<< 「しゃおりんの何でもウオッチ」、新名称をよろしくお願いいたします! | main | アマゾン中国 「2017年上半期ランキング」 が発表、第1位はあの鉄板の名作! >>

日本映画復権の可能性を示す 「映画監督外山文治短編作品集」、9/15まで絶賛上映中!

 「映画監督外山文治短編作品集」

ユーロスペースのロビーで 【日本 映画 ブログ】

 その作品の数々が国内外で高く評価されている外山文治 (そとやま・ぶんじ) 監督 (36) の珠玉の短編映画のうち3作を紹介するレイトショーが 映画監督外山文治短編作品集 と銘打って、現在、東京・渋谷のユーロスペースで行われています!

 当初、2週間限定上映の予定でしたが、大好評により1週間の延長となり、9月15日 (金) までの公開となりました。

 今回の上映作品は、心の病を抱えた父を守るため、実家の寿司屋を継ごうと決めた女子高生 (芳根京子) の姿を描いた わさび、ソメイヨシノの寿命の真偽を確かめたいと、ひょんなことから知り合った青年 (村上虹郎) とかつての学び舎に確かめに行く老婦人 (吉行和子) の物語 春なれや、そして老老介護の過酷な現実と夫婦愛の深さを描いた 此の岸のこと の3作。

 いずれも夢のように美しい映像と音楽とともに、人生の哀歓を鋭くかつ鮮やかに切り取った傑作短編です。

外山文治監督(左)と二井 9月2日 (土) 夜には、上映前に設けられた外山監督とのトークイベント第4夜が行われ、映画ジャーナリストで書き文字ライターの二井康雄 (家人) が登壇しました。
 テーマは 個人作品が日本映画の復権の可能性を示す時」。

 二井は、「こんな大きなテーマだと、明日まで話しても終わりませんよ(笑)」 などと笑いを交えながら、「今の日本映画は (総体的に) アカンね。 でも、すずきじゅんいち監督、谷口正晃監督など優れた監督も何人かいらっしゃる。 そういう意味では日本映画はまだまだ捨てたもんじゃないし、復権していると言えるかも……。 小栗康平監督は 『映画は妥協の産物だ』 とよくいわれるが、作品の中にどこまで自分のモノを残せるか、そのせめぎ合いなのではないか」 と持論を展開。

 外山監督は、「今は (映画撮影のデジタル化が進み) 誰でもきれいな色で撮れるようになった。 その代わり個性がなくなった。 日本映画の製作は、大手 (映画会社) が9割、僕らのようなインディペンデントが1割を占めているが、大手の製作ではできないことが、個人作品 (自主製作) ではできることもある。 大事なのは、どこまで作品の純度を守れるかだと思う」 と語りました。

 これに対し、二井は 「だからこそ今はチャンスですよ! 他の人と同じことをやったらダメです。 外山監督はこれまで製作、監督、脚本を全て一人で手がけてこられた。 イケメンでいらっしゃるし、次は主演もなされては?(笑)。 日本で近く公開される 『オン・ザ・ミルキー・ロード』 のエミール・クストリッツァ監督のように、製作、監督、脚本、主演と4役をこなした監督もおられるんですよ(笑)」 などと述べた上で、「自らの力量を信じ、信念を貫き通して、いい映画を撮り続けてください」 と外山監督に大きなエールを送りました。

 外山監督は、「先ほど 『映画は妥協の産物だ』 という話がありましたが、僕の映画で妥協したシーンは1つもありません!(笑)。 今回の3作を鑑賞された後、『この作品を見に来たつもりが、それ以外の作品のほうがよかった』 という声も多くいただいている。 どれが一番、自分の今の気持ちにぴったり合うか、そんなところもぜひ楽しんでください!」 と晴れ晴れとした顔で話していました。

 なおトークイベントでは、二井から外山監督に本わさびのサプライズプレゼントが贈られ、会場から拍手と歓声が沸き起こりました (笑)。

 映画監督外山文治短編作品集 は、9月15日(金)まで3週間限定、連日21時より、渋谷のユーロスペースで絶賛上映中!

 個人的には、「此の岸のこと」 で感極まってしまい、嗚咽を漏らさないようにするのに大変でした(汗)。
 よろしければ、この機会にぜひお運びください! ^^)/


※ 「映画監督外山文治短編作品集」 公式サイト

※ 「二井サイト」 ブログ
・ 「映画監督外山文治短編作品集」、9/2トークイベントのご案内  (2017年8月29日付)
・ 「映画監督外山文治短編作品集」、外山文治監督とのトーク  (2017年9月5日付)


※ 写真は、上から
1) 二井が 「映画監督外山文治短編作品集」 の書き文字を担当しました。 ポスターやチラシ、パンフレットなどに採用されています。

2、3) ユーロスペースのロビーで。 外山文治監督 (左) と二井。


スポンサーサイト

  • 2017.09.21 Thursday
  • -
  • 23:50
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
recommend
在日中国人33人のそれでも私たちが日本を好きな理由
在日中国人33人のそれでも私たちが日本を好きな理由 (JUGEMレビュー »)
趙 海成
小林さゆり/訳

【中国人著者が聞き出す本音の日本論】
『それでも私たちが中国に住む理由』、待望の姉妹本!
recommend
今こそ伝える日中100人
今こそ伝える日中100人 (JUGEMレビュー »)
北京大学日本校友会

日本と中国をつなぐ100人へのインタビュー集! 私も紹介していただきました。 お陰様でたちまち2刷に!!
recommend
在中日本人108人のそれでも私たちが中国に住む理由
在中日本人108人のそれでも私たちが中国に住む理由 (JUGEMレビュー »)

中国18都市に住む、日本人108人のリアルな証言! 取材・編集に携わりました。 5刷 好評発売中!
recommend
中国年鑑 (2012年版)
中国年鑑 (2012年版) (JUGEMレビュー »)

最新中国情報を網羅!
「暮らし」を執筆しています。
recommend
中国年鑑 (2011年版)
中国年鑑 (2011年版) (JUGEMレビュー »)

最新中国情報を網羅!
「暮らし」を執筆しています。
recommend
中国年鑑 (2010年版)
中国年鑑 (2010年版) (JUGEMレビュー »)

最新中国情報を網羅!
「暮らし」を執筆しています。
recommend
これが日本人だ!
これが日本人だ! (JUGEMレビュー »)
王 志強
小林さゆり/訳

【読んで首肯するか、立腹するか! ―― 中国人の対日認識を知るための必読書】
2刷 好評発売中!
recommend
北京探訪―知られざる歴史と今
北京探訪―知られざる歴史と今 (JUGEMレビュー »)

「大ブームに沸く 笑いの文化」を執筆しています。
recommend
出張に役立つ中国語―もう困らない、恥をかかない
出張に役立つ中国語―もう困らない、恥をかかない (JUGEMレビュー »)
ニューメディア研究所thinking

2005年アルク刊
コラムを執筆しています。
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM