<< 謹賀新年2017 | main | 中国の2016年の漢字は大気汚染の「霾」に!個人メディアと大手ポータルが選出 >>

中国の笑い話★最前線 (12)

酉年正月のイラスト 【中国 笑話 ブログ】

 日本の古典落語に影響を与えたとされる、中国の笑い話 笑話
 現代ではどんな笑話が生まれ、語り継がれているのでしょう?

 ホットな世相を映し出す現代笑話をネット上からピックアップし、ご紹介していきます。
 今回は、今年の干支の酉 (酉年、中国では鶏年) にちなんで鳥に関する笑話から……。 ヾ(´ε`;)ゝ

【慈善行為】
 ある農場で、ブタとニワトリが慈善行為について話していた。
 ブタは、「ぼくは、食べるものがない貧しい人を助けたい」。
 ニワトリは、「なら私たち協力しましょう。 ハムエッグなら作れるじゃない」。

 だが、ブタは首を振りながら 「言うのは簡単さ。君が提供するのは副産物1個だけ。 だけどぼくは足が1本なくなるんだぜ」 と言った。

* まさに犠牲的精神!? (^^;


【ニックネーム】
 森の中で、小動物たちがおしゃべりしていた。
 小ブタは、「今はニックネームが流行っているんだ。 これからはぼくのことを “小猪猪” (シャオジュージュー)、小ブタちゃんと呼んでくれよ」。

 小ウサギは、「OK! じゃ私のことは “小兔兔” (シャオトゥトゥ)、小ウサギちゃんと呼んでね」。

 ヒヨコ (小鶏) は顔を赤くしつつ 「ごめん。 ぼく、用事を思い出したから、先に行くよ」 と言って、足早に行ってしまった。

* “小鶏” (シャオジー)、または “小鶏鶏” (シャオジージー) は、お○んちんの隠語なのです。


【鳥の卵】
 ある日、ガチョウの卵がアヒルの卵に、大きさを比べようと言った。
 するとアヒルの卵は 「君とは比べたくない。 ニワトリの卵と比べるよ」 と言った。

 それを聞いたウズラの卵は、「何を比べるって? ガチョウの卵、アヒルの卵、ニワトリの卵、ウズラの卵……。 そのスキルはだいたい同じさ。 信じないなら、みんなに石をぶつけてみたらどうだい?」 と言った。

* 確かに。 だけど、ちょっと残酷なオチでした……。 (^^;

 (つづく・不定期連載)


※ イラストは、フリー素材より酉年正月のイラスト。


スポンサーサイト

  • 2017.05.16 Tuesday
  • -
  • 13:50
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
recommend
在日中国人33人のそれでも私たちが日本を好きな理由
在日中国人33人のそれでも私たちが日本を好きな理由 (JUGEMレビュー »)
趙 海成
小林さゆり/訳

【中国人著者が聞き出す本音の日本論】
『それでも私たちが中国に住む理由』、待望の姉妹本!
recommend
今こそ伝える日中100人
今こそ伝える日中100人 (JUGEMレビュー »)
北京大学日本校友会

日本と中国をつなぐ100人へのインタビュー集! 私も紹介していただきました。 お陰様でたちまち2刷に!!
recommend
在中日本人108人のそれでも私たちが中国に住む理由
在中日本人108人のそれでも私たちが中国に住む理由 (JUGEMレビュー »)

中国18都市に住む、日本人108人のリアルな証言! 取材・編集に携わりました。 5刷 好評発売中!
recommend
中国年鑑 (2012年版)
中国年鑑 (2012年版) (JUGEMレビュー »)

最新中国情報を網羅!
「暮らし」を執筆しています。
recommend
中国年鑑 (2011年版)
中国年鑑 (2011年版) (JUGEMレビュー »)

最新中国情報を網羅!
「暮らし」を執筆しています。
recommend
中国年鑑 (2010年版)
中国年鑑 (2010年版) (JUGEMレビュー »)

最新中国情報を網羅!
「暮らし」を執筆しています。
recommend
これが日本人だ!
これが日本人だ! (JUGEMレビュー »)
王 志強
小林さゆり/訳

【読んで首肯するか、立腹するか! ―― 中国人の対日認識を知るための必読書】
2刷 好評発売中!
recommend
北京探訪―知られざる歴史と今
北京探訪―知られざる歴史と今 (JUGEMレビュー »)

「大ブームに沸く 笑いの文化」を執筆しています。
recommend
出張に役立つ中国語―もう困らない、恥をかかない
出張に役立つ中国語―もう困らない、恥をかかない (JUGEMレビュー »)
ニューメディア研究所thinking

2005年アルク刊
コラムを執筆しています。
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM