<< 引っ越ししました@東京 | main | 『それでも私たちが中国に住む理由』 が刊行されます! >>

日中とも 「印象悪い」 9割超で、思い出す北京での出会い

北京の古い住宅街 【北京 日常 ブログ】
 日中両国で今年行われた相互印象を尋ねる世論調査によると、日中ともに相手側に 「良くない印象を持つ」 との回答が9割超に上り、2005年の調査以来最悪となったそうです。

 調査は、日本の民間団体 「言論NPO」 と中国の英字紙チャイナ・デーリーが6〜7月に実施。 言論NPOが8月5日、東京都内で発表し、日本のメディア各社がこれを報じました。

 実は昨日 (5日) 午後、東京の新宿駅西口前の雑踏の中を歩いていたら、テレビカメラを担いだ撮影クルーと、カラフルなボードを手にしたアナウンサーらしき女性の姿を目にしました。
 なんだろうと思い、そろりそろりとカメラの後方に回ってボードを見ると、「中国への印象は? ○良くない ○どちらかといえば良くない ○良い ○どちらかといえば良い」 と書かれた大文字が認められました。

 きっと、どこかのテレビ局の取材だったのでしょう。 ニュース番組に用いられる録画のためで、彼らは恐らくこのボードを見せながら街頭インタビューをして、一般の人たちからリアルな回答を得ようとしていたに違いありません。
 調査の 「過去最悪」 という結果は、尖閣諸島問題をめぐる昨年9月以来の両国関係悪化が影響したと見られています。
 その分析に異議を唱えるものではありませんが、「右へならえ」 式に社会の空気に同調するムードが強い日本人。 「家族や友人に中国人がいる」 「中国で仕事や勉強をしている」 などといった少数の “知中派” 日本人でなければ、中国や中国人に対して良い印象を持つ人は少なそうです。
 ボードの街頭インタビューでも最悪の結果となりそうなことは、容易に想像できました。 つい1カ月ほど前まで中国北京市の住民だった私はやり切れない思いになって、その場をそそくさと去ったのでした。

 印象の悪化に関して、思い出すことがあります。
 北京市南東部の古い住宅街に住んでいた私は、近所にあるコピー屋さんをよく利用していました。 コピー屋といってもコピーやファックスといったデスクワークはもちろん、写真プリントや証明写真、トロフィーやオリジナル旗の製作まで、一通りの用なら足すことのできる便利な事務屋さんでした。

 ここに今年初めからだったか? 20歳そこそこの青年がアルバイトで入りました。 背 (せい) がすらりと高く、耳にしゃれたピアスを着けたなかなかのイケメン君です。 北京っ子だというので、近所に住む若者でしょうか。
 私はごく普通に接していたつもりでしたが、ある時、彼は私が日本人だと知るなり、こんな意地悪な質問を投げかけてきました。
 釣魚島 (尖閣諸島の中国名) は中国のものでしょう?

 敏感な質問に初めはドキッとしましたが、その場で舌戦を繰り広げても、味方になる人はいそうもありません。
 そこで、これにはユーモアで返すしかない、のれんに腕押し、糠に釘、のらりくらりの対応でいこうと決めて、「私には私の意見があるけど、答えたくないよ!」 とアッサリかわしたのでした。 これも日本人特有のあいまい戦法といえるでしょうか……。

 苦肉の策がウケたのか? 以来青年は私を見るたびに同じ質問を投げかけるようになりました。 その都度、のらりくらりのあいまい路線でやりとりをしていたのですが、しだいに彼はどういうわけか? 日本語に興味を持つようになりました。

 「“你好” (ニイハオ) って日本語で何というの?」
 「“謝謝” (シェシェ) は?」
 「“再見” (ザイジエン) って何ていうの?」……。
 私たちの会話は、尖閣諸島だけではなくなりました。

 ある時は、新しい大学ノートを見せてくれました。 表紙には 「日語」 (日本語) とペン書きされており、ページを開くとひらがな、カタカナの 「50音」 がキッチリと記されていました。
 「どうしたの、これ!?」
 目を見開いた私に彼は 「インターネットで調べたんだよ。 独学で始めたんだ」 といい、スマートフォンに記録した日本語のデジタル音声を聞かせてくれました。

 わたしは ・ あなたが ・ すきです……
 「外国語で最初に覚えるのは、これだよね〜」 と2人して大笑いしたのでした。

 「釣魚島は中国のもの!」 と目を吊り上げていた青年が、数カ月後に日本語を習い始めた。 そんな彼の小さな変化が、素直にうれしく思えました。
 雨が降れば晴れることもあるし、人間だって時には固定観念を変えることもあるでしょう。

 「日本語を教えてほしい」 といっていた彼が、今も変わらず熱心に独学を続けているかどうかはわかりません。
 北京を離れる数日前、コピー屋さんに挨拶に行った時には、残念ながら彼は不在でした。 直接お別れを言うことはできなかったけれど、店長やスタッフにこれまでの感謝の気持ちを伝えつつ、「彼に差し上げてください」 と愛用していた中国製のバスケットボールを贈りました。

 その青年、王イエン君がバスケットボールを見るたびに、日本語学習を続けてくれたら、日本に対する印象も、こんな小さな出会いから少しずつ変わってくれたら……とひそかに期待しているワタクシです。


※ 写真は、北京市南東部の古い住宅街 (2012年11月)。


スポンサーサイト

  • 2017.06.25 Sunday
  • -
  • 22:10
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク
コメント
なんかハートウオーミングな話ですね。

日中の現況は、「戦争の親玉達」(ボブディランの詩の言葉)が日本と中国を戦争させて、資源を大量消費する中国人の大量殺戮をねらい、その役割を日本にさせようとしているのです。さらに日本は結果として世界の核廃棄物の捨て場にしたいのでしょう。マスメディアと石原さん、野田さん、そして習近平さんまでもそのエージェントとして動かされた感があります。
背後に居るのは戦争もみな商売にしている連中です。

人どうしが自分の五官で直接感じ、自分の頭で考えれば、国と言うくくりで争うアホな事はしなくなるのでしょうが、情報化社会は自分を見失い洗脳状態の人間ばかりを作り出しています。権力者の都合のいいように。
  • 田嶋宏昭
  • 2013/08/06 10:49 PM
田嶋宏昭様: ありがとうございます。
改めまして、この度、東京都下の武蔵野市に転居しました。引き続き、よろしくお願いいたします。

おっしゃる通り、自分の五官(五感)を研ぎ澄ませ、何が本当に正しいことなのか、自分で考えることが重要なのだと思います。

そういう意味で、王イエン君の日本語学習は、誰が強制したものでもない、自然に習いたいと思って始めたこと。だからこそ、私も強く心に残りました。
私の携帯番号を教えたのですが、それは中国でのもの。しばらくしたら、手紙でも送ってみましょうか……。
よいお話ですね。私も、日語を学んでいる女性と友達になり、QQでも良く話していました。尖閣問題で中国のやりかたを非難するブログをだしたとき、一方的に魚釣島は中国の島です。日本が奪いました。と食って掛かるようなコメントをされました。それで初めてそのような教育を受けているのだなぁ〜と感じ、ブログっでは取り扱ないように気をつけました。現在はその彼女も北京で日本企業に勤務しています。しかし不景気で会社が中国から撤退することになり、10月末で辞めなければならないと悲しんでいました。日本が好きで日本語を学び、日本企業に勤めた彼女も、国の教えに従い言いたいことははっきりと言うのだということが初めてわかりました。
  • sakura
  • 2013/08/07 12:02 PM
sakura様: ありがとうございます。
お返事が遅くなりました。

中国では、物事を分けて考える人が多いですよね。
日本が好きで、日本語を学び、日本のサブカルチャーにはまる人でも、「(対日印象で)政治(や歴史)と文化は別」などとよくいっています。

外国に留学するなどして、違う視点や情報に接することのできる人でないと、一般的には中国での教育(のみ)が刷り込まれていると思います。

私たちも、それを理解した上でつきあわなければならないかと思っています。

管理者の承認待ちコメントです。
  • -
  • 2013/08/08 7:50 AM
しゃおりんさま

帰国してもお元気でご活躍の様子。
なによりです。
あなたが北京に残したものは大きいですよ。
お世話になりました。本当にありがとうございます。

さて、私も断りなく引用されたことは何回かあります。ある本を書評したんですがその著者に引用されました。まあ、公開した書評だからいいといえばいいんですが、なんか存在を軽くみられているようで
やはり後味は悪かったですね。
これをやる人にはどうもいいかんじはもてなかったです。

わたしもしゃおりんさんの本の書評やブログ記事を引用させてはもらいましたが、断ってはいたと思います。
気を付けたいことですね。
  • ゴジラ@北京
  • 2013/08/09 3:53 PM
ゴジラ@北京様: ありがとうございます。こちらこそ、北京では大変お世話になりました。
本帰国して1カ月余りになりますが、この間、引っ越しを含めていろいろなことがありました。北京にいたことが遠い昔のようにも思えますが……。
その一方で、まだまだどこか日本人に成りきれていないというか……この長い帰国シーズン(!?)が明けたら、また北京に戻るような、そんな不思議な感覚に陥ることが時折あります。。。

> 私も断りなく引用されたことは何回かあります。

厳密にいうと引用すること自体は可能なのですが、他人の著作物や体験談を引用する場合は、出所(引用もと)を本文なりに明記するか、直接的に作者に断るか、だと理解しています。

知人のあるベテランコラムニストは、毎朝の新聞コラム執筆の際に、事後報告だったようですが必ず、引用もとの作者に電話連絡するか、ハガキを書くか、あるいはコラムに出所を記載しておられました。

私も見習わなければと思っています。

> わたしもしゃおりんさんの本の書評やブログ記事を引用させてはもらいましたが、断ってはいたと思います。

大丈夫ですよ。少なくとも、引用されて不快な気持ちになることは、ゴジラさんの場合、なかったと思います。

ありがとうございます!
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
recommend
在日中国人33人のそれでも私たちが日本を好きな理由
在日中国人33人のそれでも私たちが日本を好きな理由 (JUGEMレビュー »)
趙 海成
小林さゆり/訳

【中国人著者が聞き出す本音の日本論】
『それでも私たちが中国に住む理由』、待望の姉妹本!
recommend
今こそ伝える日中100人
今こそ伝える日中100人 (JUGEMレビュー »)
北京大学日本校友会

日本と中国をつなぐ100人へのインタビュー集! 私も紹介していただきました。 お陰様でたちまち2刷に!!
recommend
在中日本人108人のそれでも私たちが中国に住む理由
在中日本人108人のそれでも私たちが中国に住む理由 (JUGEMレビュー »)

中国18都市に住む、日本人108人のリアルな証言! 取材・編集に携わりました。 5刷 好評発売中!
recommend
中国年鑑 (2012年版)
中国年鑑 (2012年版) (JUGEMレビュー »)

最新中国情報を網羅!
「暮らし」を執筆しています。
recommend
中国年鑑 (2011年版)
中国年鑑 (2011年版) (JUGEMレビュー »)

最新中国情報を網羅!
「暮らし」を執筆しています。
recommend
中国年鑑 (2010年版)
中国年鑑 (2010年版) (JUGEMレビュー »)

最新中国情報を網羅!
「暮らし」を執筆しています。
recommend
これが日本人だ!
これが日本人だ! (JUGEMレビュー »)
王 志強
小林さゆり/訳

【読んで首肯するか、立腹するか! ―― 中国人の対日認識を知るための必読書】
2刷 好評発売中!
recommend
北京探訪―知られざる歴史と今
北京探訪―知られざる歴史と今 (JUGEMレビュー »)

「大ブームに沸く 笑いの文化」を執筆しています。
recommend
出張に役立つ中国語―もう困らない、恥をかかない
出張に役立つ中国語―もう困らない、恥をかかない (JUGEMレビュー »)
ニューメディア研究所thinking

2005年アルク刊
コラムを執筆しています。
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM