<< チョウ・ユンファ主演のクライムアクション!「プロジェクト・グーテンベルク 贋札王」、2/7公開へ | main | 異色の政治活動家の素顔に迫るドキュメンタリー「愛国者に気をつけろ!鈴木邦男」、2/1公開へ >>

七草の歌 ♪七草なずな

わが家の七草粥 【日本 日常 ブログ】

 今日1月7日は、七草の日です。
 春の七草といわれるセリ、ナズナ、ゴギョウ、ハコベラ、ホトケノザ、スズナ、スズシロを細かく叩き、餅を加えたおかゆに入れて、7日の朝にいただきます。 七草粥 (ななくさがゆ) です。

 昨日、近所のスーパーに、春の七草のパックが山と積まれていたので、早速購入。 わが家でも例年通り七草粥をいただきましたが、いちどきに揃えようと思えば手間のかかる七草がセットになっているのですから、最近は調理もカンタンになりました。

 この七草粥をいただくと、正月のしめ飾りを取り外すのが関東地方のならわしだそうです。
 確かふるさと信州の田舎では、かつて小正月1月15日のどんど焼きの朝までしめ飾りを飾っていたような気がします。 今では、どんど焼きも “公害” だとかで中止した地域も多いようですが、古い風習はこうして廃れてしまうのかもしれません。
 古い風習といえば、朝のラジオで 「七草の歌を知りませんか?」 というリスナーからのお便りが紹介されていました。 リスナーはよく覚えていないそうでしたが、男女のアナウンサーは2人とも若い方らしく 「聞いたことありませんねー」 とアッサリと応えていました。

 「七草の歌! そういえば、あったな〜!」
 私は思わず懐かしくなりました。 小さいころ、この日になれば家族で歌っていたからです。

 ♪七草なずな 唐土の鳥が 日本の国に 渡らぬ先に ホラホーイ

 唐土 (とうど) とはもろこしの国、つまり今の中国のことです。 小さいころは意味もわからず歌っていましたが、こんなところにも中国の影響が残されていたのだ、と改めて興味深く思いました。

 母に電話で尋ねるとさらにその昔、母の小さいころは1月7日早朝に、兄弟姉妹で拍子木を打ち鳴らしながらこの歌を歌い、近所を回り歩いたそうです。 今から80年以上も前の子どもたちの行事です。

 「やっぱり、もとは鳥追いの風習から……だったんじゃないかねぇ」
 そう母は振り返ります。
 ものの本によれば、古代中国から伝わった正月七日の厄払いの行事が江戸時代に各地に広まり、日本で独自の進化を遂げていったようですが、詳しいことはわかりません。

 「今は、どこもやらなくなってしまって、寂しくなったねぇ……」
 田畑からスズメなどの害鳥を追いはらう鳥追いの行事は廃れ、七草粥を食べるという習慣だけがかろうじて残っている。 そんな母のかすかな声が耳の奥に残りました。

 新年の1年間の無病息災と五穀豊穣、つまり七草を食べることで田んぼに雑草が生えず、害鳥を寄せつけず、お米がよく実ることを願った、ふるさとの七草粥の風習……。

 「ごはんも、七草も、ひとつも残さず食べるんだよ。 そうしないと田んぼに雑草が生えてしまうからね」

 迷信のようなものですが、小さいころ母にいわれた言葉をかみしめながら、今年も七草粥をすっかりきれいにいただいたことでした。


※ 写真は、2020年1月7日のわが家の七草粥。


スポンサーサイト

  • 2020.03.31 Tuesday
  • -
  • 12:50
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク
コメント
コメントする









calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
recommend
在日中国人33人のそれでも私たちが日本を好きな理由
在日中国人33人のそれでも私たちが日本を好きな理由 (JUGEMレビュー »)
趙 海成
小林さゆり/訳

【中国人著者が聞き出す本音の日本論】
『それでも私たちが中国に住む理由』、待望の姉妹本!
recommend
今こそ伝える日中100人
今こそ伝える日中100人 (JUGEMレビュー »)
北京大学日本校友会

日本と中国をつなぐ100人へのインタビュー集! 私も紹介していただきました。 お陰様でたちまち2刷に!!
recommend
在中日本人108人のそれでも私たちが中国に住む理由
在中日本人108人のそれでも私たちが中国に住む理由 (JUGEMレビュー »)

中国18都市に住む、日本人108人のリアルな証言! 取材・編集に携わりました。 5刷 好評発売中!
recommend
中国年鑑 (2012年版)
中国年鑑 (2012年版) (JUGEMレビュー »)

最新中国情報を網羅!
「暮らし」を執筆しています。
recommend
中国年鑑 (2011年版)
中国年鑑 (2011年版) (JUGEMレビュー »)

最新中国情報を網羅!
「暮らし」を執筆しています。
recommend
中国年鑑 (2010年版)
中国年鑑 (2010年版) (JUGEMレビュー »)

最新中国情報を網羅!
「暮らし」を執筆しています。
recommend
これが日本人だ!
これが日本人だ! (JUGEMレビュー »)
王 志強
小林さゆり/訳

【読んで首肯するか、立腹するか! ―― 中国人の対日認識を知るための必読書】
2刷 好評発売中!
recommend
北京探訪―知られざる歴史と今
北京探訪―知られざる歴史と今 (JUGEMレビュー »)

「大ブームに沸く 笑いの文化」を執筆しています。
recommend
出張に役立つ中国語―もう困らない、恥をかかない
出張に役立つ中国語―もう困らない、恥をかかない (JUGEMレビュー »)
ニューメディア研究所thinking

2005年アルク刊
コラムを執筆しています。
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM