<< 俳優・松峰莉璃さんのブログに | main | BTV 「国際双行線」、ネット公開中です!(駄) >>

ドラマ 「蒼穹の昴」 ロケで、田中裕子さん西太后にそっくり!

ドラマ「蒼穹の昴」 「うわ〜っ、似ている!」
 「瓜二つだ」

 中国の記者たちを感嘆させたのが現在、中国で行われている日中共同制作ドラマ 「蒼穹の昴」 のロケで、清朝末期の最高権力者・西太后慈禧に扮した俳優、田中裕子さんです。
 作家・浅田次郎氏の同名小説を原作とした 「蒼穹の昴」 は、清朝宮廷を舞台にした歴史エンターテインメント・ドラマ。 2010年1月からNHK衛星ハイビジョンと中国国内のテレビなどで放送される予定です。

 このほど、北京の頤和園で行われたロケで、西太后さながらの古装に身を包んだ田中裕子さん。 中国では日本ドラマ 「阿信」 (おしん) のヒロインとしてもよく知られていますが、地元の記者たちを驚かせたのが、「西太后そっくり!」 に扮した彼女でした。

 地元紙のインタビューに答えた田中裕子さんは 「原作の西太后は、とても魅力的な役柄です。 私が演じるのは日常の西太后。 悪いイメージの強い権力者ですが、心のうちの喜び、悲しみを表現したい」 「日本人が演じることにはムリがあるかもしれないけれど、国境を超えて、時間を超えて、全力でこの役に当たりたい」 と語っていたそうです (『新京報』 『法制晩報』 27日付、要旨)。

 主人公の1人、春児 (チュンル) を演じるのは、大ヒット映画 『梅蘭芳』 で少年時代の梅蘭芳を演じて注目された余少群 (ユィ・シャオチュン)。 若手京劇俳優でもある余少群は、田中裕子さんの西太后について、「ちっとも威張ったふうじゃない、話し好き、聞き好きなかわいいおばさんを演じておられますよ」 と、中国人の目からしても高く評価していたようです。

 ドラマは、43分の全25回放送。 日本ではNHK衛星ハイビジョンで来年1月から、NHK総合で来年度に放送される予定。
 制作サイドは、「西太后の政治的な側面は、歴史を尊重して描く。 中国の視聴者の期待を裏切ることはない」 (『新京報』 27日付) と表明しているようですが、浅田次郎さん渾身の作であり、壮大なスケールの歴史ドラマがどんな仕上がりとなるのか。 楽しみにしたいところです!!


※ 写真は、『新京報』 ウェブサイト (27日付) より。 頤和園の昆明湖をバックにした田中裕子さん (右)

※ NHK ドラマトピックス 清朝末期を描く 「蒼穹の昴」 が登場!
※ 新浪娯楽 特別サイト 電視劇 《蒼穹之昴》



スポンサーサイト

  • 2019.11.17 Sunday
  • -
  • 09:10
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク
コメント
うわっ!楽しみです!!!
この小説大好きなんですよぉ〜〜〜〜

春児は余少群ですか!
良いですねぇ〜〜〜〜〜〜

はっきり言って田中裕子さんの西太后だと綺麗過ぎる気も(笑)しますが。

何はともあれ楽しみです〜
見逃さないようにしないとぉ〜〜

 おしんは田中裕子さんでしたか? 小林綾子さんではなくって?
 混乱してます。
 ほなまた。
  • とらやん
  • 2009/07/30 1:10 PM
やーうぇんさん: ありがとうございます!

>うわっ!楽しみです!!!
>この小説大好きなんですよぉ〜〜〜〜
私もとっても楽しみですが、1月にどこにいるか、どこで見るかが問題ですな……。

>田中裕子さんの西太后だと綺麗過ぎる気も(笑)しますが。
ほんとですね! でも、見ているうちに似ている気がしてくるから不思議。ちょっと可愛らしすぎて、毒々しさが足りないかもしれませんがネ。

劉暁慶の西太后は、あれはあれで迫力あってすごかった!!! 珍妃を甕漬けにするところなんか、ホラー映画かと思いましたもん!^^;
とらやん様: ありがとうございます!
あー、ご覧になっていないのがバレバレですね〜!! 中国ではちょくちょく再放送を流しているので、よく知られていますよ!

>小林綾子さん
 =少女時代

>田中裕子さん
 =青年〜中年時代

>乙羽信子さん
 =中年〜晩年

をそれぞれ演じられました。しかし昔の朝ドラは、朝からハードな内容でしたね。たしか1年間の長期ドラマだったし。。。
朝ドラの黄金時代だったんだろうな〜〜!!
 職場の女性職員がハンカチで涙をぬぐいながら「おしん」を見ていたのを思い出します 小林綾子さんの演技はもちろんすばらしかったですが、両親役の伊東四郎さんと泉ピン子さんもよかったですね。 
 当時はまだ日本の農村の貧しさを実感できる(憶えている)人が多かったこともヒットした要因のひとつのような気がします。

 西太后と言えば、呂太后や則天武后とともに女性の恐ろしさを教えてくれる人物ですが
悪役をあまりやってない演技派の田中裕子さんがどう演じるのか興味があります。

 お体の具合はその後いかがでしょうか。
風邪が治りにくいのは精神的ストレスが影響している場合があります。(免疫力が落ちるのですね)
 私は昔、風邪が3カ月程治らず医院を何件かはしごしたのですが、ある病院で精神安定剤を処方され、それを飲んで一晩熟睡したらまるで魔法にでもかかったように全快したことがあります。(質の高い睡眠の重要性を実感しました)
くれぐれもご自愛下さい。

追記 ハンドルネームを「おサルは偉い」から「おはぎ」に変えました。
  • おはぎ
  • 2009/07/30 4:09 PM
NHKドラマ「蒼穹の昴」田中裕子(西太后)

また一つ楽しみが増えました。

北京の風邪ひきピン子さん、
泣いてダメなら笑ってみろ。
  • おじん
  • 2009/07/30 5:44 PM
「おサルは偉い」改め「おはぎ」様: ありがとうございます! フウフウいっておりましたが、毎日篭っているわけにもいかず、出かけていましてお返事が遅くなりました。

>当時はまだ日本の農村の貧しさを実感できる(憶えている)人が多かったこともヒットした要因のひとつ
そうかもしれませんね。中国でもヒットしたのは、貧しさとか、農村出身とか、共感できる人が多かったからだと思います。いまの時代の80後(1980年代生まれ)、90後(90年代生まれ)の若者たちには、昔話とか民話のような感覚でしょうね。

そういえば「おしん」をネットで調べていたら、NHKの朝の連ドラでは「鳩子の海」というのも1年ものだったそうで・・・(1974年4月1日〜1975年4月5日)。家族みんなが泣いて見ていましたが(小さかった私以外)、あれも戦争の記憶がまだ鮮明な時代だったからでしょう? 今はなくなりましたよね、戦争ドラマは。

>悪役をあまりやってない演技派の田中裕子さんがどう演じるのか興味があります。
本当ですね! 重要な役どころなので興味深いです。

>風邪が治りにくいのは精神的ストレスが影響
そうですか……。ストレスはほとんど感じないお気楽生活なのですが、あるとすれば収入面での心配でしょうかねえ。とほほ。。。
がんばります!!!

>(質の高い睡眠の重要性を実感しました)
風邪のキッカケは、思うに一度、エアコンを送風にしたままで寝てしまい、寒くて飛び起きたことがあったんです。あれが原因だったと思います。
睡眠については、いつでも、どこでも、すぐに眠れるというのが特技なのですが。今回、風邪が長引いてしまったのは、体力の衰えかもしれません。
やっぱり普段から鍛えないとだめですね〜〜。

いろいろとご心配いただきありがとうございます!!

>「おはぎ」に変えました。
おはぎが食べたくなりました……。^^
おじん様: ありがとうございます!
お楽しみが増えて、よかったです!

>北京の風邪ひきピン子さん、
>泣いてダメなら笑ってみろ。

こんどはピン子さんですか!?
押してダメなら引いてみろ、ですね??^^
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
西太后の田中裕子さん、中国メディアに引っ張りだこ
 【北京 テレビ ブログ】  NHKなどの日中共同制作でドラマ化された、浅田次郎さん原作の 「蒼穹之昴」 (蒼穹の昴) が14日から北京衛星テレビ (BTV-1) で放送されていますが、清朝末期の最高権力者・西太后慈禧を演じた田中裕子さんに、中国メディアの
  • 北京メディアウオッチ 〔ブログ〕
  • 2010/03/22 1:38 AM
浅田次郎氏講演 「『蒼穹の昴』 の世界」 を聞く (その1)
 【北京 イベント ブログ】  『蒼穹の昴』 『中原の虹』 など、中国を舞台にした壮大な歴史小説で知られる作家、浅田次郎氏の講演会が23日夜、北京市の長富宮飯店で開かれました。  三菱商事株式会社が主催した、同社の 「在中国30周年記念文化交流事業」
  • 北京メディアウオッチ 〔ブログ〕
  • 2010/10/27 9:52 AM
浅田次郎氏講演 「『蒼穹の昴』 の世界」 を聞く (その2)
 【北京 イベント ブログ】  前回エントリー [浅田次郎氏講演 「『蒼穹の昴』 の世界」 を聞く (その1)] の続きです。 【浅田次郎氏 講演その2】 ◆ そこでまたふと考えた。 これは、漢詩を読んで喜んでいる場合ではない。 歴史を知らなければ中国は
  • 北京メディアウオッチ 〔ブログ〕
  • 2010/10/27 9:53 AM
calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
recommend
在日中国人33人のそれでも私たちが日本を好きな理由
在日中国人33人のそれでも私たちが日本を好きな理由 (JUGEMレビュー »)
趙 海成
小林さゆり/訳

【中国人著者が聞き出す本音の日本論】
『それでも私たちが中国に住む理由』、待望の姉妹本!
recommend
今こそ伝える日中100人
今こそ伝える日中100人 (JUGEMレビュー »)
北京大学日本校友会

日本と中国をつなぐ100人へのインタビュー集! 私も紹介していただきました。 お陰様でたちまち2刷に!!
recommend
在中日本人108人のそれでも私たちが中国に住む理由
在中日本人108人のそれでも私たちが中国に住む理由 (JUGEMレビュー »)

中国18都市に住む、日本人108人のリアルな証言! 取材・編集に携わりました。 5刷 好評発売中!
recommend
中国年鑑 (2012年版)
中国年鑑 (2012年版) (JUGEMレビュー »)

最新中国情報を網羅!
「暮らし」を執筆しています。
recommend
中国年鑑 (2011年版)
中国年鑑 (2011年版) (JUGEMレビュー »)

最新中国情報を網羅!
「暮らし」を執筆しています。
recommend
中国年鑑 (2010年版)
中国年鑑 (2010年版) (JUGEMレビュー »)

最新中国情報を網羅!
「暮らし」を執筆しています。
recommend
これが日本人だ!
これが日本人だ! (JUGEMレビュー »)
王 志強
小林さゆり/訳

【読んで首肯するか、立腹するか! ―― 中国人の対日認識を知るための必読書】
2刷 好評発売中!
recommend
北京探訪―知られざる歴史と今
北京探訪―知られざる歴史と今 (JUGEMレビュー »)

「大ブームに沸く 笑いの文化」を執筆しています。
recommend
出張に役立つ中国語―もう困らない、恥をかかない
出張に役立つ中国語―もう困らない、恥をかかない (JUGEMレビュー »)
ニューメディア研究所thinking

2005年アルク刊
コラムを執筆しています。
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM