<< 大騒ぎ会のみなさん、ありがとうございます! | main | 再見,北京! >>

本帰国のご挨拶

小林さゆり お世話になりました皆様へ:

 
 いつも大変お世話になっております。
 突然のブログ上にてのご挨拶を失礼いたします。

 さて私こと、この7月初めに、日本へ本帰国することになりました。
 ふるさとの両親の健康上の心配から、できるだけ近くに住んで面倒を見たいと思ったことが、その主な理由です。

 2000年9月から12年余り、干支でいえば一回り以上を暮らした北京を離れる心境は、とても一言では言い表せません。
 十年一昔といいますが、この間、中国では実にさまざまなことがありました。
 03年に新型肺炎SARSが流行し、08年には北京五輪が、10年には上海万博がそれぞれ盛大に開かれました。
 一方で日中関係の悪化から、05年と10年、12年には各地で大規模な反日デモが発生しました。

 両国関係は、平和友好条約締結35周年を迎える今年にあっても、なお不安定な状況にあります。
 長年両国を見てきた者の1人としては残念でなりませんが、いつの日か必ず、双方の英知を結集して、さらなる互恵関係の構築を実現するものと信じてやみません。

 北京在職中は公私ともに格別のご厚情を賜りまして、誠にありがとうございました。
 今後は東京を拠点に、引き続きフリーランスライターとして、中国や日中関係に関心を持ち続けてまいりたいと存じます。

 現在、かかわっております本業の仕事はもちろんのこと、趣味と実益を兼ねる目的であります、私めのブログやツイッターなども継続してまいります。

 懸案のプライベートの “問題” についても、解決に向け努力したいところです (苦笑)。

 今後とも何かとお世話になることと存じますが、なにとぞよろしくご指導ご鞭撻を賜りますようお願い申し上げます。

 まずは略儀ながら、御礼かたがたご挨拶を申し上げます。
 末筆ではありますが、皆々様のご健勝とご多幸をお祈り申し上げます。

  2013年7月1日 
                                               小林さゆり



※ 写真は本人 (佐渡多真子さん撮影)。



スポンサーサイト

  • 2017.08.18 Friday
  • -
  • 05:00
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク
コメント
しゃおりんさん!!!

お忙しいと思って、メールを控えていましたが…
ついにこの記事が。。。

長きに渡り、北京の風を届けて下さり、
本当にありがとうございました。
今後も、また別の形での風を、楽しみにしています。

東京で困ったことがあったら(ないか…)いつでも
ご連絡をね!

ちょっと うるうるしてる ちびぱんだより
  • ちびぱんだ
  • 2013/07/01 8:40 AM
ちびぱんだ様: ありがとうございます。

このブログを通じて、ちびぱんださんと実際のお知り合いになれて、本当によかった。
影に日向に応援してくださって、ありがとうございました!

東京でお目にかかる時を楽しみにしています。引き続き、よろしくお願い申し上げます!
しゃおりんさん!
coffee break中にブログを拝見して、思わず驚きました。
大騒ぎ会は、しゃおりんさんへの送別会だったのですね。
12年間の中国駐在。
本当に・・・辛苦了!
長くて短い12年間、うれしいこと悲しいこと 多々あったと存知ますが苦楽をともにされた大騒ぎ会の面々も、寂しさはひとしおのことでしょう。。
東京に戻られての今後のご活躍をお祈り申し上げると同時に、ひきつづき、中国関連を含めたしゃおりん流ブログも楽しみしております。
加油!

追記
どの世界でも、やはり『本物』というものは、人に感動を与えるもののようですね。
自分の好きなことが、世の中の人々の喜びにもなる。
これを体感した時、人間は最高の『しあわせ』を感じるのかもしれません。
  • にこにこのujicyan
  • 2013/07/01 3:24 PM
ご無沙汰しておりました。しゃおりんさんご帰国されるとのこと。10年間の長きにわたる北京でのお仕事、本当にお疲れさまでした。思えば私が中国クラスタになったきっかけを作って頂いたのはしゃおりんさんとの出会いでした。ご帰国されたら、どこかでお会いしましょう!
  • ひで(田中秀巳)
  • 2013/07/01 3:24 PM
なんだかず〜っと北京にいらっしゃる気がしていたしゃおりんさんも、ついに戻ってこられるのですねえ。
私も帰国した大きな理由は親のことでしたから、お気持ちがわかる気がします。この年になるとねえ(^^;)。

日本では、メディアでの中国の扱いは大きくなっても、まだまだたくさん誤解や思い込みがありますよね。
北京の庶民のくらしをよく知るしゃおりんさんが、今後も情報発信してくださることを期待します!
おかえりなさいませ。
思えば、私が中国に関心を強めていったのも、2000年ごろからでした…
  • dpll_
  • 2013/07/01 9:24 PM
にこにこのujicyan様:

> 本当に・・・辛苦了!

ありがとうございます。大騒ぎ会はもちろんのこと、ありがたいことにいろいろな方々に見送っていただいています。でも、まだまだ実感が沸きません。
帰国便に乗る時に、万感迫る思いになるのでしょうか……。(´_`。)グスン

「本物」ですか。私も本物を目指してますます頑張りたいと思います!
引き続きまして、よろしくお願いいたします。
ひで(田中秀巳)様: ありがとうございます。
最近、ツイートがあまりできず、すみません! (><;

> しゃおりんさんとの出会いでした。

本当ですか!?初耳ですよ。光栄に存じます(笑)。
またお目にかかる時を楽しみにしています。
石川めぐみ様: ありがとうございます。
そうですよねえ〜。この年になるとねえ。。。

でもありがたいことに、親のことでの帰国は200%(!)、中国の友人・知人の理解を得ることができたような気がします。
これも同じ儒教文化圏のアジア人的感覚でしょうか……。

今後は日本で、庶民的な中国・中華に注目したいと思います。 ^^)/
dpll_様: ありがとうございます。
私の周りでも、2000年前後から中国に滞在した人が多いような……。

何かの時流でもあったんでしょうかねえ。 (^^;
長い間、ありがとうございます。HIDARIUMAこと高橋敏浩。
HIDARIUMAこと高橋敏浩様: こちらこそ、長い間、ご愛読くださりありがとうございました!
今後ともよろしくお願い申し上げます。
お疲れさまでした。

本当に…離れるときは辛かったです…
離れてからも?!(笑)

しばらくは大変でしょうが、ぜひぜひお体ご自愛くださいね!!
  • やーうぇん
  • 2013/07/02 1:36 PM
12年間ですか!お疲れさまでした。
仕事柄、2年くらい前から毎日、ブログを拝見させて頂いており季節感ある中国(特に北京)情報の入手先として重宝しておりました。ありがとうございました。
  • 佐藤
  • 2013/07/02 1:38 PM
北京生活、お疲れ様でした!また新たな一歩へのスタートですね。

また東京で会いましょう!
  • xiaomi
  • 2013/07/02 1:57 PM
やーうぇんさん: ありがとうございます。
うう……やっぱり辛いですよね。なんだか今の時点では、他人事(ひとごと)のようで、しかも連日のバタバタで忙しく、まだ実感が沸かないのですが……。

離れる時は辛いでしょうねえ。
ただ、何事も前向きに(過去を振り返らずに)進んでいきたいと思います〜〜〜。
(^^;

佐藤様: 初めましてでしょうか? コメントをありがとうございます。

そうですね、これからは北京情報(だけ)というわけにはいきませんが、引き続き、しぶとくブログを続けていくつもりです。よろしくお願いいたします。
xiaomiさん: ありがとうございます。
そうですね。また新たな一歩を踏み出しますよぉ〜〜。
東京でお会いしましょう!今後ともどうぞよろしく!^^
ご無沙汰しております。
ブログを拝見してビックリしました。
12年ですか・・・、一言に12年といっても色々な出来事や思い出で一杯ではないかと思います。
本当にお疲れ様でした。
これまで同様、日本でのご活躍を楽しみにしております。
  • 小西
  • 2013/07/02 8:36 PM
しゃおりんの北京メディアウオッチはこれから、日本メディアウオッチに模様替えでしょうか。

で、実際のしゃおりんの活動エリアは東京?、大阪?、名古屋?、どこでも良いのですが東京で有れば自称シャオリストの私もしゃおりんの活動を通して10mくらいまで近づいて応援出来るかもしれないと思っている次第です。

ぜひ今後もブログを今以上に発展して本物のフリーランス・・・ジャーナリスト道を完成してください。

今以上に応援させてください。
  • そうかせんべい
  • 2013/07/03 8:45 AM
私、バカですね。
先ほど、他の方のコメントに東京と云う文字がいくつも出てるのに、どこで活動ですか? と質問してしまいました。

東京ですよね。

繰り返しですがこれからも今以上に活躍されることを祈っています。

それから日本に帰った以上は「しゃおりん」というネームは使わないのでしょうか。
中国ならともかく日本ですから使わないのでしょうね。
  • そうかせんべい
  • 2013/07/03 9:00 AM
長い間お疲れ様でした。お帰りになっても頑張って下さい。ブログ、楽しみにしております。
  • chichi
  • 2013/07/03 3:25 PM
小西様: ありがとうございます。
12年……。あっという間でしたが、やはりいろいろなことがありました。
ただ、本帰国を目前にして、悲しみにうちひしがれる暇のないくらい、毎日バタバタしています。(^^;
このままワーーーッと、忙しさの波に呑まれながら帰国してしまいそう。

意外な展開でしたが、淋しさが少しは紛れるので、それはそれで良かったのかも、とも思っています。(^^;
そうかせんべい様: ありがとうございます。
仕事のエリアは、東京です。もちろん時々田舎へも通うつもり。
もしもどこかで10メートルくらい接近されましたら、どうぞお声をかけてくださいね。^^

> 本物のフリーランス・・・ジャーナリスト道を完成してください。

本当にそうありたいところです。もっともっと頑張らなければ……!!!

> 今以上に応援させてください。

ありがとうございます! 皆様の応援にしっかり応えなければですね!

それからハンドルネームの「しゃおりん」ですが、これは身に染みついていますし、中国の人たちからそう呼ばれていますので、このまま使おうと思っていますよ。
今後ともよろしくお願いいたします。^^)/
chichi様: ありがとうございます。
そうですよね、帰国は終わりではなく、新たな始まり……。

これからは日本で奮闘したいと思います。よろしくお願いいたします!^^
晩上好!
とうとう帰って来ますか!というか既に帰って来られたのでしょうか。
親御さんの御健康をお祈りいたします。介護が必要なら、できるだけいろいろな人を巻き込んだ方がいいですよ。一人でやろうとしないように。
時間がありましたら、ご飯でも食べましょー。では。
  • シャンティアオ
  • 2013/07/03 10:14 PM
シャンティアオさん: ありがとうございます@北京。

介護ですか……。まだ様子がわからないのですが、両親と一緒に住むわけではないので、1人でやろうとはしないと思いますが。。。確かにおっしゃる通りだと思います。

落ち着きましたら、また会いましょう!
最後のヘルパー2級講座も現場実習を終えて、久しぶりにシャオリンのブログを覗いて、エッ?! 目が点状態。
幸いブログやツイッターは継続とのことで、ひとまず安心。
それにしても、最も新しいであろう写真を見るにつけ、これ以上、その美貌を北京のPM2.5に晒しておかなくなるだけでも善しとしたい。
今後の日本での活躍を願ってます。

  • toshihiko asada
  • 2013/07/04 8:46 PM
小林様
初めてコメントさせて頂きます。大沼と申します。
私もこの10年間中国語と接し日中間を行き来した同士のような感覚で毎日貴殿のブログを密かな楽しみとさせて頂いておりました。この数年間楽しませて頂きありがとうございました。
私は38才から中国語を習い初め、努力の甲斐あってか今では仕事でどうにか使えるレベルまでに上達しました。
ですが日中交流はなかなか難しいもので、語学が上達すればする程によりいっそう日中間の壁にぶつかるものだと痛感しています。恐らく小林様のレベルになると私などよりもっと複雑な心境なのだと想像しております。
なにより、これまで毎日楽しませて頂きありがとうございました。小林様の今後のご発展をお祈りしております。
  • 大沼真啓
  • 2013/07/04 11:45 PM
toshihiko asada様:ありがとうございます。
7月5日、無事に帰国いたしました。突然のご報告でびっくりさせてしまってすみません。
帰国すると、早くも軽いカルチャーショックを受けたといいますか、自分がいかに中国人化していたかに気づかされ、打ちのめされております(笑)。そんなことも、おいおい、お伝えできればと思っています。

今後ともよろしくお願いいたします!
それにしても、日本は空気がきれいですね〜〜!!^^)/
大沼真啓様: 初めまして。この数年間、ブログをご愛読いただいたとのこと、ありがとうございます。

中国語が「仕事でどうにか使えるレベルまでに上達」されたとのこと、素晴らしいですね。
語学はキリがありませんよね。日本では、中国にいたとき以上に心して勉強を続けないと、退化するのも早そうです。

ブログのほうは、現場の生のニュースを伝えるというわけにはいきませんが、日本から見る中国、日本で接する中国について注目していきたいと思っています。
今後ともよろしくお願いいたします。
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
recommend
在日中国人33人のそれでも私たちが日本を好きな理由
在日中国人33人のそれでも私たちが日本を好きな理由 (JUGEMレビュー »)
趙 海成
小林さゆり/訳

【中国人著者が聞き出す本音の日本論】
『それでも私たちが中国に住む理由』、待望の姉妹本!
recommend
今こそ伝える日中100人
今こそ伝える日中100人 (JUGEMレビュー »)
北京大学日本校友会

日本と中国をつなぐ100人へのインタビュー集! 私も紹介していただきました。 お陰様でたちまち2刷に!!
recommend
在中日本人108人のそれでも私たちが中国に住む理由
在中日本人108人のそれでも私たちが中国に住む理由 (JUGEMレビュー »)

中国18都市に住む、日本人108人のリアルな証言! 取材・編集に携わりました。 5刷 好評発売中!
recommend
中国年鑑 (2012年版)
中国年鑑 (2012年版) (JUGEMレビュー »)

最新中国情報を網羅!
「暮らし」を執筆しています。
recommend
中国年鑑 (2011年版)
中国年鑑 (2011年版) (JUGEMレビュー »)

最新中国情報を網羅!
「暮らし」を執筆しています。
recommend
中国年鑑 (2010年版)
中国年鑑 (2010年版) (JUGEMレビュー »)

最新中国情報を網羅!
「暮らし」を執筆しています。
recommend
これが日本人だ!
これが日本人だ! (JUGEMレビュー »)
王 志強
小林さゆり/訳

【読んで首肯するか、立腹するか! ―― 中国人の対日認識を知るための必読書】
2刷 好評発売中!
recommend
北京探訪―知られざる歴史と今
北京探訪―知られざる歴史と今 (JUGEMレビュー »)

「大ブームに沸く 笑いの文化」を執筆しています。
recommend
出張に役立つ中国語―もう困らない、恥をかかない
出張に役立つ中国語―もう困らない、恥をかかない (JUGEMレビュー »)
ニューメディア研究所thinking

2005年アルク刊
コラムを執筆しています。
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM