<< 第35回練馬書道展へ 書家・塚越梦羲さんの作品などを鑑賞 | main | 第1回 「忘れられない中国留学エピソード」 大募集! 1等賞10名に中国旅行招待の特典も >>

エドワード・ヤン×ホウ・シャオシェンの幻の傑作 「台北ストーリー」、5/6〜公開へ

「台北ストーリー」 【台湾 映画 ブログ】

 エドワード・ヤン×ホウ・シャオシェン

 台湾ニューシネマの幻の傑作が、4Kデジタル修復版でついに日本初公開!


 エドワード・ヤン生誕70年・没後10年
 主演・製作・共同脚本: ホウ・シャオシェン (4Kデジタル修復版 監修)


 ――「牯嶺街 (クーリンチェ) 少年殺人事件」 の名匠エドワード・ヤンが、1985年に撮り上げた2作目となる長編監督作品。

 舞台は80年代半ば、急速な経済成長にともない変貌を遂げつつある大都市、台北。
 元野球選手ながら、現在は親の家業である紡績業を継いだアリョン。 恋人のアジンはアメリカへの移住を考えている。
 過去の栄光にとらわれた男と、未来に思いを馳せる女のすれ違い、そして彼らを取り巻く人々の姿が、変わりゆく台北を背景に描かれる――。
 主人公のアリョン役には、製作と脚本も手がけたヤンの盟友ホウ・シャオシェン。 アジン役に、当時のヤンの妻であった人気歌手ツァイ・チンが挑戦した。

 当時すでに 「風櫃 (フンクイ) の少年」 「冬冬の夏休み」 などを発表していたホウ・シャオシェンが、エドワード・ヤンのために自宅を抵当に入れてまで製作費を捻出、完成へとこぎつけたという。

 日本ではこれまで劇場未公開だったが、エドワード・ヤン生誕70年、没後10年となる2017年に、4Kデジタル修復版での劇場初公開が実現。 2016年の第17回東京フィルメックスでも上映され、評判を呼んだ作品 (関連エントリー)。

 台湾ニューシネマの “幻の傑作” を、このゴールデンウィークよりお楽しみください!


■「台北ストーリー」
 原題: 青梅竹馬 Taipei Story
 監督: エドワード・ヤン
 主演・製作・共同脚本: ホウ・シャオシェン
 脚本: エドワード・ヤン、チュウ・ティエンウェン
 音楽: ヨーヨー・マ
 出演: ツァイ・チン、クー・イーチェン、ウー・ニェンチェン
 1985年/台湾/119分/カラー/日本語字幕
 配給: オリオフィルムズ


※ 5月6日(土) より、東京・渋谷のユーロスペースほか、全国順次ロードショー!

※ エドワード・ヤン監督の最高傑作ともいわれる 「牯嶺街少年殺人事件」 (1991年) のデジタル・リマスター版も現在、全国順次リバイバル上映中!

※ 画像は、案内ハガキより。

スポンサーサイト

  • 2017.08.20 Sunday
  • -
  • 15:30
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
recommend
在日中国人33人のそれでも私たちが日本を好きな理由
在日中国人33人のそれでも私たちが日本を好きな理由 (JUGEMレビュー »)
趙 海成
小林さゆり/訳

【中国人著者が聞き出す本音の日本論】
『それでも私たちが中国に住む理由』、待望の姉妹本!
recommend
今こそ伝える日中100人
今こそ伝える日中100人 (JUGEMレビュー »)
北京大学日本校友会

日本と中国をつなぐ100人へのインタビュー集! 私も紹介していただきました。 お陰様でたちまち2刷に!!
recommend
在中日本人108人のそれでも私たちが中国に住む理由
在中日本人108人のそれでも私たちが中国に住む理由 (JUGEMレビュー »)

中国18都市に住む、日本人108人のリアルな証言! 取材・編集に携わりました。 5刷 好評発売中!
recommend
中国年鑑 (2012年版)
中国年鑑 (2012年版) (JUGEMレビュー »)

最新中国情報を網羅!
「暮らし」を執筆しています。
recommend
中国年鑑 (2011年版)
中国年鑑 (2011年版) (JUGEMレビュー »)

最新中国情報を網羅!
「暮らし」を執筆しています。
recommend
中国年鑑 (2010年版)
中国年鑑 (2010年版) (JUGEMレビュー »)

最新中国情報を網羅!
「暮らし」を執筆しています。
recommend
これが日本人だ!
これが日本人だ! (JUGEMレビュー »)
王 志強
小林さゆり/訳

【読んで首肯するか、立腹するか! ―― 中国人の対日認識を知るための必読書】
2刷 好評発売中!
recommend
北京探訪―知られざる歴史と今
北京探訪―知られざる歴史と今 (JUGEMレビュー »)

「大ブームに沸く 笑いの文化」を執筆しています。
recommend
出張に役立つ中国語―もう困らない、恥をかかない
出張に役立つ中国語―もう困らない、恥をかかない (JUGEMレビュー »)
ニューメディア研究所thinking

2005年アルク刊
コラムを執筆しています。
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM