<< コメディーだったの!? 話題の映画 『梅蘭芳』 | main | 拙著 『物語北京』、中国で出版されました! >>

公園の年間パス、09年分からIC化へ

北京動物園 世界遺産の頤和園天壇公園など北京市内の16公園で利用できる年間パスが、2009年分からIC化されることになりました。 これにより当該公園への入園は、市内の地下鉄改札と同じようにパスをかざすだけでOK。 入り口での係員の “アナログ・チェック” が省かれ、よりスピード化&簡便化が図られることになりました。

 複数の地元紙によると、公園の年間パスに関する09年分からのシステム変更は3つあり (「三変」)、。隠狂園で利用できる年間パスを全IC化する、■僑戯舒幣紊旅睥霄圓蓮¬雲局発行の 「老年優待カード」 を携帯すれば、無料で公園に出入りできる、G間パス購入の際には、今年のパスか交通パスを持参すれば、そこに新年分を加算することができる (パスのない人は、身分証や顔写真などを当該公園に持参し、新規作成のこと。 従来パスに新年分を加算する場合は、手数料として3元がかかるが、交通パスに加算する場合は手数料がかからない)。

 従来どおりのシステムは (「三不変」)、仝園パスの発行期間 (12月15日〜来年1月15日)、■鈎奮に分けられた発行価格 (60歳以上〜64歳以下50元、退職者100元、一般市民200元)、M用できる公園16カ所。

 今月からは、一部の公園でIC読み取り機を導入したテストチェックが行われています。 この読み取り機、パスの真偽も見分けられるという優れもの。 よりスピーディーに、より便利になる近代化の波は、どうやら公園の片隅にまで押し寄せてきているようです。


【年間パスが利用できる16公園】
 市の所属 (10カ所): 頤和園、天壇公園、中山公園、北海公園、景山公園、陶然亭公園、動物園、香山公園、北京植物園、玉淵潭公園

 区の所属 (6カ所): 双秀公園、青年湖公園、大観園、海淀公園、蓮花池公園、北京国際彫塑園

※ 写真上は、北京動物園 (08年6月)。

年間パス 写真下は、一般200元の公園年間パス (誰ですかこれはーーー!?)。
 拙宅そばの天壇公園を例にとると、オンシーズンの入園料は15元、オフシーズンは10元なので、最低でも年間14回訪れると “もとが取れる” ことになります (ちょっとセコい?? ^^)。


スポンサーサイト

  • 2019.11.17 Sunday
  • -
  • 10:40
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク
コメント
おもしろい情報、ありがとうございます。
便利そうなパスですね。動物園が大好きで、毎日でも行きたいくらいです。公園ものんびりしていて、好きなのは起伏のある景山公園です。北京に1カ月くらい滞在できるなら、年間パスはお得ですね。
ところで、この公園年間パスの、なんとも言いようの無い顔のおばさん、いや、おねえさんは、どなたですか?
  • ぱんだぱんだ
  • 2008/12/09 5:26 PM
ぱんだぱんだ様: ありがとうございます!
初めましてでしょうか? それとも以前にちがうお名前で書き込んでいただいたかもしれませんが……。

景山公園はいいですよね。たしかに、こちらに住んでいる者にとっては「年間パス」は必需品なのですが(ええ、健康維持のための体操もしなければならないですし、毎日でも通いますからね〜こちらの多くの人たちは……)、ご旅行でいらっしゃる方は、あまり必要ないかも、ですね。

私はこちらに来てからのほぼ毎年、買っています!

> ところで、この公園年間パスの、なんとも言いようの無い顔のおばさん、

いうまでもありませんが。
ア・タ・ク・シです!!

毒を食らわば皿まで……。
一度、顔写真を乗せたら、もう、なし崩しの無法地帯と化しています。
お目汚し、失礼しましたっ!!^^
初めてですう。この年末に、動物園でパンダに会いたいなあ、とばかり、「北京」でいろいろ検索。出会ったのがここでした。
論客多々、おもしろいです。
最近のブログ、やっといくつか拝見しました。さきほどのコメント、言葉足らずでした。
何とも言えない、のあとに「いい雰囲気」が抜けていました。抜けた文章、恥じています。
たしかに、ご本人、安心しました。景山公園で、ばったり会っても、識別できます。
そのときは、にいはお、しますね。
晩安。
 
  • ぱんだぱんだ
  • 2008/12/09 11:33 PM
北京に旅行に行った時に、何箇所かの公園に
行きましたが、どこも多くの人が訪れてました。

皆さん、グループで歌を歌ったり、ダンスをしたり、
勿論運動も。
どうみても、毎回入場券を買っているようには
見えなかったので不思議に思ってました。
年間パスがあるんですね。
なるほど。

でも、IC化とは凄いですね。
日本よりもはるかに進んでいる感じがします。
ぱんだぱんだ様: ありがとうございます!
また今晩も、みんなでしゃぶしゃぶをつついておりました……。これで太らない方がおかしいですよね??^^(と言い訳)。

>「いい雰囲気」

ですか? フォローしていただいて痛み入ります。^^
では景山公園でばったり!となったときには、よろしくお願いいたします!
今夜は「降雪」という予報が出ていましたが、気温はさほど下がらず。先週末(5日)の寒さに比べたら、「屁」でもありません。^^
でもくれぐれもお気をつけていらしてくださいね〜〜。楽しい北京の旅でありますように!
コッスさん: ありがとうございます!
そうですよね、公園はいつ行っても人が多いですよね。
これ、結構切実な問題なんです。中国では、医療制度の改革が進んでおらず、医療費&薬代が馬鹿高くかかるために、みんななるべく病院に行きたくない。だから日ごろから身体を鍛えて、抵抗力をつけているという訳なんです。

その生き抜くためのエネルギーって凄いですし、見習いたいと思っています!

「年間パス」……65歳以上は無料になりますしね。毎日でも公園へ行きますよね〜〜。^^

> でも、IC化とは凄いですね。
> 日本よりもはるかに進んでいる感じがします。

ホント、何もそこまでしなくても……と思いますが、結構新しいもの好きでもあるんですよね〜〜。
公園の切符切りのおばちゃんたち、リストラされるのかな〜と思うと、ちょっと辛いものがありますが……(まあ、国有企業とか行政機関などの場合は、突然のリストラは滅多にないと思いますが)。
数年前誕生日プレゼント(?)で年間パス貰いました。
が!!近くに利用可能な公園がなく…

結局1回動物園に行っただけ…

これもIC化なんですねぇ〜〜
やーうぇんさん: ありがとうございます!

> 数年前誕生日プレゼント(?)で年間パス
ええーっ?? 正規で買えば200元もするものですよ〜(裏ルートもあるには、あります、、、^^)。よかったですね!

> 結局1回動物園に行っただけ…

あららら……残念。。。

> これもIC化なんですねぇ〜〜

本当に……。でも、駅の改札みたく混むわけでもなさそうだし、本当にIC化する必要があるのだろうか?? 強く疑問に思います。
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
recommend
在日中国人33人のそれでも私たちが日本を好きな理由
在日中国人33人のそれでも私たちが日本を好きな理由 (JUGEMレビュー »)
趙 海成
小林さゆり/訳

【中国人著者が聞き出す本音の日本論】
『それでも私たちが中国に住む理由』、待望の姉妹本!
recommend
今こそ伝える日中100人
今こそ伝える日中100人 (JUGEMレビュー »)
北京大学日本校友会

日本と中国をつなぐ100人へのインタビュー集! 私も紹介していただきました。 お陰様でたちまち2刷に!!
recommend
在中日本人108人のそれでも私たちが中国に住む理由
在中日本人108人のそれでも私たちが中国に住む理由 (JUGEMレビュー »)

中国18都市に住む、日本人108人のリアルな証言! 取材・編集に携わりました。 5刷 好評発売中!
recommend
中国年鑑 (2012年版)
中国年鑑 (2012年版) (JUGEMレビュー »)

最新中国情報を網羅!
「暮らし」を執筆しています。
recommend
中国年鑑 (2011年版)
中国年鑑 (2011年版) (JUGEMレビュー »)

最新中国情報を網羅!
「暮らし」を執筆しています。
recommend
中国年鑑 (2010年版)
中国年鑑 (2010年版) (JUGEMレビュー »)

最新中国情報を網羅!
「暮らし」を執筆しています。
recommend
これが日本人だ!
これが日本人だ! (JUGEMレビュー »)
王 志強
小林さゆり/訳

【読んで首肯するか、立腹するか! ―― 中国人の対日認識を知るための必読書】
2刷 好評発売中!
recommend
北京探訪―知られざる歴史と今
北京探訪―知られざる歴史と今 (JUGEMレビュー »)

「大ブームに沸く 笑いの文化」を執筆しています。
recommend
出張に役立つ中国語―もう困らない、恥をかかない
出張に役立つ中国語―もう困らない、恥をかかない (JUGEMレビュー »)
ニューメディア研究所thinking

2005年アルク刊
コラムを執筆しています。
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM