<< 「翻訳者めざす熱気あふれる」―日中翻訳学院 第13期公開セミナーで | main | 「今、日中関係を考える」 講演会、3/7に開催へ―日中文化交流協会 >>

祝大家 春節快楽!“三羊”開泰!

「三羊開泰」 【東京 日常 ブログ】

 祝大家 春節快楽!! 
 一帆風順 二龍騰飛 “三羊” 開泰 四季平安 五福臨門 六六大順 七星高照 八方来財 九九同心 十全十美 百事可楽 千事吉祥 万事如意!! 

 今日は2015年の春節 (旧正月)。 乙未 (きのとひつじ) 年の今年も、どうぞよろしくお願いします!

 ところで 「“三羊”開泰」 ですが、これはじつは発音が同じ 「三陽開泰」 をもじった言葉遊び。 今年の未(羊) 年にかけているんですね!

 「三陽開泰」 の三陽とは、3番目の陽のこと。
 日本でも冬至を 「一陽来復」 という通り、古代中国の易学では、冬至の日から陰の気がしだいに去り、陽の気がだんだん生じてくると考えました。
 そこで、冬至の日に 「一陽」 が生じ、旧暦12月に 「二陽」 が生じ、旧正月に 「三陽」 が生じて 「開泰する」 (泰平をもたらす) と考えられたのです。

 こうして、「三陽開泰」とは、冬が過ぎ、春が来て、万物が改まる、万物の生気がみなぎる、という意味として定着しました。
 おめでたい言葉ですし、旧正月にはピッタリですよね。
 しかも今年は “羊年” ですから、「三陽 (羊) 開泰」 がいっそうおめでたい意味合いを持つのです。

 中国では、羊年によく “3頭の羊” のデザインが、年画 (旧正月に貼るおめでたい絵) や切り紙、カレンダーなどに使われます (そういえば、わが家に掛けてあるカレンダーにもありました。 (^^;)>

 三陽開泰――。 今日のこの日から、春がめぐりきて、万物の生気がみなぎる。

 皆さんにとりましても、羊年の1年が、いっそう実り多き年となりますようにお祈り申し上げます。
 本年もよろしくお願いいたします! ^^)/


※ 写真は、中国の孔子学院本部のカレンダーより。


スポンサーサイト

  • 2017.10.14 Saturday
  • -
  • 12:00
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
recommend
在日中国人33人のそれでも私たちが日本を好きな理由
在日中国人33人のそれでも私たちが日本を好きな理由 (JUGEMレビュー »)
趙 海成
小林さゆり/訳

【中国人著者が聞き出す本音の日本論】
『それでも私たちが中国に住む理由』、待望の姉妹本!
recommend
今こそ伝える日中100人
今こそ伝える日中100人 (JUGEMレビュー »)
北京大学日本校友会

日本と中国をつなぐ100人へのインタビュー集! 私も紹介していただきました。 お陰様でたちまち2刷に!!
recommend
在中日本人108人のそれでも私たちが中国に住む理由
在中日本人108人のそれでも私たちが中国に住む理由 (JUGEMレビュー »)

中国18都市に住む、日本人108人のリアルな証言! 取材・編集に携わりました。 5刷 好評発売中!
recommend
中国年鑑 (2012年版)
中国年鑑 (2012年版) (JUGEMレビュー »)

最新中国情報を網羅!
「暮らし」を執筆しています。
recommend
中国年鑑 (2011年版)
中国年鑑 (2011年版) (JUGEMレビュー »)

最新中国情報を網羅!
「暮らし」を執筆しています。
recommend
中国年鑑 (2010年版)
中国年鑑 (2010年版) (JUGEMレビュー »)

最新中国情報を網羅!
「暮らし」を執筆しています。
recommend
これが日本人だ!
これが日本人だ! (JUGEMレビュー »)
王 志強
小林さゆり/訳

【読んで首肯するか、立腹するか! ―― 中国人の対日認識を知るための必読書】
2刷 好評発売中!
recommend
北京探訪―知られざる歴史と今
北京探訪―知られざる歴史と今 (JUGEMレビュー »)

「大ブームに沸く 笑いの文化」を執筆しています。
recommend
出張に役立つ中国語―もう困らない、恥をかかない
出張に役立つ中国語―もう困らない、恥をかかない (JUGEMレビュー »)
ニューメディア研究所thinking

2005年アルク刊
コラムを執筆しています。
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM