<< 北京ミニミニ情報 (12月下旬、その2) &大騒ぎ会新年会 | main | 「長期に安定、発展する日中関係を」 と木寺大使、新年賀詞交換会で >>

「中国紙書き換え事件」 で共産党寄り社説を転載―北京紙

1月9日付 「新京報」 【北京 ニュース ブログ】
 中国のリベラル系週刊紙 「南方週末」 の新年社説が広東省共産党委員会の指示で大幅に書き換えられた問題をめぐり、複数の北京紙が9日までに、南方週末社などを批判した中国共産党寄りの社説を転載しました。

 この社説は、党機関紙 「人民日報」 系の 「環球時報」 が7日、掲載したもの。 その後、党中央宣伝部が各メディアに対し、同社説を転載するよう命じていました。
 北京の新聞では、「北京青年報」 (8日付)、「新京報」 (9日付) などが転載しましたが、北京青年報が全文掲載したのに対し、新京報は多くを削除し、一部要旨のみを伝えています。

 環球時報の社説は、「南方週末の “読者に致す” は実に深く考えさせられる」 とするもの。
 「読者に致す」 とは、南方週末の公式ミニブログがこのほど当局による書き換えはなかったとして読者に謝罪した内容を指しています。

 社説は、「独自ルートにより、いわゆる “書き換え” は広東省党委員会宣伝部によるものではないことがわかった」 「一部国外の敵対勢力の関与があった」 「報道には不断の改革が必要だが、変えられないこともある。 (中略) 中国の報道は、政治が受け入れられない単独突進は決してできない」 などと強硬主張を繰り広げています。


※ 写真は、1月9日付 「新京報」 の転載記事。

※ 「 『北京有力紙の社長、辞意表明 共産党寄り社説転載に抗議』 【北京共同】 中国広東省の地元紙、南方週末の記事を当局が改ざんした問題で、北京の有力紙、新京報の社長が、報道が政府の方針から逸脱することを批判した共産党系紙の記事を転載するよう命じられたことに抗議し、辞意を表明していたことが9日、分かった。中国メディア関係者が明らかにした。 2013/01/09 14:03 」

1月9日付 「新京報」2※ 南方週末事件に絡み、社長が辞意を表明したとされる「新京報」。1月9日付3面「時事評論」の微博ダイジェストのトップには「南方供暖」との作家@白小起氏のつぶやきを掲載。

 南方にはない公共暖房の設置に賛成するとの内容だが、この時期だけに「南方(週末)に暖かさを」とも取れて意味深な主張に。
 1/9 15:18 tw

スポンサーサイト

  • 2017.08.22 Tuesday
  • -
  • 12:30
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク
コメント
あなたなら中国語を読めますね。以下の記事を読んでください:

http://bbs.tianya.cn/post-worldlook-652039-1.shtml

毛沢東主席が1957年に書いた文章です、50年前に今のこういう社会現象、その本質、解決方法を細かく書きました。今、この文章を読むと、彼が本当の偉人だと信じます。
  • ZSYCA
  • 2013/01/09 8:17 PM
ZSYCAさん: お久しぶりです。
ざっと拝読しました。しかしこの文章が発表されたのは1957年5月15日。
同年2月には毛沢東の「人民内部の矛盾を正しく処理する問題について」が発表され、同年8月には、あの「反右派闘争」が開始されました。
この毛沢東の文章「事情正在起変化」は、そんな敏感な時期に発表されたものです。

私は民主主義国家の日本人ですから、毛沢東の主張は理解できますが、正直に申しますと賛同できかねます。
でも思想や意見が違うのは、政治・社会体制が異なる国で生まれ育ったのだから、仕方のないことではないでしょうか?
違いを認めて、互いに理解する、ということがまずは重要だと思います。

そういう意味でも、ZSYCAさんが正統派の「太祖粉絲」であるということが今日はよくわかりました。ありがとうございます。
環球時報は中国一番恥知らず新聞だね。毎日反日・反米・ナショナリズムの報道しかありません。日本に厳しい批判するけど自国を批判しない。本当にゴミみたいな。
  • chongov
  • 2013/01/09 10:04 PM
chongovさん: ありがとうございます。
いや、しかし、いいんですよ。いろいろな視点や意見があるのはいいことだと思います。

前にも書いたかもしれませんが、南方週末も新京報もあって、人民日報も環球時報もある。それを選ぶのは読者です。

重要なのは様々な視点や主張があって、意見や批評が発表できる、各種媒体があるということ。
これが、一律の横並びの報道になってしまったら、それこそ残念なこと……(まあ、今でも各社が自由に報道できるわけではありませんが)。

さまざまな媒体の存在が許され、できれば(今の体制化でも)、ある程度の報道の自由が許されることを、一外国人として願ってやみません。。。
私はいわゆる過激な「毛左」派ではない、南方週末のことが大嫌い、それだけ。あなたよりも、私よりも、客観的な記事もある、時間がある時に読んでください、特にコメント欄に「南方週末」今までの自由報道部分:
http://bbs.gushe78.com/read.php?tid=15070
  • ZSYCA
  • 2013/01/11 11:18 PM
私には難しいことは分かりませんが、
一言申し添えれば中国には言論の自由が無いと言うことと見えます。
世界中の共産主義国家は個人にせよ組織にせよ独裁国家なので指導者を批判する都合悪いことは弾圧されるということと思います。

そのことだけでも中国は国際社会の自由が保障されない未熟な国家だと思います。

太平洋戦争中の日本の軍事政権の思想に通じるような・・・・。


  • そうかせんべい
  • 2013/01/12 11:06 AM
ZSYCAさん: 参考資料をありがとうございます。

「客観的」な記事を時間がある時に読んでみます。
そうかせんべい様: ありがとうございます。

言論の自由。確かにおっしゃる通りです。
ただ、翻って、では日本には本当に言論の自由があるのか?といったら、それもまた疑問です。

ちょっと話はズレるかもしれませんが、今回の事件に絡み、北京紙「新京報」が「南方週末」を応援するメッセージを紙面の中に散りばめました。

もしかすると翌日、その記者なり編集者なりの首が飛ぶかもしれないのに、です。
言論の自由を求めてギリギリまで戦っている。応援メッセージの「南方的粥」「南方供暖」という言葉に、どれだけの重みがあることでしょう。

それを、日本のある新聞社が公式ツイートで「中国の記者もやりますね」といった茶化した発信をしていましたが、私は違うと思う。

言葉ひとことの重みが違う。
ひとことに首をかけている記者も中国にいる、ということをわかってほしいと思いました。
「言論の自由」がある日本のマスコミにして、これです。とても残念に思いました。
しゃおりん さんへ

確かに新聞やテレビ局は自分の意見があるべきだ。しかし、人民日報の意見は政府一部役人の意見しか代表しない。ナショナリスト糞青たちは環球時報が好きだ。12年前、自分も反日反米の糞青だったけど、その後は覚醒した。

南方週末は中国の数少ないリベラル紙、中国の良心です。この事件に、南方週末の報道自由は政府から強姦された。それは中国報道自由の恥です。さすが世界報道自由度最悪6位の国です、恥ずかしい。
  • chongov
  • 2013/01/14 12:40 PM
ZSYCA さんへ

中国の報道自由はまだ足りないを思うです。どうしてお前はそこまで政府の言論検閲を弁護するのか?本当にわけがわからない。確かに中国の新聞やテレビは15年前より遥か進歩したけど、日本や欧米と比べ、まだまだこれからや。中国の政治改革はもっと進んだ。とりあえず、人民たちの幸せや言論自由は一番だ。
  • chongov
  • 2013/01/14 12:45 PM
chongovさん: ありがとうございます。

chongovさんやZSYCAさんら中国の方々の生のご意見、本当に参考になります。ありがとうございます。

日本にだって、思想は極右から極左までいろいろありますからね。
みなそれぞれに、いろんな思想、信条を持つことができる、それこそが素晴らしいことだと改めて思いましたよ。
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
recommend
在日中国人33人のそれでも私たちが日本を好きな理由
在日中国人33人のそれでも私たちが日本を好きな理由 (JUGEMレビュー »)
趙 海成
小林さゆり/訳

【中国人著者が聞き出す本音の日本論】
『それでも私たちが中国に住む理由』、待望の姉妹本!
recommend
今こそ伝える日中100人
今こそ伝える日中100人 (JUGEMレビュー »)
北京大学日本校友会

日本と中国をつなぐ100人へのインタビュー集! 私も紹介していただきました。 お陰様でたちまち2刷に!!
recommend
在中日本人108人のそれでも私たちが中国に住む理由
在中日本人108人のそれでも私たちが中国に住む理由 (JUGEMレビュー »)

中国18都市に住む、日本人108人のリアルな証言! 取材・編集に携わりました。 5刷 好評発売中!
recommend
中国年鑑 (2012年版)
中国年鑑 (2012年版) (JUGEMレビュー »)

最新中国情報を網羅!
「暮らし」を執筆しています。
recommend
中国年鑑 (2011年版)
中国年鑑 (2011年版) (JUGEMレビュー »)

最新中国情報を網羅!
「暮らし」を執筆しています。
recommend
中国年鑑 (2010年版)
中国年鑑 (2010年版) (JUGEMレビュー »)

最新中国情報を網羅!
「暮らし」を執筆しています。
recommend
これが日本人だ!
これが日本人だ! (JUGEMレビュー »)
王 志強
小林さゆり/訳

【読んで首肯するか、立腹するか! ―― 中国人の対日認識を知るための必読書】
2刷 好評発売中!
recommend
北京探訪―知られざる歴史と今
北京探訪―知られざる歴史と今 (JUGEMレビュー »)

「大ブームに沸く 笑いの文化」を執筆しています。
recommend
出張に役立つ中国語―もう困らない、恥をかかない
出張に役立つ中国語―もう困らない、恥をかかない (JUGEMレビュー »)
ニューメディア研究所thinking

2005年アルク刊
コラムを執筆しています。
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM