<< 中国・中信出版社の女性編集長、チンさんとのうれしい再会 | main | 国際善隣協会で講演へ 「日本の漫画・アニメ文化と中国」 4/16夜 >>

〈フォト特集〉 めくるめく桜絵巻を堪能! 「神田川花見ウォーク」

神田川花見ウォーク_1 【東京 日常 ブログ】
 先日、満開ギリギリになった桜の花を楽しもうと、友人たちと急遽、神田川花見ウォーク を決行しました。

 やっぱり日ごろの行いの賜物でしょうか? (^^;)>

 前日までの厚い雲はかき消え、この日の東京は快晴の青空に恵まれました。 それになんともすがすがしい春の1日となったのです。
神田川花見ウォーク_2 東京都世田谷区に位置する京王線・明大前駅に、午前10時に集合。
 そこから歩いてほどなくの神田川沿いの遊歩道には、千姿万態の桜並木が続きます。

 神田川の水源 (井の頭池) がある井の頭恩賜公園のゴールまで、 てくてく、ぶらぶら、のんびりと、満開の桜を楽しみながら歩きました。

 途中のランチ休憩をはさんで、午後3時に井の頭公園に着きましたから、都合4時間のウォーキングコース。 地図をコンパスで測ったら、約11キロありました。
 こんなに歩いたのは何年ぶりでしょう。 2002年秋に北京マラソンの10キロコースに出たことがあるので、かれこれ十数年ぶりになるでしょうか……。 (^^;

 いずれにしても、目の前に繰り広げられるピンクや白の桜絵巻には酔いしれました。
 翌日少々ぐったりしたのは、日常の運動不足からくる疲れではなく、きっと “桜酔い” したのだろうと、自分を納得させています。 (^^;


※ 写真は上から、
1) 杉並区・高井戸橋のあたりから見た桜並木。 京王井の頭線・高井戸駅にも近く、往来する人々の目を楽しませていた。
2) スタート地点にした、世田谷区の京王線・明大前駅。 いいお天気です!

神田川花見ウォーク_33) 神田川沿いを歩いてほどなくの、その名も神田橋 (杉並区)。

 神田川にかかる橋には、名前や特徴のある橋が多いようです。


神田川花見ウォーク_4  神田川花見ウォーク_5
4) 枝が川へと伸びるのは 「桜が水を欲しているから」 と聞きましたが、本当でしょうか。
5) ここでは杉並区のボランティア 「花咲かせ隊」 の皆さんが、川辺の花壇を美しく手入れしているのだそう。

  神田川花見ウォーク_6
6) しだれ桜 (左) と桜の大木の競演。

  神田川花見ウォーク_7
7) 1本の木から白とピンクの花が咲いているのは、桃花の1種でしょうか。 接ぎ木したものではなく、自然に育った樹木のようでした。

 神田川花見ウォーク_8  神田川花見ウォーク_9
8) ピンクと白のコントラストにうっとり。 川面に桜の花びらが散り敷かれていました。
9) “花より団子” の典型ですね♪

神田川花見ウォーク_1010) 杉並区・塚山公園そばの 「塚山橋」。

  重厚な趣の石造りの橋です。


  神田川花見ウォーク_11
11) ♪かすみか〜 くも〜か〜 みわたすかぎり〜

神田川花見ウォーク_12  神田川花見ウォーク_13
12-13) 「サクラ」 という札が掛けられていた桜の木。
 「安易すぎない?」 と皆でツッコミを入れました (苦笑)。

神田川花見ウォーク_1414) 杉並区・高井戸駅そばの高井戸橋。

 歩道に植えられた菜の花とのコラボが何ともいえず美しい。


 神田川花見ウォーク_15  神田川花見ウォーク_16
15-16) “花より団子” 第2弾!
 小さな公園で、途中で購入した寿司セットをいただく。 確かイクラもあったけれど……(笑)。

 神田川花見ウォーク_17  神田川花見ウォーク_18
17-18) 神田川にはなぜか鯉が多い。 しかも肥えている。 各自治体が育てているのだろうか……。
 きれいなシラサギもいた。

神田川花見ウォーク_1919) ぶらぶら、てくてく、歩きます。


神田川花見ウォーク_2020) 墨絵のような幹と花。


神田川花見ウォーク_2121) 青空に伸びていきます。


神田川花見ウォーク_22
22) ゴール!! 井の頭公園 (三鷹市・武蔵野市) は大勢の花見客、宴会客でごった返していました。

神田川花見ウォーク_2323) おまけ。 三鷹市の 「みすぎ橋」 で。

 ふしぎな名前は、「三鷹市と杉並区をつなぐ橋」 から 「みすぎ (三杉)」 と付けられたのだとか。 面白いですね!

                                                   以上

スポンサーサイト

  • 2017.06.25 Sunday
  • -
  • 16:10
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク
コメント
おもいっきり深呼吸!
やさしい空気を感じますね。

11kmにわたるウォーキングも
時間を忘れて、お花見を堪能された
しゃおりんさんの思いが、写真の多さにあらわれていますよ(笑)

桜前線も北上中ですが、
長野県の高遠の桜も見頃でしょうね!

来週から東北へ移動になりますが、
また、桜絵巻を堪能したいと思います。
  • にこにこのujicyan
  • 2015/04/08 1:26 PM
にこにこのujicyan様: ありがとうございます。

そうですか、写真の多さに表れています?
そうかもしれません。とにかくその夢のような美しさに圧倒されて、写真を撮りまくっていました(こういう人は、私自身、目障りだと思いますが……汗)。

「さくら開花予想」サイトを見たら、長野市は今日あたりが満開でしょうか。
昨年、実家のほうでは4月第4週が満開、ちょうど帰省中の時で、2度、桜が楽しめました。

東北でのお仕事、お疲れ様です。
来週あたりが開花〜満開のころでしょうか。
寒暖の差が激しい折、どうかお体に気を付けて。
桜もぜひ、楽しまれてください!!
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
recommend
在日中国人33人のそれでも私たちが日本を好きな理由
在日中国人33人のそれでも私たちが日本を好きな理由 (JUGEMレビュー »)
趙 海成
小林さゆり/訳

【中国人著者が聞き出す本音の日本論】
『それでも私たちが中国に住む理由』、待望の姉妹本!
recommend
今こそ伝える日中100人
今こそ伝える日中100人 (JUGEMレビュー »)
北京大学日本校友会

日本と中国をつなぐ100人へのインタビュー集! 私も紹介していただきました。 お陰様でたちまち2刷に!!
recommend
在中日本人108人のそれでも私たちが中国に住む理由
在中日本人108人のそれでも私たちが中国に住む理由 (JUGEMレビュー »)

中国18都市に住む、日本人108人のリアルな証言! 取材・編集に携わりました。 5刷 好評発売中!
recommend
中国年鑑 (2012年版)
中国年鑑 (2012年版) (JUGEMレビュー »)

最新中国情報を網羅!
「暮らし」を執筆しています。
recommend
中国年鑑 (2011年版)
中国年鑑 (2011年版) (JUGEMレビュー »)

最新中国情報を網羅!
「暮らし」を執筆しています。
recommend
中国年鑑 (2010年版)
中国年鑑 (2010年版) (JUGEMレビュー »)

最新中国情報を網羅!
「暮らし」を執筆しています。
recommend
これが日本人だ!
これが日本人だ! (JUGEMレビュー »)
王 志強
小林さゆり/訳

【読んで首肯するか、立腹するか! ―― 中国人の対日認識を知るための必読書】
2刷 好評発売中!
recommend
北京探訪―知られざる歴史と今
北京探訪―知られざる歴史と今 (JUGEMレビュー »)

「大ブームに沸く 笑いの文化」を執筆しています。
recommend
出張に役立つ中国語―もう困らない、恥をかかない
出張に役立つ中国語―もう困らない、恥をかかない (JUGEMレビュー »)
ニューメディア研究所thinking

2005年アルク刊
コラムを執筆しています。
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM