<< 北京の仲尾邸で新年会 | main | 野良犬撲滅、市内80万のペット犬にチップで >>

春節前も気忙しく…

年貨売り1 お正月は、西暦の元旦よりも春節 (旧正月、今年は1月26日) を重んじる中国。 北京の街にもどことなく春節前の気忙しさが感じられるようになりました。

 人通りの多い街角では、年貨 (ニィエンフオ、正月用品) を扱う露店が開かれ、おめでたい 「」 の字や、今年の干支である 「」 の飾り物などが売られています。 中国で縁起がいいとされる赤い色やカラフルなものが多く、冬の北京にも花が咲いたような鮮やかさです。
 なんだか元気が出てくるようで、私も思わず 「」 の字 (2枚3元、1元は約13円) とイラストチックな 「」 の年画 (春節に貼る絵、2枚8元) を買い求めました。

 地元紙 『法制晩報』 (13日付) によると、市内の卸売市場・官園批発市場では、今年の元旦以降、年貨を買い求める客で賑わいを増しているそう。 とくに、幸運をもたらすとされる 「」 の字が飛ぶように売れており、「昨年の3割増となる売り上げだ」 と喜びの声を上げる小売商もあったとか。
 リストラによる解雇や事業縮小など、世界的な金融危機の影響はここ北京でも現れてきていますが、そんな不景気感を克服しよう! 吹き飛ばしてしまおう! といった気概が感じられるものです。

年貨売り2 春節休暇を故郷で過ごす帰省客の大移動も始まりました。 航空便や鉄道、長距離バスなどが増設されるこの時期の特別輸送体制は 春運 (チュンユン) と呼ばれますが、今年の春運期間は、1月11日から2月19日までの40日間。
 今年は、前年同期比3.5%増の延べ23億2000万人が移動すると予測されており (新華社)、史上最大規模となる見込みだとか。

 先日、市内の路線バスに乗ったときも大きなバッグやスーツケースを抱える民工 (出稼ぎ労働者) たちでギュウ詰めの状態でした。 景気の先行きは不透明ですが、手に手にはちきれんばかりの北京土産を抱える民工たちの顔は、どこかホッとした表情を浮かべていました。
 〈春節明けに、北京でまた職が得られますように。 また働けますように……〉。 北京西駅行きのバスの中で、発展する街並みをあとに、彼らはそう願っていたのかも。
 
 初春を祝う春節まで、今年もあとわずかです。


※ 街角の年貨売り (崇文区・光明路)


スポンサーサイト

  • 2018.09.17 Monday
  • -
  • 12:20
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク
コメント
例年の風景ですが、今年は出稼ぎの人たちにとってはいささかきびしいようですね。仕事が続けられることを祈るしかないですね。
春節つきものの爆竹、花火は、今年は北京でもオーケーなのでしょうか?
なにやら爆竹、花火の不良品を100万元分、郊外の大興区で処分(爆発)したようですが、もったいないですなあ。どうせ処分するのなら、市がきちんと管理して、みんなが喜ぶような形で処分したほうがいいのに、と思いました。
パンダパンダ家には、数年前に買った、おめでたいグッズいろいろを飾ります。
福を逆さに張ったり、真っ赤な飾り紐など、ですね。
いい春節であるよう、祈っています。
  • ぱんだぱんだ
  • 2009/01/15 1:54 PM
はんだぱんだ様: ありがとうございます。
民工の人たちにとっては、本当に厳しい春節ですね。北京はともかくとして、広東省など南部沿海都市の輸出型企業は軒並み倒産……。
同地では春節前の里帰りが早くも昨年秋から始まっているようです。

「(08年)春から沿海都市の輸出加工型中小企業の倒産が急増し始め、上半期で6万7000社が倒産、2000万人以上が失職した。浙江、広東、山東の各省では韓国、香港、台湾企業の夜逃げが激増、中小企業の倒産は年間で10万社を超えることが確実視されている」(産経新聞【中国経済月報】)……そうです。

じつは私の周りにも、この年末にリストラで失職してしまった人が何人かいます。が、いずれも能力のある人たちなので、再就職先もすぐに見つかるだろうと思っていますが、なんとなく気が重いですよね。

ですが、景気は「気」から。「世界的金融危機だから仕方がないさ〜」とアッケラカンとしている人もいます。
今年は中国にとってもいろんな意味で「敏感な年」になりそう。水面下でいろんな動きもあるようなのでしっかり見つめていかなければ、と思っています。

ぱんだぱんださんもいい春節でありますように。 祝にい年関大吉!!(年末前の福をお祈りいたします)
去年初めて中国の春節を体験しましたが、閑散とした町とは裏腹に夜は連日騒がしかったのを覚えています。打ち上げられた花火は確かに質が悪いですが、何万発も上がると言いようのない美しさがありました。

今年も寮の前で爆竹を鳴らそうと思います。
阿井さん: ありがとうございます。
去年が春節「初体験」だったんですね〜。^^
爆竹が13年ぶりに解禁されたのは2006年のこと。あの時は、もう北京中が狂乱&熱狂した状態でしたよ〜〜。爆発音が鳴り止まず、戦場ってこんな感じ?というくらい。うるさかったですが、なんだか楽しかったですね。

その後、07年、08年とだんだん静かになってきました(そう、阿井さんは「連日騒がしかった」とおっしゃいますが、この崇文門のあたりでは大分静かになったんですよ〜)。飽きたのでしょうか?? 規則どおり深夜0時にはピタリと鳴り止んだのも、夜更かしするワタシ的にはとても嬉しかったですね。。。

>何万発も上がると言いようのない美しさがありました。
ホントですよね。それになんだか元気が出ます!^^そういや最近、我が家のそばでは打ち上げ花火が鳴っています。いいんでしょうか!?

>今年も寮の前で爆竹を鳴らそうと思います。
あら、そうなんですか? いいですね〜〜。
強力なものもありますから、どうかお気をつけて楽しまれてくださいね〜。^^
露天の店が出るなど、ウルムチでは到底考えられないです!ちなみに今日は−13℃〜−6℃と、春のような
一日(?)でした。
こちらでも春節の足音が街に聞こえ始めています。ちなみに私が見た、爆竹屋さんで売っている最高額は2000元でした。

今日ウルムチ駅へ行きましたが、故郷へ戻る為、大きな荷物を持った出稼ぎの人たちでごった返していました。こちらも内陸部から来ている人が結構いて、新疆テイストの中国語ではない話し方をした人をよく見かけます。
この人たちのおかげで私の中国語もなんとかごまかせています!
  • コータロー
  • 2009/01/15 10:31 PM
コータローさん: 極寒の地から、ありがとうございます!

>春のような一日(?)でした。

(; ̄Д ̄)な、なんじゃと??
北京は最近、−9〜2℃くらいの気温で、カラリとした晴天が続いています。朝夕はさすがに冷え込みますが、日中は風がなければ寒がりの私でも余裕で活動できますよ!! やっぱり暖冬なのかしらん。。。

>最高額は2000元でした。
爆竹って結構いいお値段がするんですよね〜。
へたすりゃ月給分が一瞬にして消えてしまう。でも新年を景気よく迎えたいから、はり込むのでしょう。会社やお役所名義ではなく個人で数千元もする物を買うなら、よっぽどのお金持ちなんでしょうねえ〜〜。

>新疆テイストの中国語ではない話し方
ん?他の少数民族の方々ということでしょうか? 地方からきた方言丸出しの漢民族ということでしょうか?

んでもウイグル族はじめ、他の少数民族の人たちにとって、春節とはなんぞや??ですよね。自分たちの民族には関係のない正月な訳で……。
まあ休めるからいいやって感じなんでしょうか? まさか漢民族の風習(年画を貼るとか、ギョーザを包むとか)を自宅にまで持ち込んではいないでしょう?
コータローさんのお宅ではいかがでしょう? そこらへんも気になります。。。

>この人たちのおかげで私の中国語もなんとかごまかせています!

はい、私も時々、南方からきた標準語の怪しいお姐さんで通っていま〜〜す!!^^
v( ̄ー ̄)v
 2006年の春節、0時に北京駅。もう、ばんばんばちばち、録音が残ってますけど、うるさいのなんの・・・。
 小さい打ち上げ花火をしこたま仕入れて、胡同の一角で、ばんばんばちばち、やらせてもらいました。あとかたずけをしないで、ごめんなさい。
 まあ、やけどなどせん程度に、派手にやってほしいですなあ。
 爆竹花火はいまいずこ? なんてレポートをたのしみにしてますわ。
 うまくいけば、春節、また出かける可能性あり。
 寒そう、でんなあ。風邪などひかんよう、じゅうぶん防寒対策を。
 ほなまた。
  • とらやん
  • 2009/01/16 9:15 AM
とらやん様: ありがとうございます。
そうでしたね〜、2006年。あの時はスゴかったです。人民の溜まりに溜まっていた感情が、一気に爆発した、という感じでした。

>爆竹花火はいまいずこ? なんてレポートを
へ? もうすでに周辺では鳴っていますが??
規定ではたしか大晦日から鳴らせることになっているはずなので、今、鳴っているのは違反行為なんですけどね〜。

>うまくいけば、春節、また出かける可能性あり。
あら、そうなんですか?
こちらは仕事をしているかもしれませんが…… ( ̄ー ̄;  よろしくお願いいたします。
こんにちは。
地球の裏側に来ているコッスです。

春節の時期になりつつあるんですね。
中国の人にとっては、日本人の正月以上の意味があるのかもしれませんね。
正しく、民族大移動ですね。

世界の経済危機は、地方から出稼ぎに来ている民工の人達を直撃なんでしょうね。
経済開放してから、全てが順調だった中国経済は、初めての壁にぶち当たるかもしれませんね。
中国に限らず、ここ1〜2年は大変な年になるかもしれませんね。

コッスさん: ありがとうございます!

>地球の裏側
おお、お疲れ様です!!

>正しく、民族大移動ですね。
延べ23億人って、なんだかすごい数ですよね。

>中国に限らず、ここ1〜2年は大変な年になるかもしれませんね。
先が読めないだけに不安になりますが……。
お互いに、頑張りましょう!!^^
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
切符がないんなら飛行機に乗れば良いじゃない
さて、中国ではいよいよ春節ラッシュが始まりました。旧暦で祝ってこそが年越しだよな、と今年は23億人という史上最大級の人数が里帰りするそうです。 今年の春節は1月の26日だそうです。この期間中は多くの中国人が帰郷するので、出稼ぎ労働者や地方からの大学
  • トリフィドの日が来ても二人だけは読み抜く
  • 2009/01/15 11:47 PM
会社辞めた
自分から辞めたら、自己都合退職。失業保険は3ヶ月間はもらえない。あなたはそう思っていませんか?
  • 情報の波 運勢の波
  • 2009/01/16 1:21 AM
今日の運勢・占い
最悪の日はそれ以下に下がることはありません。だから最も悪と書くのです。あとは昇るだけ
  • おっちゃん占い
  • 2009/01/17 8:18 AM
昭和を西暦に
昭和を西暦に直すと何年になるでしょうか。1988年が昭和63年になります。昭和の年代に25を足すと西暦の下2桁になります。
  • 昭和を西暦に
  • 2009/01/29 10:36 AM
イーストボーイ(EASTBOY)情報
イーストボーイ(EASTBOY)のスクールバッグや浴衣やカーディガンの紹介に店舗や通販などイーストボーイ(EASTBOY)の情報です。
  • イーストボーイ(EASTBOY)情報
  • 2009/07/27 4:12 PM
セリーヌ Celine
セリーヌ Celineのバッグや財布やハンカチに子供服などのセリーヌ Celineの情報です。
  • セリーヌ Celine
  • 2009/08/02 10:29 PM
calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
  • この夏最強のエンタメ映画 「カメラを止めるな!」、ホラーコメディーの新境地を切り開く!
    しゃおりん (08/14)
  • この夏最強のエンタメ映画 「カメラを止めるな!」、ホラーコメディーの新境地を切り開く!
    にこにこのujicyan (08/13)
  • 中国の最新アニメ 「魔道祖師」、公開後まもなく4000万PVでテンセント人気トップに
    しゃおりん (07/13)
  • 中国の最新アニメ 「魔道祖師」、公開後まもなく4000万PVでテンセント人気トップに
    阿井 (07/13)
  • 平和友好条約40周年・第1回「忘れられない中国滞在エピソード」、6月より募集スタート
    しゃおりん (06/09)
  • 平和友好条約40周年・第1回「忘れられない中国滞在エピソード」、6月より募集スタート
    田嶋宏昭 (06/09)
  • 四川大地震から10年、5月12日を「感謝の日」に制定
    しゃおりん (05/12)
  • 四川大地震から10年、5月12日を「感謝の日」に制定
    楊玉環 (05/12)
  • 中国旅行口コミランキング発表、外国目的地では東京、北海道がやはり人気
    しゃおりん (05/12)
  • 中国旅行口コミランキング発表、外国目的地では東京、北海道がやはり人気
    omachi (05/11)
recent trackback
recommend
在日中国人33人のそれでも私たちが日本を好きな理由
在日中国人33人のそれでも私たちが日本を好きな理由 (JUGEMレビュー »)
趙 海成
小林さゆり/訳

【中国人著者が聞き出す本音の日本論】
『それでも私たちが中国に住む理由』、待望の姉妹本!
recommend
今こそ伝える日中100人
今こそ伝える日中100人 (JUGEMレビュー »)
北京大学日本校友会

日本と中国をつなぐ100人へのインタビュー集! 私も紹介していただきました。 お陰様でたちまち2刷に!!
recommend
在中日本人108人のそれでも私たちが中国に住む理由
在中日本人108人のそれでも私たちが中国に住む理由 (JUGEMレビュー »)

中国18都市に住む、日本人108人のリアルな証言! 取材・編集に携わりました。 5刷 好評発売中!
recommend
中国年鑑 (2012年版)
中国年鑑 (2012年版) (JUGEMレビュー »)

最新中国情報を網羅!
「暮らし」を執筆しています。
recommend
中国年鑑 (2011年版)
中国年鑑 (2011年版) (JUGEMレビュー »)

最新中国情報を網羅!
「暮らし」を執筆しています。
recommend
中国年鑑 (2010年版)
中国年鑑 (2010年版) (JUGEMレビュー »)

最新中国情報を網羅!
「暮らし」を執筆しています。
recommend
これが日本人だ!
これが日本人だ! (JUGEMレビュー »)
王 志強
小林さゆり/訳

【読んで首肯するか、立腹するか! ―― 中国人の対日認識を知るための必読書】
2刷 好評発売中!
recommend
北京探訪―知られざる歴史と今
北京探訪―知られざる歴史と今 (JUGEMレビュー »)

「大ブームに沸く 笑いの文化」を執筆しています。
recommend
出張に役立つ中国語―もう困らない、恥をかかない
出張に役立つ中国語―もう困らない、恥をかかない (JUGEMレビュー »)
ニューメディア研究所thinking

2005年アルク刊
コラムを執筆しています。
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM