<< 名匠ジャ・ジャンクー監督の新機軸 「帰れない二人」、9/6〜 日本公開へ | main | 『日中未来遺産』著者の岡田実教授、“スイカ博士”森田欣一さんについて語る >>

中国熱血バスケアニメ 「バスケ旋風」、いよいよ国内で放送開始

「バスケ旋風」 ポスター 【中国 アニメ ブログ】

 4年に一度のバスケットボール世界最高峰の大会、FIBAバスケットボール・ワールドカップ2019 (男子) がこのほど、中国で開幕しました。

 21年ぶりに予選を突破し、W杯出場を実力で勝ち取った日本代表

 とりわけNBAの八村塁、メンフィス・グリズリーズの渡邊雄太らアメリカのチームでがんばる選手たちの活躍が、日本人としては気になるところです。

 お隣の国・中国でもバスケはサッカーと並ぶ人気スポーツ。 ましてや自国開催とあって、にわかにW杯ブームが到来しているだろうことは、容易に想像がつくというものです。
 こうした折に、中国国営放送局の中央広播電視総台 (チャイナ・メディア・グループ、CCTVなどを傘下に持つ) の “子ども向けチャンネル” が9月2日から、バスケを題材にした国産アニメ 籃球 (バスケ) 旋風 の放送を開始しました (中国メディア)。

 男子高校生の主人公・木馬 (ムーマー) を主人公に、高校バスケ部で活躍する木馬が、プロの選手を目指し、その夢を実現させるまでの挫折や勇気、奮闘ぶりを描く、熱血スポーツ青春物語。

 なにやら、中国でも大人気の日本の高校バスケ漫画・アニメ SLAM DUNK (スラムダンク) を彷彿させますが、どんな仕上がりになっているのでしょうか。

 気になるアニメは、9月2日午後8時 (日本時間同9時) から連日2話ずつ、計52話放送されます。
 この間、中国にいるアニメファンは、テレビのチャンネルを合わせてみてはいかがでしょうか。

 なおチャイナ・メディア・グループではこの 「バスケ旋風」 を契機として、今後も各種のスポーツアニメを制作していくということです。


※ 画像は、「バスケ旋風」 ポスター。


スポンサーサイト

  • 2019.11.17 Sunday
  • -
  • 08:00
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
recommend
在日中国人33人のそれでも私たちが日本を好きな理由
在日中国人33人のそれでも私たちが日本を好きな理由 (JUGEMレビュー »)
趙 海成
小林さゆり/訳

【中国人著者が聞き出す本音の日本論】
『それでも私たちが中国に住む理由』、待望の姉妹本!
recommend
今こそ伝える日中100人
今こそ伝える日中100人 (JUGEMレビュー »)
北京大学日本校友会

日本と中国をつなぐ100人へのインタビュー集! 私も紹介していただきました。 お陰様でたちまち2刷に!!
recommend
在中日本人108人のそれでも私たちが中国に住む理由
在中日本人108人のそれでも私たちが中国に住む理由 (JUGEMレビュー »)

中国18都市に住む、日本人108人のリアルな証言! 取材・編集に携わりました。 5刷 好評発売中!
recommend
中国年鑑 (2012年版)
中国年鑑 (2012年版) (JUGEMレビュー »)

最新中国情報を網羅!
「暮らし」を執筆しています。
recommend
中国年鑑 (2011年版)
中国年鑑 (2011年版) (JUGEMレビュー »)

最新中国情報を網羅!
「暮らし」を執筆しています。
recommend
中国年鑑 (2010年版)
中国年鑑 (2010年版) (JUGEMレビュー »)

最新中国情報を網羅!
「暮らし」を執筆しています。
recommend
これが日本人だ!
これが日本人だ! (JUGEMレビュー »)
王 志強
小林さゆり/訳

【読んで首肯するか、立腹するか! ―― 中国人の対日認識を知るための必読書】
2刷 好評発売中!
recommend
北京探訪―知られざる歴史と今
北京探訪―知られざる歴史と今 (JUGEMレビュー »)

「大ブームに沸く 笑いの文化」を執筆しています。
recommend
出張に役立つ中国語―もう困らない、恥をかかない
出張に役立つ中国語―もう困らない、恥をかかない (JUGEMレビュー »)
ニューメディア研究所thinking

2005年アルク刊
コラムを執筆しています。
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM