<< 『暮しの手帖』 に コラム「変わる五輪都市」 | main | 〈中国報道〉 ギョーザ輸出は日本だけ!? >>

火中の冷凍ギョーザを求めて

   冷凍ギョーザ   冷凍ギョーザ2

ゆでたてギョーザ 中国産冷凍ギョーザを食べた千葉、兵庫両県の計10人が激しい中毒症状を訴えていたことが30日、日本のメディアに報じられました。 両県警の鑑定によると、メタミドホスなどの高濃度の有機リン系農薬が検出されたそうです。

 中毒症状が現れた10人はいずれも回復したか、快方に向かわれているとのことですが、思わぬ災難にご同情申し上げるとともに、1日も早く完治されることを心よりお祈りするものです……。

 ところでこの日、外出から戻ったところへかかってきたのが、長野の実家からのスカイプ電話。 「なにか用〜?」 と、のん気に応じた私を、母は一喝したのでした。
 冷凍ギョーザは、食べないで!!」 

 ふだんは余程のことでもなければ、実家から電話などありません。 日本のBS放送が入らない北京の我が家では、いつになくまくしたてる母のようすで、ことの重大さを知ったのでした。

 しかし、「火中の栗を拾う」 ということわざもあるとおり、やじうま根性丸出しの私はさっそく、近所の大型スーパーへと向かいました。 あくまでも自己責任を負う覚悟で、火中の冷凍ギョーザを求めるためです。
 北京市のほぼ中心部にある繁華街の崇文区 (すうぶんく) には、約13万区民の胃袋を満たす市場やスーパー、デパートが数多く集まっています。 その中のひとつ、S商場の地下スーパーは、崇文区でも1、2の規模と品数をほこる人気店です。

 広々とした冷蔵・冷凍食品コーナーで見つけたのは、ジャッキー・チェンがイメージ・キャラクターに起用された冷凍食品大手 「思念食品」 の水餃子。 同社は、北京五輪の冷凍食品部門の独占サプライヤーで、パッケージには 「」 の文字と 「」 の形をデザインした北京五輪のロゴマークがついていました。 小ぶりのギョーザ24個入り (450グラム) で、4.99元 (1元は約15円、約75円) と、地元の物価からしてもかなりのお手ごろ価格です。
 ほかに、「毛毛」 「三全」 「鳳竜」 などの大手メーカーの各種ギョーザがありましたが、今回の “問題ギョーザ” の製造元である中国の食品会社 「天洋食品廠公司」 (河北省) の商品は見あたりませんでした。 公式サイトによると、同社は正式には 「河北省食品進出口 (集団) 天洋食品廠」 といい、冷凍食品の加工と輸出を主な業務としています。 どうりで、全国規模ではあまり知られないメーカーだったというわけです。

 おりしも、民間で最大の年中行事である春節 (旧正月、今年は2月7日) を間近に控えた中国。 旧暦の大晦日には家族そろって手作りギョーザを食べる風習がありますが、慌しい現代では、手軽な冷凍ギョーザがもてはやされるようになりました。 この日も、スーパーではギョーザのパックをいくつも買い込む客の姿が見られました。
 今回のギョーザ事件の波紋は、日本でのみ広がったわけではありません。 春節を前にした中国、そして中国食品を輸入する全世界に及んでいます。 「ジェイティフーズ」 (東京・品川区) ら輸入元には、速やかな事実解明と情報公開をお願いしたいところ。 事態を重く見た中国当局も、即座に全面的な調査を始めたもようです。

 餃子 (ジャオズ) は、「子」 の時刻に新年が交わる (交子=ジャオズ) という発音と意味を兼ね備えた、縁起のいいい食べ物です。 春節を前に、一刻も早い事態収拾を願いつつ、ジャッキー・チェンのお勧めギョーザに舌鼓を打ったワタクシでした。


※ 写真は、北京市内のスーパーで売られる冷凍ギョーザ (上)、ゆでたてギョーザ (下)。

スポンサーサイト

  • 2017.02.23 Thursday
  • -
  • 09:05
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク
コメント
きのう、S商場の地下スーパーで冷凍餃子買いました。
なにやら昨日は正月期間開始の節目で大掃除して餃子を食べるとか。
頭に農薬農薬農薬の字がよぎりながらおいしくいただきました。
  • TKM
  • 2008/01/31 1:07 PM
日本では大騒ぎになっていますね。
でも中国はこれから春節=餃子ですから。

こちらのメディアでは、特に報道されていないようですが、どこかに出てますか?
報道規制?興味なし?日本のホラだと思ってる?

今回の騒動で最もいけないのは、「天洋食品」の対応です。日本の報道が正しいとすれば、日本などのメディアからの問い合わせに対して、この会社は「何の証拠があるんだ」と恫喝したそうです。
この対応が一番いけない。こんなことをしていたら中国の企業はいつまでたってもまともになれない。中国であれ日本であれ、お客様にもしものことがあれば企業は責任を取らなければならない。この会社はわかっているのか!こんな企業つぶしてしまえ、と思います。

これから中国も世界に冠たる企業がたいさん輩出されるはずです。だからこんななさけない対応はぜひやめさせてもらいたい。猛省を促します。
TKMさん、こんにちは! ご無沙汰しております。
そうですか、昨日、S商場の地下スーパーで冷凍餃子を・・・。すれ違っていたかもしれませんね!? 

今回の事件は、残留農薬のレベルではなく、高濃度の農薬がいずれかの段階で混入したものなのだとか・・・。

真相究明が待たれるとともに、今日のランチもまた、残りのギョーザだった私でした(笑)
ひろちゃいな様、ありがとうございます。
中国国内のメディアは私も注目していますが、やはりよくわかりませんね。ただ今回は、中国国家品質監督検査検疫総局が、日本側と連絡をとりながら、ただちに調査に着手したところは、迅速な対応だったのではないでしょうか。
一刻も早い調査結果が待たれるところです。

「天洋食品」の対応・・・そうですね。
中国企業の中には、まだまだブランディング力とか、お客様サービスといった面で、発展途上の企業があるのだと思います。

じつはちょっと蛇足ですが・・・。
昨日、ギョーザのことでボーッとしていた私は、ギョーザとパンと牛乳を買ってレジを出た際、買ったものが2つに分けられていたことに気づかずに、ギョーザだけを持って帰宅。あわててレシートを持って、スーパーに向かったら、なんと、スーパーのサービスコーナーに
私が買ったパンと牛乳が届けられているではありませんか!! レシートを見せて無事に手元に戻りましたが、これはある意味、感激でした。絶対ありっこない、と思っていたので。
中国も、徐々にではありますが、消費者サービスの意識は高まっていると思いました!

しかし、ひろちゃいなさんのご発言もすごいですよ(笑)。きっと、完璧主義者でいらっしゃるんでしょうね。
北京ではお世話になりありがとうございました!とても楽しい時間を過ごさせていただきました。
帰国後すぐ知ったのは冷凍餃子の事件。
しゃおりんさんもすぐアップ。さすが早いですね。しかも買いに行ったとは、なんともたくましい(笑)
ちなみに今回街角で肉まん(ショーロンポウ?)食べましたがめっちゃ美味しいですね♪

  • 兎子
  • 2008/01/31 3:06 PM
兎子さん、ありがとう!!
あーん、兎子さんの出発までに電話を入れようと思っていたんだけど、ごめんなさいーーー!!! ここ2日ほど出かけていて、おまけに今回のギョーザ事件。。。けっこう動揺しましたよーー。とかいいながら、しっかりギョーザを食べましたが。。。

ちょっとバタついていて、房山区の件、アップできなかったらこちらもゴメン! わたし的には、兎子さんの日記で満足しています(笑)
と、ほとんど内輪のコメントで、これまた失礼しました。

またこれからもよろしくねーー!!
しゃおりんさん。同じ中国で働くものとして、いろんなことを辛抱強く見守って行きたいという気持ちは同じです。
スーパーでご経験された中国人のサービス感覚は、僕も評価しています。基本的に普通の中国人は、とても親切で世話好きな愛すべき国民なんです。

でもこのケースは違います。僕は完璧主義者でもなんでもありません。こういうことははっきりいわなければ、友人ではありません。この会社の広報対応は客をなめています。世界を相手にビジネスをなめています。すぐに責任者が日本に飛んできて、調査に協力し、もし「天洋食品」に非がないなら、堂々と主張していいのです。
日本のマスコミもお行儀が悪いし腹が立つと思いますが、この会社が相手にしているのは、日本および世界の消費者なんです。
はっきり言って企業として存在する資格のない対応です。

中国政府の対応はこれから見守りたいです。オリンピックを控えて正念場になると思います。中国政府は絶対”言い訳”をしないで、真実の解明に協力すること。何も「天洋食品」の責任だと決まったわけではないのです。これができるでしょうか?
また、日本政府の後手後手にまわった対応もいけません。日中が協力し合ってどこまで消費者(国民)のための解決ができるか、そこが注目される大事件だと僕は思います。
ひろちゃいな様、ご丁寧なコメントありがとうございます。
もちろん、私も相手に完全なる非があり、それによって双方が損害を受け、不幸になるのであれば、相手にはっきり誤っていることを主張すべきだと思いますし、私もそのようにしているつもりです。
中国では案外、主張が通ることもあり、「郷に入りては・・・」を実感することも多々。

ただ「天洋食品」で応対したのが広報の人間だったのか? ふつうの職員だったのではないですか? それだったらそれなりの返答があるまでですし、それ以上の対応を求めるほうが「ないものねだり」なのではないでしょうか?

ひろちゃいなさんもおっしゃっていますが、
〈何も「天洋食品」の責任だと決まったわけではない〉のです。そして、たとえ「天洋食品」の責任であったとしても、
〈こんな企業つぶしてしまえ、と思います〉
というご発言は、個人的にはどうかと思ったしだいです。
日本人の担当者を配置するなどして商品管理を厳格に行ってこなかった、日本側の輸入元・販売元の責任も大きいはずです。輸入大国の日本が、なにか事が起こったときに、他国の工場なり、人間なりに責任をなすりつけるのは、どうかと思うわけなのです。

きっと今の日本は、中国に対して、総スカン状態なのでしょう。私のほうが考え方が甘いのかもしれませんが・・・。工場をつぶすまでもなく、輸出先の日本企業がすべからく離れ、「天洋食品」はお先真っ暗。ただ、そこから本当にはいあがって再生し、世界の信頼をかちとれるかどうか。そこにこそ「天洋食品」の真価が問われるのだろうと思います。

って、まだ「天洋食品」の責任と決まったわけではないのでしょうけれども・・・。

 日本では、もうどこもかしこも、あほな報道ばかりで、うんざり。日本の企業のもうけ体質が、いちばんの問題とちゃいまっか。さんざん中国のおかげで儲けておきながら、食中毒を起こしたからといって、それがなんやねん、と言いたくもなる。
 世の中には、適正価格があって、食べ物には、地産地消というまっとうなことがある。
 さきに富を手にした連中が、これから富を得ようとしている人間を踏みつけて、いまの食がかなりの部分で成り立っている。
 おごりたかぶる文明国に、神が下した鉄槌、ですなあ。世界じゅうから食べ物を買いあさる日本には、食べ物が食べ物に見えない。札束に見えるんですわ。
 しゃおりんさんのご指摘、もっともです。
 ご異論は承知。あくまで、とらやんの感想。これから先、もっと「常識」「五感」で「食」を判断しはったらどやねん。
 ほなまた。
 
  • とらやん
  • 2008/01/31 9:20 PM
とらやん様、ありがとうございます!
日本の報道(とくにテレビ)が見られないので、どのような報道合戦になっているのか、「井の中の蛙」なのですが・・・。

まあ、「二八」(ニッパチ)とよくいいますよね。二月と八月には、大したニュースがなくなるという意味ですが、大衆ウケ狙いのワイドショー的報道には、かっこうの餌食であり、ターゲットになっているのでしょうね。
「段ボール肉まん」につづく「毒入りギョーザ」は・・・。

ちなみにワタクシ、それなりの常識と五感と第六感?をもって、食材を選んでいます。もちろんふつうの街角の肉まんも、水ギョーザも、中国風クレープもいただきますが、食あたりを起こしたことは、中国に住んで以来7年間というもの、一度たりとてありません!!

だからどうなんだ、というお叱りの声が聞こえてきそうですが・・・。
まあ、そんなデリカシーのないオンナも世の中にはいるというわけです。
 だいぶ視点がずれているようで・・・。 
 べつに、しゃおりんさんの五感や常識に言及したのではなく、ここ40年ほどの、日本のとった食料政策から、どうやって我が身を守るかについて、感想を述べただけ。
 しゃおりんさんの性格、面目躍如のお答えとして、承りますね。
 日本の報道は、もうワンパターン。鬼の首をとったように、これで五輪ができるんかいなとか、もうみそもくそもいっしょに、ギャアギャア言うてますわ。とくに、中国を愛するがゆえのご批判、と称する人たちの表現。 
 それみたことか、いままでもこれこれの前科、これでは中国はいつまでたっても云々、もうメイドインチャイナは断固拒否エトセトラ。 あのなあ、おまえは、いま、何を食べて生きてるねん? といいたくなるような報道ぶりですわ。
 ネットで日本の新聞読めば、とらやんの通訳なんか不要。
 たかがミシュランくらいで騒ぐお国がら。もはや日本には、本来の食文化は存在せず。
 国の崩壊は、気がつかないスピードで始まっているようでっせ。
 だれがどこでなにをつくって、なにをたべてどうなったかといった議論ですむことではないような感じですわ。
 ほな今晩も、中国のにんにくをたっぷり使って、ギョーザをたくさん作って、冷凍しときます。
 ほなまた。
  • とらやん
  • 2008/01/31 10:59 PM
とらやん様、度々ありがとうございます。
本当ですよね。自給自足100%ならいざしらず、外国産食品で生きている日本人が、よくそんなことを言えたものです。

揚げ足取りをしているうちに、日本はそのうち、あっという間に追い抜かれます。そのとき、訳知り顔のコメンテーターたちは、どんな解説をするのでしょうね。

手作りの冷凍ギョーザですね!
食べ過ぎて、食あたりなんてことになりませんように!(笑)
それよか、ちゃんと冷凍保存しておいて、今度ご馳走してください!!(笑)
 枝豆、タイ。やきとり、ブラジル。たこさし、モロッコ。えび、インドネシア。
 で、毎晩、日本を支えるおっさん連中が、口角泡をとばしてビールを呑んではります。 映画「七人の侍」のせりふに「勝ったのは農民」とある。自給率まだ40%以下。
 わが大和島根は、いずこへ。
 しゃおりんさんのためなら、ベランダでニラを栽培、もうギョーザでもパオズでも獅子頭でも豆腐脳でもサンラーフェンでもレバニラ炒めでもなんでも作って、冷凍保存しときます。
 エネルギー、食料が、国家戦略にならないような世界、それがユートピア、シャングリラでっせ。
 なにを食べても、したたかに生き抜く。この覚悟ができるかどうか。ボロ靴だって、食べる映画のリアリティ、暗喩、予測を、ぼくたちはどう感じるか。
 ほなまた。 
  • とらやん
  • 2008/02/01 1:05 AM
本日の中国の国家品質監督検査検疫総局の記者会見の内容を福島さんのブログで読みました。中国当局の姿勢は毅然としており、言い訳もなく冷静で好感のもてる対応です。

皆さんにお聞きしたいのですが、こういう場合、企業である「天洋食品」の幹部がマスコミに出ることがないのは、中国だからでしょうか?検査の結果がシロだったわけですから、本当は毅然と発表したいでしょうが、たぶん出してもらえないのでしょうね。

本件は、かなり複雑になってきました。事件性を帯びてきましたので、迷宮入りする可能性がありますね。日中の当局が合同で”科学的に”捜査を行うことで、双方の信頼も醸成されますし、今後の発表も概ね信頼できると感じました。
 補足をひとつ。日本のテレビは「検疫」というところを「検閲」と報道。すぐ、お詫びのコメント。どの局とは言いませんが、この程度の認識ですわ。
 日本の中国蔑視を見透かす、中国寄り似非ジャーナリズムに、とらやんは腹が立ってまんねん。それほど、中国が好き。それだけ。
 ほなまた。
 ほなまた。
 ほなまた。
  • とらやん
  • 2008/02/01 1:31 AM
ひろちゃいな様、とらやん様

度々のコメントありがとうございます!
それにしても、高濃度の毒物が、いつ、どこで、どのように入ったのか??
ナゾは深まるばかりです。

朝日新聞のネット版に、このような記事がありました。
【なぜギョーザに毒物、深まる謎 「包装」「打ち粉」説…】2008年01月31日22時30分

〈中京学院大中国ビジネス学科の久野輝夫助教によると、中国では10月1日の「国慶節」のころ1週間ほど工場が止まる。その前に虫の卵がつかないよう倉庫を燻蒸(くんじょう)する習慣があるという。

 問題の製品は昨年10月1日と20日の製造。倉庫内に保管されていた袋も燻蒸され、薬剤が残った状態で休み明けにギョーザが詰められた――。

 「包装に農薬が付いていれば、ギョーザ一つひとつを調べても検出されない。全国各地で被害が出たのは、その時の袋が各地に出荷されたからではないか」と話す。〉

同じ日に製造された冷凍ギョーザや他の商品でも、メタミドホスが検出されないものがあったそうです。ということは、やはり内容物ではない??

何ものかが、天洋食品または中国製品を貶めるために、毒物を注入した??
または、久野助教のいう「燻蒸」か??
でも「燻蒸」なら、当日のすべてのパッケージから検出されるはずですよね。うーむ、ますますわからなくなってきました。

日本での被害報告が400人以上・・・。

これ以上、拡大しないことを願うばかりです。
被害者の早期回復をお祈りいたします。
久野の意味する「薫蒸」とは「殺虫作業」のことです。中国では商品倉庫の「殺虫」作業が行われていたのではないかとの推測からです。久野はこの工場にも行ったことがあります。製品の保管されていた「冷蔵倉庫」での保管も疑いあると思います。
  • 久野輝夫
  • 2008/02/04 8:01 PM
久野輝夫先生、自らのコメントでございますか? 誠にありがとうございます! 非常に光栄に存じます。

最近の報道によると、パッケージがべたついていたものもあったそうですね。となると、国慶節前に「殺虫作業」を入念に行った、その結果なのかもしれません。

「冷蔵倉庫」での保管は4日間で、メタミドホスが検出された製品の接点は、ここでしかありえない・・・という見解もありました。

やはり中国での「管理ミス」が問題だったのでしょうか? 

科学的根拠のない、素人の憶測は慎みたいと思いますが、1日もはやく真相究明が成されますように、また被害者の早期回復をお祈りしています。
昨年、工場では2回の殺虫作業を行っているとの発表です。やはり、ここにも問題があると思います。この先、どのようになるのか・・・・ 中国からのニュースでは「旧正月が終わってから工場は稼動しない」との情報が入っています。
  • 久野輝夫
  • 2008/02/06 2:42 PM
久野輝夫先生、直々のコメントありがとうございます!!
本日(2月6日)正午のCCTVニュースは、ギョーザ事件を久々に報道しましたが、「日本政府調査団が『天洋食品』工場を視察した結果、衛生管理が行き届いており、毒物は発見されなかった」ことを強調していました。
むやみに騒ぎ立てて、混乱を招かないとする中国側の報道姿勢がうかがえます。

年2回の殺虫作業も、報道によると中国側は低濃度の殺虫だったと主張しているとか。

“落としどころ”が「個別の犯罪だった」という方向に向かっているようですが、なおも真相は闇の中ですね。静かに見守りたいと思います。

それにしても、春節明けに職を失うかもしれない労働者たちがかわいそうです(なんてことを日本で言ったら、袋叩きに合いますかね??)
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
探偵・調査の大阪府興信所
企業信用調査、個人信用調査、人事調査、盗聴機器発見、素行調査、浮気調査、 結婚詐欺等の不安を一掃する為の交際相手の調査など企業から個人の調査に至る まで探偵調査業務は全国対応の大阪府興信所にご相談下さい。
  • 大阪府興信所
  • 2008/01/31 12:01 PM
毒入り餃子製造元『天洋食品工場』へようこそ。
私たち『天洋食品工場』は河北省食品輸出入集団公司の傘下で、家畜をお金に変えるお仕事をしております。2000年の生産額は3,000万RMB(約4億5,000万円)を超えました。 主な資産として、20ムー(13,400平米)以上の国有の敷地、2つの冷凍作業場、2階建てのオフィス2棟、そ
  • ぺきん日記 -中国/北京より- (元祖exblog版)
  • 2008/01/31 4:37 PM
毒ギョーザのせいで
直接は関係ないですが、間接的には「大いに関係がある」んですよね、おいらの仕事。も...
  • SUPER BLOG.JP
  • 2008/01/31 7:55 PM
人気脱毛サロン口コミ
薄着になる季節がちかづくと脱毛サロンの予約がとれなくなりますよ。評判の良い脱毛サロンの予約が取れやすいいまがチャンス!
  • 人気脱毛サロン口コミ
  • 2014/04/09 12:10 AM
calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728    
<< February 2017 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
  • 台湾発の感動作! 映画「百日告別」 2017年2月より日本で劇場公開へ
    しゃおりん (02/18)
  • 台湾発の感動作! 映画「百日告別」 2017年2月より日本で劇場公開へ
    takoshi (02/17)
  • 山口直樹さん、「北京日本人学術交流会」 報告会を東京で開催へ 11/3
    しゃおりん (02/05)
  • 山口直樹さん、「北京日本人学術交流会」 報告会を東京で開催へ 11/3
    小堀淳 (02/04)
  • シンガーソングライターのbisqさん、年明けライブが熱く盛り上がる!
    しゃおりん (01/19)
  • シンガーソングライターのbisqさん、年明けライブが熱く盛り上がる!
    bisq (01/17)
  • 中国の2016年の漢字は大気汚染の「霾」に!個人メディアと大手ポータルが選出
    しゃおりん (01/05)
  • 中国の2016年の漢字は大気汚染の「霾」に!個人メディアと大手ポータルが選出
    にこにこのujicyan (01/05)
  • 話題の中国映画上映へ11/26―「第26回映画祭TAMA CINEMA FORUM」で
    しゃおりん (11/20)
  • 話題の中国映画上映へ11/26―「第26回映画祭TAMA CINEMA FORUM」で
    にこにこのujicyan (11/19)
recent trackback
recommend
在日中国人33人のそれでも私たちが日本を好きな理由
在日中国人33人のそれでも私たちが日本を好きな理由 (JUGEMレビュー »)
趙 海成
小林さゆり/訳

【中国人著者が聞き出す本音の日本論】
『それでも私たちが中国に住む理由』、待望の姉妹本!
recommend
今こそ伝える日中100人
今こそ伝える日中100人 (JUGEMレビュー »)
北京大学日本校友会

日本と中国をつなぐ100人へのインタビュー集! 私も紹介していただきました。 お陰様でたちまち2刷に!!
recommend
在中日本人108人のそれでも私たちが中国に住む理由
在中日本人108人のそれでも私たちが中国に住む理由 (JUGEMレビュー »)

中国18都市に住む、日本人108人のリアルな証言! 取材・編集に携わりました。 5刷 好評発売中!
recommend
中国年鑑 (2012年版)
中国年鑑 (2012年版) (JUGEMレビュー »)

最新中国情報を網羅!
「暮らし」を執筆しています。
recommend
中国年鑑 (2011年版)
中国年鑑 (2011年版) (JUGEMレビュー »)

最新中国情報を網羅!
「暮らし」を執筆しています。
recommend
中国年鑑 (2010年版)
中国年鑑 (2010年版) (JUGEMレビュー »)

最新中国情報を網羅!
「暮らし」を執筆しています。
recommend
これが日本人だ!
これが日本人だ! (JUGEMレビュー »)
王 志強
小林さゆり/訳

【読んで首肯するか、立腹するか! ―― 中国人の対日認識を知るための必読書】
2刷 好評発売中!
recommend
北京探訪―知られざる歴史と今
北京探訪―知られざる歴史と今 (JUGEMレビュー »)

「大ブームに沸く 笑いの文化」を執筆しています。
recommend
出張に役立つ中国語―もう困らない、恥をかかない
出張に役立つ中国語―もう困らない、恥をかかない (JUGEMレビュー »)
ニューメディア研究所thinking

2005年アルク刊
コラムを執筆しています。
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM