<< 封鎖解除の武漢で、公共交通機関の運行が再開 | main | 中国の笑い話★ステイホーム編 >>

平凡社の雑誌「こころ」の新連載 「雑誌の聖地巡礼」、第1回に「暮しの手帖」が登場!

平凡社 「こころ」 第54号 【日本 雑誌 ブログ】

 平凡社の隔月誌 「こころ」 最新第54号の新連載 「編集」 のゲ二ウス・ロキを探して 雑誌の聖地巡礼、その記念すべき第1回に 「暮しの手帖」 が取り上げられました。

 「ゲ二ウス・ロキ」 とは、ラテン語で 「地霊」 「土地の守護精霊」 といったほどの意味です。

 フリーの編集者でジャーナリストの仲俣暁生さんが、「そもそも雑誌の創造性は、<場> に宿るのではないか」、編集のための場や空間には、いわば 「編集のゲ二ウス・ロキ」 とでも呼ぶべきものが宿るのではないか――として企画され、連載をスタートされました。

 第1回のナビゲーターを務めたのは、「暮しの手帖」 元副編集長の二井康雄。 恥ずかしながら、家人です。 (^^;)> 
 伝説的カリスマ編集長・花森安治が陣頭指揮を取るもとで、徹底した 「商品テスト」 が行われ、数々のお料理レシピが生み出された、かつての 「暮しの手帖」 の研究室があった東京・港区の東麻布界隈と六本木をご案内しています。

 なんでも、「なつかしさでいっぱい」 のナビゲートだったようです。
 全12ページにわたり大々的に取り上げていただき、二井のコメントもいくつか紹介されています。

 中には、「花森ファミリー」 の 「よく叱られたやんちゃな下の子」 と形容されたところなど、クスッと笑えるところあり、「暮しの手帖」 の存在意義について考えさせられるところあり……。
 読み応えたっぷりの “聖地巡礼” レポートです。

 よろしければ、ぜひご笑覧ください。

 (「暮しの手帖」 の聖地巡礼は、1回では収まり切らなかったようで、次回の後篇に続きます)。


※ 写真は、平凡社 「こころ」 最新第54号の表紙より (アマゾン

※ 関連記事 「二井サイト」 ブログ
  「平凡社の雑誌「こころ」第54号の新連載記事でナビゲーターに」 (2020年4月24日付)

※ 『ぼくの花森安治』 (二井康雄著、CCCメディアハウス)


スポンサーサイト

  • 2020.05.28 Thursday
  • -
  • 14:30
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク
コメント
コメントする









calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< May 2020 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
recommend
在日中国人33人のそれでも私たちが日本を好きな理由
在日中国人33人のそれでも私たちが日本を好きな理由 (JUGEMレビュー »)
趙 海成
小林さゆり/訳

【中国人著者が聞き出す本音の日本論】
『それでも私たちが中国に住む理由』、待望の姉妹本!
recommend
今こそ伝える日中100人
今こそ伝える日中100人 (JUGEMレビュー »)
北京大学日本校友会

日本と中国をつなぐ100人へのインタビュー集! 私も紹介していただきました。 お陰様でたちまち2刷に!!
recommend
在中日本人108人のそれでも私たちが中国に住む理由
在中日本人108人のそれでも私たちが中国に住む理由 (JUGEMレビュー »)

中国18都市に住む、日本人108人のリアルな証言! 取材・編集に携わりました。 5刷 好評発売中!
recommend
中国年鑑 (2012年版)
中国年鑑 (2012年版) (JUGEMレビュー »)

最新中国情報を網羅!
「暮らし」を執筆しています。
recommend
中国年鑑 (2011年版)
中国年鑑 (2011年版) (JUGEMレビュー »)

最新中国情報を網羅!
「暮らし」を執筆しています。
recommend
中国年鑑 (2010年版)
中国年鑑 (2010年版) (JUGEMレビュー »)

最新中国情報を網羅!
「暮らし」を執筆しています。
recommend
これが日本人だ!
これが日本人だ! (JUGEMレビュー »)
王 志強
小林さゆり/訳

【読んで首肯するか、立腹するか! ―― 中国人の対日認識を知るための必読書】
2刷 好評発売中!
recommend
北京探訪―知られざる歴史と今
北京探訪―知られざる歴史と今 (JUGEMレビュー »)

「大ブームに沸く 笑いの文化」を執筆しています。
recommend
出張に役立つ中国語―もう困らない、恥をかかない
出張に役立つ中国語―もう困らない、恥をかかない (JUGEMレビュー »)
ニューメディア研究所thinking

2005年アルク刊
コラムを執筆しています。
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM