<< 祝 国慶節快楽! | main | しゃっくりが止まらない… (1) >>

第28回東京国際映画祭10/22〜31開催へ、注目の中華圏映画をピックアップ!

第28回東京国際映画祭 【東京 映画 ブログ】

 世界の最新話題作・注目作を一挙上映するアジア最大級の国際映画祭、第28回東京国際映画祭10月22日(木) 〜31日(土) の10日間、メイン会場の東京・六本木ヒルズほか、新宿バルト9、新宿ピカデリー、TOHOシネマズ新宿で開催されます。

 今年は、世界の優れた長編映画16本から最優秀賞の 「東京グランプリ」 を決定する 「コンペティション」、アジアの新鋭監督が競い合うコンペティション部門の 「アジアの未来」、さらに海外の有名映画祭での受賞作など日本公開が未定 (8月31日時点) の秀作・異色作・傑作を集めた 「ワールド・フォーカス」 といった各部門において、昨年 (200本) を上回る全205本の作品が上映される予定。

 名優・高倉健の没後1年を前に “健さん” の魅力を振り返る 「追悼特集 『高倉健と生きた時代』」、詩人・演出家・映画監督としてマルチな才能を発揮した寺山修司の生誕80年を祝う 「寺山修司生誕80年 TERAYAMA FILMS」、現在の日本映画を国内外に発信する 「Japan Now ジャパンナウ」、ロボットアニメの金字塔 「機動戦士ガンダム」 を一堂に集めた 「ガンダムとその世界」 など特集上映もバラエティーに富んでいて、見どころたっぷり!

 今年も超豪華ラインナップですが、なかでも注目の中華圏映画を以下にピックアップしました。

■第28回東京国際映画祭
「コンペティション」 部門

○ 「ぼくの桃色の夢」 (中国)
[2015/100min/Mandarin]
監督:ハオ・ジエ(郝杰)
出演:バオ・ベイアル、スン・イー、ワン・ポン
80年代中国の青春、夢は時を越えて
 1985年、全寮制の中学校生活がスタートした少年は、美少女に一目惚れする。長年に及ぶ少女への想いを軸に、意外な展開を見せる少年の半生が綴られていく。コミカルな描写も交えながら、青年の思考の旅をリリカルに語るハオ・ジエ監督は、本作が長編4作目となる中国の若手代表格。

「アジアの未来」 部門
○ 「The Kids」 (台湾)
[2015/90min/Mandarin, Taiwanese]
監督:サニー・ユイ(于瑋珊)
出演:ウー・チエンホー、ウェン・チェンリン、クー・ユールン
台湾青春映画の新たな展開
 10代で子どもをもうけたカップル。しかし幸福な日々は長く続かず、ふたりに様々な試練がふりかかる…。台湾青春映画の新たな扉を開く、女性監督サニー・ユイのデビュー作。ヒロインを演じたウェン・チェンリン(「共犯」/TIFF14出品)の清楚な存在感が光る。

○ 「レイジー・ヘイジー・クレイジー」 (香港)
[2015/94min(approx.) /Cantonese]
監督:ジョディ・ロック(陸以心)
出演:クォック・イッサム、フィッシュ・リウ、マック・チーイ
香港発、究極の女子会映画!
 高校の放課後に援助交際で稼いでいる仲良し3人娘。奔放な反面、繊細で壊れやすい女同士の友情を、女性監督が親密かつエロティックに描き上げた新感覚青春映画。ジョディ・ロック監督はパン・ホーチョン(「イザベラ」/TIFF06出品、「恋の紫煙」/TIFF10出品)に師事した逸材。

○ 「告別」 (中国)
[2015/100min/Mandarin, Mongolian]
監督:デグナー(格娜)
出演:トゥメン、アリア、デグナー
内モンゴルの女性監督デビュー作
 親と疎遠だった娘が癌で余命少ない父と過ごす最期の日々。ふたりの間に新しい関係が芽ばえていく…。内モンゴル出身の女性監督デグナーはロンドンで学んだのち北京電影学院の脚本コンペに入選し、自伝的な本作の製作にこぎ着けた。

○ 「少年バビロン」 (中国)  *協力:上海国際映画祭
[2015/106min/Mandarin]
監督:シアン・グオチアン(相国強)
出演:トン・ツージエン、リー・モン、シャン・ティエロン
1990年代中国の青春群像
 1990年代初頭、中国北部の化学工場を舞台に繰り広げられるオフビートな新感覚コメディ。20歳の見習い工員シャオルーは美しい女医バイ・ランに憧れるが、彼女との距離はなかなか縮まらない。強力な恋敵もあらわれて…。

追悼特集 「高倉健と生きた時代」
○ 「単騎、千里を走る。」 (中国・日本)
監督:チャン・イーモウ(張芸謀)、降旗康男
中国を舞台に父子の繋がりを描く
 中国の巨匠監督チャン・イーモウ(張芸謀)と、監督が尊敬してやまない高倉健が主演の感動のヒューマンドラマ。

「ワールド・フォーカス」 部門
○ 「少年班」 (中国)  *上海国際映画祭推薦作
[2015/105min/Mandarin]
監督:シャオ・ヤン(肖洋)
出演:スン・ホンレイ、チョウ・トンユイ、トン・ツージエン
天才少年少女クラスの青春
 1998年、知能指数の高い15歳の少年少女が集められ、「少年班」と呼ばれる実験的なクラスが開始された。その顛末を描く青春映画。新人監督シャオ・ヤンは、「唐山大地震」などの編集技師として有名。

○ 「破風」 (香港・中国)
[2015/126min/Mandarin, Cantonese, English, Korean]
監督:ダンテ・ラム(林超賢)
出演:エディ・ポン、チェ・シウォン、ショーン・ドウ
「激戦」に続くダンテ・ラムのスポ根
 「激戦 ハート・オブ・ファイト」に続く、ダンテ・ラム監督、エディ・ポン主演のスポーツ巨編。自転車レースに命を燃やす男たちの熱き闘い。迫力満点の競技シーンは他の追随を許さない!

○ 「風の中の家族」 (台湾)
[2015/126min/Mandarin]
監督:ワン・トン(王童)
出演:トニー・ヤン、アンバー・クオ、ヘイデン・クオ
巨匠ワン・トン、久々の大河ドラマ
 台湾の巨匠ワン・トン(「村と爆弾」)、久々の新作。国共内戦の時代、3人の兵士が孤児の少年を連れて渡海、台湾へ。少年の成長と戦後台湾史を並行して描く大作。上海国際映画祭2015コンペ出品。

○ 「百日草」 (台湾)
[2015/97min/Mandarin]
監督:トム・リン(林書宇)
出演:カリーナ・ラム、シー・チンハン
「九月に降る風」のトム・リン新作
 「九月に降る風」のトム・リンが、主演にカリーナ・ラムを迎えた待望の新作。妻を亡くした男と婚約者を失った女の人生が交差していく、切なくも心にしみる愛の物語。台北映画祭2015クロージング作。

○「河」 (中国)  *上海国際映画祭推薦作
[2015/94min/Tibetan]
監督:ソンタルジャ(松太加)
出演:ヤンチェン・ラモ、リンジン・ジョマ、グル・ツェテン
チベットに生きる父と娘
 雄大な自然を背景に、父と娘のぎくしゃくした関係とその変化を描く。チベット出身のソンタルジャ監督は、ペマツェテン監督「オールド・ドッグ」の撮影監督として知られる。

「ディスカバー亜州電影」

○ 「古井戸」 [デジタル・リストア版] (中国)
[1987/129min/Mandarin]
監督:ウー・ティエンミン(呉天明)
出演:チャン・イーモウ、リャン・ユイジン、リュイ・リーピン
呉天明監督を追悼して特別上映
 昨2014年3月に逝去したウー・ティエンミン監督を追悼し、TIFF87でグランプリと主演男優賞(チャン・イーモウ)をダブル受賞した記念碑的な名作をデジタル・リストア版で上映。

 このほか、今年も東京国際映画祭の提携イベントとして 「2015東京・中国映画週間」 が、期間中の10月22〜28日、TOHOシネマズ日本橋ほかで開催されます。
 

 以上、上映日時、会場、チケットなどの詳細は、公式サイト でご確認ください。
 お楽しみに! ^^)/

・ 「第28回東京国際映画祭」 公式サイト 
 

※ 関連エントリー
・ 第26回東京国際映画祭10/17〜25に開催へ、注目の中華圏映画は? (2013年9月28日付)
・ 第27回東京国際映画祭10/23〜31開催へ、注目の中華圏映画をピックアップ! (2014年10月11日付)

スポンサーサイト

  • 2017.05.23 Tuesday
  • -
  • 13:40
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク
コメント
芸術の秋、映画祭の秋、それと紅葉の秋ですね!

紅葉に染まる美しい景色を見ながら、山の澄んだ空気に包まれて歩くのはとても気持ちがいいですよ!

磐梯吾妻スカイラインの紅葉も見頃をむかえました。

しゃおりんさんも
脳や潜在意識をリラックスさせてみては!(笑)
  • にこにこのujicyan
  • 2015/10/04 6:58 PM
にこにこのujicyan様: ありがとうございます。
東京国際映画祭、中国映画に高倉健さん追悼、寺山修司特集など、見たい映画がたくさんあるのですが……チケットを入手するのが、ちょっと大変そうなんですよね。(^^;

> 磐梯吾妻スカイラインの紅葉も見頃をむかえました。

もうそんなころになるのですね!
こちら東京では、街路樹がまだ青々としています。
しばらく金木犀が甘い香りを放っていましたが、もうそれも終わりそうです……。

> 脳や潜在意識をリラックス

なるほど。最近はあまり考えたことがありませんでした。紅葉狩りもゆっくり行きたいものですねぇ…。^^)/~
毀誉褒貶ある映画祭ですが、傑作も多いですなあ。たべものや音楽など、映画とあんまり関係のないイベントもあるようですが、基本は、優れた映画を、世界じゅうから集めること。日本の映画を、世界じゅうに売るのはけっこうですが、その前に、優れた日本映画を作ること。
 会期中、20本ほど見る予定。ほなまた。
  • とらやん
  • 2015/10/12 8:56 PM
とらやん様: ありがとうございます。

20本ご覧になるんですか!
すごいですね。うらやましい〜。

私は中国映画はもちろんですが、やはり高倉健さん追悼特集と、寺山修司生誕80年特集に興味があります。

若いころ、三上博史のファンになったのも、もとはといえば寺山修司監督・脚本の「草迷宮」(三上博史デビュー作)がご縁だったのですからネ! (=^m^=)

コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
recommend
在日中国人33人のそれでも私たちが日本を好きな理由
在日中国人33人のそれでも私たちが日本を好きな理由 (JUGEMレビュー »)
趙 海成
小林さゆり/訳

【中国人著者が聞き出す本音の日本論】
『それでも私たちが中国に住む理由』、待望の姉妹本!
recommend
今こそ伝える日中100人
今こそ伝える日中100人 (JUGEMレビュー »)
北京大学日本校友会

日本と中国をつなぐ100人へのインタビュー集! 私も紹介していただきました。 お陰様でたちまち2刷に!!
recommend
在中日本人108人のそれでも私たちが中国に住む理由
在中日本人108人のそれでも私たちが中国に住む理由 (JUGEMレビュー »)

中国18都市に住む、日本人108人のリアルな証言! 取材・編集に携わりました。 5刷 好評発売中!
recommend
中国年鑑 (2012年版)
中国年鑑 (2012年版) (JUGEMレビュー »)

最新中国情報を網羅!
「暮らし」を執筆しています。
recommend
中国年鑑 (2011年版)
中国年鑑 (2011年版) (JUGEMレビュー »)

最新中国情報を網羅!
「暮らし」を執筆しています。
recommend
中国年鑑 (2010年版)
中国年鑑 (2010年版) (JUGEMレビュー »)

最新中国情報を網羅!
「暮らし」を執筆しています。
recommend
これが日本人だ!
これが日本人だ! (JUGEMレビュー »)
王 志強
小林さゆり/訳

【読んで首肯するか、立腹するか! ―― 中国人の対日認識を知るための必読書】
2刷 好評発売中!
recommend
北京探訪―知られざる歴史と今
北京探訪―知られざる歴史と今 (JUGEMレビュー »)

「大ブームに沸く 笑いの文化」を執筆しています。
recommend
出張に役立つ中国語―もう困らない、恥をかかない
出張に役立つ中国語―もう困らない、恥をかかない (JUGEMレビュー »)
ニューメディア研究所thinking

2005年アルク刊
コラムを執筆しています。
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM