<< 北京ダックの老舗 「便宜坊」 代表店、改築のため閉店 | main | 段躍中さん: 「倉石賞」 と 「小島賞」 を受賞して >>

『国際貿易』 コラム第3回は、ネット用語に注目!

『国際貿易』 日本国際貿易促進協会 (東京・内神田、河野洋平会長) の週刊機関紙 国際貿易 で連載しているコラム 北京雑記 ですが、今日11月18日付の第3回は、ウィットと新味に富んだ中国のネット用語に注目してみました!
 「北京雑記」 日本でも、チャットや掲示板、ケータイなどではネット用語がたくさん使われていますよね。 がっくりしてうなだれる人の形 「orz」 (オーアールゼット、失意体前屈) や 「ww」 (笑い) などの文字記号、「gkbr」 (ガクガクブルブル)、「kwsk」 (詳しく) などの略語が飛び交っています。

 それとちょっと似ていますけれど、中国でもユニークなネット用語が続出しているのです。

 「TMD」 (こん畜生) は最もよく知られる中国の罵り言葉。 口に出したり、書いたりするのは憚られるメガ級の罵倒語なので、中国語の発音を取った略語で、婉曲に表現したものなんですね。
 例えば 「お前のかあさん、でーべそ」 という罵り語だったとすれば、発音を取って 「OKD」 と表記するようなもの。 ここではやっぱり中国語では書けませんので、ご興味のある方は想像をふくらませるか (!?)、中国のウェブサイトで調べてみてくださいね。^^

 「FQ」 とは何でしょうか? これは 「憤怒青年」 (=憤青、フェンチン) という中国語の発音から取った略語です。 「憤青」 とは排外的な愛国主義青年のことを指していますが、直情的で強硬な主張のカキコミをすることから一部からは 「うざい」 と煙たがられており、皮肉を込めて 「糞青」 (フェンチン) とも呼ばれています。
 いずれもそのまま書いたら角が立ちますし、問題用語として検閲システムに引っかかり、ネットワークが遮断されてしまう可能性もなきにしもあらず。 そこで 「FQ」 という略語が登場したというわけです。

 また 「PMP」 は 「拍馬屁」 (パイマーピー、ごまをする)、「PLMM」 は 「漂亮美眉」 (ピャオリャンメイメイ、きれいな女性)、「BC」 は 「白痴」 (バイチー) のそれぞれ略語。
 さらには数字を使って音訳したり、発音が似ている漢字に置き換えたりと、中国のネット用語は汲めども尽きぬ泉のように続々と生まれています。 日本のネット用語に比べると、単におもしろおかしいだけでなく、皮肉や主張を上手にオブラートにくるんで表現しているような気がするのは、ワタクシだけでしょうか? (いや実際そうなんでしょう)。

 上記で取り上げた用語は、ほんの一部です (実際には政治がらみあり、エログロありで、ご紹介できかねるのもありますのでネ…… ^^)。
 コラムでは別のネット用語をいくつか挙げていますので、ご興味のある方はぜひご覧になってみてくださいね。 ご意見・ご感想も楽しみにしています!
 ところで皆さん、「FB」 って何だと思います? FBIじゃないですよ、その答えは、『国際貿易』 18日付にありますよ〜!^^


※ 『国際貿易』 は、日本では同協会の会員企業や政府、自治体、団体、個人など、中国では全国の主要対外貿易機関、団体、貿易会社にそれぞれ送付されています。

※ 日本国際貿易促進協会 オフィシャルサイト

スポンサーサイト

  • 2019.11.17 Sunday
  • -
  • 01:00
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク
コメント
「ちゃらんぽろん」です。

 貴重な情報、ありがとうございます。これは絶好の資料になります。以前から「JJ」「MM」くらいは知っていましたが、最近は凄いですね。中国の若者が書いたネット上の文(メールも含む)は大人には解読できないと聞いたことがあります。

 崇文門飯店の入浴の件:「今日はガス工事で湯は出ない」「どうすりゃいいの?」「湯を運ぶ。要几桶?」

 この時初めて「量詞の「桶」」を耳にしました。「何桶?」ったって見当がつきません。しかたがないので「三桶。」と答えました。
 待つことしばし、大きなバケツ3杯に熱湯が運ばれてきてバスタブに投入されました。
「火傷するな」と言われました。
これに水を入れて(水は出ました)適当な温度にして帽子(防水仕様)を手桶変わりにして
湯を浴びて汗を流しました。いい経験でした。 以前、宜昌だかのホテルでは石鹸まみれになっている最中に断水になって往生しました。ウズベキスタンのテルメズという町の最高級ホテルはシャワー自体が壊れていました。庭に花壇に水をやるホースがあったので
それで洗髪しました。風邪ひかないかこわかったです。
 私も「Ha1de2men2」と発音してZ老師に笑われました。北京風には「Ha3demen2」と発音するそうです。
 今は「東直門 Dong1zhi2men2」「西直門
Xi1zhi2men2」ですが、かつては「直」は軽声だったそうです。
 隋園別館は味はまあまあですが服務が感心しないので私は行きません。萬興菜館の朱先生はもちろんいらっしゃいますよ。お嬢さんがかわいいです。20代半ばくらいかな。既婚ですけど。朱先生の奥さんは昔の中国女性という感じです。
  • 茶乱歩論
  • 2008/11/18 7:34 AM
茶乱歩論先生: ありがとうございます!

> これは絶好の資料になります。
おお、そうですか。それでは後ほど、トップシークレット・ファイル(?)をメールさせていただきますネ。^^ お使いください!

> 崇文門飯店の入浴の件:

面白いですね〜〜。「三桶」で足りましたか? 「帽子を手桶変わり」というのも凄い!!
なんだか牧歌的(失礼!)で、和まされます〜〜。^^ でもこういうところで量詞や単語を覚えますよね。最近仕事の関係もあって、ひきこもりなんで、もっと活動しなくては!^^

> 北京風には「Ha3demen2」と発音するそうです。
この北京独特の発音(方言)がクセモノですよね。「東直門」「西直門」もおっしゃる通り。私がこちらに来たばかりのころ、タクシーに乗って「西直2門」というと「あん?」といわれました。
前門の「大柵欄」が「ダージャーラン」ではなくて「ダーシーラン」、「什刹海」が「シーチャーハイ」ではなくて「シーシャーハイ」と呼ぶのと同じでしょうか?

「東直門」「西直門」は、バスや地下鉄のアナウンスでは、2声で呼んでいますし、徐々に標準語に直しているのかもしれませんけれど……。

「萬興菜館」、こんど行ってみることにします。ありがとうございます!!

あ、過日の「特製手打ち蕎麦」はまことおいしゅうございました。ご馳走様でした!!^^
「現代中国電網用語辞典」とでもいった辞典なり冊子を編纂なさったらいかが?
 日々刻々、ダイナミックですなあ。とらやんの知ってるのはMMK(もててもてて困る)くらいですわ。
 KYで、すんまへん。
 ほなまた。
 
  • とらやん
  • 2008/11/18 9:54 AM
とらやん様: ありがとうございます!

> 辞典なり冊子を編纂
あったらいいですけれどね。言葉は生き物で、こうしている間にも人々の趣味嗜好が変わっていきますので、古くなっちゃうんですよね〜。
いまは辞典も、ネット上で保存&閲覧する時代なのかもしれません。

「MMK」、きっと良く使われるから、ご存知なんですね〜。^^お宜しいことで!

KYでしたかネ、ではでは。^^
 「北京雑記」3回目拝読。3Qがサンキュウ、886がさよなら、3166もさよなら。
 もう、無茶苦茶ですなあ。荘子の「胡蝶の夢」のころとは大違い。夢がうつつかうつつが夢か・・。かくて時代は過ぎていく。ああ。
 ほなまた。
  • とらやん
  • 2008/11/18 11:41 AM
とらやん様: おぉ早かったですね、ありがとうございます! 出かけていまして、遅くなりました。
「無茶苦茶」なんて言わんといてくだされ。。。

荘子の「胡蝶の夢」といえば、手元の芥川龍之介をひもとくに「今までに僕の見たる六十有余の支那芝居中、一番面白かりしは事実なり」とありますなぁ。
しかしその後につづいては「まことに天下の女の為には気の毒千万なる諷刺劇と言うべし」ということで、女としてはいささか複雑な気持ちと相成ったのでありました(文語調??)^^

ところで今日の北京は寒気が押し寄せ、この冬一番の寒さだそうです(入冬最強寒流)。
皆々様もお気をつけあそばせあれ……(アレ、文語調が抜けない??)^^
「北京雑記」面白いなあ。
ネット用語を学習中の、PC初心者です。
お久しぶりです。

「新僑飯店」懐かしいなあ。
部屋の温泉風呂で、大の字になって
「北国の春」を歌った…1992年。
新僑飯店の白さんにお世話になりました。

ネット用語で
「昼は老、夜は小」
どんな風になるの?
PC初心者さま: いつもありがとうございます!^^

> 部屋の温泉風呂で、大の字になって
> 「北国の春」を歌った…1992年。
いや、よろしかったですね〜〜。いまも部屋の温泉風呂はあるのかな? 一度、大浴場を覗きにいきましたが、入浴料が確か数百元もするといわれて逃げ帰りました……。^^

北京はこれから「北国の春」が待ち遠しい季節になります。

> 「昼は老、夜は小」
へ? なぞなぞみたい。どんな風になるんでしょう。お教えください。^^
「昼は老(小平)のいうことを聞き、夜は小(麗君:テレサ・テン)を聴く」、「中国は二人の(小平と麗君)に支配されている」というジョークのことさ。

先程、別なブログで
「コメントごとにハンドルネームを変えて投稿されるのは、混乱を招くのでお止めいただきたいです」と叱られちゃった。
ごあいさつはPC初心者、音楽は美幌音楽人、星のことはクッシーおじさん、と思いついたんだけどね…。
こちらのブログも、加藤雅夫でいくか!?
加藤雅夫さま: なるほどですね〜〜小平と麗君。なんて頭の回らない私……ありがとうございます!

> 先程、別なブログで
う〜〜む。世の中には、本当にいろいろな方がいらっしゃいます。
まあ、こればっかりは、それぞれの好みによっても違いますから、いいとか悪いとか言えないですよね。困ったものですが。。。
(-_-;)ウーム

で、ワタクシの方は一向に構いませんですので。いつでもどこでもお好きなように「混乱」させちゃってくださいませ。 ヽ(‘ ∇‘ )ノ

よろしくお願いいたしま〜〜す!^^
こういう言葉って、移り変わりが激しいですよね!

某中国語学校に勤務の老師(おお!!そのおっさん、昼間は隣の会館で働いているのですが、しゃおりんさんのこと知ってましたよ!)が「ナウイ」と授業中使ったら、誰もわからなかった、って嘆いておりましたが…

そう言えば、しゃおりんさんはアメブロにつながります??
ここ数週間、うちではつながらず…

コメント返しが出来ない状態になってます…
gooのブログから変えたばかりなのに…

では鍋のお誘いをお待ちしています〜〜
  • やーうぇん
  • 2008/11/19 4:29 PM
やーうぇんさん: ありがとうございます! 先ほど戻ったところですが、今日はポカポカの暖かい1日でしたね!よかった、よかった!^^

> こういう言葉って、移り変わりが激しいですよね!
そうですね。「移り変わり」というよりは、「流行り廃り」かもしれませんが。というのは例えば「TMD」などは、もう何年も前から使われていて、市民権を得ていますよね。
中国の流行語の場合、日本よりも流行期間が長いような気がするのは私だけでしょうかね??
例えばパソコン使っている中国の若者なら、上記のネット用語は大体わかりますよね。。。
こちらも知らないと読みこなせない、ついていけないという意味で、氷山の一角のごくごく僅かですが、ご紹介してみました。

>「ナウイ」と授業中使ったら、
それ、日本人学生でも中国人学生でもわからなそう……かも(ナンテね)。
老師には直接教えていただいたことはありませんが、仕事上でいろいろとお世話になりました。ご無沙汰しており、すみません。また、その節はありがとうございました!

> そう言えば、しゃおりんさんはアメブロにつながります??
アメブロは、拙ブログで「じゃんすさん」のブログをご紹介した後から、つながらなくなりましたね〜。
じつは私、魔法の解除ソフトを持っているんですよ。何ならお送りしましょうか?

> では鍋のお誘いをお待ちしています〜〜
お! 改めてメールさせていただきますね! お楽しみに!?^^
↑鍋!?

アメブロの解除ソフトも、気になります!!

…本文よりも、こういうところに引っかかるKY。
  • 2008/11/21 5:36 PM
どなたかは存じませぬが、ありがとうございます。すみません、内輪の話で……。

上記やーうぇんさんとは、近く羊肉しゃぶしゃぶをつつきますが、年末にも鍋を計画しています。もし、ご興味があればご参加ください!^^

で、フィルター解除ソフトの件。
以前、拙ブログでもちらりとご紹介したことがあったのですが……。
このソフトを使うと、エキサイトブログ、アメブロなど大陸で見られないウェブサイトのほとんどが見られるということです。
私もアレ?開けない、というときに、このソフトを使うと大体見られます。

というわけで、もし、お入用でしたら、ご連絡いただければお送りします。
連絡先はこちらです。よろしくお願いいたします!

【しゃおりん連絡先】
sayukoba @ ヤフー.co.jp
(半角英小文字に変換してください)


※ 本文よりもコメント欄が充実していてスミマセン……。^^

※※ そうそう、これまでも何人かの方にお送りしたのですが、gmail だけはなぜか?送れないので、それ以外のメルアドでお願いします!
13番目のコメントは私です。
ごめんなさい、なぜか名前が抜けてました・・・

メールします。

こま
  • koma
  • 2008/11/22 1:37 AM
こまさん: ありがとうございます。

おお、ではお待ちしています。^^
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
You Tubeの動画で学ぶ漢字の読み書き
小学生・中学生の国語・漢字の学習に役立つYou Tubeの動画を紹介します。 児童の国語力アップや漢字検定(漢検)挑戦に役立ててくださいね。 楽しみながらやる気にさせる、視覚を使っての漢字学習 音読み、訓読み、部首、画数を目で学び勉強しましょう。ご迷惑でした
  • You Tubeの動画で学ぶ漢字の読み書きブログ
  • 2008/11/18 2:22 PM
関連する記事を集めています
関連する記事を集めています
  • 「M-1」の真実
  • 2009/03/22 4:13 PM
calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
recommend
在日中国人33人のそれでも私たちが日本を好きな理由
在日中国人33人のそれでも私たちが日本を好きな理由 (JUGEMレビュー »)
趙 海成
小林さゆり/訳

【中国人著者が聞き出す本音の日本論】
『それでも私たちが中国に住む理由』、待望の姉妹本!
recommend
今こそ伝える日中100人
今こそ伝える日中100人 (JUGEMレビュー »)
北京大学日本校友会

日本と中国をつなぐ100人へのインタビュー集! 私も紹介していただきました。 お陰様でたちまち2刷に!!
recommend
在中日本人108人のそれでも私たちが中国に住む理由
在中日本人108人のそれでも私たちが中国に住む理由 (JUGEMレビュー »)

中国18都市に住む、日本人108人のリアルな証言! 取材・編集に携わりました。 5刷 好評発売中!
recommend
中国年鑑 (2012年版)
中国年鑑 (2012年版) (JUGEMレビュー »)

最新中国情報を網羅!
「暮らし」を執筆しています。
recommend
中国年鑑 (2011年版)
中国年鑑 (2011年版) (JUGEMレビュー »)

最新中国情報を網羅!
「暮らし」を執筆しています。
recommend
中国年鑑 (2010年版)
中国年鑑 (2010年版) (JUGEMレビュー »)

最新中国情報を網羅!
「暮らし」を執筆しています。
recommend
これが日本人だ!
これが日本人だ! (JUGEMレビュー »)
王 志強
小林さゆり/訳

【読んで首肯するか、立腹するか! ―― 中国人の対日認識を知るための必読書】
2刷 好評発売中!
recommend
北京探訪―知られざる歴史と今
北京探訪―知られざる歴史と今 (JUGEMレビュー »)

「大ブームに沸く 笑いの文化」を執筆しています。
recommend
出張に役立つ中国語―もう困らない、恥をかかない
出張に役立つ中国語―もう困らない、恥をかかない (JUGEMレビュー »)
ニューメディア研究所thinking

2005年アルク刊
コラムを執筆しています。
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM