<< 台湾発・体感型サスペンス・スリラー 「目撃者 闇の中の瞳」、来春日本公開へ! | main | 「和僑と華僑が切り開く、日中の未来」シンポ――和僑・華僑の役割など活発に討論 >>

<フォト特集> 2017年の涼秋を迎えて

  2017年涼秋_1

2017年涼秋_2 【日本 日常 ブログ】

 このブログで不定期ながら続けている、気ままな写真ダイアリー <フォト特集>
 いわば私のブログ版インスタグラムです。

 いささかプライベートな内容でお恥ずかしいのですが、私的な記録と記憶定着のためにゆるゆると続けています。。。 (^^;)>

 それでは2017年秋版として、日常のスナップで近況報告をば致したいと思います。

※ 写真は上から――
1、2) 初秋のころ、あこがれのストーリーテラー・稲川淳二さんの怪談ライブ 「稲川淳二の怪談ナイト」 に出かけました。 この夏リニューアルオープンした会場の日本青年館大ホールは約1250席とかなりのキャパシティですが、満員御礼の大盛況! 稲川ライブ初体験の私も、始まる前から大興奮でした (笑)。

 稲川さんは風邪気味なのか、のどを少し痛めていらしたけれど、臨場感たっぷりの擬声語・擬態語を駆使したおなじみの稲川節は健在!
 稲川さんの茨城にある工房を模したという実物大の舞台セットも、迫力ある音響も、変幻自在のライティングも、いずれも観客を恐怖のどん底に陥れるには十分すぎる演出だった……とサスペンス・ホラー好きな私は大満足で震えていたのでした。 (^m^;)

 2017年涼秋_3  2017年涼秋_4

3、4) 今年のノーベル文学賞を、日系英国人カズオ・イシグロさん (62) が受賞されました。 私も日本人の1人として、素直にうれしく思いました。 長らく不況感の続く出版社や書店にも “イシグロ特需” が生まれているようで、何にしても良かったですよね!

 拙宅の本棚にも、作品がいくつかありました。
 代表作の1つ 『日の名残り』 を原作とした、アンソニー・ホプキンス主演の同名タイトル映画のDVDも、棚のすみに埋もれていました。
 読みたいもの、見たいものが、またまたドッと増えました……。 (^^;)>

  2017年涼秋_5

5) 休日の午後、自転車で足を延ばして、都立小金井公園へ。
 園内の名所 「江戸東京たてもの園」 の玄関前の両側に植えられた2本のキンモクセイは、高さ10メートル、枝幅8メートルもあるという大木です。
 十字型でオレンジ色の小さな花の集まりが、うっとりするような甘い香りを放っていて、思わず引き寄せられました (10月8日)。

  2017年涼秋_6

6) 赤いサルビアと、キバナコスモスが咲きほこっていました (小金井公園)。 赤とオレンジ色の鮮やかなコントラストに、はっと目を奪われました。

  2017年涼秋_7

7) その足でさらに、JR武蔵小金井駅前で開かれた 「小金井ジャズフェスティバル2017」 へ。運営を手がける家人の知り合いに案内をいただきました。
 何組ものミュージシャンが出演されましたが、圧巻は日本におけるブルース・ハーモニカの第一人者、妹尾隆一郎さん (前列左) のライブです!

 一時体調を崩されて今回が2年ぶりのライブということでしたが、見たところお元気そう。
 そして、その哀愁を帯びて歌うような、叫び吠えるような、そして嘆息をもらすようなハーモニカの超絶技巧には、ただただ圧倒されました。

 ハーモニカのみならず “生歌” もすばらしかった。
 アフリカ系アメリカ人 (アメリカ黒人) に歌われた哀歌・ブルース。 暗く寂しい感じの歌が多いのだそうですが、ブルースを愛してやまない妹尾さんの手にかかると、こちらまで途端に愉快に、元気になってしまうのでした。 ^^)/♪♪

  2017年涼秋_8

8) とある日のこと、通りがかった上野公園の上野の森美術館で、「怖い絵」 展を開催していることを知りました。
 まだ午前中でしたが、すでに300メートルくらいの長蛇の列ができていて、待ち時間は約1時間。 「怖い絵」 を見るために行列を作る人たちの多さには圧倒されました。 そして、思いもよらぬ大変な人出のほうが、私には恐怖を覚える出来事でした……。 (^^;)>

2017年涼秋_99) 第48回衆議院議員総選挙の投票日は、10月22日 (日) です。

 もちろん期日前投票・不在者投票を行うこともできます。

 皆さん、投票に行きましょう〜! ^^)/ (写真は10月16日夜、某駅前で)。

 2017年涼秋_10  2017年涼秋_11

10) おまけの1。 「稲川淳二の怪談ナイト」 で、写真中央に恐ろしい手がにゅっと出ていたとか、いなかったとか……。 (^^;)>

11) おまけの2。 毎月の帰省時に、新幹線の車内でいただくお弁当が楽しみの1つ。 これはガッツリ系の常陸牛の牛べん。 おいしゅうございました。 ご馳走さまでした! (^m^) (10月12日)


スポンサーサイト

  • 2017.11.24 Friday
  • -
  • 22:30
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
recommend
在日中国人33人のそれでも私たちが日本を好きな理由
在日中国人33人のそれでも私たちが日本を好きな理由 (JUGEMレビュー »)
趙 海成
小林さゆり/訳

【中国人著者が聞き出す本音の日本論】
『それでも私たちが中国に住む理由』、待望の姉妹本!
recommend
今こそ伝える日中100人
今こそ伝える日中100人 (JUGEMレビュー »)
北京大学日本校友会

日本と中国をつなぐ100人へのインタビュー集! 私も紹介していただきました。 お陰様でたちまち2刷に!!
recommend
在中日本人108人のそれでも私たちが中国に住む理由
在中日本人108人のそれでも私たちが中国に住む理由 (JUGEMレビュー »)

中国18都市に住む、日本人108人のリアルな証言! 取材・編集に携わりました。 5刷 好評発売中!
recommend
中国年鑑 (2012年版)
中国年鑑 (2012年版) (JUGEMレビュー »)

最新中国情報を網羅!
「暮らし」を執筆しています。
recommend
中国年鑑 (2011年版)
中国年鑑 (2011年版) (JUGEMレビュー »)

最新中国情報を網羅!
「暮らし」を執筆しています。
recommend
中国年鑑 (2010年版)
中国年鑑 (2010年版) (JUGEMレビュー »)

最新中国情報を網羅!
「暮らし」を執筆しています。
recommend
これが日本人だ!
これが日本人だ! (JUGEMレビュー »)
王 志強
小林さゆり/訳

【読んで首肯するか、立腹するか! ―― 中国人の対日認識を知るための必読書】
2刷 好評発売中!
recommend
北京探訪―知られざる歴史と今
北京探訪―知られざる歴史と今 (JUGEMレビュー »)

「大ブームに沸く 笑いの文化」を執筆しています。
recommend
出張に役立つ中国語―もう困らない、恥をかかない
出張に役立つ中国語―もう困らない、恥をかかない (JUGEMレビュー »)
ニューメディア研究所thinking

2005年アルク刊
コラムを執筆しています。
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM