<< 第五福竜丸の被曝問題テーマに日中討論へ 5/25学術交流会で | main | 第9回 「ガーデンエキスポ」 が開幕、北京 >>

北京の観光スポット、前門大街に閑古鳥が鳴く?

〜位臑膤 2011年9月 【北京 ニュース ブログ】
 北京の有名な観光スポット、前門大街 (ストリート) に閑古鳥が鳴いている!?
 これも最近、ささやかれる中国の景気減速の表れでしょうか?

 前門大街は、市中心部の天安門広場の南側に位置する、南北に走る大通りです。
 古くから繁華街として知られましたが、さらに多くの観光客を呼び込もうと2008年の北京五輪を前に大改造が行われ、その結果、100年前のレトロな街並みを再現した “歩行者天国” の商業街となっていました。
 前門管理委員会の公式データによれば、同地の 「観光客数は1日当たりのべ15万人に達する」 とのことですが、北京紙によれば5月半ばの 「人影はまばら……」 (「新京報」17日付)。
 さらに記者がざっと数えたところによると、前門大街の南北の大通りには現在、レストランや販売店などが110店舗余りあるが、うち25%を占める27店舗が休業状態だったとのこと。

∩位臑膤 2013年3月 中には、「森馬」 などの国産服飾店、「全聚徳」 「餛飩 (ワンタン) 侯」 といった老舗レストランをはじめ、「ZARA」 「H&M」 「ユニクロ」 「ハーゲンダッツ」 などの世界的ブランドが並んでいますが、「ずっと客足が少なくて、商売は上がったりだよ」 とユニクロの店員はぼやいています。

 また、同地のファストフード大手、マクドナルドやケンタッキー・フライド・チキンは現在、祝祭日で来客が多い時を除いては、2階部分をそれぞれ閉鎖。 中国のスポーツ用品ブランド 「361°」 「李寧 (リーニン)」 は昨年、ここから撤退したそうです。

 前門大街で多くの店が苦戦しているのは 「家賃が高く、利益が少ないためだ」 と事情通は話しています。 それが大幅な欠損を出す原因となっているのだとか。

 中国の商業不動産学の専門家、朱凌波氏は、前門大街の経営不振の理由について、「ここは、新不新、旧不旧、洋不洋 (新しくもなければ、古くもなく、洋式=オシャレ=でもないからだ)」 と指摘。
 さらに、「前門大街の魅力は古い北京の伝統文化だが、今はそれが生かされていない。 北京の流行スポット、三里屯ビレッジとあまり差がなく没個性だ。 多くの観光客はここで北京の軽食を食べたり、土産物を買ったりするだけで、ブランド品などの大きな買い物をするつもりはないのだ」 と意見しています。

 オリンピック効果のにぎわいも今は昔……!?
 あれから5年が経ち、北京の代表的観光地も、新たなターニングポイントを迎えているのかもしれません。


※ 写真は、上から
 ,砲わっていた前門大街 (2011年9月)
◆/猶討發泙个蕕法? (2013年3月)


スポンサーサイト

  • 2017.05.23 Tuesday
  • -
  • 13:30
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク
コメント
過ぎたるは及ばざるが如し、ですなあ。さらに、中途半端。かつての春節、前門の賑わいが、懐かしい。ユニクロもなければ、ハーゲンダッツもない。開放もほどほど、ですなあ。
でもまあ、前門やで。いいプランがあれば、なんとでもなりますがな。加油。
ほなまた。
  • とらやん
  • 2013/05/18 12:31 AM
とらやん様: ありがとうございます。
そう、まさに「中途半端」なストリートになってしまったんだと思います。レトロ路線を狙うんだったら、とことんそうしたほうがよく、ハーゲンダッツやH&Mはいらない、ということですよね。

あと、改造から5年がたって、北京人には飽きられてしまったということでしょう。北京人もちょくちょく行くような場所にならないとねえ。

まあ採算がとれなければ続きませんので、前門も変わるしかないのかもしれませんね。
見覚えのある写真に思いをはせました!
1年6ヶ月前に、ゆる〜い
コメントを投稿しておりました。(o^^o)

・・しゃおりんさんのブログも、前門大街同様、
歴史を刻み、いろいろ思い出も詰まっているのでしょうね。

ところで、しゃおり画伯の
『お絵かき』も首を長くして
楽しみにしております。(笑)

加油!
  • にこにこのujicyan
  • 2013/05/19 10:13 AM
にこにこのujicyan様: ありがとうございます。
過去記事をわざわざさかのぼってくださり、嬉しく思いました。もう1年6カ月も経つのですか。ハアァ〜〜。(^^;
ちなみに、記事はこちらでした。
http://pekin-media.jugem.jp/?eid=1234

お絵かきも最近、ふと思い出しました。そういえば忘れていた!と(笑)。

ちなみに、こちらで描いた渡り鳥をお覚えでしょうか?
「北京つれづれ日記――ホトトギス違い」
(2012.05.16)
http://pekin-media.jugem.jp/?eid=1428

2日ほど前から、またあの鳴き声が、早朝に聞こえるようになりました。どんな鳥かわからないだけに神秘的だし、今年もまた来てくれたかと、嬉しく思っています。^^
ええ〜あの前門が・・・
新しくなるとテナント料が上がるんですね〜
古い時の都一処さんのシュウマイは確かに美味しかったけど新しくなっていったとき何か味が違ってたのは錯覚ではなかったのかも?
張一さんの茶葉屋さんは健在でしょうか?うぅ〜ん・・・何とか昔の喧騒を取り戻して欲しいですね♪
  • かな
  • 2013/05/20 12:11 AM
かなさん: ありがとうございます。
「都一処」って、そういえばあの前門大街からは移転したのか? 前回訪れた時はなかったような……!? 今度確かめてみなければ(汗)。
結構にぎわっていたんですけれどね。地方からの観光客にすれば、お値段がちょっと高かったかもしれません。

「張一元」は大柵欄の通りにまだありますよ。
私も、本店のあそこはよく利用しています。^^
いっそのこと、前門大街には完全に北京の老舗ばかり集めてみてはどうなんでしょうね〜〜。
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
recommend
在日中国人33人のそれでも私たちが日本を好きな理由
在日中国人33人のそれでも私たちが日本を好きな理由 (JUGEMレビュー »)
趙 海成
小林さゆり/訳

【中国人著者が聞き出す本音の日本論】
『それでも私たちが中国に住む理由』、待望の姉妹本!
recommend
今こそ伝える日中100人
今こそ伝える日中100人 (JUGEMレビュー »)
北京大学日本校友会

日本と中国をつなぐ100人へのインタビュー集! 私も紹介していただきました。 お陰様でたちまち2刷に!!
recommend
在中日本人108人のそれでも私たちが中国に住む理由
在中日本人108人のそれでも私たちが中国に住む理由 (JUGEMレビュー »)

中国18都市に住む、日本人108人のリアルな証言! 取材・編集に携わりました。 5刷 好評発売中!
recommend
中国年鑑 (2012年版)
中国年鑑 (2012年版) (JUGEMレビュー »)

最新中国情報を網羅!
「暮らし」を執筆しています。
recommend
中国年鑑 (2011年版)
中国年鑑 (2011年版) (JUGEMレビュー »)

最新中国情報を網羅!
「暮らし」を執筆しています。
recommend
中国年鑑 (2010年版)
中国年鑑 (2010年版) (JUGEMレビュー »)

最新中国情報を網羅!
「暮らし」を執筆しています。
recommend
これが日本人だ!
これが日本人だ! (JUGEMレビュー »)
王 志強
小林さゆり/訳

【読んで首肯するか、立腹するか! ―― 中国人の対日認識を知るための必読書】
2刷 好評発売中!
recommend
北京探訪―知られざる歴史と今
北京探訪―知られざる歴史と今 (JUGEMレビュー »)

「大ブームに沸く 笑いの文化」を執筆しています。
recommend
出張に役立つ中国語―もう困らない、恥をかかない
出張に役立つ中国語―もう困らない、恥をかかない (JUGEMレビュー »)
ニューメディア研究所thinking

2005年アルク刊
コラムを執筆しています。
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM