<< 環状の北京地下鉄10号線、5月5日に全線開通へ | main | 北京ミニミニ情報 (4月下旬、その1)、日本行きフェリーが休航? >>

安倍首相の憲法改正論を非難、CCTV

CCTV5月4日の報道 【北京 ニュース ブログ】
 国営中国中央テレビ (CCTV) は4日、北京時間午前7時 (日本時間同8時) からのニュース番組 「朝聞天下」 で、66回目を迎えた日本の憲法記念日 (3日) に絡み、安倍晋三首相と自民党がこの夏にある参院選の公約に憲法96条の改正を掲げるとしている改憲論議に対し、「(侵略国が) 自らの縄を解く、危険な道だ」 などと非難しました。

 同番組の日本の改憲論議に関するニュースは、冒頭から約20分にわたる異例の長さで、中国側がこの問題に対し、関心を高めていることがうかがえます。
 ニュースでは、安倍首相が意欲を示す憲法改正の要件緩和に反対する超党派の議員連盟 「立憲フォーラム」 の阿部知子副代表 (日本未来の党代表) にインタビューした模様を放送。
 その中で阿部副代表は、「国民の側から見て、国民を守るためにある憲法を権力側が自分で変えやすくするのは、お手盛り弁当だ。 国民を置いてきぼりにして、自分で勝手にやっていくことになる」
 「このアジアの中で日本が非常に信頼され、友好的に仲良くやっているわけではない中で、憲法改正をもっとやりやすくするぞ、ということがどんな風に (アジア各国・地域に) 伝わるか。 戦争をなくしていく側ではなくて、戦争を再生産してしまう側に傾いていきやすい」 などと改憲の動きに反対の立場を示しました。

 また戦後70周年となる2015年に、安倍政権として未来志向のアジアに向けた談話を発表したいとしている 「安倍談話」 については、「今のように溝を埋めないままでいけば、いい談話ができるはずもない。 日本が暴走してしまうかもしれない不安や、あるいは世界の信頼を本当に維持できるのか?という不安が、実はアメリカの中からも寄せられている」 と談話発表への懸念を示しました。

 番組では、東京・日比谷公園で3日に開催された憲法改正反対集会の模様や米メディアによる日本への反改憲論調などを引用して、「安倍首相による憲法改正の動きは、改憲が可決されるかどうかにかかわらず、日本を (世界から) 孤立する境地に陥れるものだ」 などと非難しました。


※ CCTVの5月4日の関連報道 (動画)

・ [视频] 安倍修宪:自我松绑的危险之路

・ [视频] 日本宪法日-安倍加紧鼓吹修宪 东京民众集会反对修宪 

・ [视频] 日本宪法日-安倍加紧鼓吹修宪 美媒对安倍修宪言论表示担忧 

・ [视频] 日本宪法日-安倍加紧鼓吹修宪 国仍在反省历史 与日本迥异 


※ 写真は、CCTV 「朝聞天下」 より。



スポンサーサイト

  • 2017.08.17 Thursday
  • -
  • 10:10
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク
コメント
またつまらない対日批判番組だね。全く無視しろ。

「日本は国際社会から孤立された」
「日本はきちんとドイツを見習すべきだ」
「戦争発動権取り戻せは軍国主義」
以前の対日批判と変わらず、同じ言葉があった。

BBCの国際イメージ調査に、日本のイメージは中国より良かった。
ドイツ憲法の修正回数は60回超え、しかも戦後のドイツも海外出兵の行動があった。
北朝鮮の軍事費対GDP比は12%があります。
中国の軍事費成長率は年あたり9%がある、GDP成長率より高いです。

つまり、
「日本より中国は国際社会から孤立される」
「日本はドイツを十分見習した」
「日本より北朝鮮や中国は軍国主義の可能性がある」
です。

ハエの騒音は無視されるべきだ。
  • chongov
  • 2013/05/05 10:23 PM
chongov様: 貴重なご見解を、ありがとうございます。

chongovさんは中国の方だとお見受けしますが、その中では極めて異例の、バランスのとれた客観的なご意見だと思っております。

しかし「釣魚島」はすでに「中国の核心的利益」に格上げされましたから、中国側が従来の主張を変えるはずもありませんし、さらに恐慌化するものと考えられます。

そうした中で、このようなご意見もある、というのは、主流派ではないでしょうが、大変に参考になりますよ。どうもありがとうございます!
しゃおりんさんへ

>「釣魚島」はすでに「中国の核心的利益」に格上げされました

その後、外務省の報道官はまた発言を修正した。中国と外国の領土係争といえば、少なく南シナ海やインドの方は尖閣より大事じゃないか。核心的利益は本土だろう。しかも最近、安倍政権の台湾カードは良く使えた。

>台湾・馬英九大統領「中台分断以降、今の日台関係は一番良い」
ttp://news.sina.com.cn/c/2013-05-02/141527007317.shtml
>台湾の一部独立派は日本駐台代表に「母国日本は台湾独立を協力すべきだ」を言う
ttp://news.ifeng.com/taiwan/1/detail_2013_04/30/24821318_0.shtml#6467378-tsina-1-56369-c61ed62311c3e83ee6c7315bfe5cdbfe
>台湾の議員たち「台湾は日米安保条約の成員になりたい」
ttp://news.ifeng.com/taiwan/1/detail_2013_05/01/24833808_0.shtml#6467378-tsina-1-89649-c61ed62311c3e83ee6c7315bfe5cdbfe

それに対して、人民日報は怒って「それなら俺も沖縄独立を主張すべきだ!」
ttp://news.sina.com.cn/c/2013-05-08/035427055069.shtml

だが全くできないから、冗談冗談。できればやってみろよ、バカ。
  • chongov
  • 2013/05/08 9:12 PM
chongovさん: ありがとうございます。

なるほどねえ〜。「安倍政権の台湾カード」が中国には結構効いていたんですね。

それに対しての人民日報8日付の論文「未解決のままの琉球(沖縄)問題を再び議論できる時が来た」……ですか。

こうなったら、もう日中の舌戦ですね(汗)。
うーーーん、この不協和音を何とかできないものでしょうか……。(ーー;

しゃおりんさんへ

確かに中日両国の不調和の口喧嘩だけだ。人民日報の沖縄議論に対して、読売・日経は報道するが、朝日・毎日は報道しない。2ちゃんねるの反応といえば、「嘲笑」は「中国脅威論コピペ」より遥か多いな。

…そんな口喧嘩は確かに良くない。やはり5年前の中日関係は良かった。
  • chongov
  • 2013/05/09 11:41 AM
chongovさん: ありがとうございます。
お返事が遅くなりました。

今日(5月13日)は日本維新の会共同代表の橋下徹大阪市長が戦時中の旧日本軍慰安婦について「必要だった」との認識を示したとか。
日本自体が、非常におかしな方向へ行っているような気がします。

どうしてもっとマトモなリーダーが現れないんでしょうか。
まあ、自由選挙が確立されたこの国の国民あっての、この政治家なのかもしれませんが……。(−−;
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
recommend
在日中国人33人のそれでも私たちが日本を好きな理由
在日中国人33人のそれでも私たちが日本を好きな理由 (JUGEMレビュー »)
趙 海成
小林さゆり/訳

【中国人著者が聞き出す本音の日本論】
『それでも私たちが中国に住む理由』、待望の姉妹本!
recommend
今こそ伝える日中100人
今こそ伝える日中100人 (JUGEMレビュー »)
北京大学日本校友会

日本と中国をつなぐ100人へのインタビュー集! 私も紹介していただきました。 お陰様でたちまち2刷に!!
recommend
在中日本人108人のそれでも私たちが中国に住む理由
在中日本人108人のそれでも私たちが中国に住む理由 (JUGEMレビュー »)

中国18都市に住む、日本人108人のリアルな証言! 取材・編集に携わりました。 5刷 好評発売中!
recommend
中国年鑑 (2012年版)
中国年鑑 (2012年版) (JUGEMレビュー »)

最新中国情報を網羅!
「暮らし」を執筆しています。
recommend
中国年鑑 (2011年版)
中国年鑑 (2011年版) (JUGEMレビュー »)

最新中国情報を網羅!
「暮らし」を執筆しています。
recommend
中国年鑑 (2010年版)
中国年鑑 (2010年版) (JUGEMレビュー »)

最新中国情報を網羅!
「暮らし」を執筆しています。
recommend
これが日本人だ!
これが日本人だ! (JUGEMレビュー »)
王 志強
小林さゆり/訳

【読んで首肯するか、立腹するか! ―― 中国人の対日認識を知るための必読書】
2刷 好評発売中!
recommend
北京探訪―知られざる歴史と今
北京探訪―知られざる歴史と今 (JUGEMレビュー »)

「大ブームに沸く 笑いの文化」を執筆しています。
recommend
出張に役立つ中国語―もう困らない、恥をかかない
出張に役立つ中国語―もう困らない、恥をかかない (JUGEMレビュー »)
ニューメディア研究所thinking

2005年アルク刊
コラムを執筆しています。
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM