<< <フォト特集> 皆既月食とホームパーティーと…2014年秋の2 | main | 『中日関係大事総覧』――手元に置きたい、日中の重要関係史料 >>

映画祭の秋! 第15回東京フィルメックスは11/22〜11/30開催へ

第15回東京フィルメックス 【東京 映画 ブログ】

 秋は映画祭の季節!

 世界の最新話題作・注目作を一挙上映する第27回東京国際映画祭 (10月23〜31日) に続いて、コンペティション部門を中心にアジアの新作を上映する第15回東京フィルメックス11月22日 (土) 〜11月30日 (日) の9日間、東京・有楽町の有楽町朝日ホールをメイン会場に開催されます。

 今年は、5人からなる国際審査員のうち、審査委員長として中国の鬼才、ジャ・ジャンクー監督を迎え、コンペティション9作品から最優秀作品賞、審査員特別賞を決定します (11月29日の授賞式で発表)。

 上映作品数は、コンペティション、特別招待作品 (11作品)、特集上映を合わせて全25作品 (10月14日時点)。
 中華圏の映画としては、コンペティションで中国の1作品、特別招待作品でフランス・台湾合作の1作品と、中国・日本合作の1作品がそれぞれ上映される予定です。

 第15回東京フィルメックスにお目見えする、注目の中華圏映画を見てみると――。

■第15回東京フィルメックス
【コンペティション】
 世界的に大きな注目を集めるアジアからは、才能ある新鋭たちが次々と登場しています。 そんなアジアの新進作家が2014年に製作した作品の中から、9作品を上映します。
 また5名からなる国際審査員が、最優秀作品賞と審査員特別賞を選び、11/29(土)に行われる授賞式で発表します。

○ 「シャドウデイズ」 Shadow Days / 鬼日子
中国 / 2014 / 95分
監督:チャオ・ダーヨン (ZHAO Dayong)
 生まれ故郷の山村に戻ってきた若者とその恋人にふりかかる恐るべき出来事を描きつつ、現在の中国社会に潜む問題を投げかける作品。 「ゴーストタウン」 「歓楽のポエム」 等で知られるチャオ・ダーヨンの劇映画第2作。 ベルリン映画祭フォーラム部門で上映。

【特別招待作品】
 今年も映画の最先端を切り拓いてゆく、気鋭の監督たちのとびきりの新作をご紹介します。 いずれも強烈な作家性が発揮された、これらのバラエティ豊かな作品からは、映画の多彩さがうかがえるでしょう。

○ 「西遊」 Journey to the West / 西遊
フランス、台湾 / 2014 / 56分
監督:ツァイ・ミンリャン (TSAI Ming Liang)
 ベルリン映画祭で上映されたツァイ・ミンリャンの最新作。 南仏マルセイユの海岸や街中を托鉢僧に扮したツァイ作品の常連俳優リー・カンションが超スローモーションで歩く。 「ホーリー・モーターズ」 などのカラックス作品で知られるドゥニ・ラヴァンが共演。

○ 「真夜中の五分前」 Five Minutes to Tomorrow / 深夜前的五分鐘

中国、日本 / 2014 / 129分
監督:行定勲(YUKISADA Isao)
配給:東映
Ⓒ2014 "Five Minutes to Tomorrow" Film Partners
 本多孝好の同名原作をオール上海ロケによって映画化した作品。 魅力的な双子の姉妹に出会った日本人青年の切ない恋愛の行方をミステリアスに描く。 三浦春馬、リウ・シーシー、チャン・シャオチュアンという日本、中国、台湾の若手スターたちの競演も見どころ。

 上映日時、会場、チケットなどの詳細は、公式サイト でご確認ください。
 映画の秋を、どうぞお楽しみに〜! ^^)/


・ 「第15回東京フィルメックス」 公式サイト 

※ 画像は、第15回東京フィルメックスのポスターより。


※ 関連エントリー
・ 第27回東京国際映画祭10/23〜31開催へ、注目の中華圏映画をピックアップ! (2014年10月11日付)  
・ 「2014東京・中国映画週間」 10/19〜24、都内で開催へ (2014年10月15日付)



スポンサーサイト

  • 2017.06.23 Friday
  • -
  • 11:50
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
recommend
在日中国人33人のそれでも私たちが日本を好きな理由
在日中国人33人のそれでも私たちが日本を好きな理由 (JUGEMレビュー »)
趙 海成
小林さゆり/訳

【中国人著者が聞き出す本音の日本論】
『それでも私たちが中国に住む理由』、待望の姉妹本!
recommend
今こそ伝える日中100人
今こそ伝える日中100人 (JUGEMレビュー »)
北京大学日本校友会

日本と中国をつなぐ100人へのインタビュー集! 私も紹介していただきました。 お陰様でたちまち2刷に!!
recommend
在中日本人108人のそれでも私たちが中国に住む理由
在中日本人108人のそれでも私たちが中国に住む理由 (JUGEMレビュー »)

中国18都市に住む、日本人108人のリアルな証言! 取材・編集に携わりました。 5刷 好評発売中!
recommend
中国年鑑 (2012年版)
中国年鑑 (2012年版) (JUGEMレビュー »)

最新中国情報を網羅!
「暮らし」を執筆しています。
recommend
中国年鑑 (2011年版)
中国年鑑 (2011年版) (JUGEMレビュー »)

最新中国情報を網羅!
「暮らし」を執筆しています。
recommend
中国年鑑 (2010年版)
中国年鑑 (2010年版) (JUGEMレビュー »)

最新中国情報を網羅!
「暮らし」を執筆しています。
recommend
これが日本人だ!
これが日本人だ! (JUGEMレビュー »)
王 志強
小林さゆり/訳

【読んで首肯するか、立腹するか! ―― 中国人の対日認識を知るための必読書】
2刷 好評発売中!
recommend
北京探訪―知られざる歴史と今
北京探訪―知られざる歴史と今 (JUGEMレビュー »)

「大ブームに沸く 笑いの文化」を執筆しています。
recommend
出張に役立つ中国語―もう困らない、恥をかかない
出張に役立つ中国語―もう困らない、恥をかかない (JUGEMレビュー »)
ニューメディア研究所thinking

2005年アルク刊
コラムを執筆しています。
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM