<< 清明節3連休、人気の観光地は? 「2016年清明節外出予測レポート」を発表 | main | 桜の枝折り、北京で初の 「不道徳行為」 で罰金に >>

〈フォト特集〉 春・爛漫2016

  春・爛漫2016_1

 【日本 日常 ブログ】
 気象庁によれば今年、東京都心の桜 (ソメイヨシノ) の開花は3月21日 (月) で、平年より5日早く、昨年より2日早い開花だったそうです。
 その後、花冷えの日が続き、東京で満開が発表されたのが3月31日 (木)。

 昨年は確か、開花してから春本番の暖かさが続いて、2日ほどで満開に。 それに比べれば、今年はずいぶん長いこと、桜を楽しませてもらっているわけですね。

 この桜ウィークはそわそわ・わくわくのし通しで、「仕事がどうにも手につかない」 という人もいるのでは? かくいう私めもそれに近いものかもしれません……。 (^^;

 この後、お天気が下り坂になるとかで、桜の花の寿命が心配ですが……。
 まずは今まさに満開の時を、存分に味わいたいと思います。 ^^)/


※ 写真は上から、
1) 花曇りの一日、井の頭公園 (三鷹市・武蔵野市) に出かけました (4月1日)。 このブログではおなじみの公園です。 (^^;
 平日の昼間というのに大勢の花見客、宴会客であふれ返っていましたが、多くの日本人にとって、花見は春の恒例行事であり、仕事の一つであるのかもしれません。 (^^;

春・爛漫2016_2  春・爛漫2016_3
2、3) 季節は1カ月ほどさかのぼり、3月初め。 信州の実家の畑にふきのとうが群生していました。
 すでに花が開いていましたが……これを摘み取り、帰京したその晩、さっそく天ぷらにしていただきました。 ふき味噌と同様、これぞホロ苦い春の味覚です。 ^^

春・爛漫2016_44) 実家の庭先の山茱萸 (さんしゅゆ、3月下旬)。

 春先の花には、北京で見られる 「迎春花」 (オウバイ) やレンギョウのように、目にも鮮やかな黄色い花が多いような気がします。

  春・爛漫2016_5
5) 北陸新幹線 (長野経由) から浅間山 (2568m) を望む。 ゆえあって、度々行き来している私。 この車窓からの風景も、見慣れたものになりました。

春・爛漫2016_66) 所変わって、東京・西池袋の立教大学キャンパスで。

 お世話になっている会社のメンバーと7分咲きの桜を楽しみながら、おいしいランチをともにしました。 ^^

 春・爛漫2016_7  春・爛漫2016_8
7、8) 新宿3丁目で創業38年の居酒屋 「呑者家」 (どんじゃが) 本店へ。 こぢんまりとしていますが、それだけににぎやかで明るい雰囲気のお店です。

 写真は、アツアツがおいしいチーズ・ハムカツ。 注文を聞いてから焼いてくれた手作りのピザも予想以上のおいしさでした。 やっぱり長年繁盛している店の秘訣は 「何事にも手を抜かない」 っていうことかな〜としみじみ。 (^ρ^)

 春・爛漫2016_9
9) 中国から一時帰国中の友人と、10年ぶりに会いました。 落ち合ったのは浅草です。
 浅草の東側を流れる隅田川沿いでは、川を挟んで台東区の 「墨田公園桜まつり」 と墨田区の 「墨堤さくらまつり」 がちょうど開催されていて、大勢の花見客や観光客でにぎわっていました。

春・爛漫2016_10  春・爛漫2016_11
10) こちらは墨田区の 「墨堤さくらまつり」。 遊歩道が整備されていて、そぞろ歩きしながら桜や菜の花を愛でたり、区民ボランティアによる露店で焼きそばやビールが味わえたりと、楽しめます。^^
11) 東京スカイツリーと桜並木。

  春・爛漫2016_12
12) スカイツリー併設の商業施設 「東京ソラマチ」 の某名店でおいしいランチをいただいてから、30階より展望する。
 隅田川と荒川の合流点や、遠くは東京タワー、新宿の高層ビルなどが見えて、まるで東京の “ジオラマ” のよう。

春・爛漫2016_1313) スカイツリーの展望台入場は、相変わらず長蛇の列。

 だからという訳ではありませんが、450mの “天空” へ行かずとも、ソラマチ30階 (約150m) からの展望でもかなり満足できることに小躍りしました! ^^

 間近に望むスカイツリーは、逆光のせいか? 幻想的に輝いていました。


春・爛漫2016_1414) スカイツリーから20分ほど、てくてく歩いて浅草寺へ。

 今や世界的に有名な観光名所となっており、アジア系、欧米系の外国人客でごった返していました。 (^^;)>


※ 関連エントリー
・ 〈フォト〉 桜・爛漫 2015 (2015年3月31日付)
・ 〈フォト特集〉 めくるめく桜絵巻を堪能! 「神田川花見ウォーク」 (15年4月7日付)


スポンサーサイト

  • 2017.08.22 Tuesday
  • -
  • 08:00
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク
コメント
墨田川沿いの写真
有難うございます。

以前、仕事で近くにいましたので、
懐かしく感じました。

こちら、福島もさくらのつぼみが芽吹きはじめ
今月中旬頃が見どころでしょうか。

しゃおりんさんは、高所は
へっちゃらなんですね(笑)

では、加油!
  • にこにこのujicyan
  • 2016/04/03 8:29 PM
にこにこのujicyan様: ありがとうございます。
以前、隅田川沿いにいらしていたんですね。

この日はお天気もよく、まさに「♪春のうららの隅田川」を実感しました。

高所、はい。450mはわかりませんが……!?たぶん大丈夫だと思います。 (^^;
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
recommend
在日中国人33人のそれでも私たちが日本を好きな理由
在日中国人33人のそれでも私たちが日本を好きな理由 (JUGEMレビュー »)
趙 海成
小林さゆり/訳

【中国人著者が聞き出す本音の日本論】
『それでも私たちが中国に住む理由』、待望の姉妹本!
recommend
今こそ伝える日中100人
今こそ伝える日中100人 (JUGEMレビュー »)
北京大学日本校友会

日本と中国をつなぐ100人へのインタビュー集! 私も紹介していただきました。 お陰様でたちまち2刷に!!
recommend
在中日本人108人のそれでも私たちが中国に住む理由
在中日本人108人のそれでも私たちが中国に住む理由 (JUGEMレビュー »)

中国18都市に住む、日本人108人のリアルな証言! 取材・編集に携わりました。 5刷 好評発売中!
recommend
中国年鑑 (2012年版)
中国年鑑 (2012年版) (JUGEMレビュー »)

最新中国情報を網羅!
「暮らし」を執筆しています。
recommend
中国年鑑 (2011年版)
中国年鑑 (2011年版) (JUGEMレビュー »)

最新中国情報を網羅!
「暮らし」を執筆しています。
recommend
中国年鑑 (2010年版)
中国年鑑 (2010年版) (JUGEMレビュー »)

最新中国情報を網羅!
「暮らし」を執筆しています。
recommend
これが日本人だ!
これが日本人だ! (JUGEMレビュー »)
王 志強
小林さゆり/訳

【読んで首肯するか、立腹するか! ―― 中国人の対日認識を知るための必読書】
2刷 好評発売中!
recommend
北京探訪―知られざる歴史と今
北京探訪―知られざる歴史と今 (JUGEMレビュー »)

「大ブームに沸く 笑いの文化」を執筆しています。
recommend
出張に役立つ中国語―もう困らない、恥をかかない
出張に役立つ中国語―もう困らない、恥をかかない (JUGEMレビュー »)
ニューメディア研究所thinking

2005年アルク刊
コラムを執筆しています。
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM