<< 『日中未来遺産』著者の岡田実教授、“スイカ博士”森田欣一さんについて語る | main | ジャ・ジャンクー監督の長編デビュー作「一瞬の夢」、ぴあフィルムフェスティバルで上映へ >>

中国の名匠ロウ・イエ監督の最新作「サタデー・フィクション」、ベネチアで拍手喝采!

 「サタデー・フィクション」 レッドカーペット

「サタデー・フィクション」 中国版ポスター 【中国 映画 ブログ】

 ハリウッドでも活躍する中国を代表する女優コン・リーと、日本のオダギリジョーの共演が注目される映画 サタデー・フィクション の公式上映と記者会見がこのほど、イタリアで開催中の第76回ベネチア国際映画祭で行われ、メガホンを取った中国の名匠ロウ・イエ (婁) 監督、主演のコン・リー、日本からはオダギリジョー中島歩らが出席。

 ロウ監督は、中国語、フランス語、日本語など多くの言語が飛び交う本作の難しさについて触れ、「バランスとるのがとても大変だったが、素晴らしい俳優たちによって絶妙のバランスを保つことができた」 と満足げに語ったそうです。
 配給元・アップリンクのプレスリリースによると、ベネチア国際映画祭 「コンペティション部門」 に出品されている本作は、世界の諜報員が暗躍する1940年代の上海に実在した 「蘭心劇場」 で巻き起こる愛と謀略の物語。

 世界初のお披露目となった公式上映では、国際色豊かなキャストがレッドカーペットを練り歩き、観客の声援ににこやかに答えました。 上映後には万雷の拍手が起こったそうです。
 日本での劇場公開は、2020年秋となるようです。

◆ 「サタデー・フィクション」 公式上映後のオダギリジョー氏コメント

「サタデー・フィクション」 記者会見 オダギリジョー ――凄い映画でした。
 音楽も一切使わず、ほとんとがハンディカメラでしかも白黒。
 今までにないタイプの映画と言えるんじゃないでしょうか。 刺激を受けました。

 僕も監督として 「ある船頭の話」 では、挑戦的な映画を作ったつもりだったが、「サタデー・フィクション」 も攻めてる。

 やはり媚びてないロウ・イエのカッコよさを改めて見たなと思いました。

◆ 「サタデー・フィクション」 記者会見
ロウ・イエ監督

「サタデー・フィクション」 ロウ・イエ監督 ――映画は第二次世界大戦中という設定で、世界背景がとても混乱しています。

 個人個人にカメラをフォーカスしたいと思い、ぼやけた、スモーキーな映像で撮影しました。

 中国語、フランス語、日本語など多くの言語が出てくる作品なので、撮影中、撮影後と、いろいろな人のサポートがありました。

 様々な言語の中で、バランスとるのがとても大変でしたが、監督の仕事はそのバランスを保つことです。
 すばらしい俳優たちによって、そのバランスが保てたと思います。

コン・リー氏
 ――最初に脚本を読んだとき、とてもやりがいのある役だと思いました。
 脚本を読み終えるのに1週間かかりました。 複雑な役ですが、その複雑さをロウ・イエ監督は説明してくれました。

 この役はスパイでありながら、フェミニンな側面も持ち合わせています。 ラストシーンの銃撃戦では、殺人者の側面も出てきます。 彼女が持つ愛や温和さを表現したいと思いました。


■ 「サタデー・フィクション」
監督: ロウ・イエ
出演: コン・リー、オダギリジョー、中島歩、トム・ヴラシア、パスカル・グレゴリー、
     マーク・チャオ
原題: 蘭心大劇院
英題: SATURDAY FICTION
配給・宣伝: アップリンク
(2019年/中国/中国語・英語・日本語)
(c)YINGFILMS

※ 写真は、アップリンク提供

※ 関連エントリー
・ オダギリジョー、第3回平遥国際映画展に出席へ―ベネチアに続き国際舞台で脚光 
  (2019年8月9日付)
 

スポンサーサイト

  • 2019.11.17 Sunday
  • -
  • 12:30
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
recommend
在日中国人33人のそれでも私たちが日本を好きな理由
在日中国人33人のそれでも私たちが日本を好きな理由 (JUGEMレビュー »)
趙 海成
小林さゆり/訳

【中国人著者が聞き出す本音の日本論】
『それでも私たちが中国に住む理由』、待望の姉妹本!
recommend
今こそ伝える日中100人
今こそ伝える日中100人 (JUGEMレビュー »)
北京大学日本校友会

日本と中国をつなぐ100人へのインタビュー集! 私も紹介していただきました。 お陰様でたちまち2刷に!!
recommend
在中日本人108人のそれでも私たちが中国に住む理由
在中日本人108人のそれでも私たちが中国に住む理由 (JUGEMレビュー »)

中国18都市に住む、日本人108人のリアルな証言! 取材・編集に携わりました。 5刷 好評発売中!
recommend
中国年鑑 (2012年版)
中国年鑑 (2012年版) (JUGEMレビュー »)

最新中国情報を網羅!
「暮らし」を執筆しています。
recommend
中国年鑑 (2011年版)
中国年鑑 (2011年版) (JUGEMレビュー »)

最新中国情報を網羅!
「暮らし」を執筆しています。
recommend
中国年鑑 (2010年版)
中国年鑑 (2010年版) (JUGEMレビュー »)

最新中国情報を網羅!
「暮らし」を執筆しています。
recommend
これが日本人だ!
これが日本人だ! (JUGEMレビュー »)
王 志強
小林さゆり/訳

【読んで首肯するか、立腹するか! ―― 中国人の対日認識を知るための必読書】
2刷 好評発売中!
recommend
北京探訪―知られざる歴史と今
北京探訪―知られざる歴史と今 (JUGEMレビュー »)

「大ブームに沸く 笑いの文化」を執筆しています。
recommend
出張に役立つ中国語―もう困らない、恥をかかない
出張に役立つ中国語―もう困らない、恥をかかない (JUGEMレビュー »)
ニューメディア研究所thinking

2005年アルク刊
コラムを執筆しています。
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM