<< 映画監督の降旗康男さん死去、「20世紀に大反響」 と中国メディアも功績讃える | main | 6月1日「世界こどもの日」、中国の子どもが親に言われたくない言葉は? >>

北京に初の“自転車高速”が開通へ  通勤族の混雑緩和に

北京初の自転車専用道路1 【北京 ニュース ブログ】

 中国の首都北京に5月31日、初めての自転車専用道路が開通します (中国メディア)。

 北京市西郊を東西につなぐルートで、東は昌平区・回龍観から、西は海淀区・後廠村路までの全長6.5キロ。 最高時速は15キロで、全長を約26分でつなぐことができるそうです。

 これにより、市の東西郊外を∩字型に結ぶ地下鉄13号線の混雑を緩和し、数万人もの通勤族に恩恵をもたらすとされています。 とくに回龍観地域に住むビジネスパーソンたちが、北京のシリコンバレーといわれる中関村に通勤するのに便利になるのだとか……。

  北京初の自転車専用道路1

 この専用道路は、全コースに信号がない “自転車高速”。
 歩行者と自転車以外の車両の進入は禁止されています。

 インターチェンジ (出入口) は、中間地点に全8カ所設けられており、それぞれの階段には自転車搬送用コンベアが設置されたため昇り降りにも便利です。

 お天気がよく、空気のきれいな爽やかな日は、ラッシュアワーを避けて北京市郊外をサイクリングしてみるのも楽しいかもしれません。


※ 動画ニュース「好看視頻」: 「5月31日 北京に初めての自転車専用道路が開通」


※ 各インターチェンジ
 出入口1: 文華西路与同成街交叉路口西側
 出入口2: 育知東路和同成街交叉路口東側
 出入口3: 育知東路和同成街交叉路口西側
 出入口4: 同成街与育知路交叉路口西側
 出入口5: 龍沢地鉄站P+R停車場内及対面公園内
 出入口6: G6進京方向西補路与13号線交匯位置北側
 出入口7: 龍域環路与龍域西一路交叉路口
 出入口8: 龍域環路与龍域中街交叉路口
  (来源: 北京市交通委)

※ 図は、動画ニュース「好看視頻」より。

スポンサーサイト

  • 2019.11.17 Sunday
  • -
  • 14:00
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
recommend
在日中国人33人のそれでも私たちが日本を好きな理由
在日中国人33人のそれでも私たちが日本を好きな理由 (JUGEMレビュー »)
趙 海成
小林さゆり/訳

【中国人著者が聞き出す本音の日本論】
『それでも私たちが中国に住む理由』、待望の姉妹本!
recommend
今こそ伝える日中100人
今こそ伝える日中100人 (JUGEMレビュー »)
北京大学日本校友会

日本と中国をつなぐ100人へのインタビュー集! 私も紹介していただきました。 お陰様でたちまち2刷に!!
recommend
在中日本人108人のそれでも私たちが中国に住む理由
在中日本人108人のそれでも私たちが中国に住む理由 (JUGEMレビュー »)

中国18都市に住む、日本人108人のリアルな証言! 取材・編集に携わりました。 5刷 好評発売中!
recommend
中国年鑑 (2012年版)
中国年鑑 (2012年版) (JUGEMレビュー »)

最新中国情報を網羅!
「暮らし」を執筆しています。
recommend
中国年鑑 (2011年版)
中国年鑑 (2011年版) (JUGEMレビュー »)

最新中国情報を網羅!
「暮らし」を執筆しています。
recommend
中国年鑑 (2010年版)
中国年鑑 (2010年版) (JUGEMレビュー »)

最新中国情報を網羅!
「暮らし」を執筆しています。
recommend
これが日本人だ!
これが日本人だ! (JUGEMレビュー »)
王 志強
小林さゆり/訳

【読んで首肯するか、立腹するか! ―― 中国人の対日認識を知るための必読書】
2刷 好評発売中!
recommend
北京探訪―知られざる歴史と今
北京探訪―知られざる歴史と今 (JUGEMレビュー »)

「大ブームに沸く 笑いの文化」を執筆しています。
recommend
出張に役立つ中国語―もう困らない、恥をかかない
出張に役立つ中国語―もう困らない、恥をかかない (JUGEMレビュー »)
ニューメディア研究所thinking

2005年アルク刊
コラムを執筆しています。
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM