<< 「2017年中国留学経験者の集い」のお知らせ 12/8中国大使館で | main | 好評開催中の「ミャオ族の刺繍と暮らし展」、貴州ツアー考えるワークショップも 12/2 >>

図録 『装いの上海モダン―近代中国女性の服飾』―美と合理性求めた叡智を知る

図録『装いの上海モダン』 【中国服 図書 ブログ】

 中国語で 「旗袍」 (チーパオ) と呼ばれる、いわゆるチャイナドレスのコレクターとして知られる広岡今日子さんの企画展 装いの上海モダン―近代中国女性の服飾 が現在、兵庫県西宮市の 関西学院大学博物館 で開催されています。

  (12月16日まで。 共催: 関西学院大学言語教育研究センター)

 広岡さんの数ある中国服コレクションの中から、近代中国女性のモードをテーマに紹介する展示会です。

 とても伺いたいのですが、いかんせん遠く関西へ足を伸ばす機会がなく、残念に思っていたところ、開催に合わせて製作されたという同名タイトルの図録 (=写真、関西学院大学博物館) を、ご恵贈いただきました。
 ありがとうございます!! m(_ _)m

 うれしく拝受し、早速ページを開きました。
 本書には、広岡さんの数あるコレクションのうち、同展で展示されている旗袍やアクセサリー、バッグ、ボタン、刺繍糸などの服飾雑貨、そして広告ポスターなど計50項目が、美しいカラー写真で年代順に収められています。
 赤やピンクといった生地の色の鮮やかなもの、細やかで洗練された刺繍が施されたもの、そしてシースルー素材や総レースなど、時代によって少しずつ変化を遂げる旗袍の数々は、見ていて飽きることがありません。

 広岡さんの解説 「失われた 『旗袍』 を求めて」 によれば、ここでは敢えて、コレクションの中心である昔の仕立てのものを 「旗袍」 と、またボディコンシャスでセクシーなデザインの現在の仕立てのものを 「チャイナドレス」 と分けて呼んでいるそうです。

 20世紀初め、中国史上最後の王朝・清が倒れ、共和制の中華民国が誕生 (1912年) しました。 それにより、新時代の到来を敏感に感じ取ったファッションリーダーたちが、「より活動的な服装」 を求めてリメイクしたのが旗袍でした。
 この 「旗袍誕生前後」 (1920年代) から、旗袍が衰退するまでの年月は 「わずか40年ほどしかない」 といいます。

 なぜ、旗袍という独特なスタイルが当時の中国で誕生したのか? なぜ、旗袍はそれほどまでに早く衰退してしまったのか? なぜ “旗袍史” の最後に流行したというチャイナドレスが定着し、現在に至っているのか? 
 そんな、様々な疑問が広岡さんの解説や図版などを見ることによって、少しずつ氷解していくような気がします。

 「往時の旗袍たちは、女性たちの美と合理性を兼ね備えた服装を求めた叡智と、少しでも美しくありたいと妍を競った執念を今も伝えてくれる」 と広岡さん。

 旗袍という近代中国モードを通して、当時の女性たちの凛とした、美しい生き方が見えてくるかのようです。

 本書にはこのほか、関西学院大学文学部の成田静香教授による 日本人の見た中国服、同大学商学部の藤野真子教授による 旗袍と中国伝統演劇 という解説をそれぞれ掲載するほか、図版 (展示品) の詳しい解説などもあり、読み応えがあります。

 図録を求めたいという方は、(1)関西学院大学博物館で直接購入するか、(2)送料込みの金額を銀行振込すれば、郵送でのお届けも可能だそうです。

 詳細は、下記および 公式サイト でご確認ください。 よろしくお願いいたします!


■ 「装いの上海モダン―近代中国女性の服飾」
【展示概要】
会 期: 2017年10月28日―12月16日
     (前期10月28日―11月22日  後期11月24日―12月16日)
会 場: 関西学院大学博物館 (西宮上ヶ原キャンパス時計台)
開館時間: 9時30分―16時30分 (入館は16時まで)
休館日: 日曜日
共 催: 言語教育研究センター
後 援: 西宮市
 *入館無料


【講演会概要】
「用の美」の衰退―「旗袍」から「チャイナドレス」への変遷をみる
講 師: 広岡今日子氏 (旗袍コレクター、展覧会監修者)
コメント: 江川静英氏 (青森大学教授、国際服飾学会理事)
進 行: 成田靜香氏 (関西学院大学文学部教授)
日 時: 12月2日 13時30分―15時
会 場: 西宮上ケ原キャンパス B号館103号教室
共 催: 言語教育研究センター、国際服飾学会
 *聴講無料、申込不要


【図録のお求めについて】
『広岡今日子コレクション 装いの上海モダン―近代中国女性の服飾』 (関西学院大学博物館)
価格: 900円 (税込)
送料: 1冊はレターパックライト(360円)、その他は問い合わせ

お求め方法: 関西学院大学博物館で、または郵送。
郵送の場合: 関学博物館事務室に電話問い合わせ → 
          博物館から図録と振込依頼書を送付 → 
          送料込みの金額を銀行振込

お問い合わせ: 関西学院大学博物館事務室 (平日9:30〜16:30、電話でのみ受付)

                                                  以上


※ 関連エントリー
・ 企画展 「装いの上海モダン―近代中国女性の服飾」、10/28〜12/16開催へ
  (2017年9月26日付)

スポンサーサイト

  • 2017.12.09 Saturday
  • -
  • 08:30
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
recommend
在日中国人33人のそれでも私たちが日本を好きな理由
在日中国人33人のそれでも私たちが日本を好きな理由 (JUGEMレビュー »)
趙 海成
小林さゆり/訳

【中国人著者が聞き出す本音の日本論】
『それでも私たちが中国に住む理由』、待望の姉妹本!
recommend
今こそ伝える日中100人
今こそ伝える日中100人 (JUGEMレビュー »)
北京大学日本校友会

日本と中国をつなぐ100人へのインタビュー集! 私も紹介していただきました。 お陰様でたちまち2刷に!!
recommend
在中日本人108人のそれでも私たちが中国に住む理由
在中日本人108人のそれでも私たちが中国に住む理由 (JUGEMレビュー »)

中国18都市に住む、日本人108人のリアルな証言! 取材・編集に携わりました。 5刷 好評発売中!
recommend
中国年鑑 (2012年版)
中国年鑑 (2012年版) (JUGEMレビュー »)

最新中国情報を網羅!
「暮らし」を執筆しています。
recommend
中国年鑑 (2011年版)
中国年鑑 (2011年版) (JUGEMレビュー »)

最新中国情報を網羅!
「暮らし」を執筆しています。
recommend
中国年鑑 (2010年版)
中国年鑑 (2010年版) (JUGEMレビュー »)

最新中国情報を網羅!
「暮らし」を執筆しています。
recommend
これが日本人だ!
これが日本人だ! (JUGEMレビュー »)
王 志強
小林さゆり/訳

【読んで首肯するか、立腹するか! ―― 中国人の対日認識を知るための必読書】
2刷 好評発売中!
recommend
北京探訪―知られざる歴史と今
北京探訪―知られざる歴史と今 (JUGEMレビュー »)

「大ブームに沸く 笑いの文化」を執筆しています。
recommend
出張に役立つ中国語―もう困らない、恥をかかない
出張に役立つ中国語―もう困らない、恥をかかない (JUGEMレビュー »)
ニューメディア研究所thinking

2005年アルク刊
コラムを執筆しています。
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM