<< 2018年 第90回アカデミー賞、中国語表記は? | main | 「中国第六世代の作家たち」特集で「天安門、恋人たち」など上映へ―早稲田松竹 >>

中国映画祭「電影2018」が開幕―中国で大ヒット「芳華」など最新10作品、日本初公開へ!

中国映画祭パンフレット 【中国 映画 ブログ】

 最新の中国映画を日本に紹介する中国映画祭「電影2018」 が3月8日午後、東京・港区のTOHOシネマズ 六本木ヒルズで開幕しました。

 3月14日(水) まで、東京、大阪、名古屋の3都市で開催されます。

 ラインナップは、2018年公開予定作を含む最新の中国映画10作品で、すべて日本初公開となります。

 2017年の日中国交正常化45周年、また今年の日中平和友好条約締結40周年を記念する事業の一環で、主催は独立行政法人国際交流基金、公益財団法人ユニジャパン、上海国際影視節中心。

 オープニングセレモニーには、主催者側から安藤裕康国際交流基金理事長、於侃上海国際影視節中心総経理助理、来賓として西村康稔内閣官房副長官、程永華駐日中国大使らが出席しました。
安藤裕康国際交流基金理事長 安藤理事長は、「このところ日中両国間で、映画をめぐる交流が活発化している。
 (昨年の) 日中映画共同製作協定の原則合意、そしてその具体的な成果として 『空海』 や 『マンハント』 など日中共同製作映画の完成、さらには今回のような日中映画の相互上映、日中映画人の相互交流などが挙げられる。
 映画というのは国際交流を活発化させる有効なツール。 映画を通じた日中友好がさらに深まるよう祈念する」 とあいさつ。

 同映画協定の大筋合意により、日中間の映画交流が具体的な成果を上げている現状が紹介されました。

 続いてあいさつした於侃助理によれば、今回の “新作映画相互上映” の一環として昨年12月に上海 深圳、昆明の3都市5カ所の映画館で 「君の名は。」 など10本の日本映画を上映、全45回上映し、観客動員数はのべ1万7184人に達したとのこと。 おそらく毎回映画館が満席となる盛況ぶりで、各地の人々の日本映画への関心が高いことがうかがえました。

西村康稔内閣官房副長官 国会会期中の忙しい合間を縫って出席した西村官房副長官は、「私自身、20年ほど前に経済産業省で映画産業の振興 (施策) に携わっていたので、映画に対する思いは人一倍ある。
 映画は国境を超えて人々の心に訴え、交流に深くつながっていくもの。
 (今年の) 日中平和友好条約締結40周年の機会に、この映画祭で、日本の皆さんにも中国映画を理解していただき、感動をぜひ味わっていただければ……」 などと祝辞を述べました。

程永華駐日中国大使 程永華大使は、「(平和友好条約締結40周年を記念した映画祭を迎え) この40年は、中日間で映画交流が非常に発展した時期であった。
 中日合作映画として過去には 『敦煌』 や 『鑑真』 (日本語題 『天平の甍』)、『未完の対局』 など、最近では夢枕獏先生の原作、チェン・カイコー監督の 『妖猫伝』 (日本語題 『空海』) などがあり、私も拝見した。

 最近、結ばれた中日映画共同製作協定 (原則合意) は、両国映画交流の動きを進める大きな動力になるだろう。
 今回上映される中国映画を通じて、日本の皆様には、様々な中国の顔、新たな発展に向けて躍動している中国の姿をご覧いただけるものと確信する」 などとあいさつしました。

 大鵬さん 忻坤監督

 この後、中国から招かれたスペシャルゲストとして、今回の上映作品 「シティ・オブ・ロック」 の監督・主演を務め、「奇門遁甲」 でも主演した大鵬 (ダー・ポン) さん、上映作品 「無言の激昂」 の忻坤 (シン・ユークン) 監督、同作品プロデューサーの温素純 (ウェン・スーチュン) さんが登壇。

 「今回は初来日で、街の様子、風景など、何を見ても興味深いし特別な感覚だ。 もっと日本を知りたいし、日本の皆さん、映画人と交流したい」 (忻坤監督) などと日本の印象などについて披露してくれました。

「芳華」中国版ポスター セレモニーを前に上映されたオープニング作品は、中国で大ヒットを飛ばした馮小剛 (フォン・シャオガン) 監督の最新作 芳華-Youth-です。

 激動の1970年代、文工団 (文芸工作団、軍隊芸術団) で、歌舞演劇に情熱を捧げる若者たちの恋や苦悩を鮮やかに描いた感動作。 自身も団員だったシャオガン監督の青春時代が色濃く投影されて共感を呼び、上映1カ月で興収230億円を記録するなど大きな話題となりました。

 映画は135分の大作ですが、さすがは人物の内面を描いて定評のあるシャオガン監督。
 文化大革命、毛沢東死去、改革開放、中越戦争、そして発展する現代へと、歴史に翻弄された若者たちの姿が圧倒的リアリティーをもって鮮烈に描かれており、思わず映画にのめり込みました。
 これは、あの激動の時代を経てきた中高年世代に受け入れられることが、頷けるというものです。

 それにこの作品、「昔は良かった」 的な平凡なノスタルジアを誘うだけではありません。 時代とともに変わりゆく社会や人々を対比させ、「人としてどう生きるべきか」 を深く問いかけているような気がしました。

 さらには心に刺さるセリフ、考えようによっては鋭いメタファも随所に散りばめられていて、なかなか奥深い作品だと思いました……。

 記念撮影

 映画祭は、10日まで東京、10〜12日大阪、12〜14日名古屋でそれぞれ開催されます。
 最新の中国映画を通し、日本にいながらにして “中国の今” を知る、またとないチャンス! お誘いあわせの上、ぜひお運びください! ^^)/

 日程、チケットなど詳しくは公式サイト 「日中国交正常化45周年記念 日中映画交流事業 電影2018」 でご確認ください。
 

※ 写真は上から
1) 中国映画祭パンフレット
2) 安藤裕康国際交流基金理事長
3) 西村康稔内閣官房副長官
4) 程永華駐日中国大使
5) 大鵬さん
6) 忻坤監督
7) 馮小剛監督の最新作 「芳華」 の中国版ポスター。
8) オープニングセレモニーの主催者、来賓、ゲストなど記念撮影 (2018年3月8日)


※ 関連エントリー
・ 中国映画祭「電影2018」、東京、大阪、名古屋で3月開催へ―中国で大ヒット「芳華」など最新10作品が日本初公開!  (2018年2月6日付)

・ 中国映画祭「電影2018」 オープニングは「芳華」、中国版「ナミヤ雑貨店の奇蹟」も上映へ  (2018年2月17日付)

・ 映画「空海」公開に合わせチェン・カイコー監督来日、「中国歴史上の“夏”を見て」
  (2018年2月24日付)    ……ほか


スポンサーサイト

  • 2018.09.17 Monday
  • -
  • 15:20
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
  • この夏最強のエンタメ映画 「カメラを止めるな!」、ホラーコメディーの新境地を切り開く!
    しゃおりん (08/14)
  • この夏最強のエンタメ映画 「カメラを止めるな!」、ホラーコメディーの新境地を切り開く!
    にこにこのujicyan (08/13)
  • 中国の最新アニメ 「魔道祖師」、公開後まもなく4000万PVでテンセント人気トップに
    しゃおりん (07/13)
  • 中国の最新アニメ 「魔道祖師」、公開後まもなく4000万PVでテンセント人気トップに
    阿井 (07/13)
  • 平和友好条約40周年・第1回「忘れられない中国滞在エピソード」、6月より募集スタート
    しゃおりん (06/09)
  • 平和友好条約40周年・第1回「忘れられない中国滞在エピソード」、6月より募集スタート
    田嶋宏昭 (06/09)
  • 四川大地震から10年、5月12日を「感謝の日」に制定
    しゃおりん (05/12)
  • 四川大地震から10年、5月12日を「感謝の日」に制定
    楊玉環 (05/12)
  • 中国旅行口コミランキング発表、外国目的地では東京、北海道がやはり人気
    しゃおりん (05/12)
  • 中国旅行口コミランキング発表、外国目的地では東京、北海道がやはり人気
    omachi (05/11)
recent trackback
recommend
在日中国人33人のそれでも私たちが日本を好きな理由
在日中国人33人のそれでも私たちが日本を好きな理由 (JUGEMレビュー »)
趙 海成
小林さゆり/訳

【中国人著者が聞き出す本音の日本論】
『それでも私たちが中国に住む理由』、待望の姉妹本!
recommend
今こそ伝える日中100人
今こそ伝える日中100人 (JUGEMレビュー »)
北京大学日本校友会

日本と中国をつなぐ100人へのインタビュー集! 私も紹介していただきました。 お陰様でたちまち2刷に!!
recommend
在中日本人108人のそれでも私たちが中国に住む理由
在中日本人108人のそれでも私たちが中国に住む理由 (JUGEMレビュー »)

中国18都市に住む、日本人108人のリアルな証言! 取材・編集に携わりました。 5刷 好評発売中!
recommend
中国年鑑 (2012年版)
中国年鑑 (2012年版) (JUGEMレビュー »)

最新中国情報を網羅!
「暮らし」を執筆しています。
recommend
中国年鑑 (2011年版)
中国年鑑 (2011年版) (JUGEMレビュー »)

最新中国情報を網羅!
「暮らし」を執筆しています。
recommend
中国年鑑 (2010年版)
中国年鑑 (2010年版) (JUGEMレビュー »)

最新中国情報を網羅!
「暮らし」を執筆しています。
recommend
これが日本人だ!
これが日本人だ! (JUGEMレビュー »)
王 志強
小林さゆり/訳

【読んで首肯するか、立腹するか! ―― 中国人の対日認識を知るための必読書】
2刷 好評発売中!
recommend
北京探訪―知られざる歴史と今
北京探訪―知られざる歴史と今 (JUGEMレビュー »)

「大ブームに沸く 笑いの文化」を執筆しています。
recommend
出張に役立つ中国語―もう困らない、恥をかかない
出張に役立つ中国語―もう困らない、恥をかかない (JUGEMレビュー »)
ニューメディア研究所thinking

2005年アルク刊
コラムを執筆しています。
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM