<< 本帰国のご挨拶 | main | 無事、本帰国しました。 >>

再見,北京!

〆童北京 【北京 日常 ブログ】
 ワタクシの本帰国も、いよいよ近づいてまいりました。

 この間、連日のバタバタで、ブログの更新も滞りがち。
 帰国後もしばらくは、引っ越しや片付けなどで落ち着かない日々が続くと思われます。

 中国の成語でいう “安居楽業” (居住が安定し、楽しく働く) がかなうその日まで、今少し、気長にお待ちいただけましたら幸いです。 (^^;

 帰国前には多くの皆さんに、送別会や壮行会を開いていただきました。 1つひとつご紹介することはしませんが、いずれも深く心に残る、温かな集まりでした。
 改めまして御礼を申し上げます。 

 そして、皆さんの応援を胸に、これからも頑張りたいと思います!!
 引き続きまして、よろしくお願いいたします。
  ∈童北京  再見北京

 北京を離れるその時まで、あと○○時間……。
 再見,北京! 私が長年、暮らした街。 またいつの日か、あいましょう! ^^)/


※ 写真は上から、
 ゞ畚蠅領襟公園で。 よく散歩をしました (2013年7月)
◆)織廛蹈献Дトの素晴らしいお仲間たちから、大きなユリの花束をいただきました。 かぐわしい香りに包まれています。
 大家の梅さん (右)、趙さんにご招待いただきました。 いろいろお世話になりました!


スポンサーサイト

  • 2017.12.09 Saturday
  • -
  • 07:10
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク
コメント
しゃおりんさーん

「再見 しゃおりん!」
「謝謝 しゃおりん!」

…という 北京の声が聞こえて来ます。

あと、これからもずっとヨロシク、ってね!


  • ちびぱんだ
  • 2013/07/04 12:52 PM
龍潭公園ですか。この写真のような光景、華北らしくて好きです。青春時代を思い出しますW
ちびぱんだ様: ありがとうございます。
7月5日、無事に帰国いたしました。

飛行機に乗り、万感胸に迫るはず、だったのですが……。
意外と肝が座っていたというか、「また来るからよろしくね」という心境でした。

今生の別れでもありませんしね。機会があればまたいつでも来られるという、落ち着いた気持ちでいられました。

北京には……帰国準備を阻まれた?ような出来事もありました(笑)。大したことではありませんが……。

これからは日本から、かの国を見つめたいと思います。
ひで(田中秀巳)様: ありがとうございます。
写真は龍潭公園です。高いポプラの木が連なる風景は、華北らしいですよね。大きな葉が風に揺られてサワサワ、サワサワと鳴る音も、ダイナミックで好きでした。
本日12月28日山口さんの報告で初めてシャオリンの帰国を知りました。私は8月中頃本帰国しました。中国網で私の中国の八年を特集ビデオ流しました。私の帰国はまるで竜巻にでも襲われたような夏でした。シャオリンさんも大変だったでしょう。何かの折に再見出ることを願っています。
  • 大坪光泉
  • 2013/12/28 6:35 PM
大坪光泉先生: ありがとうございます。こちらこそ大変ご無沙汰しております。

> 山口さんの報告

山口さんからご報告があったのですか? それは初耳でしたが、いずれにせよ、そうなんです。
私は今年7月5日に本帰国いたしました。ご連絡が遅れ、申し訳ありませんでした。

大坪先生も本帰国なされたのですね。
でも今は北京にいらっしゃる、ということでしょうか?

私の帰国日は、雲一つない快晴のよいお天気で、スモッグもなく、友人たちから「日ごろの行いが良いから(笑)」と冗談をいわれながら送り出されましたw

私は現在、東京都下に住んでおります。
また機会があれば、お目にかかれますことを楽しみにしております。

それでは、よいお年をお迎えください……。
北京が大好きで住み着いたのですから、別れがたく大変でした。しかし去年から仕事はキャンセル相次ぎ、それが長期化する感じが強くなりやむなく帰国。すでに東京での活動が忙しくなりつつありますから、もう北京には旅行者としていく程度になってしまうでしょう。北京時代は輝くような日々でした。来年から日中学院で中国語を楽しみに勉強の予定です。
  • 大坪光泉
  • 2013/12/29 11:53 PM
大坪光泉様: ありがとうございます。

> 別れがたく大変でした。

そうでしたか……。私は“助走期間”を長くとることができたので、気持ち的にはだいぶ整理がついていました。意外とあっさり、スッキリしたものでした。それでも、いまだに日本には慣れませんが……(汗)。

まだ現地にいたいのに、辞令などで突然帰国を言い渡された人はかわいそうですよね。後ろ髪引かれる思いになることでしょう。

来年からの中国語学習、いいですね〜!
頑張ってください。私もまだまだ頑張りますよ!

2014年もよろしくお願いいたします。
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
recommend
在日中国人33人のそれでも私たちが日本を好きな理由
在日中国人33人のそれでも私たちが日本を好きな理由 (JUGEMレビュー »)
趙 海成
小林さゆり/訳

【中国人著者が聞き出す本音の日本論】
『それでも私たちが中国に住む理由』、待望の姉妹本!
recommend
今こそ伝える日中100人
今こそ伝える日中100人 (JUGEMレビュー »)
北京大学日本校友会

日本と中国をつなぐ100人へのインタビュー集! 私も紹介していただきました。 お陰様でたちまち2刷に!!
recommend
在中日本人108人のそれでも私たちが中国に住む理由
在中日本人108人のそれでも私たちが中国に住む理由 (JUGEMレビュー »)

中国18都市に住む、日本人108人のリアルな証言! 取材・編集に携わりました。 5刷 好評発売中!
recommend
中国年鑑 (2012年版)
中国年鑑 (2012年版) (JUGEMレビュー »)

最新中国情報を網羅!
「暮らし」を執筆しています。
recommend
中国年鑑 (2011年版)
中国年鑑 (2011年版) (JUGEMレビュー »)

最新中国情報を網羅!
「暮らし」を執筆しています。
recommend
中国年鑑 (2010年版)
中国年鑑 (2010年版) (JUGEMレビュー »)

最新中国情報を網羅!
「暮らし」を執筆しています。
recommend
これが日本人だ!
これが日本人だ! (JUGEMレビュー »)
王 志強
小林さゆり/訳

【読んで首肯するか、立腹するか! ―― 中国人の対日認識を知るための必読書】
2刷 好評発売中!
recommend
北京探訪―知られざる歴史と今
北京探訪―知られざる歴史と今 (JUGEMレビュー »)

「大ブームに沸く 笑いの文化」を執筆しています。
recommend
出張に役立つ中国語―もう困らない、恥をかかない
出張に役立つ中国語―もう困らない、恥をかかない (JUGEMレビュー »)
ニューメディア研究所thinking

2005年アルク刊
コラムを執筆しています。
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM