<< 10大ネット流行語、10月編 | main | お手軽クッキーを作ったよ! >>

モスクワ餐庁で生日快楽♪

 2011生日  2011生日

 【北京 日記 ブログ】
 恥を忍んで (!?) 毎年のように書き記していますが、今日はワタクシの○△回目の誕生日です。 Σ(゜ω゜)
 今年も中国語の恩師である、先生(72)、先生(69) 夫妻 (仮名) に祝いの宴を設けていただきました。

 行ったところは、このほど新装オープンなったロシア料理の老舗、モスクワ餐庁。 1954年に当時のソ連の技術協力で建てられた北京展覧館 (当時は北京ソ連展覧館) の西側にある本格派レストランです。
 どんよりとした冬空のもと、ロシア式の建築に赤い星を掲げた展覧館は、今も威容を誇っていました。
 毎年、誕生日を祝ってもらうことに、恐縮するばかりの私。
 「こんな歳になってまで……。 本当にすみません」 と縮こまると楊先生は、「いやなに。 80歳、100歳になったらもっとおめでたいでしょう」 と呵呵大笑するのでした。
 奥さんの李先生は、「中国のお父さん、お母さんだと思って。 気にしなくていいのよ」 と微笑んでいます。 先生宅で受けていた中国語の授業は何年も前の話になりますが、今でも私は2人のご好意に甘えるばかりです……。

 2011生日  2011生日

 2011生日  2011生日

 テーブルには、伝統的ロシア料理の 「“含羞草” 沙拉」 (ツナ&ライスサラダ)、「莫斯科伝統奶汁烤魚」 (ホワイトソースがけスズキのグリル)、「炸猪排」 (ポークカツレツ)、「香煎小泥腸」 (ソーセージ) などが並びました。
 いずれもクセのないサッパリした味わいで、食も進みます。 李先生が 「ロシア料理の特徴は、辛くないことね」 とつぶやいていましたが、確かに寒冷地方のため発汗を促すトウガラシや山椒はあまり使われないのかもしれません。

 2011生日  2011生日

 そのうち生演奏のサービスでしょう、ロシア人女性2人がホールで歌いだしました。 1人はマンドリンによく似た 「ドンブラ」 (中国語表記 “冬不拉”) という楽器を弾いています。 世界的によく知られる 「トロイカ」 「カチューシャ」、それにテレサ・テンのヒット曲 「甜蜜蜜」 (ティエンミーミー) など、美しくも物悲しい歌声が響き渡りました。

 楊先生がふと、「個人的な見方ですが」 と断りを入れた上で、漏らしました。
 「ロシアの文化は、政情不安の中で立ち遅れているのではないか?」 というのです。

 「50年代当時、若かった私たちは 『今日のソ連は、明日の中国』 とばかりに、ソ連の科学技術や文化をむさぼるように習った。 ソ連を “老大哥” (兄貴) として学び、中国の遅れを取り戻そうとしたのです。 だが今はどうでしょう? ロシアの文学や映画、音楽……それらはあまり進化しておらず (旧態依然で) 世界的注目も浴びていないようです。 “衣食足りて……” というが、彼らは文化よりも日々の暮らしで精一杯なのではないか?」

 話を聞きながら、私の脳裏には中国共産党がこの秋の重要会議 (十六大) で打ち出した国家戦略 「“文化強国” の建設」 がよぎりました。
 中国の2020年までの国家目標 「小康 (いくらかゆとりのある) 社会の全面的建設」 は、1人当たりのGDP値などが早くも達成しています。
 次なるステップで文化に力を入れる中国からすれば、かつての “兄貴” も文化面では伸び悩んでいると見えるのかも……。
 それも中国と中国人の自信の表れなのかもしれません。

2011生日 楽しい食事のしめくくりには、デザートまで登場しました。 「伝統巧克力樹根蛋糕」 (伝統的チョコレートのブッシュ・ド・ノエル) とアイスクリームです。
 ふんわりとした上品な甘さに、私はもうウットリ。 ^^

 重ね重ねお礼をいうと、楊先生は頷きながら返しました。
 「中国のことわざに “雪中送炭” (雪中に炭を送る) とあるでしょう。 しゃおりんをはじめ日本人留学生は、私たちの一番苦しい時代に (中国語の授業を受けて) 炭を送ってくれたのです。 援助の手を差し伸べてくれたのです。 私たちはそれを忘れることはありません」

 先生のいう一番苦しい時代とは、3人のお子さんが成人する前の80〜90年代のこと。 本当の意味で炭を送ったのは私の先輩留学生に当たるはずで、私はその恩恵にあずかっているというわけです。
 先生と諸先輩に感謝あるのみ。 この感謝の気持ちを還元するべく、いつか困っている人があれば炭を送る側になれたら……。

 そんなことを思った○△回目の誕生日でした。

2011生日 蛇足ながら、先生たちといえば最近、古い冷蔵庫をハイアールの新型に買い換えたそう。 かつては2人の給料を合わせてようやく買えた冷蔵庫が、今ではかなり手軽に買えるようになり、1人当たりの月額年金でも余ったとか。
 激動の中国史とともに数々の辛酸を嘗めた先生たちですが、今では4人のお孫さんに囲まれて平穏に暮らしています。
 
 お2人のますますの幸せと健康を願ってやみません――。
 帰宅後、記念写真とともに、そう、お礼のメールを送りました。

※ 写真は上から、
 ^厖討鮓悗詼無展覧館。
◆。隠坑毅看オープンのモスクワ餐庁。

 左が 「“含羞草” 沙拉」 (ツナ&ライスサラダ)。 雪を頂く天山をデザインしたとか。
ぁ.僖鵐廛ンのスープ。 先日の “万聖節” (ハロウィン) にちなんで頼みました。

ァ.蹈轡風味の 「香煎小泥腸」 (ソーセージ)。
「莫斯科伝統奶汁烤魚」 (ホワイトソースがけスズキのグリル)。

А 巛效排」 (ポークカツレツ)。 サクサクでおいしい。
─ 崚租巧克力樹根蛋糕」 (伝統的チョコレートのブッシュ・ド・ノエル) とアイスクリーム。

 ロシア民謡などを生演奏してくれました。

 おまけ。 また1つ歳を重ねた、今日のワタクシ (笑)。


スポンサーサイト

  • 2018.11.15 Thursday
  • -
  • 19:50
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク
コメント
お誕生日おめでとうございました!
楽しく一日を過ごされたようで何よりです。

それにしても老莫でお誕生日とは素晴らしい!
私の学生時代にも、誕生日には恩師が自転車を飛ばして
ここのケーキを買って来てくださったものでした。

素敵に歳を重ねていらっしゃる
そして益々お若くお美しいしゃおりんさんに乾杯♪
  • かほり
  • 2011/11/02 11:14 PM
!フェリス・コンプラアーニョス!
東京、長野、大騒ぎ会、北京・モスクワ餐庁と、うらやましいくらいの食生活ですなあ。
くれぐれも、♪春は二重に巻いた帯、一重に巻いたら足らぬ秋♪ なんてぇことにならんよう、
♪わたし祈ってま〜す♪
両先生、お元気そうでなにより。今年の春節にいただいた李先生の手料理は、絶品でした。よろしくお伝えください。
ほなまた。

  • とらやん
  • 2011/11/02 11:43 PM
お誕生日、おめで、と・・う、ございます・・。
いつもお洋服がステキですね。赤いセーターの細かい模様が奇麗です。東京でも凝ったデザインのジャケットを着ておられました。

で、
>「ロシアの文化は、政情不安の中で立ち遅れているのではないか?」 というのです。

5年後の今日、楊先生がしゃおりんさんに話す時、主語は、日本の文化、に置き換わっているのではないか?と思うのです。
誕生日おめでとうございます。
料理も美味しそうですね。
お元気でご活躍ください。
  • HIDARIUMA
  • 2011/11/03 8:44 AM
お誕生日おめでとうございます
北京・モスクワ餐庁は新中国で一番有名な洋食(西餐)です。凄いことですね!
  • 任意
  • 2011/11/03 9:51 AM
かほり先生: ありがとうございます!
「老莫」、中国でもレストランは新装などすると味が落ちるといわれますが、ここは変わらずおいしかったです。

50年代、ここ「北京ソ連展覧館」ではソ連の「変色糖」という、なめると色が次々と変わるキャンディーを売っていて、行列ができるほどの大人気だったとか。
私の恩師も、そのキャンディーの缶をまだ持っているそうでした。
北京人には思い入れのある場所ですよね。

かほり先生もますますお若くお美しく、素敵な毎日をお過ごしくださいますように!^^
(私もそうありたいです。^^;)
とらやん様: ありがとうございます。

春節!? そうでしたね。今年はいろいろあったせいか、はるか昔の話のように思えます。
リオ様: ありがとうございます。
男性にお洋服を褒められると照れますが、嬉しいです(笑)
(ファッションにこだわる方ではないので……苦笑)。

日本の今後は、混沌としていてよくわかりませんよね。
中国もいろいろありますが……現在は総じて豊かになったことは事実ですよね。
HIDARIUMA様: ありがとうございます。

いつも要所要所でコメントをくださり、うれしく拝読しています。^^
任意さん: ありがとうございます。

> 新中国で一番有名な洋食(西餐)

北京では確かにそうかもしれませんね。
フランス料理の「マキシム・ド・パリ」も実はうちのそばにありますが、お高くてあまり
行けません。(^^;
日本に来て…もとい(笑)帰ってきてネットする時間が激減しており…
遅くなりました!おめでとうございます〜

そして、このモスクワつぁんてぃん!!懐かしい〜〜
94年に行きました〜
ここで初めて自分のお金でキャビアのおてんこ盛りを食べました(笑)
ますます素敵なしゃおりんさんでありますように♪
やーうぇんさん: ありがとうございます!
94年ですか。それもまたスゴイですよ。

キャビアも今や高くなり……昨日はメニューの写真をみながら涎をぬぐっていました。^^;

以前は北京空港で、黒竜江(アムール川)でとれるチョウザメのキャビアの瓶詰めがお土産用に売られていて、重宝しました。

今は買えないお値段かもネ……。(^^;
晩上好!
お誕生日おめでとうございます。
長年にわたって、師から誕生日を祝ってもらえるのは、やはりしゃおりんさんの
感性豊かな人がらのせいでしょうね。
人との出会い、自然との出会い、そして精神的存在との出会い
晩安!加油!
  • にこにこのujicyan
  • 2011/11/03 7:56 PM
にこにこのujicyan様: ありがとうございます!
「感性豊か」でしょうか!?お恥ずかしい限りですが、嬉しいです。(^^;

おっしゃる通り、「人との出会い、自然との出会い、そして精神的存在との出会い」を大切にしたいと思います。

非常感謝です!^^
お誕生日おめでとうございます。
申し訳ございません。すっかり忘れておりました。
私とあなたは同じ年、ということは…。でも女性の年齢は永遠の秘密、ですよね。
あなたにとっていい一年になりますように。これから寒くなります。身体に気をつけて。では。
  • シャンティアオ
  • 2011/11/07 6:28 PM
シャンティアオさん: ありがとうございます。
いいんですよ〜。誕生日って本当は知られているほうが恥ずかしいような……(苦笑)

そうそう、女性の年齢は永遠に秘密。しかも精神年齢は、若いまま変わらないことになっているんですから…(笑)
今年はいろいろありましたが、おっしゃる通り、新しい一年はいい年であるといいなぁ。

シャンティアオさんもますますのご活躍を。
そしてお体にはくれぐれもご自愛ください。。。
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
  • この夏最強のエンタメ映画 「カメラを止めるな!」、ホラーコメディーの新境地を切り開く!
    しゃおりん (08/14)
  • この夏最強のエンタメ映画 「カメラを止めるな!」、ホラーコメディーの新境地を切り開く!
    にこにこのujicyan (08/13)
  • 中国の最新アニメ 「魔道祖師」、公開後まもなく4000万PVでテンセント人気トップに
    しゃおりん (07/13)
  • 中国の最新アニメ 「魔道祖師」、公開後まもなく4000万PVでテンセント人気トップに
    阿井 (07/13)
  • 平和友好条約40周年・第1回「忘れられない中国滞在エピソード」、6月より募集スタート
    しゃおりん (06/09)
  • 平和友好条約40周年・第1回「忘れられない中国滞在エピソード」、6月より募集スタート
    田嶋宏昭 (06/09)
  • 四川大地震から10年、5月12日を「感謝の日」に制定
    しゃおりん (05/12)
  • 四川大地震から10年、5月12日を「感謝の日」に制定
    楊玉環 (05/12)
  • 中国旅行口コミランキング発表、外国目的地では東京、北海道がやはり人気
    しゃおりん (05/12)
  • 中国旅行口コミランキング発表、外国目的地では東京、北海道がやはり人気
    omachi (05/11)
recent trackback
recommend
在日中国人33人のそれでも私たちが日本を好きな理由
在日中国人33人のそれでも私たちが日本を好きな理由 (JUGEMレビュー »)
趙 海成
小林さゆり/訳

【中国人著者が聞き出す本音の日本論】
『それでも私たちが中国に住む理由』、待望の姉妹本!
recommend
今こそ伝える日中100人
今こそ伝える日中100人 (JUGEMレビュー »)
北京大学日本校友会

日本と中国をつなぐ100人へのインタビュー集! 私も紹介していただきました。 お陰様でたちまち2刷に!!
recommend
在中日本人108人のそれでも私たちが中国に住む理由
在中日本人108人のそれでも私たちが中国に住む理由 (JUGEMレビュー »)

中国18都市に住む、日本人108人のリアルな証言! 取材・編集に携わりました。 5刷 好評発売中!
recommend
中国年鑑 (2012年版)
中国年鑑 (2012年版) (JUGEMレビュー »)

最新中国情報を網羅!
「暮らし」を執筆しています。
recommend
中国年鑑 (2011年版)
中国年鑑 (2011年版) (JUGEMレビュー »)

最新中国情報を網羅!
「暮らし」を執筆しています。
recommend
中国年鑑 (2010年版)
中国年鑑 (2010年版) (JUGEMレビュー »)

最新中国情報を網羅!
「暮らし」を執筆しています。
recommend
これが日本人だ!
これが日本人だ! (JUGEMレビュー »)
王 志強
小林さゆり/訳

【読んで首肯するか、立腹するか! ―― 中国人の対日認識を知るための必読書】
2刷 好評発売中!
recommend
北京探訪―知られざる歴史と今
北京探訪―知られざる歴史と今 (JUGEMレビュー »)

「大ブームに沸く 笑いの文化」を執筆しています。
recommend
出張に役立つ中国語―もう困らない、恥をかかない
出張に役立つ中国語―もう困らない、恥をかかない (JUGEMレビュー »)
ニューメディア研究所thinking

2005年アルク刊
コラムを執筆しています。
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM