<< ライフハッカー「2015年の名著10選」 第2位に選ばれる! 『それでも私たちが日本を好きな理由』 | main | 2015年の5大ニュース >>

北京雑感2015――この2年半で変わったこと (その2)

王府井駅の乗車料金表1 【北京 雑感 ブログ】
 このほど2年半ぶりに北京を訪れました。
 その時に気がついた現地の小さな変化について、メモしておきたいことの続きです (その1=12月28日付)。

【変化の2】 物価が上がる
 「中国の経済発展が以前よりも緩やかになっている」 という前回述べた感触と矛盾するかのようですが、物価は確実に上がっていました……。

 ちなみに中国の経済成長の鈍化は国家統計局の発表でも明らかで、2015年7〜9月のGDP (国内総生産) は実質成長率で前年同期比6.9%増と、リーマンショック後6年半ぶりの6%台になりました。
 政府が2015年の目標としていた7%も下回り、李克強首相はこれについて 「目標は絶対的に達成しなければならないというものではない」 との強気なまでの見解を明らかにしています (10月25日、ロイター)。
 とはいっても6%台の成長といえば、日本の2015年7〜9月の実質成長率は1.0% (内閣府) ですから、まだまだ発展の勢いがあるというものです (公開統計上)。

 とりわけ近年の中国の経済成長率を見れば、2013年は実質7.7%増、2014年は7.4%増でしたから、私が帰国した2013年以降も緩やかになったとはいえ6〜7%台の安定成長を維持しています。
 まさに中国の習近平国家主席、李克強首相が指摘する 「中国経済は新常態 (ニューノーマル) に入った」 ことを示すものなのでしょう。

 前置きが長くなりましたが、新常態に入り、安定成長を続けていると見られる中国・北京でも、それに伴う物価上昇はいろんな場面で目につきました。

◆ 地元民が利用する街のフードコートで、ラーメン1杯が12元 (1元は約19円) 前後に。 ラーメンの種類にもよりますが、以前 (2年半前) は8〜10元ほどでした。

◆ タクシーの初乗り料金 (3キロまで) が13元、以降は1キロごとに2.3元加算に (郊外、夜間は割り増し)。
 以前は初乗り料金が10元で、以降は1キロごとに2元加算でした (関連エントリー、2013年6月10日付)。 

王府井駅の乗車料金表2◆ 地下鉄の乗車料金も値上がり。
 以前は走行距離の長い13号線、空港ライナー以外は一律2元でしたが、現在は6キロ以内の3元から、以降は距離によって加算されていました。

 例えば、繁華街の王府井駅から隣の東単駅までは3元ですが、乗り換えていく北京南部の天宮院駅までは7元に値上がりしていました。
 地下鉄と同様、公共バスも全体的に値上がりしていました。

◆ 家賃の値上がり。 とくに市街地の家賃が急騰し、地方から上京した出稼ぎ労働者蟻族 (大卒でありながら満足な職につけず、集団で暮らす若者たちこと) などが郊外に追いやられているとか。
 家賃の割安な郊外に転居しても、市街地にある職場には通勤しなければならず、「最近の運賃値上げは本当にキツイ! 転居した意味があまりない」 とこぼしている現地の人もいました。

 日本でも再来年 (2017年) 4月から消費税率が10%へ引き上げられ、否が応でもさらなる物価高を実感することになりそうですが……。
 北京市民の中にも、近年の物価高には困惑の表情を浮かべる人たちがいました。 (ーー;
 (この稿つづく、随時掲載)


※ 写真はいずれも地下鉄・王府井駅に掲示されていた乗車料金表。 料金によって、色分けされていた (2015年12月)。

スポンサーサイト

  • 2017.12.09 Saturday
  • -
  • 20:00
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク
コメント
ありがとうございます
  • 任意
  • 2016/01/11 5:41 PM
任意さま: いえいえ。引き続きよろしくお願いいたします!^^
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
recommend
在日中国人33人のそれでも私たちが日本を好きな理由
在日中国人33人のそれでも私たちが日本を好きな理由 (JUGEMレビュー »)
趙 海成
小林さゆり/訳

【中国人著者が聞き出す本音の日本論】
『それでも私たちが中国に住む理由』、待望の姉妹本!
recommend
今こそ伝える日中100人
今こそ伝える日中100人 (JUGEMレビュー »)
北京大学日本校友会

日本と中国をつなぐ100人へのインタビュー集! 私も紹介していただきました。 お陰様でたちまち2刷に!!
recommend
在中日本人108人のそれでも私たちが中国に住む理由
在中日本人108人のそれでも私たちが中国に住む理由 (JUGEMレビュー »)

中国18都市に住む、日本人108人のリアルな証言! 取材・編集に携わりました。 5刷 好評発売中!
recommend
中国年鑑 (2012年版)
中国年鑑 (2012年版) (JUGEMレビュー »)

最新中国情報を網羅!
「暮らし」を執筆しています。
recommend
中国年鑑 (2011年版)
中国年鑑 (2011年版) (JUGEMレビュー »)

最新中国情報を網羅!
「暮らし」を執筆しています。
recommend
中国年鑑 (2010年版)
中国年鑑 (2010年版) (JUGEMレビュー »)

最新中国情報を網羅!
「暮らし」を執筆しています。
recommend
これが日本人だ!
これが日本人だ! (JUGEMレビュー »)
王 志強
小林さゆり/訳

【読んで首肯するか、立腹するか! ―― 中国人の対日認識を知るための必読書】
2刷 好評発売中!
recommend
北京探訪―知られざる歴史と今
北京探訪―知られざる歴史と今 (JUGEMレビュー »)

「大ブームに沸く 笑いの文化」を執筆しています。
recommend
出張に役立つ中国語―もう困らない、恥をかかない
出張に役立つ中国語―もう困らない、恥をかかない (JUGEMレビュー »)
ニューメディア研究所thinking

2005年アルク刊
コラムを執筆しています。
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM