<< 馬頭琴の世界的奏者、チ・ボラグ氏の馬頭琴コンサート、6/19開催へ | main | 『在日中国人33人の それでも私たちが日本を好きな理由』 出版記念パーティー、日中約50人が出席してにぎやかに >>

「夜来香」など名曲披露 「陽二蓮 歌の世界」 7/4 東京・亀戸で開催へ

「陽二蓮 歌の世界 vol.22 〜夜来香〜」 【東京 音楽 ブログ】

 日本在住の中国の音楽家たちの活動団体 「東京中国歌舞団」 (劉錦程団長) で活躍する、歌手で副団長の陽二蓮 (ヤン・アーレン) さんが7月4日(土)午後、東京・江東区の亀戸文化センター・カメリアホールでリサイタルを開催します。

 主催・東京中国歌舞団。

 東京中国歌舞団は1982年、日本在住の中国の音楽家たちが 「音楽を通じて日中文化交流、友好親善の架け橋になりたい」 と結成。

 中国音楽界の第一線で活躍していた演奏家、歌手、舞踊家をメンバーに、雑技、変面、京劇なども取り入れた多彩なプログラムで、中国歌舞芸術を紹介しています。
 93年からは毎年、中国東北地方を巡り、戦後中国に残された日本人孤児を育ててくれた養父母たちに感謝の気持ちを伝える慰問コンサートを開催。
 日本国内でも音楽を通じて、元中国残留日本人である帰国者たちを激励する活動を続けています。

 今回のリサイタルのテーマは 陽二蓮 歌の世界 vol.22 〜夜来香〜

 「『夜来香』 の歌や1930年代の歌は、戦後70年の歳月が流れても、平和への願いが切々と伝わってきます。 その優しさ、切なさをもう一度感じてみたい!」 として、1930〜40年代に流行した 「夜来香」 「蘇州夜曲」 「いつの日君帰る」 などをはじめ、陽さんのオリジナル曲 「母の月」 (作詞:かず翼、作曲:三木たかし) の歌唱、さらに琵琶や揚琴などの独奏も予定されています。

 戦後70年となるこの夏、平和を祈り、心に響く中国や日本の名曲の数々をお楽しみください。

 リサイタルの詳細やご予約、お問い合わせは、東京中国歌舞団の公式サイト でご確認ください。
  

■ 陽二蓮 歌の世界 vol.22 〜夜来香〜
日時: 7月4日(土) 開場13:30 開演14:00
会場: 亀戸文化センター・カメリアホール
     (東京都江東区亀戸2−19−1 カメリアプラザ3F)
料金: 全席自由 一般前売り 4000円、 当日 4500円
  ※ 6歳以上のお子様から入場できます。

※ ご予約・お問い合わせ: 東京中国歌舞団の公式サイト
陽二蓮さん リサイタル関連ページ
 

※ 関連エントリー
・ 東京中国歌舞団 カルチャー教室の第3回発表会、9/20開催へ (2014年9月12日付) 
・ リサイタル 「陽二蓮 歌の世界」、10/24所沢で開催へ (2014年10月6日付)


スポンサーサイト

  • 2017.05.23 Tuesday
  • -
  • 15:30
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
recommend
在日中国人33人のそれでも私たちが日本を好きな理由
在日中国人33人のそれでも私たちが日本を好きな理由 (JUGEMレビュー »)
趙 海成
小林さゆり/訳

【中国人著者が聞き出す本音の日本論】
『それでも私たちが中国に住む理由』、待望の姉妹本!
recommend
今こそ伝える日中100人
今こそ伝える日中100人 (JUGEMレビュー »)
北京大学日本校友会

日本と中国をつなぐ100人へのインタビュー集! 私も紹介していただきました。 お陰様でたちまち2刷に!!
recommend
在中日本人108人のそれでも私たちが中国に住む理由
在中日本人108人のそれでも私たちが中国に住む理由 (JUGEMレビュー »)

中国18都市に住む、日本人108人のリアルな証言! 取材・編集に携わりました。 5刷 好評発売中!
recommend
中国年鑑 (2012年版)
中国年鑑 (2012年版) (JUGEMレビュー »)

最新中国情報を網羅!
「暮らし」を執筆しています。
recommend
中国年鑑 (2011年版)
中国年鑑 (2011年版) (JUGEMレビュー »)

最新中国情報を網羅!
「暮らし」を執筆しています。
recommend
中国年鑑 (2010年版)
中国年鑑 (2010年版) (JUGEMレビュー »)

最新中国情報を網羅!
「暮らし」を執筆しています。
recommend
これが日本人だ!
これが日本人だ! (JUGEMレビュー »)
王 志強
小林さゆり/訳

【読んで首肯するか、立腹するか! ―― 中国人の対日認識を知るための必読書】
2刷 好評発売中!
recommend
北京探訪―知られざる歴史と今
北京探訪―知られざる歴史と今 (JUGEMレビュー »)

「大ブームに沸く 笑いの文化」を執筆しています。
recommend
出張に役立つ中国語―もう困らない、恥をかかない
出張に役立つ中国語―もう困らない、恥をかかない (JUGEMレビュー »)
ニューメディア研究所thinking

2005年アルク刊
コラムを執筆しています。
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM