<< 「滔天会」 文化講演会に出席しました | main | 中国クラスタの 「花見と羊肉の会」、開かれる >>

文化講演会の記事を掲載、段躍中さんの「日本僑報社」 HPで

  (顕醜岷蕾
 【東京 講演会 ブログ】
 先日、都内で開かれた 滔天会文化講演会の模様について、講演会の司会進行を担当された日本僑報社編集長の段躍中さんが、同社ホームページと段さんのブログでご紹介くださいました。

「滔天会」文化講演会―「日本人女性翻訳家たちが見た中国と日中文化交流」テーマに開かれる

◆ ブログ「段躍中日報」(2014年4月8日付)

 その記事を、許可を得て転載させていただきます。
 段さん、ありがとうございました!

―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・
「滔天会」文化講演会―
「日本人女性翻訳家たちが見た中国と日中文化交流」テーマに開かれる


∧顕醜岷蕾 アジア解放という大志を抱き、中国の辛亥革命(1911年)を支えた日本の革命家、宮崎滔天(1871−1922年)の意志を汲む、民間の日中交流の集まり「滔天会」の文化講演会が4月5日、東京・西池袋の豊島勤労福祉会館で、会員ら50人余りが出席して開かれた。
 日本僑報社の段躍中編集長が司会進行を務めた。 

 講演会では、「日本人女性翻訳家たちが見た中国と日中文化交流」と題して中国語翻訳に携わる日本人女性翻訳家4人が講師として登壇した。日中で活躍する女性翻訳家が集まり、翻訳や文化交流をテーマに講演するのは同会では初めて。
 中国語翻訳の第一線で活躍する翻訳家で大学講師の泉京鹿氏(北京滞在16年)、フリーライターで翻訳者の小林さゆり氏(北京滞在13年)、また日本僑報社の新刊、金燦栄著『中国の未来』の訳者である東滋子氏、同社新刊の胡鞍鋼著『中国のグリーン・ニューディール』の共訳者の1人である石垣優子氏の4人が翻訳の現場や中国生活の実体験を通して学んだことなどをそれぞれ語った。
 なお東氏と石垣氏、石垣氏と共訳者の佐鳥玲子氏は、いずれも日本僑報社創設の日中翻訳学院の講座修了生。

■泉氏―「翻訳の喜び知り、多くの人が携われば」 
 講演会の中で、中国の文芸作品を中心に2011年までに十数冊を翻訳した泉氏は、文芸翻訳は「時間がかかる割に経済効果の悪い」大変な仕事であるものの「日本で知られていない作品や作家を発掘する楽しみがある」といった喜びがあると強調。
 その上で、中国に関心のない日本の若い世代らに興味を持ってもらうためにも「できるだけ多くの人に翻訳に携わってもらい、中国の様々な事情を紹介してほしい」と呼びかけた。

 小林氏は「13年の北京暮らしで見たこと、感じたこと」をテーマに講演。とくにここ数年悪化した日中関係のもとで体験した北京の人々との温かなふれあいについて触れ、「日中関係は今、残念な時期にあるが、個々の交流を大切に思う人が増えれば両国関係もきっと変わっていくはず。身近なところからでも確かな交流を続けたい」と民間交流の大切さを訴えた。

■石垣氏―「定訳を調べることも勉強に」
 東氏は『中国の未来』を翻訳出版してから体験したという感動的なエピソードを紹介した上で、今後も翻訳を通じて「日本と中国をつなぐ懸け橋の1つになれたら」と意欲を語った。

 石垣氏は『中国のグリーン・ニューディール』を翻訳していた時の苦労話を披露。師事する日本僑報社・日中翻訳学院の武吉次朗教授の「定訳があればそれを踏襲しなければならない」という教えに従い、図書館で定訳を1つひとつ確認するという作業に追われたが、それもまた「勉強になった」と話していた。

 講演会を終えた段編集長は「翻訳家として第一線で活躍する女性たちが、率直に自分の考えや中国での生活体験を報告したことは日中相互理解につながるものだ。両国関係は難しい中にあるが、こうした体験をどんどん発信することは信頼関係づくりに重要。民間交流を通して、小さなことからでも相互により親近感が持てるよう、オールジャパン、オールチャイナで努力することが大事では」などと述べていた。

 この日の文化講演会と日中中日翻訳フォーラムの模様は、地元の地域密着型インターネットテレビ 「池袋テレビ」 が取材。後日、同テレビの公式サイトで、ネット動画が配信される予定になっている。
 

※ 写真は、日本僑報社HPより。

※ 関連エントリー
・ 女性翻訳家たちが見た中国と日中文化交流―滔天会4/5開催へ (2014年3月11日付)
・ 「滔天会」 文化講演会に出席しました (2014年4月6日付)

スポンサーサイト

  • 2017.12.09 Saturday
  • -
  • 11:10
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
recommend
在日中国人33人のそれでも私たちが日本を好きな理由
在日中国人33人のそれでも私たちが日本を好きな理由 (JUGEMレビュー »)
趙 海成
小林さゆり/訳

【中国人著者が聞き出す本音の日本論】
『それでも私たちが中国に住む理由』、待望の姉妹本!
recommend
今こそ伝える日中100人
今こそ伝える日中100人 (JUGEMレビュー »)
北京大学日本校友会

日本と中国をつなぐ100人へのインタビュー集! 私も紹介していただきました。 お陰様でたちまち2刷に!!
recommend
在中日本人108人のそれでも私たちが中国に住む理由
在中日本人108人のそれでも私たちが中国に住む理由 (JUGEMレビュー »)

中国18都市に住む、日本人108人のリアルな証言! 取材・編集に携わりました。 5刷 好評発売中!
recommend
中国年鑑 (2012年版)
中国年鑑 (2012年版) (JUGEMレビュー »)

最新中国情報を網羅!
「暮らし」を執筆しています。
recommend
中国年鑑 (2011年版)
中国年鑑 (2011年版) (JUGEMレビュー »)

最新中国情報を網羅!
「暮らし」を執筆しています。
recommend
中国年鑑 (2010年版)
中国年鑑 (2010年版) (JUGEMレビュー »)

最新中国情報を網羅!
「暮らし」を執筆しています。
recommend
これが日本人だ!
これが日本人だ! (JUGEMレビュー »)
王 志強
小林さゆり/訳

【読んで首肯するか、立腹するか! ―― 中国人の対日認識を知るための必読書】
2刷 好評発売中!
recommend
北京探訪―知られざる歴史と今
北京探訪―知られざる歴史と今 (JUGEMレビュー »)

「大ブームに沸く 笑いの文化」を執筆しています。
recommend
出張に役立つ中国語―もう困らない、恥をかかない
出張に役立つ中国語―もう困らない、恥をかかない (JUGEMレビュー »)
ニューメディア研究所thinking

2005年アルク刊
コラムを執筆しています。
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM