<< 北京テレビ新社屋に潜入!! 番組にチラ出演しました! (1) | main | 部分日食、北京でも見られるヨ〜! >>

北京テレビ新社屋に潜入!! 番組にチラ出演しました! (2)

新社屋 向こう見ずにも、無鉄砲にもほどがありますが……。 北京テレビ新社屋でのトーク番組 国際双行線 の収録にチャレンジした私です。

 この日の討論内容は、「タクシードライバーと国際化」 というのがテーマ。 じつは事前に担当の女性スタッフ・シャンさんから電話があり、ごくカンタンな説明を受けていました。 そこで一応、自分なりのコメントをレポート用紙に書き出しておいたのです。 〈本番で立ち往生しては困るなあ、日本女性の名がすたる!〉 と律儀にも思ったからです。

 ところが当日、カンニングペーパーを手にしていた私に、シャンさんはきっぱりと言い放ちました。 「あら、しゃおりんさん、原稿を読んではダメよ。 それだけは、勘弁してちょうだいね」
 見るからに有能そうで才気煥発な彼女に、あっさりダメ出しを食らってしまったのでした。 とほほ……。

スタジオで 私と同様に客席の1列目に並んだのは、常連の外国人コメンテーターたちでした。
 アメリカ人のマイケルさんは、どこか懐かしさを覚えるマッシュルームカットのイケメンでしたが、出てくる言葉はまさに地道 (ディーダオ、生粋) の中国語! 誤解を恐れずにいえば、まるで “金髪碧眼” の気ぐるみを着た中国人かと思いましたよ〜! ^^;
 新参者のワタクシは、おずおずとあいさつしました。
 「あのう〜〜、日本人のしゃおりんといいます。 今日は初めてで、すっごく緊張しています。 どうぞヨロシク!」
 すると彼は 「アッハッハ、硬くなることなんかないヨ! ふつうにしゃべればいいんだヨ〜〜」 と余裕の面持ち。 そりゃそうなんだけどサと、私は自信タップリのマイケルを恨めしく見つめるほかありませんでした。  ( ̄д ̄;) 
 ふと気がつくと、同行のN子さんは客席の後ろへと移動していました。 最前列のコメンテーター席が足りなくなったからだそう。
 〈えっ、なに? 私がそっちに移りたいくらいだわよ〜〜〉。 半べそをかく私とは対照的に、土壇場で逃げおおせたN子さんは、ニコニコと安堵の笑みを浮かべるのでした。

 ステージには、若手男性司会者の樊登 (ファン・デン) さんと北京交通ラジオの女性アナウンサー、そして優良ドライバーの地元代表が並んでいます。 何の打ち合わせもなく、いつしか本番が始まっているようでした。 これも、よくいえば大胆不敵、悪くいえばアバウトな中国らしい物事の進め方なのでしょう。
 常連のマイケルは中国語でべらべらとアメリカのタクシー事情を紹介しているし、隣席のオーストラリア女性はピンイン (中国語の表音ローマ字) 付きの原稿を用意していたのに、指名されるとノー原稿で、中国語でぺちゃくちゃと話しています。
 ちょ、ちょっとお〜〜!!! その原稿はまやかしのシナリオだったの? 私をだまし討ちにしたとゆ〜わけ??
 ま、そんなことはあり得ませんが、緊張のあまりかすっかり余裕を失っている私。 その上、メディアへの露出チャンスともなると、自分で決めたにもかかわらず 〈なんで私、ここに来てしまったんだろう……〉 と激しい後悔に襲われるのが常なのでした。

 ステージでは、いつしか日本の話題に移っていました。
 優良ドライバーの代表が、「外国人客では、一番おとなしいのが日本人だ」 というようなことを話しています。「日本人は、中国語も英語も得意でない人が多いでしょう。 だから目的地を告げると、すぐに寝てしまうんですよ〜」 とドライバー。

スタジオで 司会のファンさんと私の目が、バッチリと合いました。
 「そう、今日は日本人コメンテーターにも来ていただいていますヨ。 シャオリンさんです!」
 キ、キ、キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ッ!!!!

 「あ、あの〜それはですね〜〜」 とじつに歯切れの悪い私でしたが、そのうち度胸が据わったのか開き直って……。
 「日本人っていうのは、ふつう外国語が得意じゃないですからね。 日本人としてはとても残念なんですけれど……。 もっとたくさんしゃべったほうがいいと私は思っているんですよ!」 などということを、どうにかこうにか話しました。
 ほかにも日本のタクシードライバーの事例を話したのですが、編集段階でカットされているかもしれません。

 ともあれ冷や汗をかきながらも、放送時間の2倍となる約2時間もの収録が終わりました。
 司会のファンさんもスタッフのシャンさんもお世辞でしょうが 「よかったですよ〜! またいらしてくださいね♪」 なとどねぎらいの言葉をかけてくれました。
 我ながら、あいかわらず進歩のない中国語力には愕然とさせられましたが……〈それでも、なんとか場をつないだわ! 後は野となれ山となれだわん!〉。 そう思うと解放感からか、ドッと疲れが押し寄せてくるのでした。  C= (-。- ;)

 しかし、なんといっても気になったのは日本人の評判です。
 外国ではよく、「無口でおとなしい、愛想がない、おもしろくない、何を考えているかわからない、薄気味悪い……」 などといわれる日本人。
 じつはここ北京でも、そう思われていた。 ネガティブな印象をしっかり残していたんですね。 中国に来る外国人が最初に接するであろう中国人タクシードライバーたちは、よお〜〜く観察しているのでした。
 日本のイメージアップのためにも、明るくなろう!日本人――!
 なんて叫んでみたところで、性格はすぐに変えられないし、この不況下に呑気なことを! とお叱りをうけそうだけれど、いつまでも 「暗い・コワイ・気味悪い」 の3Kイメージを引きずっていていいんでしょうか、日本人っ!

 自分の下手クソなコメントは棚に上げつつ……。
 タクシードライバーの話から日本人のイメージに思いを寄せた、そんなグローバル・トークになったのでありました。 ^^;



※ 写真は上から、 BTV新社屋  スタジオで、ファンさんとシャンさん  ファンさんと優良ドライバーと一緒に。

※ 北京テレビ (BTV)−1 「国際双行線」、しゃおりんチラ出演の巻は、7月18日 (土) 午後1:05分から 放送されます (約50分)。 よろしければ、ご覧になってみてください!!

※ 北京テレビ オフィシャルサイト




スポンサーサイト

  • 2019.11.17 Sunday
  • -
  • 09:20
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク
コメント
 かなり図太いと思っていたんやが、意外と気弱なとこもあるんですなあ・・。
 日頃の言動をくわしくは知りまへんが、テレビごときは、もっと堂々としてはったようですがね。ほれ、NHKののど自慢イン・ペキンの放送。
 ま、なにごとも体験、8月は巨額のギャラで、ペキンのタクシーに乗って、明るい、おもろい日本人もおりまっせ、というとこを、見せたろやおまへんか。
 ほなまた。
  • とらやん
  • 2009/07/18 11:50 AM
とらやん様: ありがとうございます!^^;

>意外と気弱なとこもあるんですなあ・・。
え? こんなにデリケートで過敏なワタクシをご存知なかった??

>ほれ、NHKののど自慢イン・ペキンの放送。
あれは、中国語のフリートークじゃなかったからーー。
でもマイケルみたいになりたいな〜〜!!(ってやっぱり出たがり??)^^;

>8月は巨額のギャラで、ペキンのタクシーに乗って、明るい、おもろい日本人もおりまっせ、というとこを、見せたろやおまへんか。

はい、よろしくお頼み申します〜〜!!
番組見ましたよ。あれがライバル意識を燃やしていたマイケルですか。

「日本はタクシー運賃が高くて最低50元はしますね」といってましたね。

>明るくなろう!日本人――!

最近私も「明るくなっていきたい」なんていうはめになりましたが、自分の意見をはっきり表明できない他者志向の日本人が多いということとおそらく無関係ではないのではないかと感じています。

これからもマイケルとの闘いは続く??

お疲れ様でした。
 
  • ゴジラ@北京
  • 2009/07/18 3:19 PM
ゴジラ@北京さま: 番組、見てくださったんですネ〜〜。ああまったくお恥ずかすぃぃ〜〜〜!!!^^;
ですが、ありがとうございます!!

>あれがライバル意識を燃やしていたマイケル
いや、ライバル意識を燃やしているのは、「大牛」というフランス人です。この人は、演芸番組によく出ています。しかしマイケルも、私の目標となりました。なんでも彼は河北省に留学していたので、河北なまりが強いらしいですね〜。^^

>> 明るくなろう!日本人――!

これですが、私は日本人のネガティブ面に注目しましたが、改めて番組を見ると、優良ドライバーの趙国さんは「省心」という表現をしていましたね。つまり「気にかけなくてもよい、心配がいらない、気楽である」ということですが……。
しかし言っていることは「行き先の名刺を渡すと、寝てしまう」というようなことでしたね。結局は、日本人とは(壁ができて)交流できないということでしょう!(と私は理解しましたが……)。

あと上記エントリーで「スペイン女性」と書いていたところを、「オーストラリア女性」に訂正させていただきました。失礼しました。
イラン生まれのオーストラリア女性でした。

>自分の意見をはっきり表明できない他者志向の日本人
まあ、無理して明るくなることはないけれども、自分の意見はちゃんと言えるようになりたいですよね!

マイケルと大牛めざして、がんばります!!
^^)/~~

いやいやしかし、お見苦しい容貌その他をお見せしまして、すみませんでした……。
m(_ _;)m
『暗い・コワイ・気味悪い』という3Kイメージ、明らかに交流不足のせいですよね。日本人なんだからしょうがないじゃんと言い訳したいものですが、ちょっと考え方を改めなければいけないのかも。
しかし最近はボッタクリタクシーが減って良いですね。
阿井さん: ありがとうございます。
>『暗い・コワイ・気味悪い』という3Kイメージ
ま、これは、私が勝手にネーミングしたんですが。当たらずとも遠からずでしょ?^^;

>ちょっと考え方を改めなければいけないのかも。
国際化ってきっとそういうことなんでしょうね。

>しかし最近はボッタクリタクシーが減って
これも五輪効果?
あいかわらず、白タク・白バイク三輪には要注意ですけどね!^^;

戻ってきました〜

うわーーーーー
残念!!!!!!!!!!
母のパソコンは古いために(?)あまり調子が良くなく、メールのチェックがやっと…

早く見ていたらぁ〜〜

次回はぜひ!!


しかし…日本でタクシーは…
高いです〜〜〜(涙
やーうぇんさん: わ〜〜お帰りなさい〜〜! お疲れ様でした〜〜!! ^^)/

>早く見ていたらぁ〜〜
いやあ〜〜お恥ずかしいです〜〜^^;

>次回はぜひ!!
あるのでしょうかーーっ!!!
にしても、どうせならピンで番組を作ってもらえるようになりたいものですなぁ〜〜(引き寄せの法則ですが)。^^;

>しかし…日本でタクシーは…
はは。昔、タクシーで帰宅していたあの頃。。。チケットばんばん切ってもらってネ!
懐かすぃぃ〜〜。^^;
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
ウッドデッキの作り方
ウッドデッキの作り方、ウッドデッキについて説明します。ウッドデッキがあると家が楽しくなり豊かな気持ちで生活できます。手作りのウッドデッキ、オススメですよ。
  • ウッドデッキの作り方
  • 2009/07/18 12:30 PM
副業 確定申告
年金をもらった人は、原則、確定申告の必要があります。年金には、「公的年金」と「個人年金」の2種類あり、「公的年金」とは、国民年金、厚生年金などの社会保険制度に基づく年金や、恩給、適格退職年金契約に基づく年金のことをいいます。それは雑所得として申告しま
  • 副業 確定申告
  • 2009/07/18 12:33 PM
不景気をぶっとばせ
不景気をぶっとばせ
  • 不景気をぶっとばせ
  • 2009/08/06 5:40 PM
ci 景気
ci 景気
  • ci 景気
  • 2009/08/07 3:51 AM
国内 景気
国内 景気
  • 国内 景気
  • 2009/08/07 12:12 PM
calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
recommend
在日中国人33人のそれでも私たちが日本を好きな理由
在日中国人33人のそれでも私たちが日本を好きな理由 (JUGEMレビュー »)
趙 海成
小林さゆり/訳

【中国人著者が聞き出す本音の日本論】
『それでも私たちが中国に住む理由』、待望の姉妹本!
recommend
今こそ伝える日中100人
今こそ伝える日中100人 (JUGEMレビュー »)
北京大学日本校友会

日本と中国をつなぐ100人へのインタビュー集! 私も紹介していただきました。 お陰様でたちまち2刷に!!
recommend
在中日本人108人のそれでも私たちが中国に住む理由
在中日本人108人のそれでも私たちが中国に住む理由 (JUGEMレビュー »)

中国18都市に住む、日本人108人のリアルな証言! 取材・編集に携わりました。 5刷 好評発売中!
recommend
中国年鑑 (2012年版)
中国年鑑 (2012年版) (JUGEMレビュー »)

最新中国情報を網羅!
「暮らし」を執筆しています。
recommend
中国年鑑 (2011年版)
中国年鑑 (2011年版) (JUGEMレビュー »)

最新中国情報を網羅!
「暮らし」を執筆しています。
recommend
中国年鑑 (2010年版)
中国年鑑 (2010年版) (JUGEMレビュー »)

最新中国情報を網羅!
「暮らし」を執筆しています。
recommend
これが日本人だ!
これが日本人だ! (JUGEMレビュー »)
王 志強
小林さゆり/訳

【読んで首肯するか、立腹するか! ―― 中国人の対日認識を知るための必読書】
2刷 好評発売中!
recommend
北京探訪―知られざる歴史と今
北京探訪―知られざる歴史と今 (JUGEMレビュー »)

「大ブームに沸く 笑いの文化」を執筆しています。
recommend
出張に役立つ中国語―もう困らない、恥をかかない
出張に役立つ中国語―もう困らない、恥をかかない (JUGEMレビュー »)
ニューメディア研究所thinking

2005年アルク刊
コラムを執筆しています。
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM