<< 中国ソーシャルマーケティングセミナー、成功の秘訣を探る | main | 山本寛斎さんショー「HELLO CHINA!!」、華やかに活力届ける >>

『中国語ジャーナル』 2012年秋号に 「演劇入門」 執筆しました!

 愧羚餮譽献磧璽淵襦 2012年秋号 【北京 雑誌 ブログ】

 語学やエンターテインメントなど中国情報満載の季刊誌 中国語ジャーナル 2012年秋号 (アルク刊) に、中国の演劇事情について取材・執筆しています!

 今、北京の舞台が熱い! 中国演劇入門 と題した4ページにわたる特集です。

 「文化強国の実現」 を目指す中国では今、さまざまな文化事業が促進されていますが、中国語で 「話劇」 といわれる演劇もその1つ。

 とくに首都・北京では、国家級から民営まで各劇団が次々と新しい作品を生み出しています。
 伝統的な名作はもちろんのこと、前衛的舞台に不条理劇、ミュージカルなど、ジャンルや表現形態もますます広がり、深まりを見せています。
 映画やドラマに比べて、演劇は (キャパシティーが小さいため) 検閲がそれほど厳しくないという中国の事情にもよるようです。
◆愧羚餮譽献磧璽淵襦 2012年秋号 そんなホットな演劇事情をお伝えしました。
 中国を拠点に活躍される日本人女優、松峰莉璃 (まつみね・りり) さんにも、中国の最新演劇事情についてインタビューしています。

 北京人民芸術劇院、孟京輝戯劇工作室、木馬劇場といった北京の各劇団・劇場からも一部写真を提供していただきました。

 『中国語ジャーナル』 2012年秋号は、本日9月7日発売。

 書店やオンライン書店などで、どうぞご注目ください。
 よろしければ、ご意見・ご感想もお待ちしています〜〜!! (^^)/

■ 『中国語ジャーナル』 2012年秋号 (アルク刊)、CD付き、価格:1680円 (税込)
・ 『中国語ジャーナル』 公式サイト
・ アマゾン

松峰莉璃さんと※ 写真は上から、

  愧羚餮譽献磧璽淵襦 2012年秋号の表紙。 国際コラムニストとして活躍する加藤嘉一さんがドドンと登場しています。

◆‘箪 「中国演劇入門」 のトビラです。

 松峰さん (右) とは、取材を終えた後も遅くまで女子トークで盛り上がりました。
 ありがとうございました!^^




 ↑ 今日も1ポチ☆ をお願いします!^^


スポンサーサイト

  • 2017.08.17 Thursday
  • -
  • 12:10
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク
コメント
今、買ってきました〜♪
前号も買ったのですが、
月刊誌だった頃に比べると、比較貴な印象…

その分、じっくり読ませていただきます。
  • emmy
  • 2012/09/07 5:40 PM
拝読。コンパクトにまとめられて、さぞかしのご苦労が偲ばれます。
表紙がいまいち、購買意欲をそぎますなあ。付録のCDなどは不要。もっと価格が安くなるはず。
日本の貧困な演劇事情からみれば、たいへんビビッドで、今後、どんな舞台があるか、楽しみですわ。
李六乙さんなんかは、がんばってはりますか?
次回、北京では、前衛演劇などはぜひ見たいです。ことばは? あきまへん。まあ、なんとか「中国語ジャーナル」を読んで、勉強勉強。
ほなまた。
  • とらやん
  • 2012/09/08 1:16 AM
emmyさん: すごい!早速買ってくださったんですね〜!ありがとうございます!

季刊誌になってその分、厚くなったんでしょうか? たしかに雑誌というよりはムックというか、単行本のようなお値段ですよね。 (^^;
とらやん様: 早速ご購読くださり、恐縮します。ありがとうございます!

> 表紙がいまいち、購買意欲をそぎますなあ。
そのような感想が、ツイッターでも出ておりました(汗)。CDは中国語学習者のためのツールですから、必要なんではないでしょうか。

> 日本の貧困な演劇事情からみれば、たいへんビビッドで、

日本でも上演されたらいいなーと思うお芝居がいくつかありました。
80後(1980年代生まれ)の若者たちが、本当にセンスのいいお芝居を生み出しています。

映画も、音楽も好きですが、お芝居も面白い! また機会を見つけて、鑑賞したいと思っています〜!^^
表紙の加藤君、なぜ渋い表情が使われていたのか…

ちなみに私はあのCDが目当てで買う
…という所もあります。
ネイティブ並のインタビューに、1本の報道を
普通&ゆっくりのスピードで入れていたりと、
日本に帰国してから縁遠くなった中国語の
ヒアリングには重宝ものかもしれません…

あとは、自分が喋れるようにしないと!
  • emmy
  • 2012/09/08 9:49 PM
emmyさん: ありがとうございます。
CD、そうなんですね。CCTVのネット放送はご覧になられますか?
あと、中国の動画サイトも一部見られるのでは? と思いますが、そういうのを利用する手もありますよね。

ん?emmyさん、喋れるんではなかったですか? (^^;
いやはや、確かにCCTVはじめニュースは
たくさん見られるのですが、
ネットが重いのでしっかり聞くというより
一度かけたら「聞き流し」てしまうんです・・・。

今度、HSKに再挑戦しようと思って、
「細听(きちんと聞く学習)」を始めたのですが、
CDは止まることがないので、使えます。

帰国すると中国語を聞く機会が減って、
たまに喋ると、語順も発音も
メチャクチャだと痛感…やばいやばい!
  • emmy
  • 2012/09/10 2:10 PM
emmyさん: ありがとうございます。
うーん、日本では中国メディアを見るにもネットが重いんですか、残念です。。。

emmyさんのブログを拝見しました。
【2012東京「中国文化祭」―日中国交復交40周年に開幕!】

http://koma.cocolog-nifty.com/emmy/2012/09/201240-0e22.html

様子がわかって参考になりました。

私も日本では、池袋をはじめ中国的な雰囲気を求めて徘徊しそうですよ〜〜。(^^;
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
recommend
在日中国人33人のそれでも私たちが日本を好きな理由
在日中国人33人のそれでも私たちが日本を好きな理由 (JUGEMレビュー »)
趙 海成
小林さゆり/訳

【中国人著者が聞き出す本音の日本論】
『それでも私たちが中国に住む理由』、待望の姉妹本!
recommend
今こそ伝える日中100人
今こそ伝える日中100人 (JUGEMレビュー »)
北京大学日本校友会

日本と中国をつなぐ100人へのインタビュー集! 私も紹介していただきました。 お陰様でたちまち2刷に!!
recommend
在中日本人108人のそれでも私たちが中国に住む理由
在中日本人108人のそれでも私たちが中国に住む理由 (JUGEMレビュー »)

中国18都市に住む、日本人108人のリアルな証言! 取材・編集に携わりました。 5刷 好評発売中!
recommend
中国年鑑 (2012年版)
中国年鑑 (2012年版) (JUGEMレビュー »)

最新中国情報を網羅!
「暮らし」を執筆しています。
recommend
中国年鑑 (2011年版)
中国年鑑 (2011年版) (JUGEMレビュー »)

最新中国情報を網羅!
「暮らし」を執筆しています。
recommend
中国年鑑 (2010年版)
中国年鑑 (2010年版) (JUGEMレビュー »)

最新中国情報を網羅!
「暮らし」を執筆しています。
recommend
これが日本人だ!
これが日本人だ! (JUGEMレビュー »)
王 志強
小林さゆり/訳

【読んで首肯するか、立腹するか! ―― 中国人の対日認識を知るための必読書】
2刷 好評発売中!
recommend
北京探訪―知られざる歴史と今
北京探訪―知られざる歴史と今 (JUGEMレビュー »)

「大ブームに沸く 笑いの文化」を執筆しています。
recommend
出張に役立つ中国語―もう困らない、恥をかかない
出張に役立つ中国語―もう困らない、恥をかかない (JUGEMレビュー »)
ニューメディア研究所thinking

2005年アルク刊
コラムを執筆しています。
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM