<< 蒲蒲蘭絵本館、子どもたちとともに3周年 | main | 日中コミュニケーションフォーラムが開催 >>

○×回目の誕生日に……

「生日快楽」 昨日2日は、ワタクシの○×回目の誕生日だった。
 もはや恒例行事のようになっているが、今年も中国語の恩師である楊先生、李先生夫妻 (仮名、中国では夫婦別姓) に祝いの席を設けてもらった。 息子さん家族も一緒に、シャレた洋風レストランで、にぎやかなひとときを過ごしたのである。

 ふと、ほろ酔いかげんの楊先生が問いかけた。
 「しゃおりん、ところで例の問題はどうなった?」
 は、はいっ! 私は襟を正す思いになった。
 そうなのだ、例の問題とは、私の 「個人問題」 (結婚問題) なのだが、先生方はまるで実の親のように私の “行く末” を案じてくださっている。 当の親はもはや諦めかけているようで、口を酸っぱくして言うことはなくなったが、気に掛けてもらうというのはやはりありがたいことである。
 (問題の最大の原因は、私自身がなぜか?結婚に対して積極的じゃないからなのだが……)

 楊先生はいった。
 「しかし、あれですよ、しゃおりん。 相手をよく見定めなければなりません」
 といいますと?
 「中国には、こういう俗語があります。 “好漢無好妻,頼漢娶花枝”。 つまり、好漢に良妻はなく、無頼者が美人をめとる、ということです」
 奥さんの李先生が畳みかけた。
 「こういう俗語もあるのよ。 “男人不壊,女人不愛”。 女性は、まじめな男を好きにならないということ」

 そして楊先生はもうひとつ、付け加えた。 「“寧養賊子,不要痴兒”。 育てるなら悪人を、痴人はいらない。 つまり、悪人というのは悪賢いが、それだけ頭がよく回る。 嫁ぐなら悪い男のほうがいいし、育てるなら知恵者に育てなさい、ということなんです」
 ほほう。
 中国語にはいまも差別用語につながりそうな言葉があるが、さすがは何億もの老百姓 (ラオバイシン、民衆) たちが語り伝えてきた言葉、一理あります。
 しかし、私は 〈まてよ!?〉 とも思い直した。 もしやこういう俗語があるために、海賊版とか、毒ギョーザとか、メラミン混入の事件が発生するのかもしれない。 そう、「悪賢く生き抜くことこそ、カッコいい」 という思想や観念が小さいころから植え付けられているのかもしれないのだ。

 それはともかく、前の晩にある集まりで、日本人実業家のKさんに、こういわれた。
 「ボクはね、中島みゆきの 悪女 という歌が大好きなんですよ。 そういやあなた、悪女って感じだね〜、アッハッハ!」
 うーむ。 以前、北京に来訪した名物編集長のOさんには、初対面の宴席で 「やり手ババア」 だといわれました。 本人、ちっともそんな器ではないと思っているのですが、もう、ここまできたら悪女でいくしかない? 無頼者を探して、頼漢VS悪女 でいこうかしら (雰囲気、コワイけれど……)。
 まあ、物事には必ず表と裏があるのだし、清廉潔白なんてありえないご時世かもしれませんが……。 私はその一方で、コツコツ地道にやっていきたいと思っているんですよね。

 『読書進化論』 先日は、経済評論家の勝間和代さんの新著を読んでいたら、意外にもこう書いてあった。
 〈本を出版するときにも、それ以外の行動するときにも、私はポジティブ・フィードバック・ループ (好循環) をどう引き起こせばいいかを、いつも考えます〉
 〈ですから、本も、まじめに作ってまじめに売りました。 (中略) 4Pの戦略を組んだら、あとは市場の情報を見ながら、継続的な改善を行っていくしかない〉 (『読書進化論 人はウェブで変わるのか。 本はウェブに負けたのか』、小学館101新書)

 4Pとは、プロダクト (商品)、プライス (価格)、プレイス (流通チャネル)、プロモーション (広報宣伝) で、このマーケティング方法を基礎に、「まじめにやることだ」 というのである。 10冊の著書の発行部数が、2008年7月時点で150万部を超えた人のマーケティングが、すこぶる真っ当な方法だった。
 出版社のチームと売り上げ目標を設定し、販売後もブログやメディアを活用しながら、販促への共同作業を行うという地道な努力をしていたのだ。 なにごとも 「ローマは一日にして成らず」 「水滴石を穿(うが)つ」 であろう。

 さて、この新しい1年、まじめにいくか、無頼派でいくか。 “カツマー (勝間さん) 的みゆき派” でいこうかなどと、頭を悩ませている私であった。


※ 写真上は、ご馳走になった誕生日ケーキ! おいしかったです! 
※ 写真下は、勝間和代・著 『読書進化論』。 ブログを通じて知り合った梅澤さんに、ご恵贈いただきました。 ありがとうございました!

※ SNSやメールでお祝いメッセージをくださった皆さん、ありがとうございました! 

※ 最近、スカイプでメッセージをくださる面識のない方も多いのですが、こちらのほうはごめんなさい! チャットとネット電話をはじめると (そうでなくても不器用なので) 時間が足りなくなってしまいますので……。 m(-_-)m スマヌ 


スポンサーサイト

  • 2018.11.15 Thursday
  • -
  • 10:20
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク
コメント
祝生日快楽!!

ははは、Kさんにそんなこと言われたんですか!(笑)

ちなみに…私も以前、おとといの集まりの学校の校長とか、学生(おとといは来てなかったですが)に「誰かいい人いないか…」って真剣に悩まれたことがあります。

うーーん^^;
そんな危ないですか??って感じですが(笑)

中国のことわざ…
そうですね、よく聞きますね。
だからですか??中国人の二股とか色々聞くのは??(笑)

素敵な1年になりますように♪

  • やーうぇん
  • 2008/11/03 2:31 PM
「ちゃらんぽろん」です。
 お誕生日おめでとうございます。たしか去年はちょっとすねてましたよね(笑)。
 楊・李(仮名)老師御夫妻に祝っていただいてよかったですね。息子さんは御次男のほうですか?
 中国の諺は「ズキっ!」とくるのが多くて私は好きです。「男人不壊,女人不愛」なんていいですよねえ。だから小生はモテないのです。「女人不壊不zheng4(手偏に争う)銭」なんてのも聞いたことがあります。
「男人無毒不丈夫」・・・毒まみれですね(笑)。
 17年も前の教え子さんが挙式することになりました。今年の4月に入籍してもう一緒に京都で暮らしています。旦那は京都府警勤務です。早くに御両親を亡くされたので、私たち夫婦が親代わりを務めることになりました。なんと私がモーニングを着て花嫁としずしずと歩く・・・あの役をすることになりました。チャイルドレスなので一生機会はないものと思っていましたが、神様の贈り物です。モーニングのほうはさほどでもありませんが、留袖のほうはレンタルといえどもかなりお高いです。けっこうな出費ですが、「親代わり」なのでなけなしの貯金をはたきます。しばらくは緊縮財政です。
 地下鉄路線・・・さすがオリンピック効果ですね。善し悪しはともかく、東京もソウルも都市としての発展に五輪が大きく寄与しました。地鉄12号線の北の方の駅の近くに友人のマンションがあります。まだ交通不便の頃に買ったものですが、今ではかなり便利になりました。かつて首都圏の住民もバスしかない所に一戸建てを買って、後に新しい線ができて便利になる・・・そういうパターンで住宅を購入してきました。北京の交通が便利になるのは私には喜ばしいことです。
  • 茶乱歩論
  • 2008/11/03 4:32 PM
お誕生日、おめでとうございました!!

深いですねえ、しゃおりんさん。
「男人不壊、女人不愛」って思い当たるところがありますねえ。。。
例えば、すっごい性格のいいダンナさんに、何で?という奥さん。
すっごい性格のいい人じゃないと、極端な人と一緒にいられないのかもしれません。
  • xiaomi
  • 2008/11/03 6:39 PM
○×回目のお誕生日おめでとう〜!!
“例の問題”ですか(笑)
いやいや〜、ホント親がアキラメモードのこの時期、
親身になって心配していただける方がいるというのは
ありがたいことですね〜。
私の場合、親戚までもアキラメモードになりました、ははっ。
○×歳の一年は、悪女路線で突っ走ってください!
生日快楽!!!!!!!


そして今日はお越しいただきありがとうございましたーーー
キティちゃんと1日違いの誕生日。
今度あったときお祝いしましょう〜

おめでとう=〜〜〜
  • sumi
  • 2008/11/03 11:48 PM
やーうぇんさん: ありがとうございます!
そうなんですよ〜〜、Kさんにそう言われたんです。^^
学校だと、さらにいろいろありそうですよね。“適齢期”の男女が集まっているのでネ……。^^

> だからですか??中国人の二股とか色々聞くのは??(笑)
うーん、「英雄色を好む」ともいいますしね。気前がよくて、「男子漢」で、女にモテる……。そういうのに憧れているのかもしれませんよね。
茶乱歩論先生: ありがとうございます!

> たしか去年はちょっとすねてましたよね(笑)。
え?そうでしたっけ? たしか去年は、誕生日のことを書きませんでしたが、それは毎年書いてもなーと遠慮したからかもしれません。ちなみに06年は書いていますよ!^^

> 「女人不壊不zheng4(手偏に争う)銭」
>「男人無毒不丈夫」・・・毒まみれですね(笑)。
これも面白いですね。さっそくメモメモ……。^^

> だから小生はモテないのです。
そんなことはありませんヨ!!(でもこの場合、どちらが誉め言葉になるのか、わからなくなってきました。。。)

> 17年も前の教え子さんが挙式することになりました。
うわ〜〜、おめでとうございます!
そして「親代わり」のお務めもお疲れ様です。なんだか想像しただけで、もらい泣きしそうです、、、、(涙)
先生のモーニング姿と奥様の留袖姿、見てみたいな〜〜。
> 神様の贈り物です。
本当に素晴らしいことですね。改めまして、おめでとうございます!!

> かつて首都圏の住民もバスしかない所に一戸建てを買って、
東京もそうだったのですね。考えてみれば、当たり前のことかもしれませんけど。今日、私は、山東省煙台出身で、大学を卒業後、北京で就職した22、3歳の女性とたまたまバス停で知り合いました。彼女、北京に慣れていなかったので、私が、公共バスのルートとか三元橋までのルートを教え、国貿までご一緒しました。
ナニが言いたかったかというと……私、人に道を聞かれる確率が妙に高い。外出すると、必ず1〜2人は寄ってきます。
よっぽど北京人と思われているか、交通事情に詳しそうに見えるのでしょうか??
自分でも笑えます。^^
xiaomiさん: ありがとうございます!
こんなんが深いですか? そうですか??^^

> 例えば、すっごい性格のいいダンナさんに、何で?という奥さん。
> すっごい性格のいい人じゃないと、極端な人と一緒にいられないのかもしれません。

確かにですね〜。それに中国の男性で、すっごくやさしい人がいますよね。奥さん以上に家事や育児をまめにやるとか。

ケース・バイ・ケースだと思いますけど、私は老師の言葉が頭に残って、そんな目でカップルを見てしまいそうでコワイッ!!^^
takoshiさん: ありがとう!

> 親戚までもアキラメモードになりました、ははっ。
ってアナタ!!我々のプロジェクトXはどうなったの〜〜??^^

> ○×歳の一年は、悪女路線で突っ走ってください!
はい、がんばりますでよ〜〜!!
takoshiさんもご一緒に!!^^
sumiさん: ありがとう!!
そして今日はお疲れ様でした。とっても楽しかったです〜〜!!(賞品は逃したケド)。
そしてsumiさんも素敵でしたよーー!

お料理もおいしくて、私はいっとき無心になっていましたよお!

> キティちゃんと1日違いの誕生日。

え?キティちゃんは「7月1日」と聞こえましたが私の空耳アワ〜??

> 今度あったときお祝いしましょう〜
ありがとう〜〜!!^^

しかし、sumiさんの書き込み時間早いですね。私たちはあれから、そばのレストラン「江湖菜」で喉の渇きをうるおしました。
戻りはシンデレラにはならなかったけど……似たようなものでした。
なにはともあれ、大成功おめでとうございます!

今週またお目にかかるときを楽しみに!!
「ちゃらんぽろん」です。連休4日め。別に遊んでいないのに原稿は遅々として進まず。前にも書きましたように、2年ゼミに留学生がおおぜいいるので、このゼミの準備に相当時間と頭を使います。「中国の悪口を言い難い」・・・これは中国を語るうえで相当ストレスになります。別に悪口を言いたいわけではありません。私自身は「中国好き」ですから。でも学生相手に「中国はかように素晴らしい!」って言ってたんじゃ授業にならないのも事実です。ってなわけで今週木曜のテーマは「日本人とお魚」。こんなのが無難です。しかしパワーポイントのスライド作りにかなりの労力と時間がかかります。
 ところで・・・すねてたのは(笑)2006年でした。失礼しました。また・・・地鉄12号線と書いたのは13号線が正しいです。駅で言うと「霍営」という駅の北のほうで、購入した頃は北京の地の果てといった感じでしたが、今は便利です。私が住んでいる東京西郊も都心部に住んでいる方々からみれば地の果てみたいな感じでしょうね。
 でも富士山も高尾山も見えるし、里山も紅葉するし、天然温泉もあるし・・・住めば都です。
 7時30分・・太陽が昇ってきました。紅葉見に行きたくなりました。香山の紅葉はもうおしまいでしょうね。
  • 茶乱歩論
  • 2008/11/04 7:24 AM
茶乱歩論先生: ありがとうございます!
2006年の件、地下鉄13号線の件、承知しました。^^ ご訂正ありがとうございます!

> 私自身は「中国好き」ですから。
「中国好き」だから、「中国のいいところしか見ない、いわない」っていうんでもないですしね〜。好きだからこそ、ときには厳しいこともいうんですよね。
日中関係の促進に生涯尽力された故・宇都宮徳馬氏が「言うべきことは言う」とおっしゃっていたことを思い出します。

> でも富士山も高尾山も見えるし、里山も紅葉するし、天然温泉もあるし・・・住めば都です。
うわ〜〜!! すごいですね。
さぞかし空気もきれいでしょうね。「住めば都」まったくその通りだと思います。

そういえば例のDVD、まだ拝見しておりませんが、鑑賞のときを楽しみにしています。ありがとうございます!
私は8月末に青島に来ました。メラミンの事件で検索していて、このブログを見つけました。しゃおりんさんと皆さんの丁々発止の言葉がおもしろくて、毎日見ています。私も北京には何週間か暮らしたことがありますので、懐かしいです。
しゃおりん、お誕生日だったですね。無事に一年が過ごせますように。写真を見ると、ずいぶん若そうに見えるけれど。。。。
  • 若紫
  • 2008/11/04 10:24 AM
あのね、本当に悪い男と結婚したらね。離婚か我慢のどっちかしかないの。現実考えてください。★「結婚に対して積極的じゃない」と結婚できませんから。★親友より真心を込めて(本当に心配してんだからね!)
若紫さま: コメントありがとうございます!
青島にいらっしゃるんですね。私、青島って、大好きな都市のひとつです。以前は、取材で、休暇で、何度もうかがったことがありますよ〜。
とくに旧市街をぶらぶら歩くのが好きですね〜。北京にはご承知のとおり、坂がありません。華北平野で、どこまでも平坦な道が続きますので、「坂のある街」って、なんだかホッとするんです。とっても変なんですけど、いつの間にか「坂が好きな女」になってしまいました。。。^^

> ずいぶん若そうに見えるけれど。。。。
わあ〜ありがとうございます!
実年齢はアレですが……精神年齢は、万年24歳! 14歳のころに戻ることもできます!^^(な〜んて馬鹿なことをいっているから、いつまでもこんな調子なんでしょうね)。

今後ともどうぞよろしくお願いいたします!
先ず お誕生日おめでとうございます!
我々の年で子供のように誕生日のお祝い(小遣い)を楽しみにするわけは無いけど、やはり元気でよい年を迎えるように言ったほうが良いかも知れないね!
『男人有銭就変壊、女人一壊就有銭』
こういう言葉はまたたくさんありますね!
確か真面目すぎる人はつまらないで、人間の魅力は普通の人が持ってない物を持ってることではないかと思いますが、もっともっと好きな言葉は『生命は過程で、人生は体験です』、しゃおりんさんはもっともっと色んなことを体験してね!悪女にも挑戦してもいいじゃないかと!
  • 任意
  • 2008/11/04 11:13 AM
midoriさん: うーん、ご心配ありがとうございます!
「結婚に対して積極的じゃない」んですが、「結婚を諦めている」わけでもないんですよね〜。
私にとっての「適齢期」があると、ずっと信じているのですが……。

まあ、ぼちぼち行かせていただきます(っていつまで、そうなんやーーー!!)。
任意さま: ありがとうございます!
そうなんですよね。私たちの年では、誕生日を子どもの頃のように迎えることはないけれど……(恥ずかしくて)。それでも、誕生日というのはありがたいものですよね。
いろいろあっても、かけがえのない「命」を授かって、この世に生まれてきた。
それは、素晴らしいことですよね!
ブーブー文句をいわないで、ありがたく誕生日を迎えたいものですよね!

> 『男人有銭就変壊、女人一壊就有銭』
> こういう言葉はまたたくさんありますね!

うわ〜〜ホントにおもしろい。
しゃれた俗語の辞典なんかあったら面白いでしょうね〜!! 機会があったら、いろんな俗語もお教えください!

> しゃおりんさんはもっともっと色んなことを体験してね!

うう……(涙)。応援ありがとうございます!!

> 悪女にも挑戦してもいいじゃないかと!
すでに半分、染まっているのでは?と思いますが……これからも精進します!

寒くなりましたので、任意さんもお体にはご自愛くださいね!祝好!
 真打は最後に。
 ま、悪女路線の結果ですなあ。あせってあほな結果にならんことを祈るのみ。
 のんびり悪女、ぴったりでんがな。
 ほなまた。
 
  • とらやん
  • 2008/11/04 3:58 PM
とらやん様: ありがとうございます。
「真打」ですか、そうですか……。

> あせってあほな結果
とおっしゃいますけど、ここまできて焦るわけが…(いや、ありましたねえ、大いに…)。ま、ワタクシもそれなりに、悩んで大きくなっているわけですね!

> のんびり悪女、ぴったりでんがな。
いや、ご意見はありがたく拝聴しますが、イメージ悪っ! 却下させていただきます〜。
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
CO2の排出量
私たちが生きている地球では今温暖化という最も重大な危機に立たされています。これはCO2の排出量が増えているからとの説もありますが、確かではありません。
  • CO2の排出量
  • 2008/11/13 11:38 AM
円安 輸出
円安 輸出
  • 円安 輸出
  • 2009/07/16 6:44 PM
fx 円安
fx 円安
  • fx 円安
  • 2009/08/09 5:22 AM
中国のことわざ
名言格言ことわざそして感動冷たい茶と冷たい飯はまだ我慢できるが、冷たい言葉と冷たい話には耐えられない&lt;コメント&gt;言葉の裏にひそむ思いが(特に冷たく感じられると)、その人から気持ちが遠ざかったり、やる気がなくなったりします。&#63897;★中国
  • 名言格言ことわざそして感動
  • 2009/09/20 10:15 PM
calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
  • この夏最強のエンタメ映画 「カメラを止めるな!」、ホラーコメディーの新境地を切り開く!
    しゃおりん (08/14)
  • この夏最強のエンタメ映画 「カメラを止めるな!」、ホラーコメディーの新境地を切り開く!
    にこにこのujicyan (08/13)
  • 中国の最新アニメ 「魔道祖師」、公開後まもなく4000万PVでテンセント人気トップに
    しゃおりん (07/13)
  • 中国の最新アニメ 「魔道祖師」、公開後まもなく4000万PVでテンセント人気トップに
    阿井 (07/13)
  • 平和友好条約40周年・第1回「忘れられない中国滞在エピソード」、6月より募集スタート
    しゃおりん (06/09)
  • 平和友好条約40周年・第1回「忘れられない中国滞在エピソード」、6月より募集スタート
    田嶋宏昭 (06/09)
  • 四川大地震から10年、5月12日を「感謝の日」に制定
    しゃおりん (05/12)
  • 四川大地震から10年、5月12日を「感謝の日」に制定
    楊玉環 (05/12)
  • 中国旅行口コミランキング発表、外国目的地では東京、北海道がやはり人気
    しゃおりん (05/12)
  • 中国旅行口コミランキング発表、外国目的地では東京、北海道がやはり人気
    omachi (05/11)
recent trackback
recommend
在日中国人33人のそれでも私たちが日本を好きな理由
在日中国人33人のそれでも私たちが日本を好きな理由 (JUGEMレビュー »)
趙 海成
小林さゆり/訳

【中国人著者が聞き出す本音の日本論】
『それでも私たちが中国に住む理由』、待望の姉妹本!
recommend
今こそ伝える日中100人
今こそ伝える日中100人 (JUGEMレビュー »)
北京大学日本校友会

日本と中国をつなぐ100人へのインタビュー集! 私も紹介していただきました。 お陰様でたちまち2刷に!!
recommend
在中日本人108人のそれでも私たちが中国に住む理由
在中日本人108人のそれでも私たちが中国に住む理由 (JUGEMレビュー »)

中国18都市に住む、日本人108人のリアルな証言! 取材・編集に携わりました。 5刷 好評発売中!
recommend
中国年鑑 (2012年版)
中国年鑑 (2012年版) (JUGEMレビュー »)

最新中国情報を網羅!
「暮らし」を執筆しています。
recommend
中国年鑑 (2011年版)
中国年鑑 (2011年版) (JUGEMレビュー »)

最新中国情報を網羅!
「暮らし」を執筆しています。
recommend
中国年鑑 (2010年版)
中国年鑑 (2010年版) (JUGEMレビュー »)

最新中国情報を網羅!
「暮らし」を執筆しています。
recommend
これが日本人だ!
これが日本人だ! (JUGEMレビュー »)
王 志強
小林さゆり/訳

【読んで首肯するか、立腹するか! ―― 中国人の対日認識を知るための必読書】
2刷 好評発売中!
recommend
北京探訪―知られざる歴史と今
北京探訪―知られざる歴史と今 (JUGEMレビュー »)

「大ブームに沸く 笑いの文化」を執筆しています。
recommend
出張に役立つ中国語―もう困らない、恥をかかない
出張に役立つ中国語―もう困らない、恥をかかない (JUGEMレビュー »)
ニューメディア研究所thinking

2005年アルク刊
コラムを執筆しています。
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM