<< 「永遠の隣人 日本と中国が互いに理解できるように」― ジャーナリスト段躍中さん、名古屋で講演へ 2/18 | main | 伝説の映画 「タレンタイム〜優しい歌」、3月下旬に日本公開へ >>

旧暦の丁酉年、閏6月と立春2回が生じる珍事!?

酉年のイラスト 【中国 ニュース ブログ】

 2017年の干支は、丁酉 (ひのととり) ですが、伝統行事に旧暦を採用している中国で、旧暦の丁酉年に閏 (うるう) 6月と、立春が2回、生じることが話題となっています。

 中国メディアによれば専門家の見解として、旧暦の丁酉年は、2017年1月28日から2018年2月15日までの計384日

 旧暦の1年は354日か355日となっており、新暦の1年365日より10日間ほど短くなるため、数年に1度、閏月が生じます。 今年の旧暦丁酉年は前年より29日間多いことになり、“正6月” (本来の6月) に “閏6月” が加わるということなのです。

 これに関連して、1年が384日と長い丁酉年には、立春が2回生じることになります。
 2017年の2月4日 (中国では今年2月3日とされている) と2018年の2月4日で、こうした年を中国では古くから 「双春年」 などと呼び、結婚にはふさわしくない年とされてきました。

 「第二春」 (第二の春)、「梅開二度」 (梅が二度開く) という含意があり、古来、「こうした年に結婚すると、離婚する可能性があるためよろしくない」 と言い伝えられてきたのです。

 ただ、専門家は、「“双春年” も “無春年” (旧暦で立春のない年) も “単春年” (旧暦で立春が1回の年) も暦法における正常な現象であり、その結婚が幸せかどうか、長く続くかどうかには影響しない。 “結婚にはふさわしくない年” という、荒唐無稽な言い伝えには、決して惑わされないでください」 と呼びかけています。

 さて、中国では酉年の婚姻件数に大きな変化はあるのでしょうか? (^^;


※ イラストは、フリー素材より。


スポンサーサイト

  • 2017.05.23 Tuesday
  • -
  • 17:40
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
recommend
在日中国人33人のそれでも私たちが日本を好きな理由
在日中国人33人のそれでも私たちが日本を好きな理由 (JUGEMレビュー »)
趙 海成
小林さゆり/訳

【中国人著者が聞き出す本音の日本論】
『それでも私たちが中国に住む理由』、待望の姉妹本!
recommend
今こそ伝える日中100人
今こそ伝える日中100人 (JUGEMレビュー »)
北京大学日本校友会

日本と中国をつなぐ100人へのインタビュー集! 私も紹介していただきました。 お陰様でたちまち2刷に!!
recommend
在中日本人108人のそれでも私たちが中国に住む理由
在中日本人108人のそれでも私たちが中国に住む理由 (JUGEMレビュー »)

中国18都市に住む、日本人108人のリアルな証言! 取材・編集に携わりました。 5刷 好評発売中!
recommend
中国年鑑 (2012年版)
中国年鑑 (2012年版) (JUGEMレビュー »)

最新中国情報を網羅!
「暮らし」を執筆しています。
recommend
中国年鑑 (2011年版)
中国年鑑 (2011年版) (JUGEMレビュー »)

最新中国情報を網羅!
「暮らし」を執筆しています。
recommend
中国年鑑 (2010年版)
中国年鑑 (2010年版) (JUGEMレビュー »)

最新中国情報を網羅!
「暮らし」を執筆しています。
recommend
これが日本人だ!
これが日本人だ! (JUGEMレビュー »)
王 志強
小林さゆり/訳

【読んで首肯するか、立腹するか! ―― 中国人の対日認識を知るための必読書】
2刷 好評発売中!
recommend
北京探訪―知られざる歴史と今
北京探訪―知られざる歴史と今 (JUGEMレビュー »)

「大ブームに沸く 笑いの文化」を執筆しています。
recommend
出張に役立つ中国語―もう困らない、恥をかかない
出張に役立つ中国語―もう困らない、恥をかかない (JUGEMレビュー »)
ニューメディア研究所thinking

2005年アルク刊
コラムを執筆しています。
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM