<< 2020年、中国の祝祭日休暇は? | main | 恭賀新年2020 >>

2019年の何でもウオッチ

 北京の前門大街

 【日本 日常 ブログ】
 2019年、令和元年がまもなく暮れようとしています。
 今年は皆様にとって、どんな1年だったでしょうか?

 振り返れば、わがふるさと長野県を流れる千曲川の氾濫を招いた台風19号など、大型台風による被害が相次いだ年でした (関連エントリー)。

 まだ避難所におられる方も少なくないようで、寒さの増す折、心配がつのります。 この年末年始が穏やかでありますよう、そしてこの冬を無事に過ごされますよう、心よりお祈り申し上げます。 (-人-) (-人-)

 中国では、特別行政区の香港で、発生から8カ月以上に及ぶ抗議活動が続いており、予断を許さない状況です。 いつ、どのように収束するのか、それともこのまま続くのか、世界が注視しています。
 個人的には、いろいろなことがありました。 人間万事塞翁が馬。 禍福は糾える縄の如し。 当たり前かもしれませんが、良いこともあれば、そうでないこともありました。
 来年2020年は、たとえいろいろなことがあったとしても、年相応に (!?) もう少しどっしり構えていけたらな、と思います。

 それにはやはり、健康第一! 
 自分自身、気を付けるのはもちろんのこと、家族や親族、友人知人、お世話になっている方々、その他、皆様のご健康を心からお祈りしたいと思います。
 来年は健康を土台として、新しいことにもいろいろ取り組みたいものです。

 ところでこのブログは今年、計150本の記事を掲載しました。 昨年 (計165本) より15本減ですが、1カ月あたり12.5本 (5日に2〜3回) のペースで書いていたことになります。

 なんでも近年は日本の大手ブログサイトが徐々に閉鎖されているようですが、このサイト、JUGEM は大丈夫なんでしょうか? 先日の12月22日からは、「トラックバック機能」 (他サイトによる紹介・引用・リンクのお知らせ機能) のサービスが終了してしまいました。

 来年は、このブログサイト自体が終了とならなければ良いのですが……。 インスタグラムやユーチューブの時代、ブログではもう広告が取れないし、形式としても古いというご時勢なのでしょうか。 (ーー;

 まあ、その時はその時で、♪時の流れに身を任せ♪たいと思います。 (^^;

 思わず脱線しましたが、今年のエントリー150本の中から、個人的に記憶に残るものをリストアップして、2019年を振り返りたいと思います。

 この1年も大変お世話になり、ありがとうございました!
 来たる2020年も、よろしくお願いいたします! m(_ _)m m(_ _)m

 皆様にとりまして来年がいっそう実り多き年となりますようお祈り申し上げます!
 よいお年を……!! ^^)/ 


■2019年の 「しゃおりんの何でもウオッチ」
【1月】
・ 劇変する中国社会を本格派サスペンスで描く「迫り来る嵐」、1/5〜日本公開へ (1月3日付)  
・ 『魯迅と紹興酒 お酒で読み解く現代中国文化史』 酒文化ツアーに誘われて (1月14日付) 

【2月】
・ テレビ朝日の“春節混乱”報道、中国のネットでも疑問視 (2月7日付)
・ 座・高円寺ドキュメンタリーフェスティバルで 「防衛フェリー 〜民間船と戦争〜」上映 (2月9日付)  
・ 今年は中国ハードコアSF元年!? 映画「流浪地球」の大ヒットで (2月23日付)

【3月】
・ 中国人のお名前――上海の第1位は張さん! (3月5日付)
・ 中国内陸部でも教育格差は超シビアだった! (3月22日付)
・ <フォト特集> 神田川お花見ウォークを楽しむ――本当は教えたくない川と桜の絶景プロムナード (3月29日付)
・ 新元号の発表まもなく、中国が羨望の念を抱く!? (3月31日付)

【4月】
・ 新元号「令和」について、改めて… (4月2日付)
・ 4千万人が泣いた! フォン・シャオガン監督最新作「芳華-Youth-」 4/12〜日本公開 (4月5日付) 
・ 【追悼】 モンキー・パンチさん、北京でイラスト入りサインを気さくに… (4月18日付)

【5月】
・ 「令和」 がスタート! 吉兆?の珍現象を見る (5月1日付)
・ 中国で紙幣・硬貨を刷新へ 8月末からお目見え (5月3日付)
・ 「善と悪、歴史の真実を伝えたい」――映画「戦後中国残留婦人考」完成披露で王乃真監督語る (5月11日付) 
・ 人生100年時代のリアルな寓話! 土屋貴子さん出演の映画「兄消える」、5/25〜公開へ (5月24日付) 

【6月】
・ あの日から30年… (6月4日付)
・ 梅雨の贈り物――梅漬け・梅酒を作りました! (6月11日付)
・ 2019中国大学入試は1000万人が受験、大学ランキングは? (6月13日付)

【7月】
・ 英雄たちの煌めく時代へ―特別展「三国志」、7/9〜9/16東京国立博物館などで (7月2日付)
・ 中国―ユネスコ世界遺産数でトップに 杭州の良渚鎮遺跡と黄海・渤海湾の渡り鳥保護区群を加え (7月7日付) 
・ 時代劇好きに朗報! 中国・横店でMyショートムービーが制作できる (7月9日付)

【8月】
・ チャン・イーモウ監督最新作「影武者」、新感覚の大迫力武侠エンターテインメントが登場! 9月6日公開へ (8月23日付) 
・ <フォト特集> 夏の名残りの花火大会2019 (8月26日付)
・ 中国のネットユーザー数が8億5400万人に、うち携帯接続が99.1% (8月30日付)

【9月】
・ 中国の名匠ロウ・イエ監督の最新作「サタデー・フィクション」、ベネチアで拍手喝采! (9月6日付) 
・ 「北京の想い出」 呉貽弓監督が死去 (9月15日付)
・ 日中友好協会の前理事長 村岡久平氏が死去 (9月26日付) 
・ 「中国映画の隠された構造」テーマに、刈間文俊・東大名誉教授が講演 (9月30日付)

【10月】
・ 「慶祝国慶70周年」 ―― 建国か? 成立か? (10月1日付)
・ 国際交流基金日中交流センター 「留学ドキュメンタリー」 が公開 「第13期生―日本での経験を糧に、26人元気に巣立つ」 (10月3日付)
・ 「台風19号」 被災された皆様にお見舞い申し上げます! (10月13日付)
・ 『中国 古鎮をめぐり、老街をあるく』――奥深い街や村の息づかいが聞こえる (10月15日付)
・ 中国メディアも速報、沖縄の首里城焼失 (10月31日付)

【11月】
・ 感謝とリスタートの日 (11月2日付)
・ 台湾衝撃の傑作長編 『房思の初恋の楽園』――絶望の深淵をのぞき、文学の高みを知る (11月5日付) 
・ 第37回練馬書道展 書家・塚越梦羲さんらが席上揮毫を披露―11/14まで開催中 (11月10日付)  
・ <フォト特集> 冬のはじまりに…2019 (11月27日付)

【12月】
・ 第15回 「中国人の日本語作文コンクール」 表彰式、12/12北京で開催へ (12月9日付)
・ <フォト特集> 北京雑感2019 (12月22日付)
・ お茶もお酒も持ち込みOKに!? 北京雑感2019 (付記) (12月26日付)



※ 写真は、寒空のもと、観光客でにぎわっていた北京の前門大街 (2019年12月)。


スポンサーサイト

  • 2020.03.31 Tuesday
  • -
  • 12:10
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク
コメント
コメントする









calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
recommend
在日中国人33人のそれでも私たちが日本を好きな理由
在日中国人33人のそれでも私たちが日本を好きな理由 (JUGEMレビュー »)
趙 海成
小林さゆり/訳

【中国人著者が聞き出す本音の日本論】
『それでも私たちが中国に住む理由』、待望の姉妹本!
recommend
今こそ伝える日中100人
今こそ伝える日中100人 (JUGEMレビュー »)
北京大学日本校友会

日本と中国をつなぐ100人へのインタビュー集! 私も紹介していただきました。 お陰様でたちまち2刷に!!
recommend
在中日本人108人のそれでも私たちが中国に住む理由
在中日本人108人のそれでも私たちが中国に住む理由 (JUGEMレビュー »)

中国18都市に住む、日本人108人のリアルな証言! 取材・編集に携わりました。 5刷 好評発売中!
recommend
中国年鑑 (2012年版)
中国年鑑 (2012年版) (JUGEMレビュー »)

最新中国情報を網羅!
「暮らし」を執筆しています。
recommend
中国年鑑 (2011年版)
中国年鑑 (2011年版) (JUGEMレビュー »)

最新中国情報を網羅!
「暮らし」を執筆しています。
recommend
中国年鑑 (2010年版)
中国年鑑 (2010年版) (JUGEMレビュー »)

最新中国情報を網羅!
「暮らし」を執筆しています。
recommend
これが日本人だ!
これが日本人だ! (JUGEMレビュー »)
王 志強
小林さゆり/訳

【読んで首肯するか、立腹するか! ―― 中国人の対日認識を知るための必読書】
2刷 好評発売中!
recommend
北京探訪―知られざる歴史と今
北京探訪―知られざる歴史と今 (JUGEMレビュー »)

「大ブームに沸く 笑いの文化」を執筆しています。
recommend
出張に役立つ中国語―もう困らない、恥をかかない
出張に役立つ中国語―もう困らない、恥をかかない (JUGEMレビュー »)
ニューメディア研究所thinking

2005年アルク刊
コラムを執筆しています。
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM