<< 話題の中国映画上映へ11/26―「第26回映画祭TAMA CINEMA FORUM」で | main | 大ヒットアニメ 「君の名は。」 中国で12/2から劇場公開へ、予告編も登場 >>

<フォト特集> 2016盛夏から晩秋へ

2016盛夏から晩秋へ_1 【日本 日常 ブログ】

 このブログで、不定期に続けている 〈フォト特集〉

 気ままな写真ダイアリーですが、あっという間に、今年も年末が近づいてきてしまいました。 ふと気が付くと、撮りためた日常のスナップも山のように積もるありさま……。 (^^;)>

 前回は、5月の 「〈フォト特集〉 新緑のころ・・・2016」 (2016年5月9日付) でしたから、どんだけストックしていたんだ、もう半年もほったらかしじゃないか、と一人ツッコミをしつつ苦笑いをしているところなのですが……。 

 というわけで、あれこれ御託を並べるのは抜きにして、2016年の 盛夏から晩秋へ のフォトダイアリーをご紹介します。それにしても、我ながら食べ物スナップが多いことよ……と驚きます。 (*´ω`*)

 写真は上から……

1) 秋の夜長の……井の頭公園 (井の頭恩賜公園)。 ライトアップが幻想的に映ります (2016年11月3日)
2016盛夏から晩秋へ_2  2016盛夏から晩秋へ_3
2、3) こちらは盛夏の吉祥寺で見つけた、おしゃれなビストロ 「オーケストラ」。
 「いろいろ前菜盛り合わせ」 には、「茄子のバスサミコマリネ」 「西京味噌に漬け込んだあぶりチーズ」 といったいろんな前菜が木製トレーに並べられていて、眼福・口福のひとときでした。^^ (7月22日)

2016盛夏から晩秋へ_4  2016盛夏から晩秋へ_5
4) 宝くじも抽選も、めったに当たったことのない私。 珍しくキリンの 「47都道府県の一番搾りプレゼントキャンペーン」 に当選し、12本セットが届きました。 もちろんおいしくいただきました。^^ (8月10日)
5) 好物のうなぎのかば焼き。 残暑を乗り切ろうと、大盛にしてもらいました。 (9月2日)

2016盛夏から晩秋へ_6  2016盛夏から晩秋へ_7
6、7) そして今年も近くのブルーベリー・ファームで、ブルーベリー狩りを楽しみました。 シーズンの最後だったのですが、生でそのままいただいたほか甘酸っぱいジャムにして、しばらくの間、楽しめました。 (9月6日)

2016盛夏から晩秋へ_88) 地下鉄有楽町駅で見つけた、中国四川省の広告。

 「四川、自然、新鮮、心酔。」 「四川の自然は、空気も美味しい。」 とありました。 (9月6日)


2016盛夏から晩秋へ_9 2016盛夏から晩秋へ_10
9) 1カ月に1、2度は、介護のため帰省しています。 日本のお弁当は種類も豊富、季節限定ものもあり、新幹線でいただくのが楽しみになりました。 (9月15日)
10) 親戚からいただいたブドウ。 巨峰とシャインマスカット。 (9月22日)

2016盛夏から晩秋へ_11 2016盛夏から晩秋へ_12
11) 中国の国慶節のレセプション でいただいてきた生花。 さすがに豪華な花々です。 毎日こまめに水を換えたら1週間はもちました。 (9月30日)
12) 親戚からいただいた自家栽培の野菜やリンゴ。 採れたてをお送りいただきました。 (10月2日)

2016盛夏から晩秋へ_13  2016盛夏から晩秋へ_14

2016盛夏から晩秋へ_1513) 下北沢の北澤八幡神社。 2カ月に1度ずつ、こちらで立川談四楼師匠の独演会があります。

14) 終演後の打ち上げの席で。
 左から、新作 「松勘づつみ」 の作者、井上新五郎正隆さん、談四楼師匠、グレート義太夫さん。

 「たけし軍団」 のお笑いタレント、グレートさんのギター漫談は、切ない糖尿病ネタも含めて、爆笑ものでした。 ご本人には悪いのですが……。(^^;

15) 談四楼師匠を囲んで、ファンの皆さんと。 年齢層がちょっと高めですが (!?) 最近はちょっとした落語ブームだそうで、会場には若い男女の姿も多く見られました。 (10月15日)


2016盛夏から晩秋へ_16  2016盛夏から晩秋へ_17

2016盛夏から晩秋へ_1816〜18) 井の頭公園の借景が美しい和食レストラン 「金の猿」 へ。 以前、友人のさんにお連れいただき、いっぺんで気に入ったレストランです。

 「11月の会席コース」 のあん肝に地鴨ロースなど、どれもこれも絶品でした。 そうそう、グルメそうな中国人のグループも見られました。 (11月3日)


2016盛夏から晩秋へ_19  2016盛夏から晩秋へ_20
19) 上板橋で開催の 「第19回よさこいinかみいた」 へ。 近隣各地のよさこいチームの踊りの披露やフリーマーケットなどがあり、ローカル色も豊かににぎわっていました。

20) 地元出身の落語家、立川キウイ師匠の独演会 「かみいた寄席」 にうかがいました。
 会場は子どもからお年寄りまでいっぱい。 ご近所ネタもたっぷりの爆笑まくらに続いて、この日の落語は「じゅげむ」と「つる」。 時間は30分ほどと短かったのですが、古典落語の粋をたっぷり堪能できました。 (11月6日)

  (不定期連載)


※ こちら→ 「二井サイト」ブログ も随時更新しています。 よろしければご笑覧ください!


スポンサーサイト

  • 2017.10.14 Saturday
  • -
  • 19:40
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
recommend
在日中国人33人のそれでも私たちが日本を好きな理由
在日中国人33人のそれでも私たちが日本を好きな理由 (JUGEMレビュー »)
趙 海成
小林さゆり/訳

【中国人著者が聞き出す本音の日本論】
『それでも私たちが中国に住む理由』、待望の姉妹本!
recommend
今こそ伝える日中100人
今こそ伝える日中100人 (JUGEMレビュー »)
北京大学日本校友会

日本と中国をつなぐ100人へのインタビュー集! 私も紹介していただきました。 お陰様でたちまち2刷に!!
recommend
在中日本人108人のそれでも私たちが中国に住む理由
在中日本人108人のそれでも私たちが中国に住む理由 (JUGEMレビュー »)

中国18都市に住む、日本人108人のリアルな証言! 取材・編集に携わりました。 5刷 好評発売中!
recommend
中国年鑑 (2012年版)
中国年鑑 (2012年版) (JUGEMレビュー »)

最新中国情報を網羅!
「暮らし」を執筆しています。
recommend
中国年鑑 (2011年版)
中国年鑑 (2011年版) (JUGEMレビュー »)

最新中国情報を網羅!
「暮らし」を執筆しています。
recommend
中国年鑑 (2010年版)
中国年鑑 (2010年版) (JUGEMレビュー »)

最新中国情報を網羅!
「暮らし」を執筆しています。
recommend
これが日本人だ!
これが日本人だ! (JUGEMレビュー »)
王 志強
小林さゆり/訳

【読んで首肯するか、立腹するか! ―― 中国人の対日認識を知るための必読書】
2刷 好評発売中!
recommend
北京探訪―知られざる歴史と今
北京探訪―知られざる歴史と今 (JUGEMレビュー »)

「大ブームに沸く 笑いの文化」を執筆しています。
recommend
出張に役立つ中国語―もう困らない、恥をかかない
出張に役立つ中国語―もう困らない、恥をかかない (JUGEMレビュー »)
ニューメディア研究所thinking

2005年アルク刊
コラムを執筆しています。
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM