<< シンガーソングライターのbisqさん、夏ライブで熱唱♪♪ | main | 「怪談牡丹灯籠」で熱帯夜もヒンヤリ! 第6回 「フタイ×キウイの二人でイイ噺!」 >>

【トーク・イベント】『絶対音感』の最相葉月さん迎え、9/28開催へ―第10回「編集よもやま話」

『絶対音感』 【東京 イベント ブログ】

 生活総合雑誌 「暮しの手帖」 元副編集長で、現在は映画ジャーナリストとして活動する二井康雄 (家人) が、「編集よもやま話・『暮しの手帖』で学んだ40年」 と題したトーク・イベントを不定期で開催しています。

 毎回、豪華なゲストを迎え、出版や編集をテーマにさまざまな角度でじっくりと語り合うこのイベント。
 第10回のゲストには、ノンフィクションライターの最相葉月さんをお迎えします。

 大ベストセラーの 『絶対音感』 (新潮文庫) をはじめ、幻の青いバラを求める人間の挑戦を描いた 『青いバラ』 (岩波現代文庫)、そして中国関係でも、東アジアを跨ぎ自立していく中国朝鮮族の女性の姿を描いたノンフィクション 『ナグネ 中国朝鮮族の友と日本』 (岩波新書) など、著書多数。
 『青いバラ』  『星新一 一〇〇一話を作った人』

『ナグネ 中国朝鮮族の友と日本』 過去に編集者の経験もある最相さんの人並み外れた編集力取材力、 そして尽きることのない創作意欲について、いろいろとお伺いできたらと思います。

 ご関心のある方は、ぜひご来場ください!
 詳細は、以下の通り。 よろしくお願いいたします! ^^)/


 ―「編集よもやま話・暮しの手帖で学んだ40年」 連続トーク第10回 ―  

 二井康雄です。 お元気でお過ごしでしょうか。

 2015年6月から、神田神保町の「ブックカフェ二十世紀」のオーナー、鈴木宏さんのご提案で、「編集よもやま話・暮しの手帖で学んだ40年」 というトーク・イベントを、不定期ですが開催しています。

 ぼくは、暮しの手帖社でほぼ40年、編集の現場にいました。 ここで学んだことの少しでも、次の世代に伝えることができればと思っています。

 トークは毎回、編集の現場を経験された方や、編集業務の周辺に関わった方などをゲストにお迎えしています。編集にまつわる「よもやま話」ではありますが、さまざまなメディアが氾濫する今、「編集」 が伝える意味を、多角的に展開できればと考えています。

 第10回記念のゲストは、ノンフィクションライターの最相葉月さん。

 最相さんは、広告会社、出版社、PR誌編集を経験され、1998年に出版された 『絶対音感』 (新潮文庫) が大ベストセラーに。以後、映画 「ココニイルコト」 の原案となった 『なんといふ空』 (PHP)、遺伝子組み換えの歴史と、幻の青いバラを求める人間の挑戦を描いた 『青いバラ』 (岩波現代文庫)、そのほか 『東京大学応援団物語』 (新潮文庫)、『星新一 一○○一話を作った人』 (新潮文庫)、『セラピスト』 (新潮文庫)、『ナグネ 中国朝鮮族の友と日本』 (岩波新書)、『東工大講義 生涯を賭けるテーマをいかに選ぶか』 (ポプラ社)、『辛口サイショーの人生案内』 (ミシマ社) など、著書多数。

 過去に編集者の経験もある最相さんの、幅広いジャンルにわたる徹底した取材、お仕事から、未来の 「編集」 とは何かを考えるヒントがありそうです。
 秋の一夜、友人ご家族、お誘い合わせの上、ぜひお運びくださいませ。詳細は以下に。

◆期日: 9月28日(木) 午後7時から (開場6時)
◆会場: 「ブックカフェ二十世紀」 
       東京都千代田区神田神保町2−5−4 開拓社ビル2F
       (1Fは古書店 「@(アット)ワンダー」)

     * 地下鉄・神保町駅A1出口から、右手にまっすぐ30秒ほど (アクセス)。
 
◆会費: 2500円 (1ドリンク付き、懇親会含む) 

    ※ 別途、カレー、ピザトーストなどの軽食、ドリンクが注文できます。
    ※ トークは約1時間の予定。その後、ゲストを囲んでの懇親会になります。
    ※ トークのみのご参加は、1500円 (1ドリンク)。
      受付時に、懇親会参加ご希望を伺います。
      懇親会での追加ドリンクなどは、各自のフリーオーダーになります。

◆ご参加希望の方は、「ブックカフェ二十世紀」 まで、電話かメールでお申し込みください。
 TEL: 03−5213−4853
 Mail: jimbo20seiki @gmail.com (送信時には@前の空白を詰めてお送りください)
 HP: http://jimbo20seiki.wix.com/jimbocho20c

 なお会場の都合上、ご予約は先着40名ほどで締め切りとさせていただきます。
 なにとぞよろしくお願いいたします。
                                              8月吉日


※ 画像は最相葉月さんの作品。 上から
1) 『絶対音感』 (新潮文庫)
2) 『青いバラ』 (岩波現代文庫)
3) 『星新一 一○○一話を作った人』 (新潮文庫)
4) 『ナグネ 中国朝鮮族の友と日本』 (岩波新書)

スポンサーサイト

  • 2017.10.17 Tuesday
  • -
  • 16:30
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
recommend
在日中国人33人のそれでも私たちが日本を好きな理由
在日中国人33人のそれでも私たちが日本を好きな理由 (JUGEMレビュー »)
趙 海成
小林さゆり/訳

【中国人著者が聞き出す本音の日本論】
『それでも私たちが中国に住む理由』、待望の姉妹本!
recommend
今こそ伝える日中100人
今こそ伝える日中100人 (JUGEMレビュー »)
北京大学日本校友会

日本と中国をつなぐ100人へのインタビュー集! 私も紹介していただきました。 お陰様でたちまち2刷に!!
recommend
在中日本人108人のそれでも私たちが中国に住む理由
在中日本人108人のそれでも私たちが中国に住む理由 (JUGEMレビュー »)

中国18都市に住む、日本人108人のリアルな証言! 取材・編集に携わりました。 5刷 好評発売中!
recommend
中国年鑑 (2012年版)
中国年鑑 (2012年版) (JUGEMレビュー »)

最新中国情報を網羅!
「暮らし」を執筆しています。
recommend
中国年鑑 (2011年版)
中国年鑑 (2011年版) (JUGEMレビュー »)

最新中国情報を網羅!
「暮らし」を執筆しています。
recommend
中国年鑑 (2010年版)
中国年鑑 (2010年版) (JUGEMレビュー »)

最新中国情報を網羅!
「暮らし」を執筆しています。
recommend
これが日本人だ!
これが日本人だ! (JUGEMレビュー »)
王 志強
小林さゆり/訳

【読んで首肯するか、立腹するか! ―― 中国人の対日認識を知るための必読書】
2刷 好評発売中!
recommend
北京探訪―知られざる歴史と今
北京探訪―知られざる歴史と今 (JUGEMレビュー »)

「大ブームに沸く 笑いの文化」を執筆しています。
recommend
出張に役立つ中国語―もう困らない、恥をかかない
出張に役立つ中国語―もう困らない、恥をかかない (JUGEMレビュー »)
ニューメディア研究所thinking

2005年アルク刊
コラムを執筆しています。
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM