<< 什刹海の三輪車、300台までに | main | デジタルテレビがやってきた! >>

北京で、北海道オホーツクビールを

北京オホーツクビール 本格派ビールで知られる、北海道のオホーツクビール株式会社 (本社・北見市) の北京店 北京欧可[口卑](北京オホーツクビール) のプレオープン・パーティーが18日、市内の北東部、三元橋そばの同店で開かれたので、うきうきしながら訪れた。

 オホーツクビールは、1995年に日本の地ビール第1号として誕生した。 酵母が生きている、できたての生ビールの旨さを日本中に広めた先駆者だという。 そんな本格派の “地ビール” がいただける店は、北京ではまだまだ少ない。 雑誌編集長で女友だちのさんに誘われて、私の足どりも思わず軽くなった。

 北京オホーツクビールは、新興住宅地として開発がすすむ、鳳凰城 (フェニックスシティー) の一角にある。 夕闇にクリスマス・イルミネーションがかがやく木立を抜けると、ロッジ風の瀟洒な店舗が目にはいった。
 「いらっしゃいませ。 ようこそオホーツクビールへ!」
 水元尚也・董事長 (取締役会長) と 石田晴彦・副総経理、そして中国のスタッフたちが温かく出迎えてくださった。 店内は早くも、ビールを片手に談笑する各国の招待客らでにぎわっていた。

 「あの釜を見て。 ビールはここで醸造されているんですよ」 と、さんが指を差す。 見るとカウンター席の向こうには、高さ3メートルはありそうな重厚な仕込釜、麦汁ろ過槽などが並んでいる。 ビールはさらに奥の部屋の発酵タンク、貯酒タンク、ろ過器、樽づめなどをへて、できたてが店内に運ばれるのだという。 さすがはさん。 雑誌の取材を済ませているので、まるでビール博士にでもなったかのような流暢な説明だ。
ビールとお料理 できたての地ビールには、4種類ある。 ドイツ、イギリス、アイルランドの伝統製法を元にしたもので、フルーティーな味わいのヴァイツェン、こくのあるエール、オーソドックスなピルスナー、黒ビールのマイルドスタウトだ。
 まずは、ピルスナーをひと口。 さわやかなホップの苦味と、こくのある味わいが口中に広がった。 こんな大人向けのビールを飲んだのは、久しぶりだ。 北京のビールは苦味が少なく、あっさりとしたライト系が多いからだ。
 「こってりした中華料理には、中国の軽いビールが合うのでしょう。 でも、ビールの深い味わいを楽しみたかったら、こちらにお越しいただきたい」 と、醸造顧問の阪内順逸さんは胸を張る。

 釜などの器材をそろえ、プレオープンにこぎつけるまでに約1年。 浄化した特別な水をつかい、3〜8週間の時間をかけて、4種それぞれの個性的なビールを作り出す。 中国は世界1のビール消費大国とはいえ、苦味とこくのあるホンモノのビールが人々に受け入れられるかどうか――。
 「中国では、経済発展にともなって価値観が多様化している。 本物の味に慣れていただければ、ぜったいに浸透するはず。 自信はあります」 と阪内さん。
 店内を見渡せば、中国のスタッフたちが、きびきびと働いていた。 中国のお客さんたちも、各種のビールと洋風料理を楽しんでいる。 フレッシュな大人のビールが味わえる店・北京オホーツクビール。 この店から、中国でも真のビール通が増えていくに違いない――。 そんな確信を胸に、いつしか3杯目のグラスを傾けていた私たちだった。

北京欧可[口卑]
北京市朝陽区 曙光西里甲5号 鳳凰城商業街7号店 (三元橋北東、中旅ホテル向かい)
電話: (010) 5866−8552、5866−8568
オフィシャルサイト 
正式オープンは来年春ごろ、それまではプレオープン営業 (17〜23時)。
ビール (グラス) 28元〜、料理は、トマトとモッツァレラチーズ、焼きソーセージの盛り合わせ、羊のロースト、ホタテ貝のベーコン巻きなど。

スポンサーサイト

  • 2019.11.17 Sunday
  • -
  • 11:30
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク
コメント
 いかにもおいしそうなビールですね。しゃおりんさんの酒豪ぶりがよくわかります。肌をさす北京の風の中、暖房の効いた部屋で、きりりと冷えたビールを飲む。これまた冬の楽しみ。
 オホーツクビールには、ぜひ出かけてみますね。三元橋は、北京ではじめて公衆トイレに入った思い出の場所。なにか奇遇でんなあ。
  • とらやん
  • 2006/12/19 2:05 PM
とらやん様、コメントありがとうございます。
ビールはもちろん、上海のホテルで経験をつんだという中国のコックさんの腕も確か。お料理はいずれもおいしかったです!
北京でオホーツクビールというのも、粋なもの。北京にいらっしゃったら、ぜひお出かけになってみてください。
ちなみにワタクシは酒豪ではありませんよー!ほんのちょっと、たしなむ程度です(笑)
守屋宏則です。ここ東京は午前6時30分。まだ早朝ですが話題が話題なので逆上してコメントしてしまいます(笑)。北京の変貌ぶりに改めて感動しています。以前、中国のビールは雑味が多くて飲みすぎると舌がざらついたものですが最近は改良された感があります。燕京精品純生は冷えていればけっこう飲めます。淡白なので清涼飲料水がわりです。青島のやや高めの中瓶みたいなのもなかなかいけます。北京の比較的高級なレストランの「青島純生(ジョッキ)」1杯50元くらいしますがこれはおいしいです。「嘉士伯(カールスブルグ)純生(ジョッキ)」もおいしいです。私見では中国のレストランの最大の問題点はお酒の揃えが不十分なのと値段が高すぎることです。今年9月、しゃおりんさんにかの「無名居」に連れていっていただきまました。せっかくなので紹興酒もいただきましたが、2人の料理の代金より1壷の紹興酒の方が高かったです。まあ安い料理を注文して一番高い紹興酒を頼んだ私のせいですが。
オホーツクビール、次回北京訪問の際はぜひ行ってみたいと思います。つまみは「羊のロースト」がいいな。なお私見ですがしゃおりんさんは酒豪とまではいきませんが「なかなかいけるくち」です。いい飲みっぷりです。ちなみに私は飲んだくれです。9月にしゃおりんさんと某老師(共通の先生)のお宅に伺った折、某老師と私は(私が成田の免税店で買って行った)茅台酒を1本空けてしまいました。失礼しました。三輪車もコメントしたいのですがまたの機会にします。
  • 守 屋 宏 則
  • 2006/12/21 6:31 AM
守屋宏則先生、ご丁寧なコメント、ありがとうございます!
ほんとに、北京はみるみる変わりましたよね。90年代からこちらにいる友人などは「住みやすくなった〜」とことあるごとに、申しております。本格派ビールが飲めるし、お寿司をつまんだり、小腹がすけば、24時間営業のコンビニでおにりぎやおでんを買ったりすることができる……。あんまり便利になると、逆にサバイバル精神がうすらいで、おもしろくないかもしれません(笑)。それくらい、なんでも揃うようになりました。
9月にお目にかかったときには、大変失礼いたしました、、、紹興酒、高かったですね。目の玉が飛び出しそうでした。
オホーツクビールは、お料理もかなりイケます。ビールとお料理が互いにひきたてあって、ついつい、2杯、3杯といってしまうんですよね〜。言い訳になっていませんね(笑)。
次回は、ぜひご案内させていただきます。
茅台酒、1本空けられる、というのはうらやましいです。私はまだまだ修行が足らないようですね(笑)。今後ともどうぞよろしくお願いいたします!

コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
特別な水 といえば
こんなものもありますよ。ぜひお越しください!
  • cacchao.net
  • 2007/06/16 9:13 PM
北海道を攻める
□ はこだてビール4本(各タイプ250mlアルミボトル入) 五稜の星(ヴァイツェン)1本 明治館(アルト)1本 北の一歩(エール)1本 北の夜景(ケルシュ)1本・北海道の地ビール・桜も満開!!お花の下で地ビールで乾杯!と言うのはいかがですか?・ハスカップで「地酎ハ
  • 地ビールの厳選紹介
  • 2007/06/17 2:59 AM
特別な水 といえば
こんなものもありますよ。ぜひお越しください!
  • cacchao.net
  • 2007/06/17 7:08 PM
免税店スタッフの仕事
免税店と名のつく会社は、日本で営業している有力どころだけでも多くあります。そこに就職し、販売スタッフに任命されて、晴れて成田空港や関西空港などのショップで働くことになる。海外にも同様の会社があり、主要都市の空港や市内に出店している。日本資本の会社の..
  • 海外旅行、国内観光の仕事・職業情報紹介
  • 2007/07/10 5:08 PM
ホテル 北見市
ホテル☆北見市、で探したホテル・・・ !それは、北見東和ホテルホテルの外観は、きれいでしたよ最寄り駅は、北見(石北本線)徒歩12分と近くて助かりました。ホテルの場所はどこでしょう?北海道北見市北5条西6丁目ホテルの特徴を一言で言うと・・・都心に位置し、ビジ
  • 北海道のホテル予約で探したホテル!
  • 2007/07/15 9:38 PM
calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
recommend
在日中国人33人のそれでも私たちが日本を好きな理由
在日中国人33人のそれでも私たちが日本を好きな理由 (JUGEMレビュー »)
趙 海成
小林さゆり/訳

【中国人著者が聞き出す本音の日本論】
『それでも私たちが中国に住む理由』、待望の姉妹本!
recommend
今こそ伝える日中100人
今こそ伝える日中100人 (JUGEMレビュー »)
北京大学日本校友会

日本と中国をつなぐ100人へのインタビュー集! 私も紹介していただきました。 お陰様でたちまち2刷に!!
recommend
在中日本人108人のそれでも私たちが中国に住む理由
在中日本人108人のそれでも私たちが中国に住む理由 (JUGEMレビュー »)

中国18都市に住む、日本人108人のリアルな証言! 取材・編集に携わりました。 5刷 好評発売中!
recommend
中国年鑑 (2012年版)
中国年鑑 (2012年版) (JUGEMレビュー »)

最新中国情報を網羅!
「暮らし」を執筆しています。
recommend
中国年鑑 (2011年版)
中国年鑑 (2011年版) (JUGEMレビュー »)

最新中国情報を網羅!
「暮らし」を執筆しています。
recommend
中国年鑑 (2010年版)
中国年鑑 (2010年版) (JUGEMレビュー »)

最新中国情報を網羅!
「暮らし」を執筆しています。
recommend
これが日本人だ!
これが日本人だ! (JUGEMレビュー »)
王 志強
小林さゆり/訳

【読んで首肯するか、立腹するか! ―― 中国人の対日認識を知るための必読書】
2刷 好評発売中!
recommend
北京探訪―知られざる歴史と今
北京探訪―知られざる歴史と今 (JUGEMレビュー »)

「大ブームに沸く 笑いの文化」を執筆しています。
recommend
出張に役立つ中国語―もう困らない、恥をかかない
出張に役立つ中国語―もう困らない、恥をかかない (JUGEMレビュー »)
ニューメディア研究所thinking

2005年アルク刊
コラムを執筆しています。
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM