<< 「名付けるのが難しい姓トップ25」 を公開、中国ネットユーザー | main | 日本語と中国語の「妖しい関係」と「落し穴」―滔天会講演会6/20開催へ >>

〈フォト特集〉 青葉のころ・・・2015

  青葉のころ2015_1

青葉のころ2015_2 【日本 日常 ブログ】
 日常のなかで撮りためた写真を時折、ブログにUPしています。

 ふと思い出しては、突如として再開するこの特集。
 なんの脈絡も、深い意味もありませんが……。 しいていえばワタクシの日々の記録と、記憶のアウトプットのためでしょうか。

 そうして頭のなかを整理して、スッキリ&さっぱり (!?) したところで、次なるステップに進みたいと思います。 (^^;)>


※ 写真は、上から
1) 5月の連休明けの日曜、自転車で都立野川公園へと足を延ばしました。 緑豊かな武蔵野の面影を残す、広々とした公園です。
 写真は園内の 「自然観察園」 で枝葉を伸ばす、アカメヤナギの大木。

2) アカメヤナギの大木に近づいて激写! 武蔵野を愛する宮崎駿監督のアニメにも出てきそうな自然の造形美です。
 青葉のころ2015_3  青葉のころ2015_4

3) 自然観察園で見つけた小さな花、ハンショウヅル。 キンポウゲ科センニンソウ属のつる性低木で、和名は 「下向きに咲く花の形を半鐘にたとえた」 ことに由来するそう。 もっとメルヘンチックにいえば “妖精が鳴らす小さなベル” にも見えますね (^m^)♪

4) マユミ (真弓) の小さな花。 薄黄緑の十字の花が愛らしい。 樹木は枝がよくしなり、弓の材料に使われたことから、そう名付けられたのだとか。

青葉のころ2015_55) 北京の市樹でもあるエンジュ。 昨年5月、自然観察園で見つけて感激した1本です。

 北京で見慣れていたエンジュより、幹も枝葉も弱々しくて心配しましたが、今年もなんとか青葉を繁らせていました。

 (関連エントリー: 2014年5月8日付7月26日付

  青葉のころ2015_6

6) 調布、小金井、三鷹の三市にまたがる野川公園には、国分寺崖線の下に湧き出る湧水を集めた 「野川」 が流れています。 この日も小魚をとる親子連れの姿が多く見られました。

青葉のころ2015_77) 青空のもとでいただく手作りランチとビールは最高です!(^0^) 

 玉子焼きは家人の自信作。 (^^;


 青葉のころ2015_8  青葉のころ2015_9

8) 「いずれがあやめかきつばた」 という言葉がありますが、5月中旬、実家の庭先に咲いていたアヤメの仲間 (アヤメ科アヤメ属) と思われる青い花。
 花びらに特徴があって、フレアスカートのようにたっぷりした “ひだ” があります。 今度確認しておきます (汗)。

9) 庭先の燕換 (エンカン)。 細く裂けたような赤みを帯びた葉が特徴で、5月の紅葉 (濃紫色の葉) にはハッとさせられます。

 青葉のころ2015_10  青葉のころ2015_11

10) 4月末、タケノコとふきの煮物に、こごみのせ。 こごみはふるさと長野産、ふきは実家産で、家人は作る人、ワタシ食べる人。 (^^;

11) 実家うどのきんぴら。 うどからはアクが出ますので、よく水にさらします。 しょうゆ、砂糖、みりん、酒、ごま油でよく炒めたら出来上がり。

青葉のころ2015_1212) 実家タラの芽の天ぷら。 4月に帰省した際に、タラの芽、こごみ、うど、ふきといった山菜をたくさんもらってきました。

 自慢でもなんでもなく、田舎の人たちは自然とじょうずに共生し、四季折々の味覚を楽しんでいるよう。
 もちろん手入れなど大変ですが、都会ではなかなか出合えない山菜の味。 いずれもちょっとほろ苦い、春ならではの味覚です。


 青葉のころ2015_13  青葉のころ2015_14

13) 東京・神田神保町にある、餃子の老舗 「天鴻餃子房」 (てんこうぎょうざぼう) へ行きました。 安くておいしい本格的な味わいに、懐かしさでいっぱいに (TT)。。。

14) 外はカリッ、中はジューシーで、期待を裏切らないおいしさ (^m^)。 ビールに合います!

青葉のころ2015_1515) 最近、だいたい1カ月に1度は帰省しています。
 北陸新幹線 「あさま」 の車窓に流れる浅間山。

 このところ、日本列島は活動期に入ったといわれますが、浅間山でも先月下旬ごろから火山性地震が増加しているのだとか。

 地域の無事息災と、交通安全を祈ります。 (-人-) (-人-)


スポンサーサイト

  • 2017.08.22 Tuesday
  • -
  • 07:50
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
recommend
在日中国人33人のそれでも私たちが日本を好きな理由
在日中国人33人のそれでも私たちが日本を好きな理由 (JUGEMレビュー »)
趙 海成
小林さゆり/訳

【中国人著者が聞き出す本音の日本論】
『それでも私たちが中国に住む理由』、待望の姉妹本!
recommend
今こそ伝える日中100人
今こそ伝える日中100人 (JUGEMレビュー »)
北京大学日本校友会

日本と中国をつなぐ100人へのインタビュー集! 私も紹介していただきました。 お陰様でたちまち2刷に!!
recommend
在中日本人108人のそれでも私たちが中国に住む理由
在中日本人108人のそれでも私たちが中国に住む理由 (JUGEMレビュー »)

中国18都市に住む、日本人108人のリアルな証言! 取材・編集に携わりました。 5刷 好評発売中!
recommend
中国年鑑 (2012年版)
中国年鑑 (2012年版) (JUGEMレビュー »)

最新中国情報を網羅!
「暮らし」を執筆しています。
recommend
中国年鑑 (2011年版)
中国年鑑 (2011年版) (JUGEMレビュー »)

最新中国情報を網羅!
「暮らし」を執筆しています。
recommend
中国年鑑 (2010年版)
中国年鑑 (2010年版) (JUGEMレビュー »)

最新中国情報を網羅!
「暮らし」を執筆しています。
recommend
これが日本人だ!
これが日本人だ! (JUGEMレビュー »)
王 志強
小林さゆり/訳

【読んで首肯するか、立腹するか! ―― 中国人の対日認識を知るための必読書】
2刷 好評発売中!
recommend
北京探訪―知られざる歴史と今
北京探訪―知られざる歴史と今 (JUGEMレビュー »)

「大ブームに沸く 笑いの文化」を執筆しています。
recommend
出張に役立つ中国語―もう困らない、恥をかかない
出張に役立つ中国語―もう困らない、恥をかかない (JUGEMレビュー »)
ニューメディア研究所thinking

2005年アルク刊
コラムを執筆しています。
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM