<< 趙先生の料理教室、夏の麺メニューあれこれ (2) | main | 北京テレビ新社屋に潜入!! 番組にチラ出演しました! (2) >>

北京テレビ新社屋に潜入!! 番組にチラ出演しました! (1)

BTV新社屋 まだ多くの人が訪れたことのない、秘められた場所――地元のローカルテレビ局・北京テレビ (北京電視台、BTV) の新社屋にこのほどワタクシ、潜入してまいりましたーーっ!!
 先日のエントリー (7月5日付) でも思わせぶりに書きましたけど、神秘のベールに包まれた場所、それがBTV新社屋だったんですね〜〜!!!  ^^;)>

 北京市東部のビジネスエリア・CBD地区に忽然と現れたノッポビルのBTVは、今年4月1日に本格放送をスタート! 従来の本社ビルは市内西部の西3環路沿いにありましたが、西から東へほぼ真一文字に、いさぎよいまでの大移転を繰り広げてくれたというわけ。

 その奇抜なカタチから、「ズボンのすそ」 だの 「でかパン」 だのと、あらぬニックネームを付けられている中国中央テレビ (CCTV) の新社屋も、ご近所さんです。 まったくもって両社は、首都北京の情報発信基地として張り合っているのか、仲がよくて寄り添っているのか、わかりませんけれども……。

 そんな注目のスポット、BTV新社屋に、どーしてアタクシなぞが潜入したのでしょう? 
 前置きが長くなりました。 お待たせしましたー!! 
 じつはアタクシ、BTVのグローバル・トーク番組 国際双行線 に外国人コメンテーターの1人として出演したのです〜〜!! といっても、話したのは1言、2言なんですけどね。 まさか、カットされてないでしょうねえ? (〃_ 〃)ゞ ポリポリ

BTV新社屋完成図 そう、同番組には以前、中国で活躍する日本人俳優、矢野浩二さんがピン (主役) で出演したこともありますし (関連エントリー、2007年12月18日付)、北京在住の日本人も何人か登場していますよね。

 私は北京の友人、N子さんの知り合いの紹介で、こうしたチャンスに恵まれたのでした。 中国語のフリートークにはまったく自信がありませんので、当初はハナから断るつもりだったんですが……。
 「BTV新社屋で収録? うぅっ、やっぱり見たい、ゼッタイ見たい!!」
 私の主たる動機と目的は、新社屋を見たいという、ただそれだけだったんですね〜〜。 それが、恥をしのんで参加する気持ちになったわけ。

 そう、この強烈な?好奇心が、羞恥心とやらを上回ったということですね。 ですが、生き恥をさらすとか、みっともないという言葉は、まさにこの日の私のためにあったのかもしれません……。 ( ̄〜 ̄;)うーむ・・・

 誘ってくれたN子さんと、ドキドキしながら出かけました。 どんよりとした濃い霧が、そびえ立つ新社屋のてっぺんを覆っていました。 巨大ビルは私のおびえる心を見透かすかのように、圧倒的な存在感を誇っています。 それはまるで、グアンとのしかかるかのような重圧でした。 とほほ……。
 若き女性スタッフのシャンさんが出迎えてくれましたが、私はもう、緊張とプレッシャーで押しつぶされそう。 地上41階・地下3階建てで、高さ249メートルあるというノッポビルですが、「新社屋を見たい」 といっていたあの強気な言動はどこへやら。 エレベーターを一体どこで降りたのか、それすらも覚えていない私でした……。  ( ・◇・;)?

 (この稿、つづく)


※ 写真は上から、見上げるようなBTV新社屋、新社屋の完成図

※ 北京テレビ (BTV)−1 「国際双行線」、しゃおりんチラ出演の巻は、7月18日 (土) 午後1:05分から 放送されます (約50分)。 よろしければ、ご覧になってみてください!! ^^;

※ 北京テレビ オフィシャルサイト





スポンサーサイト

  • 2019.11.17 Sunday
  • -
  • 11:10
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク
コメント
必ず見ますよ!どんな内容ですか?
私たちの初対面はこの番組でしたね!
  • 任意
  • 2009/07/17 8:15 PM
任意さま: ありがとうございます!
じつは友人が来訪中で、ちょっと北京駅まで自転車で出かけていました……。^^;
友人は明日、列車で旅立ちます。。。
(自転車でちょっと北京駅まで、というのも、なかなか優雅でいいでしょう〜〜?)^^

>必ず見ますよ!どんな内容ですか?
わ〜!ありがとう。でもカットされて、出ていなかったらごめんなさい!! m(_ _;)m

内容は明日の「つづき」でご紹介しますね〜〜。

>私たちの初対面はこの番組でしたね!
そうでしたね。あのとき、みんなで打ち上げをやって楽しかったな〜〜!^^
またYさんを囲んでやりたいですね!
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
  • -
  • 2009/07/23 4:38 AM
calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
recommend
在日中国人33人のそれでも私たちが日本を好きな理由
在日中国人33人のそれでも私たちが日本を好きな理由 (JUGEMレビュー »)
趙 海成
小林さゆり/訳

【中国人著者が聞き出す本音の日本論】
『それでも私たちが中国に住む理由』、待望の姉妹本!
recommend
今こそ伝える日中100人
今こそ伝える日中100人 (JUGEMレビュー »)
北京大学日本校友会

日本と中国をつなぐ100人へのインタビュー集! 私も紹介していただきました。 お陰様でたちまち2刷に!!
recommend
在中日本人108人のそれでも私たちが中国に住む理由
在中日本人108人のそれでも私たちが中国に住む理由 (JUGEMレビュー »)

中国18都市に住む、日本人108人のリアルな証言! 取材・編集に携わりました。 5刷 好評発売中!
recommend
中国年鑑 (2012年版)
中国年鑑 (2012年版) (JUGEMレビュー »)

最新中国情報を網羅!
「暮らし」を執筆しています。
recommend
中国年鑑 (2011年版)
中国年鑑 (2011年版) (JUGEMレビュー »)

最新中国情報を網羅!
「暮らし」を執筆しています。
recommend
中国年鑑 (2010年版)
中国年鑑 (2010年版) (JUGEMレビュー »)

最新中国情報を網羅!
「暮らし」を執筆しています。
recommend
これが日本人だ!
これが日本人だ! (JUGEMレビュー »)
王 志強
小林さゆり/訳

【読んで首肯するか、立腹するか! ―― 中国人の対日認識を知るための必読書】
2刷 好評発売中!
recommend
北京探訪―知られざる歴史と今
北京探訪―知られざる歴史と今 (JUGEMレビュー »)

「大ブームに沸く 笑いの文化」を執筆しています。
recommend
出張に役立つ中国語―もう困らない、恥をかかない
出張に役立つ中国語―もう困らない、恥をかかない (JUGEMレビュー »)
ニューメディア研究所thinking

2005年アルク刊
コラムを執筆しています。
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM