歳。

 代表作の一つ 「ラストエンペラー」 は、1987年に公開されたイタリア、中国、イギリスの合作映画。 清朝最後の皇帝で、後に 「満州国」 皇帝となった愛新覚羅溥儀の波乱の半生を描いた歴史超大作です。

 映画が製作されたのは、中国で改革開放政策が1978年にスタートして間もないころのこと。 中国側は、明・清代の皇宮で、北京市内にある世界文化遺産の故宮博物院 (紫禁城) をロケ地の一つとして開放し、「外国映画としては唯一、故宮太和殿の撮影許可を得た」 (「環球時報」 11月27日付) 特別な作品となりました。
続きを読む >>

日本初劇場公開!超武侠ファンタジー「山中傳奇」、11/24〜日本公開へ

「山中傳奇」 【中国 映画 ブログ】

 キン・フー監督唯一の超武侠ファンタジー、日本初劇場公開!

 ヴェネチア国際映画祭でワールドプレミア上映された幻の怪傑作!


 ――京劇の影響のもと、アクション映画を芸術の域にまで高め、中華圏で初めてカンヌ国際映画祭での受賞を果たし、世界に知られることとなった伝説の監督キン・フー (胡金銓)。

 ブルース・リーやジャッキー・チェンを始めとしたアクション映画に絶大なる影響を与えながら、当時の日本では紹介されることなく、後の映画祭上映などを通じてようやく驚きをもって 「発見」 された監督です。
続きを読む >>

岩井俊二監督の初中国映画「你好,之華」、11/9から中国で劇場公開

「你好,之華」ポスター 【中国 映画 ブログ】

 「Love Letter」 「スワロウテイル」 「リリイ・シュシュのすべて」 など数々の名作で知られる岩井俊二監督が、初めて中国映画のメガホンを取った 你好,之華 が11月9日から中国全土で劇場公開されています。

 岩井俊二監督は、中国でも人気の高い日本人映画監督。 今作が中国映画の “初監督” ということで、早くから中国ファンの話題を呼んでいました。

 作品は、「Love Letter」 を彷彿させる、同級会の通知から始まる切ないラブストーリー。 脚本も岩井監督自身が 「10年がかりの構想を経て」 書き上げたといわれています (中国メディア)。
続きを読む >>

ワン・ビンが放つ9時間の傑作ドキュメンタリー「鉄西区」、11/23オールナイト上映へ

「鉄西区」DVD 【中国 映画 ブログ】

 現代中国の最も先鋭的な映画監督といわれるワン・ビン (王兵) の9時間を超える傑作ドキュメンタリー 鉄西区 が11月23日 (金・祝) 夜、東京・高田馬場の名画座、早稲田松竹でオールナイト上映されます。

 20世紀中国の重工業地帯だった瀋陽の鉄西区を取材した三部構成のドキュメンタリー。
 監督・撮影・編集を、これが初長編作となったワン・ビンが手がけました。

 3つの寂れていく工場をつぶさに見つめた第一部 「工場」 (240分)。

 労働者住宅に住む十代の若者たちを軸に、立ち退きを迫られる街の人々の姿を描く第二部 「街」 (175分)。

 工場エリアの鉄路が寂れ、線路付近の鉄くず拾いで生計を立てる父子をとらえた第三部 「鉄路」 (130分)。
続きを読む >>

TUFS Cinema チベット映画上映会 「草原の河」、10/26(金)夜、東京外大で開催へ

チベット映画上映会 【中国 映画 ブログ】

 東京外国語大学が不定期に開催する、世界諸地域の映画上映会 「TUFS Cinema」 が10月26日 (金) 午後、東京・府中市の同大学 「アゴラ・グローバル」 で開催されます。

 今回は 「チベット映画上映会」 として、チベット人監督による劇場公開作としては昨年日本で初めて公開され、話題を呼んだ 草原の河 (ソンタルジャ監督) が上映されます。

 主演の少女ヤンチェン・ラモは、本作で上海国際映画祭の 「アジア新人賞」 「最優秀女優賞」 を最年少で受賞。
 2015年第28回東京国際映画祭のワールド・フォーカス部門で上映され、映画マニアらの高い評価を集めた作品です (映画祭上映時タイトル・原題 「河」)。
続きを読む >>

中国・複製画家の感動のドキュメンタリー 「世界で一番ゴッホを描いた男」、10/20〜日本公開へ

「世界で一番ゴッホを描いた男」 【中国・オランダ 映画 ブログ】

 20年にわたり、ゴッホの複製画を描き続け、本物の絵画を見たいという夢を抱いて、ゴッホに人生を捧げる男の姿を追った感動のドキュメンタリー。

 ――複製画制作で世界の半分以上のシェアを誇る油絵の街、中国・大芬 (ダーフェン)。

 出稼ぎでこの街にやって来た趙小勇 (チャオ・シャオヨン) は独学で油絵を学び、20年もの間、ゴッホの複製画を描き続けている。

 絵を描くのも、食事も、寝るのも工房の中。 いつしか趙小勇はゴッホ美術館へ行くという夢ができた。 本物のゴッホの絵画からゴッホの心に触れて、何か気づきを得たい、今後の人生の目標を明確にしたいという思いとともに……。
続きを読む >>

島田荘司の傑作ミステリーを完全映画化!「夏、19歳の肖像」 8/25日本公開へ

「夏、19歳の肖像」 【中国 映画 ブログ】

 島田荘司の傑作青春ミステリーを完全映画化!! 

 ――「マンハント」 「空海 ―KU-KAI― 美しき王妃の謎」 「ナミヤ雑貨店の奇蹟」……。
 近年、中国映画界では、日本原作作品の映画化がブームとなっています。

 そうした大きなムーブメントの中で、日本を代表する推理作家の一人、島田荘司の同名小説を、「光にふれる」 「共犯」 で知られる台湾の俊英チャン・ロンジー監督が完全映像化!

 ヒッチコックの名作 「裏窓」 を彷彿とさせる、異色の青春ミステリー映画が、今ここに誕生しました!
続きを読む >>

社会派ドキュメンタリー「乱世備忘 僕らの雨傘運動」、8月下旬〜横浜シネマリンで公開へ

「乱世備忘 僕らの雨傘運動」 【香港 映画 ブログ】

 香港の真実に迫った社会派ドキュメンタリー 乱世備忘 僕らの雨傘運動 が、7月14日(土)から東京・中野区の ポレポレ東中野で公開 されるのに続き、8月下旬から横浜市中区の横浜シネマリンで公開されます。

 2014年、香港の若者たちが未来のために立ち上がった 「雨傘運動」、79日間の真実の記録!

 ――2014年9月26日から香港の高校生、大学生たちが中心となり、「真の普通選挙」 を求めて行われた雨傘運動。

 1997年香港返還の後に育った若者たちは、基本法 「一国二制度」 で保証された 「高度な自治」 が揺らいでいくのを目の当たりにし、「香港人」 としてのアイデンティティの危機を覚えた。
続きを読む >>
calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< March 2019 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
  • CCTV報道、胡錦濤主席が菅直人首相と会談
    金橋良樹 (03/09)
  • シンガーソングライターの bisq さん、年明けライブで熱唱♪ 恒例の書き初めと新曲のニュースも!
    しゃおりん (01/27)
  • シンガーソングライターの bisq さん、年明けライブで熱唱♪ 恒例の書き初めと新曲のニュースも!
    安部好弘 (01/26)
  • シンガーソングライターの bisq さん、年明けライブで熱唱♪ 恒例の書き初めと新曲のニュースも!
    しゃおりん (01/23)
  • シンガーソングライターの bisq さん、年明けライブで熱唱♪ 恒例の書き初めと新曲のニュースも!
    bisq (01/23)
  • 北京雑感2018 (その1) 指紋採取の怪?
    しゃおりん (12/23)
  • 北京雑感2018 (その1) 指紋採取の怪?
    にこにこのujicyan (12/22)
  • この夏最強のエンタメ映画 「カメラを止めるな!」、ホラーコメディーの新境地を切り開く!
    しゃおりん (08/14)
  • この夏最強のエンタメ映画 「カメラを止めるな!」、ホラーコメディーの新境地を切り開く!
    にこにこのujicyan (08/13)
  • 中国の最新アニメ 「魔道祖師」、公開後まもなく4000万PVでテンセント人気トップに
    しゃおりん (07/13)
recent trackback
recommend
在日中国人33人のそれでも私たちが日本を好きな理由
在日中国人33人のそれでも私たちが日本を好きな理由 (JUGEMレビュー »)
趙 海成
小林さゆり/訳

【中国人著者が聞き出す本音の日本論】
『それでも私たちが中国に住む理由』、待望の姉妹本!
recommend
今こそ伝える日中100人
今こそ伝える日中100人 (JUGEMレビュー »)
北京大学日本校友会

日本と中国をつなぐ100人へのインタビュー集! 私も紹介していただきました。 お陰様でたちまち2刷に!!
recommend
在中日本人108人のそれでも私たちが中国に住む理由
在中日本人108人のそれでも私たちが中国に住む理由 (JUGEMレビュー »)

中国18都市に住む、日本人108人のリアルな証言! 取材・編集に携わりました。 5刷 好評発売中!
recommend
中国年鑑 (2012年版)
中国年鑑 (2012年版) (JUGEMレビュー »)

最新中国情報を網羅!
「暮らし」を執筆しています。
recommend
中国年鑑 (2011年版)
中国年鑑 (2011年版) (JUGEMレビュー »)

最新中国情報を網羅!
「暮らし」を執筆しています。
recommend
中国年鑑 (2010年版)
中国年鑑 (2010年版) (JUGEMレビュー »)

最新中国情報を網羅!
「暮らし」を執筆しています。
recommend
これが日本人だ!
これが日本人だ! (JUGEMレビュー »)
王 志強
小林さゆり/訳

【読んで首肯するか、立腹するか! ―― 中国人の対日認識を知るための必読書】
2刷 好評発売中!
recommend
北京探訪―知られざる歴史と今
北京探訪―知られざる歴史と今 (JUGEMレビュー »)

「大ブームに沸く 笑いの文化」を執筆しています。
recommend
出張に役立つ中国語―もう困らない、恥をかかない
出張に役立つ中国語―もう困らない、恥をかかない (JUGEMレビュー »)
ニューメディア研究所thinking

2005年アルク刊
コラムを執筆しています。
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM