<< 中国党・政府が歓迎の意を表明、台湾総統選を受け | main | 大気汚染の観測結果、北京市が公開スタート >>

当 「北京メディアウオッチ」 は無償ブログです。

  JUGEMお知らせ

 【北京 ブログ】
 先日、日本から来訪した “老朋友” (古くからの友人) におもむろに聞かれました。
 「最近、さゆりさん (私です) のブログ記事の下にディスプレイ広告があるけれど、あれはアフィリエイト? だったら多少なりともあなたの報酬になるかと思って、一生懸命アクセスしちゃったわよ (笑)」

 まことありがたき、老朋友の思いやりとご支援です……。 m(_ _)m 
 でも、私はすかさず答えました。
 「私のブログは無償ブログ。 誰からも、どこからも、報酬は基本的に受けていないんですよ」 と。
 アフィリエイトとは、ブログやホームページなどに企業サイトのリンクを貼り、閲覧者がそのリンクにアクセスして会員登録したり商品を購入したりすると、リンクを貼ったサイトの管理者にキックバックが支払われるという広告システム。
 このアフィリエイトを主目的にした、広告ばかりのブログもよく見られます。 それに最近日本では、人気サイトにやらせの口コミ投稿をして、一部店舗のランキングを上げようとする 「ステルスマーケティング」 (ステマ) という不当行為が問題になっているのだとか……。
 ネットを通じて儲けるためのいろんな手段が出てきますよね。

 当ブログにもいつのころからか?企業広告が入ったので、老朋友と同じように 「アフィリエイトだろう」 「結構いいサイドビジネスになっているんじゃ……」 などと思われている方もいるかもしれません。
 がっ!!! 
 それはまったくの誤解であることを、ここに宣言いたします。 ヽ(^・ω・^)ノ

 このブログ上の広告は、私が利用するブログサービス 「JUGEM (ジュゲム)」 が無料利用者に課しているアトランダム広告です。
 しかも昨年夏からは、それまでのテキスト広告に加えて、ディスプレイ広告が表示されるようになりました (「JUGEMお知らせ」 2011年8月2日付、上図)。 
 ブログ記事にはほとんど関係のないディスプレイ広告が、我がもの顔でドド〜ンと表示されるので正直うざくて仕方がないのですが、無料ユーザーには有無をいわせない手法なのでしょう。 ですから甘んじてこれを受け入れているというわけです。

 友人は、「エステの広告だったかしら。 さゆりさんのおススメだ、気が利いてるわね、と思って、リンク先を開いたのよ」 などといっていましたが、私とは何の因果も金銭関係もありません。
 そういうわけでステマでもアフィリエイトでもありませんし、ブログ上の広告へのお問い合わせや苦情などは引き受けかねますので、この段、よろしくお願いします (広告への問い合わせがあったことは一度もありませんが…… ^^;)。

 唯一の例外は、右サイドの書籍広告。 ここはJUGEMが提供する個人の 「おすすめ商品」 スペースなので、私めの関連本をご紹介しています (しかしこれとてアクセスしてもらっただけでは、私には何の利益配分もありません)。

 というわけで2012年の年頭でもあり、改めて “無償ブログ宣言” をしたわけですが……。

 「無償なのは、記事の公正・公平性や、言論の自由、表現のオリジナリティーを守るために貫いているのよー」 と声高に叫ぶつもりもありません。
 そういう崇高な思いがないわけではありませんが……。

 単に、私にはビジネスの才が欠けているからだろうと、再認識せざるを得ない今日このごろなのでした。 (--;;


※ 図は、「JUGEMお知らせ 『Google Adsense の表示内容について。』」 より
   (2011年8月2日付)


スポンサーサイト

  • 2018.06.17 Sunday
  • -
  • 19:20
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク
コメント
えらい! さすが、しゃおりんさん!
ジャーナリストたるもん、そうでなきゃなあ。
日本では、その意味で、ジャーナリズムは不在。えらそうなことばかり言う「夜郎自大」なやつばっかし。車メーカーや宗教団体から金もらって、なにがジャーナリズムや!
広告なしのメディアもないことはないが、せっかくの立場も理解できず、あほなことばかりやっとるようですわ。
フリーのお立場は、たしかに「不利」ですが、拘束、しばりはなし。どうか、更なるご健筆を祈っております。
ほなまた。
  • とらやん
  • 2012/01/16 8:32 PM
とらやん様: ありがとうございます。
いやあ、私だって車メーカーみたいなスポンサーがついていたら……ナンテ(^^;

しかしそんなワタクシですが、ありがたいことには、友人知人らに大事にされているな〜〜〜とひしひしと感じること。お世話になることもたくさんあって……。

金銭だけでは計れない、いえ、それ以上に大切な“ご縁”に感謝するばかりです。。。^^
さっそくのコメント、感謝!
むのたけじさんの「希望は絶望のど真ん中に」(岩波新書)を、日本の「マスゴミ」や、その周辺にいる自称、ジャーナリストのような人に、じっくり読んでほしい。
むのたけじさんについては、勝手にご検索を。
ちょっと調べば分かることを、ツイッターでやりとりするヒマはありまへん。
ほなまた。
  • とらやん
  • 2012/01/16 9:42 PM
とらやん様: ありがとうございます。
『希望は絶望のど真ん中に』、今度、読んでみたいです。

ツイッターとて、いつまで、どこまで多くの人に支持されるかわかりませんが、今の時点では、現代のコミュニケーションツール、情報ツール(真偽を含む)だと思っています。

新しい出会い方「出会う系」がここにありますから、今のところ、私はそれを使ってみています。
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
イメージチェック アフィリエイト 情報 暴露屋 口コミ レビュー
イメージチェック アフィリエイト 無料レポート 情報 暴露屋 口コミ レビューをいち早く お伝えします。
  • イメージチェック アフィリエイト 情報 暴露屋 口コミ レビュー
  • 2012/01/17 12:30 PM
NEOノンバトルアフィリエイト 情報 暴露屋 口コミ レビュー
NEOノンバトルアフィリエイト 無料レポート 情報 暴露屋 口コミ レビューをいち早く お伝えします。
  • NEOノンバトルアフィリエイト 情報 暴露屋 口コミ レビュー
  • 2012/01/22 10:49 AM
calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
  • 平和友好条約40周年・第1回「忘れられない中国滞在エピソード」、6月より募集スタート
    しゃおりん (06/09)
  • 平和友好条約40周年・第1回「忘れられない中国滞在エピソード」、6月より募集スタート
    田嶋宏昭 (06/09)
  • 四川大地震から10年、5月12日を「感謝の日」に制定
    しゃおりん (05/12)
  • 四川大地震から10年、5月12日を「感謝の日」に制定
    楊玉環 (05/12)
  • 中国旅行口コミランキング発表、外国目的地では東京、北海道がやはり人気
    しゃおりん (05/12)
  • 中国旅行口コミランキング発表、外国目的地では東京、北海道がやはり人気
    omachi (05/11)
  • 米国で公開された話題の映画 「PANDAS」、予告編が堪能できる!
    しゃおりん (04/16)
  • 米国で公開された話題の映画 「PANDAS」、予告編が堪能できる!
    ちびぱんだ (04/16)
  • 「じらさないで!」、奈良公園に中国語などで鹿せんべい注意看板が登場
    しゃおりん (04/05)
  • 「じらさないで!」、奈良公園に中国語などで鹿せんべい注意看板が登場
    楊玉環 (04/04)
recent trackback
recommend
在日中国人33人のそれでも私たちが日本を好きな理由
在日中国人33人のそれでも私たちが日本を好きな理由 (JUGEMレビュー »)
趙 海成
小林さゆり/訳

【中国人著者が聞き出す本音の日本論】
『それでも私たちが中国に住む理由』、待望の姉妹本!
recommend
今こそ伝える日中100人
今こそ伝える日中100人 (JUGEMレビュー »)
北京大学日本校友会

日本と中国をつなぐ100人へのインタビュー集! 私も紹介していただきました。 お陰様でたちまち2刷に!!
recommend
在中日本人108人のそれでも私たちが中国に住む理由
在中日本人108人のそれでも私たちが中国に住む理由 (JUGEMレビュー »)

中国18都市に住む、日本人108人のリアルな証言! 取材・編集に携わりました。 5刷 好評発売中!
recommend
中国年鑑 (2012年版)
中国年鑑 (2012年版) (JUGEMレビュー »)

最新中国情報を網羅!
「暮らし」を執筆しています。
recommend
中国年鑑 (2011年版)
中国年鑑 (2011年版) (JUGEMレビュー »)

最新中国情報を網羅!
「暮らし」を執筆しています。
recommend
中国年鑑 (2010年版)
中国年鑑 (2010年版) (JUGEMレビュー »)

最新中国情報を網羅!
「暮らし」を執筆しています。
recommend
これが日本人だ!
これが日本人だ! (JUGEMレビュー »)
王 志強
小林さゆり/訳

【読んで首肯するか、立腹するか! ―― 中国人の対日認識を知るための必読書】
2刷 好評発売中!
recommend
北京探訪―知られざる歴史と今
北京探訪―知られざる歴史と今 (JUGEMレビュー »)

「大ブームに沸く 笑いの文化」を執筆しています。
recommend
出張に役立つ中国語―もう困らない、恥をかかない
出張に役立つ中国語―もう困らない、恥をかかない (JUGEMレビュー »)
ニューメディア研究所thinking

2005年アルク刊
コラムを執筆しています。
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM