<< 北京雑感2017 (その5) 祝大家聖誕節快楽! | main | 北京雑感2017 (最終回) 「新時代」 に入った中国 (下) >>

北京雑感2017 (その6) 「新時代」 に入った中国 (上)

スローガン1 【北京 雑感 ブログ】

 このほど、2年ぶりに訪れた北京。
 短期訪問でしたが、それはいわゆる 新時代 に入った中国について、何かと考えさせられる機会でもありました。

 「シャオリン(小林)、私たちが思うに、中国の今年の流行語は 人工智能一帯一路、それに 習近平新時代 よ!」

 北京で再会した中国の恩師夫妻が開口一番、教えてくれたのが、それらの言葉でした。
 出来の悪い生徒でしたが、まじめで責任感の強い恩師夫妻は、いつも私に “生きた中国語” を教えようと心を砕いてくださいます。

 その懸命なお気持ちにどれだけ応えられたか、応えられるかを考えると、胸が痛むばかりですが……。 (ーー;
 それはともかく驚いたのは、“習近平新時代” という、日本にいる私には耳慣れない言葉でした。
 中国がイノベーション大国をめざして開発を進める “人工智能” (人工知能、AI) や、広域経済圏構想の “一帯一路” であれば、確かに今年話題になった言葉だと思うのですが……。

 「新時代」 は確かこの秋、北京で開催された中国共産党の第19回全国代表大会 (第19回党大会、「十九大」) で、習近平総書記 (国家主席) が行った異例の3時間半に及ぶ中央委員会報告 (政治活動報告) に出てきた言葉だったはずです。
 党大会は5年に一度、中国共産党が開く最重要会議。 今後5年間の中国の基本方針が、この党大会で決定されるといっても過言ではありません。

 それにしても、“習近平新時代” って!?
 習近平氏は確かその時、「“新時代の中国の特色ある社会主義思想” (中国語=新時代中国特色社会主義思想) を長期にわたって堅持しなければならない」 などと演説していたはずです。
 だから、いくら中国政治に疎い私でも、「新時代」 という新しい言葉には多少注目していました。
 なのになぜ、どうして、いつからそれが 「習近平新時代」 という名前を冠した熟語に切り替わったのでしょう?

  スローガン2

 帰国後、改めて調べてみると、日本の複数のメディアが 「党大会最終日の (10月) 24日には、この思想にみずからの名前を冠した 『習近平による新時代の中国の特色ある社会主義思想』 を党規約に盛り込む案を全会一致で採択した」 (NHK) などと伝えていました。

 この 「習近平による新時代の中国の特色ある社会主義思想」 は、中国語では 「習近平新時代中国特色社会主義思想」 というのだそうです。
 そうだったのか! わかりました!
 つまり、この長々しい言葉を略したのが 「習近平新時代」 で、それが今年の流行語だよ、と恩師は教えてくれたのでしょう。 なるほど、合点がいきました。

 さらに調べてみると、これまで党規約に名前が載っていたのは、“建国の父” 毛沢東の 「毛沢東思想」 と、“改革開放の総設計師” といわれた小平の 「小平理論」 の2つだけ。

 習近平氏の指導理念 「習近平新時代」 は、歴史的指導者のそれと並ぶ重要な理念として、党規約に権威のくさびを打ち込んだのでした。

 おそらくこれから中国では 「毛沢東思想」 「小平理論」 「習近平新時代」 の3つが、歴史的指導者の重要理念として語り継がれることになるのでしょう……。

  (この稿、つづく)


※ 写真は上から、
1) 街のいたるところで政治スローガンを見かけた。 「共産党が素晴らしく、百姓 (庶民) はうれしい」 というスローガン。
2) 歩道橋にかけられた横断幕には、「党の十九大精神の貫徹を深く学び、新時代の中国の特色ある社会主義の偉大な勝利を全力で勝ち取る」 とあった。


スポンサーサイト

  • 2018.12.16 Sunday
  • -
  • 12:20
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
  • この夏最強のエンタメ映画 「カメラを止めるな!」、ホラーコメディーの新境地を切り開く!
    しゃおりん (08/14)
  • この夏最強のエンタメ映画 「カメラを止めるな!」、ホラーコメディーの新境地を切り開く!
    にこにこのujicyan (08/13)
  • 中国の最新アニメ 「魔道祖師」、公開後まもなく4000万PVでテンセント人気トップに
    しゃおりん (07/13)
  • 中国の最新アニメ 「魔道祖師」、公開後まもなく4000万PVでテンセント人気トップに
    阿井 (07/13)
  • 平和友好条約40周年・第1回「忘れられない中国滞在エピソード」、6月より募集スタート
    しゃおりん (06/09)
  • 平和友好条約40周年・第1回「忘れられない中国滞在エピソード」、6月より募集スタート
    田嶋宏昭 (06/09)
  • 四川大地震から10年、5月12日を「感謝の日」に制定
    しゃおりん (05/12)
  • 四川大地震から10年、5月12日を「感謝の日」に制定
    楊玉環 (05/12)
  • 中国旅行口コミランキング発表、外国目的地では東京、北海道がやはり人気
    しゃおりん (05/12)
  • 中国旅行口コミランキング発表、外国目的地では東京、北海道がやはり人気
    omachi (05/11)
recent trackback
recommend
在日中国人33人のそれでも私たちが日本を好きな理由
在日中国人33人のそれでも私たちが日本を好きな理由 (JUGEMレビュー »)
趙 海成
小林さゆり/訳

【中国人著者が聞き出す本音の日本論】
『それでも私たちが中国に住む理由』、待望の姉妹本!
recommend
今こそ伝える日中100人
今こそ伝える日中100人 (JUGEMレビュー »)
北京大学日本校友会

日本と中国をつなぐ100人へのインタビュー集! 私も紹介していただきました。 お陰様でたちまち2刷に!!
recommend
在中日本人108人のそれでも私たちが中国に住む理由
在中日本人108人のそれでも私たちが中国に住む理由 (JUGEMレビュー »)

中国18都市に住む、日本人108人のリアルな証言! 取材・編集に携わりました。 5刷 好評発売中!
recommend
中国年鑑 (2012年版)
中国年鑑 (2012年版) (JUGEMレビュー »)

最新中国情報を網羅!
「暮らし」を執筆しています。
recommend
中国年鑑 (2011年版)
中国年鑑 (2011年版) (JUGEMレビュー »)

最新中国情報を網羅!
「暮らし」を執筆しています。
recommend
中国年鑑 (2010年版)
中国年鑑 (2010年版) (JUGEMレビュー »)

最新中国情報を網羅!
「暮らし」を執筆しています。
recommend
これが日本人だ!
これが日本人だ! (JUGEMレビュー »)
王 志強
小林さゆり/訳

【読んで首肯するか、立腹するか! ―― 中国人の対日認識を知るための必読書】
2刷 好評発売中!
recommend
北京探訪―知られざる歴史と今
北京探訪―知られざる歴史と今 (JUGEMレビュー »)

「大ブームに沸く 笑いの文化」を執筆しています。
recommend
出張に役立つ中国語―もう困らない、恥をかかない
出張に役立つ中国語―もう困らない、恥をかかない (JUGEMレビュー »)
ニューメディア研究所thinking

2005年アルク刊
コラムを執筆しています。
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM