<< つかこうへい作、たやのりょう一座公演「ストリッパー物語」 ご案内―来年2/19〜2/26 | main | 祝大家聖誕節快楽! >>

<フォト特集> 北京雑感2019

北京雑感2019_1  北京雑感2019_2

 【北京 雑感 ブログ】
 先日、仕事の関係で、1年ぶりに中国の首都・北京を訪れました。
 数日間の短い滞在、しかも今年はあまり出歩けなかった関係で、フォト特集 としてざっくりと北京の “いま” をお伝えしたいと思います。

※ 写真はいずれも2019年12月中旬の北京。 上から、

1) 北京国際空港 (第3ターミナル) に降り立つと、シャネルの巨大広告が出迎えてくれました。 ロマンチックなクリスマスバージョンで、思わずパチリ。 なんとも華やかでバブリーな雰囲気ではあります。 (^^;

2) かつてはこの時期になると繁華街を彩っていた巨大クリスマスツリーが、昨年ごろからほとんど見かけなくなりました (関連エントリー)。

 高級ホテル内では大きなツリーが飾られていましたが、街頭ではなかなか見当たりませんでした。 これも米中貿易摩擦の影響なのでしょうか??? (東城区・崇文門)。

 北京雑感2019_3
3) 街角でごく普通に見られるようになった電気自動車の充電器スタンド。 スマホ決済でOKと、簡単に充電できそう (地下鉄・亮馬橋駅前)。

北京雑感2019_44) 北京の地下鉄のバリアフリー対策。

 日本ではよく見られますが、車いすに乗ったまま階段を移動できる 「階段昇降機」 が北京で利用されているのを初めて見ました。
 車いす利用者であっても、以前より行動範囲が広がりそうです。 (^^;

北京雑感2019_5  北京雑感2019_6
5、6) 市内のシネコンで上映されていたのは、米中同時公開の 「アナと雪の女王2」、ブラピ主演のSF大作 「アド・アストラ」 など。
 12月20日からお正月映画として 「イップ・マン4」 「スター・ウォーズ9 スカイウォーカーの夜明け」 などが公開、とありました。 外国映画の上映時期だけ見れば、日本と大差はないようす。

 中国でもスマホやタブレットで映画を見ることは身近になりましたが、映画館に行くこと自体は、今でもデートコースの代表格なのだそうです。

 北京雑感2019_7
7) 市内の某スーパーでは、昨年はなかったセルフレジが登場! スマホ1つで決済できて便利です。
 でも14億人口の中国……。 IT化が進めば進むほど、失業者が増えるのではないかと (これは世界的傾向かもしれませんが) 心配になってしまいます。 (ーー;

 北京雑感2019_8
8) 書店では、相変わらず日本コンテンツの翻訳版が人気のよう。 新海誠監督のアニメ映画のノベライズが平積みされていました (西城区・新華書店)。

 北京雑感2019_9
9) こちらは村上春樹の 『1Q84』、渡辺淳一の 『失楽園』、宮部みゆきの推理小説など。
 中国でも猫ブームの影響か、夏目漱石の 『吾輩は猫である』 が 『我是猫』 というタイトルで各社から出ていました (西城区西単・北京図書大廈)。

 北京雑感2019_10
10) 中国の教育熱の高まりがこんなところにも。 市内中心部にある王府井書店では、3階の1フロア全体が幼児・子ども向け図書スペースに拡大されていました。

北京雑感2019_1111) 「快递」 (クァイディ) と呼ばれるバイク便が、昨年と比べても目に見えて増えました。

 あきらかな交通違反ですが、歩道を走ったり逆走したりするバイク便も多く、歩行者としては危ない思いをしたことも……。
 (ーー;

 聞けば、「30分〜1時間以内に宅配する」 という各社制定の制限時間に遅れた場合、配送料を差し引かなければならず、たいていその料金は、配送者自身が負担しなければならないからだとか。 ここにも壮絶な競争社会の一端が……。

北京雑感2019_1212) 2年ほど前に流行っていたシェア自転車も、もう飽きられた!? 

 利用者も見かけましたが、以前ほどのブームではなくなったような……。

北京雑感2019_13  北京雑感2019_14
13、14) 街角に少しずつ屋台が戻ってきたようです。 昨年は一掃されていましたが、今回見かけたのは、焼き芋屋さんに中華風クレープ・煎餅 (ジェンビン) 屋さん (関連エントリー)。

 たとえ路上販売が禁止されたとしても、違法であっても、こうしてじわじわと戻ってくるあたり、中国老百姓 (庶民) の生命力はやはりたくましいなあ〜と思いました (朝陽区)。

北京雑感2019_15   北京雑感2019_16

北京雑感2019_1715〜17) 北京の先輩方に、ホテルそばの山西料理店 「山西餐社」 へご案内いただきました。

 山西省は麺と酢で有名な小麦文化圏。
 料理の味も辛過ぎず、甘すぎず、日本人の口に合う上品な味わいで、2晩連続で通ってしまいました。 ^^

北京雑感2019_1818) メインのお仕事!

 北京の日本大使館で開催された、第15回 「中国人の日本語作文コンクール」 の表彰式とスピーチ大会 (日本僑報社、日本大使館共催) で、私は司会進行を務めさせていただきました。 (^^;)> 皆様、ご支援ご協力ありがとうございました!
 (2019年12月12日、この写真はOさん提供)

                                                 以上


スポンサーサイト

  • 2020.03.31 Tuesday
  • -
  • 17:20
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
recommend
在日中国人33人のそれでも私たちが日本を好きな理由
在日中国人33人のそれでも私たちが日本を好きな理由 (JUGEMレビュー »)
趙 海成
小林さゆり/訳

【中国人著者が聞き出す本音の日本論】
『それでも私たちが中国に住む理由』、待望の姉妹本!
recommend
今こそ伝える日中100人
今こそ伝える日中100人 (JUGEMレビュー »)
北京大学日本校友会

日本と中国をつなぐ100人へのインタビュー集! 私も紹介していただきました。 お陰様でたちまち2刷に!!
recommend
在中日本人108人のそれでも私たちが中国に住む理由
在中日本人108人のそれでも私たちが中国に住む理由 (JUGEMレビュー »)

中国18都市に住む、日本人108人のリアルな証言! 取材・編集に携わりました。 5刷 好評発売中!
recommend
中国年鑑 (2012年版)
中国年鑑 (2012年版) (JUGEMレビュー »)

最新中国情報を網羅!
「暮らし」を執筆しています。
recommend
中国年鑑 (2011年版)
中国年鑑 (2011年版) (JUGEMレビュー »)

最新中国情報を網羅!
「暮らし」を執筆しています。
recommend
中国年鑑 (2010年版)
中国年鑑 (2010年版) (JUGEMレビュー »)

最新中国情報を網羅!
「暮らし」を執筆しています。
recommend
これが日本人だ!
これが日本人だ! (JUGEMレビュー »)
王 志強
小林さゆり/訳

【読んで首肯するか、立腹するか! ―― 中国人の対日認識を知るための必読書】
2刷 好評発売中!
recommend
北京探訪―知られざる歴史と今
北京探訪―知られざる歴史と今 (JUGEMレビュー »)

「大ブームに沸く 笑いの文化」を執筆しています。
recommend
出張に役立つ中国語―もう困らない、恥をかかない
出張に役立つ中国語―もう困らない、恥をかかない (JUGEMレビュー »)
ニューメディア研究所thinking

2005年アルク刊
コラムを執筆しています。
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM